フリーター

フリーター・ニートの将来が不安になる2ちゃんコピペまとめ【考察】

投稿日:

現在、フリーターは全国に400万人近くいます(34歳までという定義だと約200万人)。

平均年収は200万を下回り、毎月1万円を切り詰めるギリギリの生活を送りながら、真綿で首を絞められるように将来の不安に悩まされている人が多いでしょう。

フリーターという生き方を全面否定するつもりはさらさらないですが、残念ながら今の日本社会では、フリーターという身分で人並みに余裕を持った暮らしをするのがかなり難しいのは事実です。どころか、年を重ねるごとに風当たりは厳しくなり、絶望は深くなっていきます。

その悲惨な実態の一端を垣間見るべく、2ちゃんねるで有名なフリーターの残酷なコピペをいくつか集めてみました。

フリーターの将来がどれほどツラいのか、生々しいほどのリアルがそこに感じられます。

スポンサーリンク

フリーターの悲惨な人生年表

☆20代前半
Fラン大学卒業間近、まわりは正社員に就職出来た方が少なく、フリーターが多数というに環境に安心する
「不景気だから」「就職難だから」「これが普通だから」と自分に言い聞かせ納得する
フリーターもしくは派遣社員としてのスタートを「新社会人デビュー」「フレッシャーズ」と言い張る
零細企業で働いている高校時代の友人より収入が多く、少し天狗になる 
就職先を聞かれると迷わずバイト先の親会社の企業名を答える

 

☆20代後半
正社員雇用に関心を持ち始めるが、転職活動など具体的な事は何もしない
月収はそこまで差はないが、友人たちのボーナスの話がとても気になる
「まだ20代だから」「男は30代が勝負」とまだ余裕があるように自己暗示をかけ続ける 
クルマなどの大きな買い物をするとき、ローンが通りにくいと気付く

 

☆30代
バイト先が20代が多くなってきて居づらくなってくる
バイトから正社員登用を密かに期待していたのに、店長から「そろそろどこかに就職しないの?」と言われショックを受け退職する
重い腰をあげて正社員を目指して就職活動するが、「10年間職歴無し」とみなされどこも受からない 
友人たちは次々と役職に付き、結婚したりマンション買ったりしはじめる。が、式や新居に招待されることは無い
30代にして年収で友人たちと150万近くの差がつき、人生に不安を感じる

 

☆40代
転職、結婚、安定した将来、すべてが幻となった事にはっきり気付く
同じフリーター生活だった大学時代の友人たちが就職したり家業を継いだりという話を聞き、羨望と嫉妬と筋違いの怨恨の感情が芽生える
仕事の選択肢は夜勤と重労働ばかりの日雇い派遣労働しか残されておらず、それすら体力のある20代・30代に横取りされる

 

☆50代
もはや、人生のすべてを諦めた。日々を生きてゆくことが精一杯である
友人たちは子供が成人して一安心。老後の事が真剣に不安になってきた
高齢の為、派遣屋から仕事が来なくなってきた。やむなく遠方まで行く

 

☆60代
いざ路上へ・・・さらば人生

フリーターの一生をリアルに感じるコピペですね。20代後半から徐々に雲行きが怪しくなっていき、30代を超えるともう這い上がれないほどの格差が生まれ始めるのが分かります。

このコピペでいうと、人生を決定づけたのは20代のときの、

「まだ20代だから」「男は30代が勝負」とまだ余裕があるように自己暗示をかけ続ける 

ここです。実際には20代こそが勝負であり、ラストチャンスでした。

こちらの記事「20代は急げ!大卒で社会人経験なしの既卒フリーターが就職する方法」でも書いていますが、20代のフリーターなら余裕で正社員になれる道が残っています

この時に勇気を持って行動を起こして正社員になっていれば、人生は180度変わっていたでしょう。

30代フリーターの悲しい現実

フリーターって年とると本当に悲惨だよ・・・ 
漏れ、正社員だけど趣味でバンドやってるんだが、 
やっぱりバンドやってる人にはフリーターが多い。 

若い頃はいい。 
漏れも「レコード屋でバイトしながらバンドなんていい生活だなー」 
なんて思ってたし。実際、フリーターの人達は、 
社員の漏れなんかよりよっぽど自由で楽しそうだった。 

ところがね、30になると「変わる」。ホントに。びびるよ。 
漏れもそろそろ30になっちゃいそうな年齢なもんで、 
30になっていったフリーターを結構見てきた。 

「あんな明るいハイテンションの人がなんで?」 
っていうくらい暗くなっていく。可愛い彼女がいた人も、 いつのまにか別れてる。無職率も増加(バイトがないわけでは無いが、やらない)。 

そして見てて一番つらいのが、無理に大物ぶるんだよね。 

脇から見てれば人気も無いのに歳くって居座ってるから扱いづらいだけなんだけど 
(漏れも人気がないけど)。やってる人ならわかると思うけど、 
あの落ち着いた、独特のスカしたような感じ・・・あれが痛々しくみえてくる。 

漏れはバンドやりたいひとはガンガンいくらでもやればいいと思う。 
ただし、計り知れないリスクが控えている事も心得て欲しい。 

趣味でやる範囲だったら十分リーマンでも楽しめる。 
社会批判して生きがってるのが様になるのは若いうちだけだとリアルに実感するよ・・・

フリーターの多くは、自分の自尊心を守るためにプライドだけが肥大化します。これは精神を保つための防衛本能のようなもので、どうしようもない側面もあります。

フリーターが無駄に大物ぶるのもそう。ニートがネット上でうわべだけの知識をひけらかして頭良さそうに見せたがるのもそう。全ては自分の存在をプラマイゼロに保ちたいがために行ってしまう行動傾向です。

しかしコピペの通り、周りの目は冷ややかです。

そんなあなたの態度に友人やバイト仲間は次第に距離を置くようになり、気づけば孤独が待っているという結果に……。

正社員の友人との格差

なあ、お前と飲むときはいつも白木屋だな。 
一番最初、お前と飲んだときからそうだったよな。 

俺が貧乏浪人生で、お前が月20万稼ぐフリーターだったとき、おごってもらったのが白木屋だったな。 

「俺は、毎晩こういうところで飲み歩いてるぜ。金が余ってしょーがねーから」 

お前はそういって笑ってたっけな。 
俺が大学出て入社して初任給22万だったとき、お前は月30万稼ぐんだって胸を張っていたよな。 

「毎晩残業で休みもないけど、金がすごいんだ」 
「バイトの後輩どもにこうして奢ってやって、言うこと聞かせるんだ」 
「社長の息子も、バイトまとめている俺に頭上がらないんだぜ」 

そういうことを目を輝かせて語っていたのも、白木屋だったな。 

あれから十年たって今、こうして、たまにお前と飲むときもやっぱり白木屋だ。 
ここ何年か、こういう安い居酒屋に行くのはお前と一緒のときだけだ。 
別に安い店が悪いというわけじゃないが、ここの酒は色付の汚水みたいなもんだ。

油の悪い、不衛生な料理は、毒を食っているような気がしてならない。 

なあ、別に女が居る店でなくたっていい。 
もう少し金を出せば、こんな残飯でなくって、本物の酒と食べ物を出す店をいくらでも知っているはずの年齢じゃないのか、俺たちは? 

でも、今のお前を見ると、お前がポケットから取り出すくしゃくしゃの千円札三枚を見ると、俺はどうしても「もっといい店行こうぜ」って言えなくなるんだ。 

お前が前のバイトクビになったの聞いたよ。お前が体壊したのも知ってたよ。 

新しく入ったバイト先で、一回りも歳の違う、20代の若いフリーターの中に混じって、使えない粗大ゴミ扱いされて、それでも必死に卑屈になってバイト続けているのもわかってる。 

だけど、もういいだろ。 

十年前と同じ白木屋で、十年前と同じ、努力もしない夢を語らないでくれ。 
そんなのは、隣の席で浮かれているガキどもだけに許されるなぐさめなんだよ。

白木屋にやや失礼ですが、こちらも容易にシーンが想像できるコピペです。

このコピペでも分かる通り、なぜ20代フリーターが取り返しのつかない30歳になるまでフリーターを続けてしまうのかというと、20代ではまだ同年代のフリーターと正社員でそこまで差がつかないからです。年収しかり、生活レベルしかり。

むしろ20代前半レベルであれば、下手な新入社員よりもフリーターの方が稼げてしまう時期もあります。だから20代のフリーターは、幻想の余裕を抱いてしまう。

「なんだ、周りの正社員組も俺とそんなに変わらないじゃん」と。

だからフリーターである現状を無理やり肯定して、現状維持してしまう。

しかし上記コピペの通り、フリーターと正社員の格差が決定的に開くのは30歳を超えてからです。

必読30歳フリーターの悲惨な末路。20代でなぜバイト人生を続けてしまうのか?

ここでもう一つ残酷なコピペを。

ニート生活に終止符を打ちようやく見つけた仕事は、大型スーパーの園芸コーナーで時給850円のバイトだった 

土や鉢などの荷物を運ぶ肉体作業がほとんどだが、コミュ力ゼロで人見知りの激しい俺には適した仕事だった 

ある日一組の家族連れが車で買い物にきた。そのファミリーの父親は俺の中学時代の同級生だった 
勉強もスポーツも出来ない暗いダメ男で、クラスで下の地位だった俺でも馬鹿にできる数少ない奴だった 

その最底辺だった奴が地味だが優しそうな奥さんと5歳くらいの女の子を連れていた 
なんでもマンションのベランダでガーデニングをしているらしい 

「次は何植えよっか?」「チューリップ!」「パパは枝豆がいいなあ」「ダメ!」と楽しそうに話していた 

俺は店長に「頭痛と吐き気がするのでちょっと休ませて下さい」と休憩をもらった 
でも、それは仮病じゃなかった。本当に気持ち悪くなりトイレで少し吐いた

正社員はどんどん役職が付き始め、給料が上がり、結婚して家族ができていく中で、フリーターは給料が上がらないどころか若いバイトに居場所を奪われ、現状維持すら難しくなります。

フリーターの悲惨な末路は、このように30歳を超えてから一気に深刻化するのです。

⇒一生フリーターで生きていけるのか?老後破産や生活保護をリアルに考える。

 漠然とフリーターをしていると先は真っ暗

本当に困難になるのは30後半だよな 
30前後なら僅かな希望はある 

これ気づくのが大抵35過ぎてからw 
要はまじめに学生直後に就職しておけってことなんだよ 

夢を追うのもいいがちゃんと諦める勇気も必要 
やる気なくフリーターやってるのは先は真っ暗ってことの覚悟が必要

アルバイト求人情報サービスの「an」の「最新フリーター事情」という調査によると、現在のフリーターは大きく3種類のタイプに分類され、2017年時点で割合は下記の通りになっています。

  1. モラトリアム型(46.2%)
    ⇒将来の展望がなく漠然とフリーターをしているタイプ
  2. 夢追求型(9.9%)
    ⇒芸能・芸術・職人などプロフェッショナルを目指しているタイプ。
  3. やむを得ず型(41.5%)
    ⇒本人や家庭の事情、その他トラブルによりやむをえず

ご覧の通り、フリーターの約半数が、将来のビジョンもなくただ漠然とフリーターを続けているモラトリアム型です。

フリーターというと「夢を追っている若者」みたいなイメージを持つ人もいるでしょうが、実は夢追求型のフリーターは全体の1割ほどしかいないのが現実です。

フリーターとの結婚は厳しい

(フリーターの彼氏との結婚を悩む女性に対して、女性の意見)

フリーターがダメ男とは思いません。正社員だけが仕事ではなく、働くことって素晴らしいことだと思うので。トピ主さんはまだ若いんだから、好きならどんどん恋愛したらいいと思います。

ただ、30代の私の意見を言わせてもらうと、結婚となると別です(苦笑)

やはり結婚相手がフリーターっていうのは正直不安ですし、いくら好きでも将来的なことを考えると躊躇しますね。親も納得しないと思います。

発言小町より)

こちらはお悩み掲示板における女性側の意見です。

フリーターという身分では、(とくに男性は)当然ながら結婚も厳しくなります。恋愛なら話は別ですが、女性にとって恋愛と結婚は全く別物です。交際から〜といっても、結婚を視野に入れたお付き合いでは断られる可能性が高くなります。

その証拠に「もし好きな人がフリーターだったらどうするのか?」というアンケートに対して、男性と女性では明確な意識差がみてとれます↓↓

【女性】
思い続ける……16.3%
ほかの良さそうな男性を探す……83.7%

【男性】
思い続ける……87.8%
ほかの良さそうな女性を探す……12.2%

(出典:マイナビウーマン

8割以上の女性が、好きな人がフリーターだったら他の人を探すと回答しています。男性の場合は回答が真逆なのがまた皮肉ですね……。

フリーターの中には「結婚はもう諦めた」と自分を納得させている人もいると思いますが、それはあまり良くありません。運命の人はこの先の人生でいつ出会うか分からないからです。

もしいつか「この人!」という人に出会えた時に、フリーターという身分に阻まれるようではあまりに悔しいですよ。

>> フリーターは結婚できないのか?男性は女性より厳しい結果に……。

 

ネット上のニート・フリーターを心の拠り所にしてはいけない

俺思うんだよ 
ネットにはニートが溢れかえってるけどその末路について語ってる人は非常に少ない 

実際問題ニートの末路がどのようなものであろうとおそらくネットなんて使えなくなるだろう 
ニートの末路を実際に味わった者がお前らに警鐘をならそうにも手段は失われてる 

だからネットにはまだ余裕のあるニートが溢れかえって 
「他にもいるしまだ大丈夫だろう」という意識に囚われるのかもしれない 

実際にはネット世界のニートは野良猫のように2.3年で入れ替わって多くが悲惨な末路を送ってるんじゃないか… 

そんな気がしてならない

とくに2ちゃんねるを見るとニートやフリーターの「仲間」は腐るほどいます。そんな彼らの存在に、

「なんだ、俺だけじゃなくて世の中には同じような奴らがいっぱいいるじゃん」

と感じ、自分と同等あるいは自分より下がいることがある種の心の支えになっている人もいます。

しかしネット上に出てくるニートやフリーターというのは「まだ余裕がある人」であって、本当に追い詰められた人はネット上にすら出てこなくなるのです。

ネット上に見えるニートやフリーター、彼らはまだ全くもって最下層ではない。本当の「底」はまだまだ深いところにあることを示唆する、非常に残酷な真理をついているコピペです。

⇒夜も眠れないほど劣等感に悩むフリーターに伝えたいこと

さいごに

この記事を読んで、今の状況に危機感を持ったならまだ大丈夫。思考は正常です。あなたが望むなら、今すぐ行動を開始して、1ヶ月でも早くフリーターを脱出しましょう。

30代以降になると厳しくなるものの、まだ20代のフリーターであれば正社員に就職するのは決して難しくありません(ただしあまり贅沢が言えないのは当然)。

20代フリーターの就職方法については下記記事に詳しく書いていますが、

⇒20代は急げ!大卒で社会人経験なしの既卒フリーターが就職する方法

もっとも確実かつ今日からできる方法としては、やはりまず20代専門の就職支援サービス(就職エージェント)に無料相談しに行くこと。ハローワークのようなお役所ではなく、民間のプロのキャリアコンサルタントがバックアップしてくれる就職エージェントに相談しましょう。

20代フリーター人材を専門に扱うエージェントというのが多数存在します。


ハタラクティブ

例えば上記は20代フリーター向け就職支援サービスの最大手「 ハタラクティブ 」です。利用者のほとんどが20代かつ、半数以上が正社員経験すらなしそれでも1000件を超える未経験OK求人を揃えており、就職サポートしてくれます。

こうした20代フリーター向けビジネスが多数存在すること自体が、20代ならいくらでも正社員になる道があることを証明しています。

ただ20代といっても、26歳なのか27歳なのか、28歳なのか29歳なのかで全然違います。20代ほど1年の重みが大きい期間はなく、いうまでもなく動くなら1年でも早い方がいいです。

危機感を覚えた、今のうちに。

>> ハタラクティブに相談してみる(無料です)

-フリーター

Copyright© WorkaHolic , 2017 All Rights Reserved.