せどり・ネット転売

脱サラはキケン!せどりで専業になりたい人の質問に答えます

投稿日:2016年4月11日 更新日:

せどりを長く続けていると、せどりに興味を持っている人から色々な質問を受けるようになります。

なかでも特に多い質問は、「せどりって実際どのくらい稼げるの?」系です。

サラリーマン生活に嫌気がさして、せどり専業で食っていければなぁ……と考えている人も結構多くて、そういう人から質問されると答えに困ったりします。

私はせどりを始め自営業で食っていますが、やっぱりそんなに甘くありません。万人にはとてもおすすめできない。

とはいえ、一応私もせどりだけでも食えるくらい稼いでいるので、この機会に、せどり専業を目指している初心者からよく来る質問に答えてみます。

スポンサーリンク

せどり専業になりたい人からよく来る質問

質問1. 今の仕事を辞めたいのですが……何ヶ月くらいでせどり専業になれるでしょうか?

とにかく会社を辞めたい! という欲求が先に立っているタイプの人がめちゃ多いです。

私の経験上、「せどり専業でやっていきたい!」と言う方には大きく2種類のタイプがいます。

タイプ①:純粋な起業精神タイプ。
→ とくに大学生に多い印象ですが、アルバイトとかではなく自分の力で稼いでみたいという人や、将来起業するためのファーストステップとして経験したい、といったチャレンジャー志向の方々。

タイプ②:現状脱出したいタイプ。
→「今の仕事を辞めたい」とか「サラリーマンにうんざり」とか「非正規の現状から抜け出したい」といった、せどりうんぬんではなく、「とにかく今の環境から脱出したい」という目的が最初に来ているタイプ。

純粋な起業精神を持っているタイプは、とくに大学生とか若い人に多い印象です。アルバイトとかではなく自分の力で稼いでみたいという人や、将来起業するためのファーストステップとして経験したい、といったチャレンジャー志向の方々。

ただ、せどりをやりはじめた人の中で、このタイプは非常に少ないです。

現状、せどりをしている人の中で圧倒的なシェアを誇っているのはタイプ②の「現状脱出したいタイプ」の人々です。なのでこの記事もその人向けに書いてます。

 

現状脱出タイプの人達は、サラリーマンだろうと非正規だろうとフリーターだろうと、とにかく現状からの脱出が最優先になっているゆえ、「何ヶ月で専業になれるか?(仕事辞めても大丈夫か)」が至上命題であり、とにかく早急な結果を求めがちです。

そのため、怪しい情報商材屋や詐欺まがいのセミナー屋に真っ先に「カモ」にされるのもこの人達です。

ネット上に氾濫する『たった3ヶ月で月収100万円稼ぎました!』みたいな情弱を釣るためだけのキャッチコピーを鵜呑みにして、あろうことか早々に会社を辞めてしまった人もいました。

このように、とにかく厳しい現状から脱出したいがゆえに、思考停止で安易な判断を下してしまう人が大勢います。

なので、私は「仕事を辞めたいのですが……」と言ってくる人に対してはひとまずこう答えます。

「ちょっと待て。早まるな」と。

そしてまずは話を聞け、と。

まずはっきり言いますが、せどりって多くの人が思っているよりも稼げません

Googleのキーワード検索では、『せどり』の複合キーワードとして『せどり 売れない』や、『せどり 稼げない』といったネガティブなキーワードが上位に位置しています。

これは、それだけ「売れない」や「稼げない」と嘆きながら検索している人が多いという意味で、せどらーの現状を如実に現しているデータではないでしょうか。

ほりっく
ちなみにここで言う「稼げない」とは、「儲けがまるで出ない」の意味ではなく、「期待(または理想)していたより稼げない」のニュアンスです。

大なり小なり儲けを出すという意味では、せどりほど簡単に儲けられるビジネスはないでしょう

なので、「3ヶ月も頑張れば俺も月商100万円達成できるかも……(ワクワク)!」なんて理想に胸踊らせているようでは、恐らく痛い目をみます。

何ヶ月で専業になれるか? なんて誰にも分かりません。その人の軍資金にもよるし、仕入れに当てられる時間にもよるし、多少は個人のセンスでも変わってきます。

ただ、「専業になってもいい条件」のようなものはあるので、次で書きます。

スポンサーリンク

質問2. いくらあればせどり専業でやっていけますか?(専業になる条件)

あくまで私の答えですが、、せどりを専業でやってもいい条件として以下の3つを挙げています。

専業になる3つの条件

  1. (副業として)本業の収入をすでに越えている。
  2. 配偶者の存在など、別の収入源が確保されている。
  3. 軍資金として丸まる使える金が最低50万円ある。

この3つのうち一つでも満たしていればまぁ……専業も不可能ではないかな、という感じです。1番確実なのは、副業で初めて本業の収入を超えたら専業コース。本来はこのコースを目指すのがベストです。

逆に、3つの条件のいずれも満たしていない人は、専業でやるべきではないです。いずれかを満たすまではあくまで副業としてせどりに励むことを強くオススメします。

 

いくらあれば専業になれるか?」という質問をする人は【初心者・独身・会社辞めたい】の3要素を兼ね備えた人達が多いので、最も実現が近い条件は3の「使える軍資金が50万円以上ある」です。

これは在庫ゼロの真っ白な状態からせどりスタートしても、50万円を仕入れに投資できれば何とか初月から回るかなといった私の目測によるものです。

とはいえ、軍資金50万円だと初心者がそれなりに上手く回しても月10万〜20万円の利益が出れば合格ライン。独身ならまぁ贅沢しなければ死なない稼ぎは最低限出せるかなというレベルです。

もちろん、これは私なりのせどり手法に沿った基準なので、扱う商材や設定している利益率によってはもっと少額で済む場合もありますし、逆にもっと高額になる場合もあります。

軍資金50万円という数字は、CD・DVD商材をメインとし、利益率20〜30%前後での運営を想定した場合の目安数字です。仕入れ単価の低い本のみで勝負するなら、クレジットカード限度額30万でイケるかもしれません。

CDせどりとDVDせどりの利益率や仕入れ基準は下記記事にまとめているので、気になれば参考にしてください。

参考記事CDせどりのコツ全て|仕入れ基準やAmazonランキング目安まで完全ガイド!

参考記事DVDせどり完全ガイド!おすすめの仕入れ基準/仕入れ先/狙い目ジャンルまで全て解説

 

質問3. どうすればせどりで成功できますか?

うーん……。

 

この質問する人わりと多いのですが、はっきり言ってしまうと、この手の質問をするタイプの人はせどりというか自営業・起業には向いていないです。

そのほかにも、こういう質問をしちゃう人↓

「初心者なんで、◯◯したいんですけど、どう思いますか?」

「初心者なんですけど、何から始めればいいですか?」

「せどり始めようと思うんですけど、何かアドバイス下さい」

「副業と専業どちらがいいと思いますか? 意見くれたら嬉しいです」

「どうすれば成功できますか? どうすれば専業でーー何したらいいーー?」

etc……etc……

ちょっと厳しい言い方ですが、こういう質問をしがちな人は自営業=つまり自分でビジネスして食っていくのには向いていません。

ものすごく簡単に理由を言うと、専業せどりのような自営業で食っていくのに必要なスキルは、「自分で考えて、仮説を立て、検証し、壁をクリアしていく能力」だからです。

上のような質問をするタイプの人は、「答えを教えてもらわないと何もできない人」です。サラリーマンに多いのですが、今まで常に上司から指示を受けて仕事してきたせいで、人から教えてもらわないと何をすればいいのか自分の頭で考えることができなくなっているんです。

例えば数式を解くスキルを付けたいとして、真っ先に後ろの答えを見て写しても、その場限りの答えは出せても、肝心の「数式を解くスキル」は身につきませんよね。教えてもらった通りの答えを書いただけだから。それと同じで、他人から教えてもらうのではなく、自分の頭でアレコレ考えてあーでもないこーでもないと式を解いていく以外に、スキルは絶対に身につかないわけです。

でも、これができない人が本当に多い。
なんでも人にアドバイスをもらわないと動けない人が。

自営業や起業は自分が先頭にたつのだから、本来は誰もアドバイスなんてくれません。自分の頭で考え、自分の手を真っ先に動かしていく船長タイプの人でないと到底続けていくことは無理です。

その辺のことは下記記事でもめっちゃ書いたので、気になる人は読んでみてください。

関連記事
独立起業してはいけない、経営者に向いてない人のたった1つの特徴

「ブラック企業」という言葉はここ数年ですっかり浸透し、公務員を目指す学生が激増している近年、サラリーマンという働き方に対 ...

続きを見る

ちなみに、せどり業界ではセミナーとか多いですよね。

「専業で食っていきたいからセミナー行って勉強するか……」とか思いがちですが、そういうのも必要ないです。起業セミナーとか行く人のほとんどは実際には起業しません。

ドラゴン桜の作者である三田紀房先生が出版しているビジネス本には、起業志望の人たちについてこんなことが書かれています。  

「(起業塾の)セミナーなんかに来てる時点で、そいつは成功しない」  

つまり、起業して成功する人間というのは、セミナーなんかに来る前にもう起業しているということです。

行動よりもまず勉強から入ってしまう人、行動よりもまず相談から入ってしまう人はやっぱり自営業には向いていません。むしろ、人のアドバイスを聞かずに「あ、もうやっちゃったわ(笑)」くらいのスタンスの人の方が自営業には向いています。

ただ、別にこれは自営業タイプの人が優れているというわけではありません。人から与えられた仕事を忠実にこなすのが得意な人もいれば、 なんでもかんでも自分でやりたいから周りは口出すな系の仕事スタイルが得意な人もいます。

この辺は向き不向きなので、自分のタイプを見つめ直してみてください。

最後に

せどり業界は異常なほど新陳代謝が高く、毎年毎月のように大量の新参がせどりに挑戦しては、同じ分だけが失意のもとに退場していきます。

そのときの失意とは概ね「思ってたほど楽に稼げないじゃないか」というありもしない幻想を夢見ていた結果です。

ネットビジネスは詐欺の温床と言われて久しいですが、むしろそれくらい警戒心を持って挑んだ方がよっぽどいい。

最も悲惨なのは、煌びやかな謳い文句に魅せられて安易に会社や現在の立場を捨ててしまい、期待していた結果が出ずに退場しても次の行き場はもうないと……そんなふうに絶望のスパイラルへと追い込まれてしまう人達です。

だから私は、基本的に「いきなり専業」には反対派です。

今の仕事は辞めずに、まずは副業として取り組んでみて、そこで確かな手応えと成果を手に出来たら個々の判断に従って専業になるべきだと考えています。

サラリーマンの給与は年々下がり、非正規雇用は激増したりと、勤め人にとっては本当に厳しい時代です。

「もしせどりで簡単に食っていけるようになれたら……今の仕事を5秒で辞めれる……」と夢見る気持ちは分かりますが、現実はそんなに甘くありません。

せどりで食べていくことだって実際は本当に大変ですし、勤め人よりよっぽど保障もないし先も見えない世界です。

それに、冒頭で書いたように、「現状からの脱出」が最優先に立っているタイプ②の人の多くは、究極的には単に「隣の芝が青く見えている」だけの状態です。 せどりを始めたらはじめたで、やがてまた別のビジネスや誘い文句が「青く」見えはじめてしまい、結局成功することもなければ続けることさえ難しいというケースに陥ります。

なので、「脱サラしてせどりやろう!」と一時の気まぐれでモチベーションが上昇している人は、一度冷静になってみて、しっかりと情報収集をし、間違ってもその場の勢いで立場を捨ててしまわないようにした方が良いというのが、 これまで色んな退場者を見てきた私なりの結論です。

 

【初心者向け】せどり初心者がまず揃えたいおすすめアイテム

これからせどりを始める、あるいは始めたばかりの初心者の方々に、ぜひ最初に揃えておきたいアイテムを紹介します。

せどりツール選びに迷っている方は、ぜひ参考にして下さい。

総合せどりツール『プライスター』

スクリーンショット 2016-01-26 18.51.25

公式HPプライスター

総合せどりツール『プライスター』は、商品の自動価格改定やカンタン出品登録、利益率や売上管理から税金サポートまで、仕入れ以外のせどり業務を全てサポートしてくれるツールです。せどり業界では知らない人はいないでしょう。

こんな悩みがある人へ
  • 商品の価格改定が面倒すぎる……
  • 商品の出品や納品作業に時間がかかりすぎる……
  • 自分の利益率や利益額を集計するのが面倒……

以上のような問題点を抱えている人は、プライスターを導入すれば全てを解決できます。

  • ⇒価格改定は30分程度の間隔で全自動で行ってくれます
  • ⇒複数個の商品をまとめて一気に出品登録できます
  • ⇒商品ごと、月ごとの利益額や利益率を自動集計してくれます

私はせどりで月商200万を売り上げるようになるまで様々なせどりツールを使ってきましたが、中でも最も売上アップに貢献したのが、プライスターです。

あなたのせどりにプライスターを導入するだけで、

  • 作業時間は半減し、
  • 売上額は大幅にアップ

させることができます。

通常月額は4800円。たった5千円程度でプライスター内の全ての機能が使い放題になります。使って損することはまずないでしょう。

それでも不安な人のために、30日間は無料でお試し利用ができます。

プライスターの「威力」は1000の言葉で熱弁するよりも1回の体験の方がはるかに強烈に分かります。まだ使っていない人は、まずは30日間無料お試しからプライスターを利用してみてください。

電脳せどりの必須ツール「さや取りせどらー 最終バージョン」

リアル店舗ではなく、ネットショップから仕入れる”電脳せどり”の仕入れサーチツールとして代表的な「サヤ取りせどらー最終バージョン」

こちらはリアル店舗に仕入れにいけない・行きたくない人には必須のツールになります。

ごく簡単に言うと、大手ネットショップの商品の中からAmazonと価格差のある商品を自動で検索してくれる神ツールです。検索結果に出た商品を該当ショップから購入し、Amazonで売れば利益が出るというわけですね。

国内大手のネットショップにきちんと対応しています。

  • ブックオフオンライン
  • 駿河屋
  • ビックカメラ.com
  • ネットオフ
  • セブンネット
  • 楽天

CHECKサヤ取りせどらー公式サイトの詳細はコチラ

電脳せどりができるようになると仕入れもネットで完結するので、「24時間」「完全に在宅で」せどりをすることができるようになります。せどりで一番労力のかかる店舗仕入れが不要になるので、専業の人はもちろん、副業の人や女性にはぜひおすすめしたいせどりスタイルです。

電脳せどりは検索ツールを持っていないとほぼ不可能なので、電脳せどりをやっていきたい人は必ず購入しておきましょう。万が一の返金保証もかなり充実しているので安心してOKです。

-せどり・ネット転売

Copyright© WorkaHolic[ワーカホリック]|キャリア×転職×仮想通貨ブログ , 2018 All Rights Reserved.