【せどり】ブックオフの値付け基準、単品管理とは?

geralt / Pixabay

ブックオフでのせどりは年々厳しくなっているーーー

なんて声も聞きますが、それでも今なおブックオフはせどらーの主な仕入れ先として外せないものだと思います。

しかし実際問題として、ワンデーサンクスパスの廃止や、「単品管理」という商品の管理方法の促進などによって、以前に比べると仕入れの難易度は着実に上がってきているのが実情です。

今回は、そんなブックオフの値付け基準について少しお話したいと思います。

スポンサーリンク

ブックオフの「単品管理」ってなに?

クエスチョン

「単品管理」という言葉を耳にしたことのある方は多いと思います。

これはブックオフの商品管理方法を表す言葉で、文字通り各商品一つ一つをデータ管理しているということです。

ブックオフでは、単品管理している商品と、そうではない商品が未だに混在しています(しかし確実に、全商品に単品管理化の波が押し寄せています)。

両者の見分け方としては単純に、値付けラベルを見れば一目瞭然です。

  • 長方形のシールで、「商品名」や「著者名」などがしっかり個別データにかかれている = 『単品管理』
  • 商品名などなく、「150円」や「780円」など、単に値段だけが書かれた色のあるシール = そうではない『一括管理』

という違いです。 また、単品管理されている商品は商品名など細かいデータを持っているため、レシートを見てもしっかり商品名がのっています。

逆に、一括管理されている商品は、レシートにも「映像作品」や「雑誌」など、ジャンルごとの表記しかありません。

何年か前まではほとんどの商品が一括管理され、言わば商品ジャンルごとに「テキトー」に値付けされていたのですが、Amazonを始めとするネット販売の台頭により、ブックオフも年々、全ての商品における単品管理化を進めています。

そしてこの「単品管理化」が、ブックオフせどりを大きく苦しめている要因となっているのです。

単品管理の問題点とは?

jarmoluk / Pixabay

「単品管理」の何が問題かというと、 ブックオフは、全ての商品をAmazon価格を意識した値付けで管理しているのです。

もちろんブックオフ側が公言していることではなくこちらがそう思っているだけのことですが、一度仕入れをしてみればブックオフが明らかにAmazon相場を基準に値付けしていることは一目瞭然です。

するとどうなるか?

ブックオフで単品管理されている全ての商品が、Amazon価格を参考にしてつけられているわけですから、 当然、サーチしてもサーチしても、ほとんど差額が出ずに仕入れられる商品が見つかりません。

しかし、だからといって諦めるのはまだ早いです。 ブックオフがAmazon価格に合わせているからと言って、仕入れられる商品を決して見つけられないわけではないのです。

スポンサーリンク

値付け基準は、Amazon最安値

OpenClipartVectors / Pixabay

ブックオフは確かに値付けに関してAmazon価格を意識しています。これは間違いありません。

しかし、見ているのは単純に、”Amazonの最安値出品価格”なのです

そしてさらに、ブックオフはネットに客を取られないよう、Amazon最安値よりも1割〜2割ほどさらに値引いた額で価格設定しているようです。

つまり、Amazonマーケットプレイスでの最安値が2000円である商品は、ブックオフだと大体1550~1850円辺りで売られることになります。(あくまでおおよその話です)

このように、”ブックオフはAmazonの最安値を意識している” ことから、 仕入れ可能な商品(Amazonとの差額がある)は、次のような仕組みで生まれてくるのです。  

例えば、商品AがAmazonマーケットプレイスで以下のような出品ラインナップだったとします。

  • ○○本舗 状態:可 ※落書きあり <1800円> 自己配送
  • ○○書店 状態:良い        <2400円> 自己配送
  • ○○堂  状態:非常に良い     <2800円> 自己配送
  • ○○ブックス 状態:非常に良い   <3000円> FBA

Amazonでこのようなラインナップだった場合、 ブックオフは商品Aを値付けするとき、まずは機械的に最安値を意識します。

さらにそこから10%ほど安くした値段設定にするため、<1500>辺りで値付けします。

あなたがもしFBA利用者で、ブックオフ商品の状態が比較的綺麗だった場合、 上記の相場なら,<3000円>で出品できるでしょう。 すると、<1500円>仕入れの、<3000円>出品が成り立つのです。  

上記の例のように、 Amazon内で最安値と適正相場に差が生じている場合、 ブックオフはそこまでは判断できずに機械的に最安値に合わせてきますから、結果として適正相場との差額が生まれ、仕入れ可能な商品が生まれてくるのです。

解決策は、適正相場を掴んでくれる仕入れツールの導入

仕入れの際に、「最安値だけを見ては絶対にいけない」というのはせどりの常識です。 最安値ばかり見ていたら、それこそブックオフのほとんどの商品は同額を示してきます。

そこで大切なのは、きちんと適正相場を判別してくれる仕入れツールを使うということ。例えば上記の例だと、「可」を無視して適正相場の3000円前後を予測売価として出してくれるサーチツールを使っていれば仕入れることができます。

私はせどりを初めて以来ずっと「せどり風神」を使っていますが、せどり風神は「可」の出品者を無視してサーチできる上、自分の基準(「良い」や「非常に良い」で出品することを想定)に合わせて、サーチした商品の予測売価をはじき出してくれます。

なのでブックオフせどりでも、きちんと利益の出る商品を見逃さずに仕入れることができます。

ブックオフせどりで苦戦している人、あるいは仕入れツールに難を抱えている人は、ぜひ一度せどり風神の威力を体感してみるといいですよ。お試し利用でよければ、無料登録するだけですぐに使うことができます。

>>>せどり風神の無料登録はこちら

本格的に使う場合は、有料会員コースになる必要があります(無料会員だと1日100回しかサーチできないので)。ライト会員なら月3800円なのでコストを抑えたい人に最適です。

有料会員になるなら、PDF100Pのせどり教本がセットになったスターターパックを購入するのが手っ取り早くておすすめです。マニュアル+最高ランク会員の機能が30日間無料で使えますよ。

せっかくなので30日間は上位ランクの機能を堪能し、いらなければその後ライト会員に変更すればOKです。私もそうしました。

>>次世代せどりツール&マニュアル・せどり風神『虎の巻』withせどり風神「フル機能会員」30日利用権

全部セットで1万円くらいしますが、初期投資にしては安いもの。
逆に、1万円の投資もできない人はそもそもビジネスに向いてないので引き返したほうが賢明ですよ。

売り抜くには適正な価格改定を怠らないこと

paulracko / Pixabay

単品管理の穴をついて仕入れができたとしても、適正な価格で売り抜くことができなければ意味がありません。

重要なのは、出品者同士の価格競争のなかで、最安値グループをうまく無視しつつ、利益の取れる適正な位置をキープすることです。

ここで必須になるのが、自動価格改定ツールの存在です。

周囲の出品者達の数や価格帯は刻々と変化するので、適正相場というのもまるで株価のように常に変動します。

このとき手動で価格改定をしているようだと、この適正相場の変動にはまるでついていけません。たとえ価格を更新しても、人気商品であるほど、数時間も立てば別のライバルが自分の前に位置をキープしてしまうものです。

つまり、刻々と変化を繰り返す適正相場に分単位で対応し、常に適正なポジションをキープするには、自動価格改定ツールの存在なくしては不可能と言っていいです。

未だに手動でピコピコと価格改定している人は、より効率的に売上が欲しいなら、必ず価格改定ツールを導入しておきましょう。一定レベル稼いでいる人で、価格改定ツールを使っていない人なんて見たことも聞いたこともありません。

価格改定ツールにも、「プライスター」「価格雷神」「せどりキング」を代表として様々ありますが、

私は一貫して「プライスター」をオススメしています。

プライスターは、約30分に1回という高頻度の価格改定機能はもちろんのこと、

  • 「カンタン出品機能」
  • 「カンタン在庫管理」
  • 「カンタン売上管理」
  • 「PRICE CHECKとの連動機能」
  • 「棚卸し機能など、確定申告向け税務サポート」
  • 「仕入れを安くする問屋サービス」
  • 「海外輸出・輸入をサポートするサービス」

などなど、せどりをする上での必要なサービスがほぼ1セットになっている画期的なWEBサービスです。

サービス使用料は月額5800円ですが、プライスターは1ヶ月間の無料お試し期間を設けているので、お試しで使ってみることもできます。

スクリーンショット 2016-01-26 18.51.25

プライスターについてもっと知りたい人は、『必見!人気せどりツール『プライスター』の魅力を徹底解説します!』にて詳しく解説しているので、読んでみて下さい。

ブックオフ以外の仕入れ先を確保することも重要

イオン

ブックオフが単品管理を進めている以上、過去より仕入れが難しくなっていることは事実です。賢いせどらーほど、ブックオフ以外の有力な仕入れ先の確保に注力していると思います。

せどりと言えばブックオフが象徴的な存在になっていましたが、ブックオフ以外にも仕入れ場所は沢山あります。TSUTAYAやゲオをはじめとするチェーンはもちろん、中古CDショップや古本屋でも仕入れは可能です。

さらに、家電やおもちゃ、ゲームにまで仕入れ対象を広げれば、仕入れ先は無限に広がりますよね。

例えば、地方や郊外に住んでいる人ならば、最もおすすめなのは「イオンせどり」です。イオンはおもちゃやゲーム、家電商品などが在庫処分価格で多数売られており、何よりセールが多いのが特徴です。地方においてはまさに”宝の山”と言えます。

イオンせどりについては下記記事で詳しい仕入れのコツを書いていますので、地方住まいの人は参考に。

【保存版】イオンせどりの仕入れのコツ完全ガイド2016

2016.05.01

まとめ

ブックオフが単品管理を促進していることによって、ブックオフからせどらーの姿が激減しているのは誰もが知っていると思います。

これを吉と取るか、凶と取るかで、せどりの姿勢はガラリと変わります。

良質な土地には人が群がるので、いつしか価値は平均化して落ち着いきます。この宿命は市場の原理というもので抗えません。

一方、誰もが見捨て去った土地、誰もが見ようとしなかった場所にタネを植えてこそ、金のなる木は育つものです。

単品管理が進んだことと、ライバル達が消え去ったこと、両者を比べるとプラスマイナスどちらでしょうか?

ライバル達が見限って去っていったブックオフも、やり方次第では”あなただけの”金のなる木になるかもしれません。

※今回紹介したブックオフの値付け基準は、「ブックオフが公言している」ものではなく、あくまで私が長く仕入れをしてきた中で肌感覚をもとに立てた予測です。あくまで参考程度にして仕入れの知識にお役立て下さい。

スポンサーリンク
geralt / Pixabay