Amazonマーケットプレイスの「コレクター商品」とは何なのか?中古とは違う?

コレクション

Amazonのマーケットプレイス(中古市場)では、多くの商品に「新品」と「中古品」の2つの出品枠があります。

しかし時折、第三の出品枠として【コレクター商品】というのを見たことある人もいると思います。

せどりをしている販売者側の人は、出品時にコンディション設定をするときに『コレクター商品』という選択肢もありますよね。

買う方も販売する方も、「このコレクター商品ってなんぞや?」なんて思った人もいるのではないでしょうか?

今回は、そんなコレクター商品の定義や、販売するときのテクニックなんかを紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

 

コレクター商品の定義とは

Amazonのガイドラインによると、コレクター商品は次のように定義されています。

コレクター商品として出品するには、サイン入り・絶版・限定品などの付加価値が必要です。どのような点がコレクター商品として特別な価値があるのか詳しく説明してください。コレクター商品は、Amazon.co.jp が販売する価格よりも高く設定することを推奨します。

Amazonによれば、商品にサインや絶版・限定品などの付加価値があれば、コレクター商品として新品よりさらに高く出品した方がいいと言っています。

とは言っても、サインなら分かりますが、限定品や廃盤といった差別化はいまいちピンときません。

例えばAという商品の初回生産限定盤を販売するとして、初回限定盤なのだからコレクター商品として出品できるかというと、もちろん出品するのは自由ですが、実際にはコレクター商品として高く売ることは出来ないでしょう。

なぜなら、Amazonはそもそも、Aという商品を「通常盤」と「初回限定盤」で別々にカタログ分けしているからです。言ってしまえば「A通常盤」と「A初回限定盤」は別商品として売られているのです。JANコードやASINももちろん違います。

なので、「A初回限定盤」として出品するなら、当然同じ商品を出品している周囲の人達もみな初回限定盤なわけです。

つまり、最初から「A初回限定盤」で出品しているのに、その中で「俺は初回限定盤だからコレクター商品としてプレミア価格つけるぜ!」といったところでちょっと意味不明なわけです。

サインなら分かりますよ。「A初回限定盤」の中でもさらにサインが入っていれば十分に差別化・プレミア化できます。

 

とはいえ、Amazonもサインや絶版・限定盤は例として挙げているだけで、コレクター商品にどのような付加価値をつけるかは出品者に委ねています。ただ、しっかり付加価値が伝わるように商品説明してね、と言っています。

Amazonのガイドラインに従うのならば、「限定盤」という要素があれば、ひとまずコレクター商品として出品しても問題はなさそうです。

例えば、初回限定盤なんかはせどりでよく扱うと思いますが、こうしたときに「コレクター商品枠」をうまく利用して何か上手い売り方をできないでしょうか?

スポンサーリンク

コレクター商品枠のちょっとした使い道

herryway / Pixabay

herryway / Pixabay

コレクター商品枠の本来の用途は、付加価値をつけることによって、新品よりさらにプレミア価格にして売るというものですが、

実はもう1つ、全く違う使い道があります。

それは、自分の商品を『目立つところ(コレクター枠)に置く』ということです。

例えば、あなたはA初回限定盤という中古商品を、それなりに高い値段で売りたいと考えています。しかし、ライバルが10人も20人もいて、高く価格設定するともはや2ページ目に追いやられてしまうほどの激戦区だったとしましょう。

どれだけ商品を魅力的にお客に訴求できたとしても、お客の目に入らなければ意味がありませんよね。この場合、お客の目に入るためには、基本的に価格を下げて自分の商品を1ページ目に持ってくるしかありません。

しかし、ここで「コレクター枠」を使います。あなたはA初回限定盤を高い価格のまま、ライバルひしめく中古品枠ではなく、無人地帯のコレクター商品枠に置きます。

すると、購入者側の目にはこう映ります。

■商品A(初回生産限定盤)

新品:15 ¥6000円より 中古:26 ¥3500円より コレクター商品:1 ¥4500円より

どうでしょう。非常に目立ちますよね。ひしめく群衆のなかに、キラリと光る商品Aが見えますよね。

ぶっちゃけ、購入者からしたら「いやいや、初回限定盤って、他の人もみんなそうだろうがよ」と思うかもしれませんが、一応『限定品』である以上は、Amazonガイドラインに則っていると言えます。

このようにコレクター商品枠を使うことで、ライバルの多い市場の中であなたの商品の露出を劇的に増やすことができます。そしてより多くのお客さんの目に入ることができるでしょう。

しかし、お客の目に入ることと、そこから購入してもらえるかどうかは全く別の問題です。露出が増えるからといって、安易に購入率が上がるなんてことはないので注意しましょう。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回はコレクター商品の定義から、ちょっとした使い方の工夫までご紹介しましたが、はっきり言ってコレクター商品枠のテクニックは小細工に近いものです。はりきって取り組んでいる人はあまりいないでしょう。

ちなみに、私も過去に一度だけコレクター枠で本を出品したことがあります。

表紙の裏側に達筆な筆文字でサインが書いてあったので「著者のサイン入りです!」として売ったのですが、

後日、購入者から「これ、前の持ち主の落書きだと思います」というコメント付きで返品されたことも今では良い思い出です。

 

【PR】せどり初心者はまず導入しておきたいおすすめツールの紹介

せどり初心者の方々に、導入をオススメしているせどりツールを紹介しています。

せどりツール選びに迷っている方は、ぜひ参考にして下さい。

総合せどりツール『プライスター』

スクリーンショット 2016-01-26 18.51.25

プライスター

総合せどりツール『プライスター』は、商品の自動価格改定やカンタン出品登録、利益率や売上管理から税務サポートまで、仕入れ以外のせどり業務を全てサポートしてくれる、せどり業界では知らない人のいない大人気ツールです。

  • 商品の価格改定が面倒ではありませんか?
  • 商品の出品作業に時間をかけていませんか?
  • 自分の利益率や利益額を把握していますか?

以上のような問題点を抱えている人は、プライスターを導入すれば全てを解決できます。

  • ⇒価格改定は30分程度の間隔で全自動で行ってくれます
  • ⇒複数個の商品をまとめて一気に出品登録できます
  • ⇒商品ごと、月ごとの利益額や利益率を自動集計してくれます

プライスターの性能について詳しく知りたい方は、以下の記事をどうぞ。

参考:評判高すぎ!人気せどりツール『プライスター』の魅力を徹底解説します!

プライススターの価格改定機能については、以下の記事が役に立ちます。

参考:【せどり】徹底比較!プライスターVS価格雷神、人気価格改定ツールの軍配は!?

30日間の無料お試し体験を受付中

プライスターは初年度月額5800円(2年目以降は4800円)ですが、30日間の無料お試し体験を受け付けています。

1ヶ月間は無料で使うことができるので、使ってみて気に入らない場合は更新しなければお金はかかりません。

まずは試しに無料で1ヶ月使ってみて、その抜群のツール機能を堪能してみて下さい!

 

スポンサーリンク
コレクション