パソコンによる目の疲れを軽減する7つの対策とグッズを紹介!

パソコン ライター

長時間PC作業を続けて、目の疲れがもう限界……!

フリーライターである私は、1日10時間近くPC画面と向き合っている日も多いです。

  • 途中で目がショボショボしてくる……。
  • ピントが合わなくなってくる……。
  • 視力が下がっていっていく感じがする……!

これはライターのみならず、PCという武器で戦うすべてのデスクワーカーの悩みに違いない!と思っています。

だからこそ、今回は私が実際に試して効果を感じた「目の疲れ対策」をご紹介したいと思います!

みなさまの目の疲れが少しでも軽減されますように。

スポンサーリンク

PCの環境を見直そう!

ワードプレス

対策1:PC画面の明るさを調整しよう

PC画面の明るさは、明るすぎても暗すぎても目に負担がかかります。

ベストな明るさは部屋の明るさによっても左右されるので、一概には言えません。自分の部屋に合った明るさに設定する必要があります。

実際のところ「自分の部屋に合った明るさ」と言われても、そんなのわかりませんよね。そんな時は、「PC画面の白い部分の明るさ(Googleのトップ画面とか)」と「白い紙の見え方」を比較してみてください。

紙に書いてある文字の見え方が自然な見え方なのです。PC画面の明るさも、実際の白い紙の明るさに近づけてあげると、目の負担が減ります。

対策2:画面の反射を減らそう

太陽や電気の光が当たることによって、PC画面が反射してしまうのも目に負担がかかります。反射によって画面に映り込んだものにピントが合ってしまうなど、ピントの移動が激しくなることによるものです。

反射を防ぐためには、光が反射しにくい位置にPCを置く方法もあるでしょう。しかし最も簡単な対処法は、反射防止フィルムを貼ることです。

自分のPC画面の大きさに合う反射防止フィルムを貼ってみましょう。

対策3:PC画面の位置を調整しよう

PC画面の位置は、目線と同じ高さか、それより少し下になる位置がベストです。

デスクとイスの高さで調節しても良いですし、PC画面の下に土台を置いて、画面だけ高くするのも良いと思います。

高すぎる、もしくは低すぎる目線でPC作業を続けると、目はもちろん首なども疲れますから、すぐに調節してあげましょう!

スポンサーリンク

マッサージで目をリラックスさせよう!

対策4:眉頭をプッシュしよう

目が疲れた時に有効なマッサージ法の1つに、眉毛の最も内側の部分(眉頭)をプッシュするというものがあります。

私はこのマッサージ法を生物の先生に教えてもらいました。生物の先生が言うのだから、間違いないはずです(笑)

よくよく調べてみると、この眉頭は「さん竹(さんちく)」というツボのようです。5~6回プッシュすると、目がじわ~っと温かくなります。「ちょっと集中しすぎたな~」という時は、眉頭をプッシュしましょう!

対策5:こめかみをプッシュしよう

美容院や床屋さんに行ったとき、マッサージのサービスでこめかみをグ~っと押された経験はありませんか?

あれはむやみに押しているワケではなく、血行が良くなるツボだから押しているのです。これも眉頭と同じように、数秒間プッシュしてみましょう!

疲れ目対策グッズを利用しよう!

対策6:PC用メガネは絶対にゲットしよう

長時間PCを使う仕事をしているなら、絶対にゲットしておくべきなのが「PC用メガネ」です。私はもうかれこれ5年近く使用しています。

ちなみに私が使用しているのは、JINS SCREENです。

JINS SCREENはブルーライトをカットしてくれるメガネです。ブルーライトはPC画面やスマホ画面から発せられる光のことで、これが目にダメージを与えるそう。

JINS

余談ですが、私は7年前にレーシックという眼の手術をして、視力0.01から1.5に回復させました。「せっかくここまで回復させた視力を絶対に落としたくない!」と思ったので、JINS SCREENをかけはじめたのです。

(当時はJINS PCという名前でしたが、今はJINS SCREENに変更になっています)

5年間使用してきた感想を一言でいうと、もうコレがないとPC作業ができないほど必需品になっています。

JINS SCREENをかけているのとかけていないのだと、全く疲れが違いますよ! デスクワーカーなら絶対に持っておくべきアイテムです。

▷▷「JINS PC」は、疲れと戦うメガネ「JINS SCREEN」へ (公式サイト)

対策7:頑張った日は「蒸気でアイマスク」をしよう

「マッサージをしてもダメなぐらい今日は目が疲れている……」そんなときは、目を温めてあげましょう! 温めることで血行が良くなり、凝り固まった目をほぐしてくれます。

もしお金をかけずに目を温めるとしたら、タオルを濡らし、電子レンジでチンすればOKです。

20秒程度温め、一度タオルを広げてちょうど良い温度になるまで冷まして、目の上に乗せましょう。(温める時間は電子レンジによって違うので調整してくださいね)

ただ、タオルだとすぐに冷めてしまうのが欠点です。もっと長く温めたい場合は、市販のホットアイマスクを利用するのがオススメです。

めぐりズムの「蒸気でホットアイマスク」なら、温かさが10分間も持続します。頑張った自分へのご褒美に、目をしっかり温めてあげてくださいね!

まとめ

目の疲れを軽減する方法を7つご紹介してきました。

目が疲れると、頭痛や肩こりにもつながります。頑張りすぎて身体を壊しては元も子もないですから、目の疲れもなるべく減らすよう対策してみてくださいね!

スポンサーリンク
パソコン ライター