キャリア・転職

転職エージェント・転職サイトとハローワークの違い。どっちを利用すべきかは明白。

投稿日:

「職探し」と聞くとハローワークをイメージする人が多いですよね。一方で「転職」と聞くと転職サイトや転職エージェントをイメージする人が多くなると思います。

どちらも求職者が次の職場を探すのに無料で使えるサービスですが、ハローワークと転職サイト/エージェントの違いをしっかり分かって使っていますか?

どちらも似たようなサービスを提供していますが、その性質は全く異なりますし、転職先のグレードも大きく異なってきます。

最も大きな違いは、公共サービスか民間ビジネスかということ。

要するに”やる気”の問題です。

どちらを利用すべきかは、下記を読めば明確に分かると思います。

スポンサーリンク

基礎知識的な違い

まずは、ごく基本的な知識として違いを見ていきます。

ビジネスモデルの違い|公共サービスか民間ビジネスか

ハローワークも転職サイト/エージェントも、求職者は無料で使えるという点は同じですが、事業の仕組みは全く違います。

まず、ハローワークというのは厚生労働省が管轄する公共サービスであり、つまり公務員が税金を使って運営しています。要するに国のサービスですね。

一方の転職サイトや転職エージェントというのは民間企業のサービスですから、ビジネスマンが利益をあげるために他社と競争しながら運営しています。

収益モデルとして、転職サイトは企業側から1週間○○万円といった掲載料を収入源とし、転職エージェントは求職者が転職に成功した場合に、年収の30〜35%分の成功報酬を企業側から貰う仕組みになっています。コストを負担するのは企業側なので、求職者は無料で使えます。

まとめると、ハローワークは国の税金で運営できるのに対し、転職サイトやエージェントのような「ビジネス」は求職者を転職成功させないと売上が成り立たちません。

求人掲載の条件の違い

企業が人材を募集したい場合、ハローワークであれば無料で簡単に求人を出すことができます。となると当然、ハローワークには求人に費用をかけられない中小零細企業が集まる傾向が強いです。

一方で、転職サイトや転職エージェントに求人を出す場合、しっかり契約を交わしたのち、転職サイトなら1週間○○万円の掲載料、転職エージェントなら採用した転職者の年収30〜35%を成功報酬として払う必要があります。当然、転職エージェントに募集を出す企業は”採用コストをかけてでも良い人材を集めたい”という中小〜大企業が中心です。

求職者側からすればどちらも無料サービスですが、募集を出す企業側からすると、

  • ハローワークは無料サービス
  • 転職サイト/エージェントは有料サービス

という明確な違いがあります。

違いまとめ

【運営者の違い】

  • ハローワークは国(公務員)が運営する公共サービス
  • 転職サービスは民間ビジネスマンが運営するビジネスサービス

【事業モデルの違い】

  • ハローワークは基本的に国の税金で運営。
  • 転職サービスは採用企業側から報酬をもらう

【企業側の求人を出すコストの違い】

  • ハローワークは無料で求人を出せる(零細〜中小がメイン)
  • 転職サービスはそれなりに高いコストを払って求人を出す(中小〜大手まで)

転職の成否を左右する違い

最大の違いは相談員(エージェント)の”やる気”

ハローワークと転職サイト/エージェントの違いを一言で表すならば、「やる気が違う」ということです。

やや極端な言い方ですが、国が運営するハローワークの職員は仕事を頑張っても頑張らなくても安定して飯が食えるのに対して、成果報酬型ビジネスである転職サービスは求職者を転職成功させないと飯が食えません。

そうした仕組み上、相談員/エージェントの必死さがまるで違います。

ハローワークの相談員はあなたが転職成功しようが失敗しようが待遇は変わりませんが、転職エージェントはあなたを転職成功させるか否かが、会社の売り上げ、コンサルタントの社内評価に直結します。月に○人を転職成功させたかが全ての営業マンと同じです。

同様に、安定の中で仕事をする公務員と、競争の中で仕事をするビジネスマンとではサービスのレベルも違います。

転職エージェントは他社に負けぬよう常日頃から徹底的に企業の情報をリサーチし、コネやパイプを作り、質のいい求職者を紹介しようと切磋琢磨しています。いまの時代に生き残っている大手エージェントたちはみな、転職市場の「プロ集団」と言えるでしょう。

対してハローワークの相談員は、こう言ってはアレですが「素人の事務員」に過ぎません。少なくとも、転職成功させるか否かの成果主義で仕事していないのでプロでは決してありません。

その業界のプロか、素人の事務員か。
冗談ではなく、このくらいの差があります。

掲載企業の質も違う

募集を出す企業からすれば、「無料で素人の事務員に頼む」か「高いお金を出してでもプロにお願いするか」という違いですね。

当然、それなりに大きくて質の高い企業ほど有料の転職サービスに求人を出します。

一方でハローワークに求人を出すのはお金がない数多の中小零細企業がほとんどで、中には表立って出せない裏事情のある企業(バックに暴力団が付いていたり)などもあります。

※転職エージェントであれば法人営業部隊が企業を綿密にリサーチして「掲載契約」しますが、ハローワークは基本的に求人出したい企業が自主的に簡単に出せてしまうので、怪しい企業を判別するのが難しいのです。

まぁ、この辺はもうイメージ通りですよね。

ハローワークと転職サービスでは、取り扱う企業の質が全然違います。いうまでもなく、有望な企業に転職したいのなら転職サービスを利用すべきです。

転職サイトと転職エージェントの違いとは?

転職サービスといっても、「転職サイト」と「転職エージェント」の2タイプあります。

例えば、転職サイトの最大手と言えばリクルートが運営する リクナビNEXT が圧倒的トップですが、リクルートは別に リクルートエージェント というエージェントサービスも提供しています。

この「転職サイト」と「転職エージェント」の違いを一言でいうと、企業と求職者の間に人間(エージェント)が入るかどうかです。

リクナビNEXTを始めとする転職サイトは求人誌と基本的に同じです。膨大な求人案件がまとめられていて、求職者自身がその中から希望の案件を探して自ら応募します。「自分で見て・自分で探して・自分で応募する」が基本です。スカウトメールなんかはありますけどね。

一方の転職エージェントとは、担当の人間(エージェント・コンサルタント、キャリアアドバイザー・コンシェルジュなど呼び方は様々)があなたと企業の間に入り、手取り足取りマッチングをしてくれます。

エージェントがしてくれることを挙げると

  • 転職やキャリアに関する相談対応全般
  • あなたにマッチする企業案件の紹介
  • 書類の書き方や面接の指導
  • 転職活動における企業とのスケジュール調整
  • 年収など企業との交渉

といったあらゆるサポートをしてくれます。まさにコンシェルジュですね。

ここまで手厚いサービスでありながら、求職者は無料でエージェントを使えます。なぜなら先述の通り、エージェントはあなたを転職成功させた段階で”企業から”報酬を得る仕組みだからです。

あなたを転職成功させないとエージェントも飯が食えないので、必死にサポートしてくれるわけですね。

本来、求職者からすれば使わないと損なサービスなのですが、「面談が面倒クサい」や「相談するのが面倒」や「そもそも良く知らない」などの理由で意外と利用していない人も多いの実情です。

無料で使えてこれだけのサービスが受けられるので、転職する際は必ず利用しましょう。

問答無用で登録しておくべき大手エージェント4社

リクルートエージェント

type転職エージェント

パソナキャリア

DODA(デューダ)

※転職エージェントは担当者のアタリハズレがあるので、必ず複数社を利用して一番相性のいいところ(担当者)にお世話になりましょう。

転職エージェントについてもっと詳しくは下記記事をお読みください。

初めての転職エージェントの使い方|サービス内容から選び方までまとめ

転職の成功確率を高める最も簡単で確実な方法は、転職エージェントを利用することです。 転職エージェントとは分かりやすく言え ...

続きを見る

フリーターや既卒の人はこちら

近年は、20代フリーターや既卒の人に特化した転職エージェントもあります。最大手の ハタラクティブ を利用する人は9割が20代フリーターで半数以上が「職歴なし」です。

そうした人達のためのエージェントも確立しているので、無駄にハローワーク行くより遥かにこっちに相談した方が有意義だと思いますよ。

無料相談 ハタラクティブ

30歳フリーターの悲惨な末路。20代でなぜバイト人生を続けてしまうのか?

30代までフリーターを続けた人の末路は悲惨だ。 30代までフリーターを続けた人の末路は悲惨だ。 大事なことなので2回言い ...

続きを見る

転職エージェントの”利益主義”ゆえの弊害

転職エージェントは基本的に求職者にとっては”至れり尽くせり”なサービスですが、向こうもあくまでビジネスで行なっていることを忘れてはいけません。

あなたを転職成功させれば成果報酬を得られるという仕組み上、基本的にはwin-winの関係であり親身にサポートしてくれますが、担当者によっては自分の利益を追求するあまりにあなたを無理やり転職させようとする人もいます。

エージェントもイチ会社員でありイチ営業マンなので「ノルマ」が課せられています。「月○人以上転職させろ」というノルマです。

毎月ノルマに追われてゼェゼェ言っているような腕の悪い担当エージェントの思考回路は、

(今月はあと○人転職させないとマズい……。希望なんか聞いてられないから、それっぽいこと言って説得させて無理やりどこかの企業に押し込まないと……)

みたいなことをマジで考えています。あなたがどこに転職しようとどうでもいい、どこかに転職さえしてくれれば俺の成果は上がるのだからーー。

どんな大手エージェントにもこういうダメな担当者は必ずいるので、転職エージェントというのは「どこの社にするか」より「どの担当者にあたるか」が全てです。なので複数社に登録してなるべく多くの担当者に面会した方がいいのです。

※一応、ダメ担当にあたったときに「担当を変えてくれませんか?」と申し出て変更してもらうことはできますが、やはり面と向かって言いにくく、言えない人が多いのが実情です。

参考までに、私の経験上でわかったダメ担当の特徴としては、

  • 最初の面談でいきなり大量(15社〜)の案件を出してくる
  • 「数を打たなきゃ当たらない」理論を振りかざしてくる

こうした担当者は、「どこでもいいから早く転職してくれ」オーラがプンプン出ています。こうした印象を受けたらすぐに切って他社へ乗り換えた方がいいですね。

逆に、「無理に転職しない方がいいかもしれません」「まずは今の会社で社内転職を目指した方がいい」など求職者の転職を思いとどまらせようと正直に提案してくれる担当者には信頼が持てます。自己利益よりも求職者のキャリアを親身に考えてくれている証拠ですからね。

どんな大手エージェントにも優秀なコンサルタントとダメコンサルタントが必ずいるので、なるべく多くのコンサルタントに面会して選り好みすることをおすすめします。

評判悪いダメ転職エージェントの見極め方|比較ポイントを経験者がアドバイス

転職成功率を上げるために利用しておくべき転職エージェントですが、2000年代以降、転職が当たり前の時代になってから雨後の ...

続きを見る

まとめ

ハローワークと転職サービスの違いについてまとめてみました。

ハローワークはどちらかというと、ブランク期間があって仕事復帰をしたい人や、フリーターや派遣社員から正社員にキャリアアップしたい人など、社会人として安定性の弱い人たちに向けたサービスと言えますね。職業安定所と言いますし。

と言っても、 ハタラクティブ をはじめフリーターや派遣専門の人材紹介会社も増えているので、そうした人たちもハローワークに行くよりはまずコンサルタントに相談した方が良いとは思います。

正社員から正社員へのキャリアアップ/キャリア維持を前提とした一般的な転職においては、転職サイトやエージェントを利用しましょう。より確度や成功率を高めたいなら両方利用すべきだと私は思います。

転職エージェントは本当に担当者の質が大きいので、なるべく多くの担当者にアポを取ることをお勧めしておきます。

必須 リクルートエージェント

転職活動の1歩目はここから!今日いますぐ踏み出せる1つのこと

転職活動は、思い立ったが吉日です。

転職するべきかどうかいくら頭の中だけで考えていても答えはでません。実際に今どんな求人が市場に出ていて、自分の市場価値ならどのレベルの企業へ転職可能性があるのか?

それを知ってからの方が、転職のYES/NOを決めやすいと思いませんか?

転職活動を始めたからといって、転職しなきゃいけないわけではありません。まずは転職活動してみて、良い条件を手にできそうならGOサイン、良い条件が見つからなければSTOPすればOK。決定権はあくまであなたが握っているんです。

「転職」という言葉が頻繁に頭をよぎるようになったら、まずは転職サイトを使って求人を眺めてみることから始めましょう。それが今日、今すぐ踏み出せる第一歩目です。

転職サイトは数多くありますが、国内最大手のリクナビNEXTに登録しておけば国内の求人はほぼ網羅できるでしょう。

リクナビNEXTは圧倒的な求人数もさることながら、

  • 自分の強み・才能診断テスト(グッドポイント診断)
  • 企業側からのスカウトシステム(スカウト登録)

といった独自サービスを無料で利用できます。

自分の才能を知れば「自分がどんな仕事・業界に向いているか?」が特定できるし、スカウト登録しておけば「自分がどんな企業から必要とされているのか?」がハッキリと分かります。

「転職すると言っても、自分が何に向いているのかも、どこを目指せばいいのかも分からない……」

といったありがちな悩みを抱えている人にも、これらのサービスが指標になるでしょう。

転職は思い立ったが吉日。
いま悩んでいるのであれば、いま1歩目を踏み出しましょう。踏み出した結果ダメそうであれば、何事もなかったかのように引き返せばOKです。その方が心もスッキリします。

何事もそうですよね。

考えてから動くのではなく、動いてみてから考えるのが賢いやり方です。

-キャリア・転職

Copyright© WorkaHolic , 2017 All Rights Reserved.