【せどり】自動価格改定を狙った悪質な刈り取りに要注意!

stux / Pixabay

せどりをしている人はもちろん善良な思いでビジネスをしていると信じたいところですが、「お金儲け」という要素が絡む以上、悪質な出品者は確かに存在します。

そこで今回は、私も過去に被害の経験がある、自動価格改定を狙った悪質な『刈り取り』という行為について簡単にご説明し、注意を促したいと思います。

 

「刈り取り」とは?

そもそも『刈り取り』とは、仕入れの手法の一つで、「Amazonから仕入れて、Amazonで売る」というものです。

少し分かりやすく説明するために、例として以下のような出品相場をイメージして下さい。

  • 自己配送「良い」ーー1500円
  • FBA「良い」ーー2500円
  • FBA「非常に良い」ーー3000円

といったような出品相場の場合に、最安値の「良い」を自分で購入し(刈り取り)、最安値を2500円に上げたうえで、3000円前後で出品するという感じです。

上のように、周囲の相場の空気を読まずに安値で出品されている商品を自ら買い取り、相場を適正に戻した上で、買い取った商品を高値で売り直すこと。

これが『刈り取り』と呼ばれる手法です。  

なかにはとても強引な刈り取りをする人もいて、例えば以下のような場合、

  • 自己配送「良い」ーー3500円
  • FBA「良い」ーー4300円
  • 自己配送「非常に良い」ーー4800円
  • FBA「非常に良い」ーー6800円
  • FBA「非常に良い」ーー7000円
  • 自己配送「ほぼ新品」ーー7500円

というラインナップで並んでいたときに、

最安値から下3つ(3500、4300、4800)を全て刈り取り、 相場を7000円前後に強引に押し上げたうえで、刈り取った3商品を7000弱ほどで売り直す、という強気な戦略を取る人もいます。  

がしかし……、 大前提として取引というものは、いくら相場を無理矢理押し上げようと、そこに需要と供給のバランスが取れていないと成立しません。

出品者がいくら相場を押し上げても、購入者側が「高すぎる(本来の相場じゃない)」と判断すれば売れることはありません。 その意味では、これほど強引な刈り取りはその分リスクも大きくなります。  

と、少し話が逸れましたが、 刈り取りという手法が分かった所で、本題である『悪質な刈り取り』について説明します。

 

スポンサーリンク

 

自動価格改定機能を利用した悪質な刈り取りとは?

まず第一に、このような悪質な行為を行うのは、ある程度規模の大きな「業者」であることが多いです。

なので、皆さんも知らないうちに被害に合っていることもあるかもしれません。  

その手口を簡単に説明すると、 わざとあり得ない安値に商品を価格設定し、自動価格改定で安値に「釣られた」商品を刈り取る。 というものです。

もう少し具体的な例で見てみると、

適正相場が3000円くらいのDVDがあったとして、出品者たちは当然3000円前後につけているわけです。

そこに悪質な出品者が出品してきて、わざと500円(しかも「非常に良い」とかで)というあり得ない安値で出品するわけです。

すると、もとは正当な相場で出品していた出品者(価格改定ツールを使っている人)でも、悪質な500円に釣られて自動価格改定されてしまい、知らない間に500円とか600円に価格が下落してしまいます。

そしてその瞬間を悪質な業者は逃さず、釣られた商品を刈り取ってしまうのです。

FBAを利用している出品者は、一度入った注文を店側からキャンセルすることができないため、刈り取りの注文が入った時点で回避しようがないのです。  

ここで賢いみなさんは、こう思ったとおもいます。

「でも、悪質な出品者が他者を釣るためにわざと商品を安値で出品したとして、釣ってる間に自分の商品が売れちゃったらダメじゃね?」

がしかし、FBAと違って「自己配送」なら、購入者の注文を店側がキャンセルできるのです。

つまり、釣ってる最中に自分の商品に注文が入ってしまったら、強制キャンセルという反則技を発動できるのです。

「業者に多い」と言われるのもこれが所以で、この悪質な刈り取りは「自己配送」でしか出来ないからです。  

ちなみにこの例は、私が過去に実際に経験したものです。

こういう悪質行為は、正当な出品者が不審な自動価格改定に気づかないよう、深夜帯に行われることが多いようです。

私の場合も、朝起きて売上をチェックした時に、3000円くらいで出品していたはずの商品がなぜか600円程度で売れていて腰が抜けそうになりました。(当時は刈り取りなんて手法すら知らなかったのです)  

在庫が増えてきて価格改定ツールを導入すると、いちいち数百もある在庫の価格が今いくらで推移してるかなんてマメにチェックしませんよね?

そんな隙を見せていると、知らぬ間に仕掛けられて、あり得ない安値で売るハメになることもあります。

では、この悪質な刈り取りは防ぎようがないのでしょうか?  

スポンサーリンク

悪質な刈り取りからの防衛策

もちろん、防ぐ手段はあります。

私は経験上、価格改定ツールは『価格雷神』と『プライスター』という人気の2ツールしか使ったことがないので、あくまでこの2つの場合に限りますが、 この両ツールには、意図しない値下げ改定を防ぐ機能が備わっています。  

まず価格雷神では、「最安値グループを無視する」という機能が備わっています。「最安値グループ」の定義は、相場より◯◯%安い、など自分で設定できます。

これによって、相場に比べて設定したレベルより安値の出品者を無視して価格改定してくれるので、悪質な刈り取りに釣られる心配はありません。  

続いてプライスターですが、こちらでは「赤字ストッパー」と言って、「この値段よりは安くしないでくれ」と自分で価格改定の下限ラインを設定することができます。

これによって、自分の想定外の安値に改定されることはありません。  

以上のように、この2つの価格改定ツールは非常に優秀であり、悪質な刈り取りから守ってくれます。

もしこれらのツールを使用していながら、上記のように「不本意な価格改定」を避ける設定をしていない人は、今すぐしておいた方がいいでしょう。

 

まとめ

せどりをしていると、想定売価より100円とか200円低く売れてしまっただけで精神的に結構重めのダメージ受けますよね。 それが、想定の半値どころか8割引くらいで刈り取られた日にはもう、110番も辞さないかまえなわけですよ。

それほど悪質な刈り取りには腹が立つものです。

たまに、10000円で出品するはずが、ゼロを一つ忘れて1000円で出品してしまい、一瞬にして刈り取られたという笑い話を聞きますが、それは完全な自己責任でむしろ面白いから100点満点です。  

悪質な出品者からしてみれば、10人の出品者がいたとしてそのうちの一人か二人でも釣られてくれればラッキーという程度の感じでしょう。

多くの人は上記で説明したような値下げ防止設定をしていると思うので釣られないとは思いますが、 こういう悪質な手法の存在を知らない初心者の人に限って、漁業のように釣られてしまいがちです。

なので、この記事を読んだ機会に、値下げ防止設定をしっかりすることを心がけましょう。  

 

【PR】せどり初心者はまず導入しておきたいおすすめツールの紹介

せどり初心者の方々に、導入をオススメしているせどりツールを紹介しています。

せどりツール選びに迷っている方は、ぜひ参考にして下さい。

総合せどりツール『プライスター』

スクリーンショット 2016-01-26 18.51.25

プライスター

総合せどりツール『プライスター』は、商品の自動価格改定やカンタン出品登録、利益率や売上管理から税務サポートまで、仕入れ以外のせどり業務を全てサポートしてくれる、せどり業界では知らない人のいない大人気ツールです。

  • 商品の価格改定が面倒ではありませんか?
  • 商品の出品作業に時間をかけていませんか?
  • 自分の利益率や利益額を把握していますか?

以上のような問題点を抱えている人は、プライスターを導入すれば全てを解決できます。

  • ⇒価格改定は30分程度の間隔で全自動で行ってくれます
  • ⇒複数個の商品をまとめて一気に出品登録できます
  • ⇒商品ごと、月ごとの利益額や利益率を自動集計してくれます

プライスターの性能について詳しく知りたい方は、以下の記事をどうぞ。

参考:評判高すぎ!人気せどりツール『プライスター』の魅力を徹底解説します!

プライススターの価格改定機能については、以下の記事が役に立ちます。

参考:【せどり】徹底比較!プライスターVS価格雷神、人気価格改定ツールの軍配は!?

30日間の無料お試し体験を受付中

プライスターは初年度月額5800円(2年目以降は4800円)ですが、30日間の無料お試し体験を受け付けています。

1ヶ月間は無料で使うことができるので、使ってみて気に入らない場合は更新しなければお金はかかりません。

まずは試しに無料で1ヶ月使ってみて、その抜群のツール機能を堪能してみて下さい!

スポンサーリンク
stux / Pixabay