せどり初心者が稼げない・売れない根本的な3つの理由

Sold

当ブログのせどり関連の記事も日々多くの方々にご覧頂いており非常に感謝しているところなのですが、 訪問ユーザーの検索キーワードでよく見られるのが【せどり 売れない】とか【せどり 稼げない】などのネガティブキーワードです。

恐らく、せどりを初めてみたものの、なかなか思っていたように売れないという初心者〜中級者層の人達がこのような悩みを抱えて来ていると思うのですが、 せっかくなので、「なぜ初心者は稼げないのか?」という問いに対する私なりの考えを述べてみたいと思います。

かくいう私も、今でこそ月商200万前後の脱中級者レベルに到達したとは思いますが、もちろん最初の頃は同じように「なぜ売れないのだ……」という悩みを抱いていた時期がありました。(それはもう本当に……)

そんな過去の自分を思い返しても、「おまえ、そりゃ売れなくて当然だよ」と言いたくなるポイントが3つほどあるので、同じ悩みを持つ皆さんも共有してくれたらと思います。 というわけで、初心者が稼げない根本的な3つの理由を見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

 

理由①:お宝ハンターになっている

稼げない初心者が最も陥りがちなのが、”お宝ハンター”です。

要するに、一発でドカンと利益が狙えるレアモノばかり仕入れようとするタイプですね。この傾向にある人は、利益がいくら取れるかという点にばかり目がいって、肝心の売れやすさ(Amazonランキング)を軽視しがちです。

最悪の場合、「コレ売れたら超でかいじゃーん!」と舞い上がって、ランキングすらない(圏外)商品を仕入れてしまうこともあるでしょう。

安心してください。その商品はいつまで経っても売れません。

むしろ、そういった商品はあまりに売れなさすぎて価格自体が”バグって”いるのです。だからバカみたいな高値で放置されているのです。もう伸びきって手入れされてない雑草と同じです。

そんな雑草をお宝と思い込んで仕入れまくった結果、私は2年以上在庫に眠ったままついぞ売れなかった100個以上の商品を廃棄処分することになりました。  

優先順位を間違えないで下さい。まず”売れること”が最優先なのです。それも、できる限り早くです。

世界の経済を牛耳っているユダヤ人達は、ユダヤの商法でこう言っています。

『少ないマージンで、できるだけ早く売れ』

資金力のない初心者のうちは、とにかく回転率をあげることが大事です。利益率よりも回転率を優先させなければ速攻で資金ショートします。

その辺りの戦略はこちらの記事、『【せどり】資金ショートを避けるためには、商品在庫の回転率を意識すること』を参考にして下さい。

また、回転率を上げるということは、Amazonランキングにおける仕入れ基準をより厳しく設定するということです。 Amazonランキングで見る仕入れ基準については以下の記事も参考にして下さい。(私が扱っているのがCDとDVDメインですが)

スポンサーリンク

理由②:価格改定を甘く見過ぎ

稼げない理由として次に考えられるポイントは、価格改定を甘く見すぎていることです。

まず最初に断言しておきますが、自動価格改定ツールを導入していない人はその時点で圧倒的不利な立場に立たされます。  

価格改定について考える点は2つあり、『価格設定』と『改定頻度』です。

 

まず『価格設定』についてですが、初心者にありがちなのは”安くしすぎ”か、”高くしすぎ”のどちらかです。

安くしすぎな人は、早く売ろうとしすぎて最安値(またはそれに近い)に設定してしまい、売れたところで利益がほぼ出ないという結果に。

一方、コンディションなどの観点から強気すぎる高価格に設定している人は、まず売れないという結果に。

最安値で出品するのはまず論外なのですが、高くしすぎるのも実は考えものです。

例えば、『同配送形態(FBAか自己発送か)の同コンディション』のライバルに価格を合わせるという人が比較的多いですが、”自分の前に何人いるか”を合わせて考慮していない人が意外と多くいます。

簡単に言えば、自分と同コンディションの『FBA 非常に良い』に機械的に合わせたところで、自分の前に『FBA 良い』が10人いたら、購入者の目はなかなか「非常に良い」まで届いてきません。ましてや2ページ目にまで追いやられたら論外です。

さらに、初心者の人はただでさえ信用がない(評価数が少ない)というハンデを背負っているので、格上のライバルと肩を並べたところで購入者から天秤にかけられれば敗北する可能性も高くあります。

その点を踏まえて、安くもなく高くもない、利益もある程度取りつつ売れやすいという絶妙な価格設定を模索することが必要不可欠になります。  

 

もう1つ、『改定頻度』についてですが、先に述べたように、手動で価格改定している人は自動価格改定ツールを導入している人にはまず太刀打ちできません。

昨今の価格改定ツールは非常に優秀になっていて、数時間に1回、数十分に1回の頻度で自動価格改定を行います。

手動で改定する人は毎日更新チェックすれば優秀な方だと思いますが、それでも価格改定ツールを用いたライバルたちの価格競争にはまったくついていけません。

Amazonでは、たとえ同じ価格であっても、”新しく価格更新された方”が上位に表示されます。当たり前ですが、1つでも上位表示された方が購入率は上がるので、この点から見ても手動改定派の人は遅れを喫します。  

 

この2つの問題点を解決する術は1つ、自動価格改定ツールを導入することです。

ツールはほとんどが有料ですが、月々たかが数千円です。投資に見合うだけのリターンは必ず得られます。

価格改定ツールは、現在は「プライスター」のほぼ一強時代かと思います。

プライスターは価格改定機能のみならず、出品機能や在庫管理機能、さらには税務サポートなど無数のサービスが全て利用できるので、せどりをしていくにあたってもはや必須のツールになりつつあります。

スクリーンショット 2016-01-26 18.51.25

ちなみに、プライスターは30日間の無料お試し期間があるので1ヶ月間はタダで使えます。まだ導入していない方はまずは無料で使ってみてください。

無料で使う前に、より詳しく知っておきたい方は以下の記事も参考に。

 

理由③:リスクを恐れて単価を上げようとしない

稼げない理由の3つ目は、根本的に安いものばかり仕入れているということです。

例えば、単C(108円均一など、安い一定価格帯のもの)しか仕入れない人などですね。

確かに108円とかなら売れなかったときのリスクも最小で済みますが、当たり前のように望めるリターンも最小です。 リスクをかけないでリターンは欲しい、というのは基本的には市場原理としてあり得ません。

この先もせどりで稼いでいきたいのなら、どのみち単価を上げていく宿命になります。 せどりを始める最初のステップは単Cでもかまいません。

でも、少しずつ利益が溜まってきたら、その利益分を再投入してより単価の高いものに移行していかなければ、ビジネスの規模は大きくなりません。

少しずつ少しずつ大きなリスクを取れるようになること。それを成長と言います。 その辺りのことも、詳しくは以下の記事に書いてあるので参考にして下さい。

 

まとめ

以上に書いてきたことは、全て私が実経験として犯してきたミスです。

本当に売れないものばかりゴミのように集めてきましたし、適当に売るべき商品も売り方を間違えてきました。 それは簡単には目をつむれないほどの損失でしたが、今に続く勉強代だったと思えば早いうちに失敗しといて良かったと思えています。

いま、【せどり 売れない】や【せどり 稼げない】で検索してこの記事を読んでいる人は、恐らく上記のどれかの問題点を抱えていると思います。

いま一度、各ポイントを見つめ直して、ぜひとも改善に役立てて下さい。

そして、稼いでいく上で最低限の準備・投資は整えて下さい。前述したように、ツールは基本的に多少のお金を払ってでも有料のものを使うべきです。たかが数千円の投資も出来ない人はそもそもビジネスに向いていません。

前に紹介した価格改定&総合せどりツール「プライスター」と、仕入れサーチ用のツール(せどり風神など)、合わせて2個分のツールだけでも、最高レベルのものを揃えておくことは最初の一歩です。

最低限の下地を整えたら、あとはひたすら実行あるのみです。

せどりだってビジネスですので、トライ&エラーの連続です。人に答えを聞く前に自分で仮説を立て、実践して失敗していくことこそ、成功への一番の近道だと思います。  

スポンサーリンク
Sold