フリーター

30歳フリーターの人生の末路が悲惨すぎる……。30代までアルバイトを続けた結果の残酷さ

投稿日:2020年1月21日 更新日:

 

30代フリーターの末路は悲惨だ。

 

この記事を読んでいる人はもしかすると今もフリーター生活を送っていて、「このままじゃ人生が詰む」という焦りと恐怖に毎晩震えながらも、かといってどう動けばいいのかも分からないし動く勇気もない。

まさに八方塞がりで詰み一歩手前、といった感じかもしれません。

そんな人たちをさらに煽るかのように、30代までフリーターを続けた人の人生が、その末路が、どれだけ悲惨なのかを現実的に考えたいと思います。

そして先に結論を言っておくと、現在まだ20代で目的もなくフリーターをしている人は、20代のうちに必ずフリーターを脱出しましょう。必ずです。いくらぬるま湯が心地よくても、バイト代で月30万稼げていようとも必ずです。

フリーター人生は、30歳からが地獄です・・・。

スポンサーリンク

フリーターの末路を書いた2ちゃんねるのコピペ

フリーターの末路

フリーター人生の悲惨さを的確にまとめた2ちゃんねるの有名なコピペをご存知でしょうか?

フリーター人生がどのように詰んでいくか、まずはこれを読んだ方が早いです。

☆20代前半
Fラン大学卒業間近、まわりは正社員に就職出来た方が少なく、フリーターが多数というに環境に安心する
「不景気だから」「就職難だから」「これが普通だから」と自分に言い聞かせ納得する
フリーターもしくは派遣社員としてのスタートを「新社会人デビュー」「フレッシャーズ」と言い張る
零細企業で働いている高校時代の友人より収入が多く、少し天狗になる 
就職先を聞かれると迷わずバイト先の親会社の企業名を答える

 

☆20代後半
正社員雇用に関心を持ち始めるが、転職活動など具体的な事は何もしない
月収はそこまで差はないが、友人たちのボーナスの話がとても気になる
「まだ20代だから」「男は30代が勝負」とまだ余裕があるように自己暗示をかけ続ける 
クルマなどの大きな買い物をするとき、ローンが通りにくいと気付く

 

☆30代
バイト先が20代が多くなってきて居づらくなってくる
バイトから正社員登用を密かに期待していたのに、店長から「そろそろどこかに就職しないの?」と言われショックを受け退職する
重い腰をあげて正社員を目指して就職活動するが、「10年間職歴無し」とみなされどこも受からない 
友人たちは次々と役職に付き、結婚したりマンション買ったりしはじめる。が、式や新居に招待されることは無い
30代にして年収で友人たちと150万近くの差がつき、人生に不安を感じる

 

☆40代
転職、結婚、安定した将来、すべてが幻となった事にはっきり気付く
同じフリーター生活だった大学時代の友人たちが就職したり家業を継いだりという話を聞き、羨望と嫉妬と筋違いの怨恨の感情が芽生える
仕事の選択肢は夜勤と重労働ばかりの日雇い派遣労働しか残されておらず、それすら体力のある20代・30代に横取りされる

 

☆50代
もはや、人生のすべてを諦めた。日々を生きてゆくことが精一杯である
友人たちは子供が成人して一安心。老後の事が真剣に不安になってきた
高齢の為、派遣屋から仕事が来なくなってきた。やむなく遠方まで行く

 

☆60代
いざ路上へ・・・さらば人生

もっと見るフリーターの将来が不安になる2ちゃんコピペ集をまとめて考察してみる

大事な部分は赤くしておきました。

以上を読んだ上で、コピぺの彼の人生が「詰み」になった一手はどこだったと思いますか?

私は20代の下記部分、

「まだ20代だから」「男は30代が勝負」とまだ余裕があるように自己暗示をかけ続ける 

ここが、彼の人生を詰んだ決定打だったと思います。

周りを見渡してみてください。

「フリーターで十分稼げるし!」
「このご時世で正社員になるメリットってなに?w」

などと余裕の発言をしているのは、決まって”まだ20代のフリーター”です。

では、30代以降の中年フリーターで「フリーターいいよ!フリーターでも全然大丈夫だよ!」と前向きに発言している人がいるでしょうか? 私は見たことがありません。

なぜか?

フリーター人生の「地獄」は、30歳を超えてからが本番だからです。

 

年収に社会的地位……30歳以降の正社員とフリーターの格差は絶望的に開く

30代フリーター

30歳を超えてくると、正社員とフリーターでどれほど人生の差が出てくるのか?

  • 年収の格差
  • 社会的地位の格差

の両輪を具体的に考えてみましょう。

30歳時点でフリーターと正社員の年収差は2倍以上

厚労省の統計だと、フリーター含む非正規雇用者の70%以上は年収200万円以下です。

仮に時給1000円 × 1日8時間 × 月22日で計算すると月給176000円/年収210万円ほどなので、地方は時給が低いことも加味して専業フリーターの平均年収は180万〜200万と仮定しましょう。

問題は、正社員の平均年収です。

よく「サラリーマンの平均年収は400万円」と言われたりしますね。多くの人が勘違いしていますが、「サラリーマンの平均年収」には派遣や契約社員の「非正規社員」も含まれているので、”正社員のみ”の平均年収ではありません。

では、”正社員のみ”の平均収入がどのくらいか?

国税局の「民間給与の実態調査結果(平成29年度)」によると以下の通り。

雇用形態別の平均年収

  • 正社員(全体):493万7000円
  • 正社員(男):547万5000円
  • 正社員(女):376万6000円

さらに、この記事の読者である20代〜30代前半世代に絞ってみると以下の通り。

正社員の平均賃金(月給)

  男性正社員の平均賃金 女性正社員の平均賃金
20〜24歳 212,900円 206,300円
25〜29歳 252,000円 232,500円
30〜34歳 294,600円 252,700円

(厚労省の賃金構造基本調査(平成29年度)を参考)

男性正社員だと30歳で月の平均賃金が30万くらい。それなりに大手企業だとここにボーナス4ヶ月分やら残業代やらが上乗せされてくるので、年収はトータル「平均賃金 × 15〜16ヶ月分=年収」で計算すると、

上場企業クラスの男性正社員で30歳 年収500万円弱というのが目安となります。

実際に私の周囲の正社員を見てもこの水準は大体あってる感覚です。中小ならボーナスも低いので100万ダウンで年収400万前後という感じでしょうか。

いずれにせよ、平均年収200万のフリーターとは30歳時点ですでに2倍を超える年収格差が生まれます。

 

さらに厳しい現実があります。

 

正社員は年次が上がるごとに年収も右肩上がりで増えますが(ピークは50代)、フリーターはいくら年を重ねても年収が上がることがありません。どころか中年になれば身体にガタがきて肉体労働は次第にキツくなり、雇ってくれるバイト先も限られ、中高年になるほどバイト収入が下がります。

つまり、年を取るほどフリーターと正社員の年収格差は広がり続けるわけです。

それが分かりやすいグラフ↓

フリーターと正社員の給料の格差

正社員と非正規の賃金が近いのは20代まで。30歳を超えてからは格差がどんどん広がっていくのが分かります。

正社員のピークとされる50歳〜54歳で男性平均年収は実に650万ほど。フリーターが体が壊れるまで働いても正社員の半分も稼げなくなります。

そして最終的に、フリーターと正社員の生涯賃金(一生で稼ぐお金)は3倍以上の差に・・・

フリーターと正社員の生涯賃金の差

https://matome.naver.jp/odai/2141023436482934001

生涯賃金の比較

  • 正社員(全体):約2億円弱
  • 大卒正社員:約2億〜3億円
  • 社員1000人以上の大企業正社員:約3億円強
  • フリーター:約6000万円

※いずれもあくまで平均値。

参考フリーターと正社員の生涯賃金の差は3倍以上!収入が変わらないはウソである証拠

フリーターと正社員で、人生3回分もの差が出るわけです。

余裕をこいて20代をフリーターで居続けた「ツケ」は、その後30代〜50代にかけて取り返しのつかない格差となって返ってくるのが数字としてわかったと思います。

関連記事「下手な正社員よりフリーターの方が稼げる」という主張が間違いな理由

 

フリーターと正社員、社会的地位や家族(妻子)など人生レベルの差も残酷になる

正社員

30代で差がつくのは何も年収だけではありません。それに応じた社会的地位、家族の有無、生活レベル、総じて「人生レベル」にも大きな差がつきます。

正社員の場合、30代半ばにもなると次第に役職が付き始めます。給料が大きく伸びるのはこのためですね。当然年収も社会的地位も上がり、結婚する人が増えてきます。

盤石な経済力とパートナーを得て結婚し、20代を過ごした安いアパートを離れ、ファミリータイプのマンションに引っ越して家族と暮らし始めます。正社員であればローンも組みやすいので、マイホームを購入する人も出てきますよね。

ほどなくして子供も生まれて、幸せがまた一つ増えるでしょう。

それに対して、30代のフリーターはどうでしょうか?

結論から言うと、何も変わりません。

住む家も20代と同じ安いアパートのまま、時給だって良くて100円上がる程度です。結婚はおろか、恋人を見つけることさえ難しくなるでしょう。

参考フリーターは結婚できないのか?男性は女性より厳しい結果に……。

30歳フリーター

むしろ「30代フリーター」の負い目はどんどん重くなり、周囲のバイト仲間はみんな一回りも年下になっています。気を遣われ、内心でバカにされている不安に怯えながら、次第にバイトに居づらくなるでしょう。

かといって、30代から正社員の道を探そうにも困難です。

私の友人(32歳フリーター)が今まさにそんな状況なのですが、居づらくなった大手チェーンの居酒屋バイトを最近辞め、現在は日雇いに近いイベント設営のバイトをしています。毎回人間が変わる仕事なので、そっちの方が気が楽なんだとか。

20代後半を過ごした家賃6万8千円の離れ、築40年以上の家賃6万のアパートに引っ越して1万円を切り詰める生活を送っています。恋人ができるはずもなく、休日に会う友人も年々減っていきました。

この生活は、よほど大きな転機がない限りはこの先10年経っても今より良くなることはありません。それどころか年を追うごとに格差と孤独がより一層重くなり、現実的にシミュレーションすると一生フリーターの場合、老後破産からの生活保護になる可能性が高いです。

関連一生フリーターで生きていけるのか?老後破産や生活保護をリアルに考える。

1年でも早く、20代のうちに正社員就活し、フリーターを脱出しないと詰む

正社員就職する20代フリーター

20代ではまだそこまで差がないからといって安心してフリーターを続けていると、30歳を超えた時点で詰んでいきます。

フリーター人生の悲惨な末路を回避するためには、20代のうちにフリーター脱出するのがラストチャンスだと思った方が良い。絶対に。30歳を超えたらキツいです。

20代のフリーターであれば、「20代フリーター専門の就職エージェント」があります。20代フリーターならまだ正社員になれる土壌があるからこそ、そこにこうした就職支援ビジネスが立ち上がっているわけですね。

フリーター専門の転職エージェント

公式HP JAIC(ジェイック)

例えば上記は20代フリーター向け就職支援サービスの最大手「 JAIC(ジェイック) 」ですが、利用者のほとんどが20代かつ、半数以上が正社員経験なし。それでも1000件を超える未経験OK求人を揃えているので、20代ならフリーターからの脱出先はまだいくらでも残っています。

JAICを含め、ほとんどのフリーター専門エージェントは「29歳以下のフリーター」が対象です。その意味でも「20代のうちに」なのです

「就職活動なんてどう動いていいか分からない……」というフリーターは、ブラック求人やから求人の多いハローワークではなく、こうしたフリーター支援サービスの力を借りること。

JAIC(ジェイック) のような就職支援サービス・エージェントは無料で利用できるので、まだ20代のうちに相談して1年でも1ヶ月でも早くフリーターから脱出しましょう。

今後の人生プランは、一度どこかの正社員になってからゆっくり考えればいい。正社員レールにさえ乗ってしまえば、正社員の間のレール乗り換えはいくらでもできますから。

≫JAIC(ジェイック)に無料で相談してみる

その他、使えるものは全て利用して勝負した方がいい

20代フリーターが利用すべき転職サイト

もっと詳しく20代フリーターの正社員就職で利用すべき転職サイト・転職エージェントまとめ

 

まとめ

特別な目的もなく、ただダラダラと30代までフリーターを続けた人の末路は悲惨です。

もちろん全員が全員ではありませんが、「全員がそうなわけじゃないだろ」と例のごとく余裕ぶってマウンティングしているタイプのフリーターの末路は確実に悲惨です。

その多くがこの先の人生で今より良くなることはなく、尻すぼみになっていきます。年収も、生活も、友人の数も、人付き合いも。

20代という期間はその1年1年が数千万、数億円くらいの価値があると思います。今20代フリーターの人は、1年間フリーターを続けるごとにどれだけの財産を失っていることか。

今日が人生で一番若い日です。
フリーターを脱出したいと考えているならば、1年でも1日でも若い今がラストチャンスです。

20代フリーターが利用すべき転職サイト

もっと詳しく20代フリーターの正社員就職で利用すべき転職サイト・転職エージェントまとめ

20代は急げ!大卒で社会人経験なしの既卒フリーターが就職する方法

大学を卒業したものの、正社員としては就職せずにフリーターや非正規社員になる人は一定数必ずいます。 大卒全体を見ると200 ...

-フリーター

Copyright© WorkaHolic[ワーカホリック]|キャリア×転職×仕事ブログ , 2020 All Rights Reserved.