確定申告/クラウド会計

クラウド会計freeeの口コミ評判が良い理由|面倒な確定申告にサヨナラを

投稿日:

事業主の皆さん、毎年ちゃんと確定申告していますか? 近年はサラリーマンも副業する人が急増しているので、確定申告デビューするという人もいるでしょう。

確定申告というと、ぐちゃぐちゃの領収書を山盛りかき集めて、一個一個電卓を叩いていって、細かい数字を必須に計算して申告書に記していく…………みたいな超絶面倒クサいイメージを持っているかもしれませんが、今はクラウド会計という画期的なサービスが誕生したおかげで確定申告は従来の半分以下の時間と労力でできるようになりました

いや、3分の1以下かもしれません。

世はまさにクラウド会計の戦国時代という感じで各社とも凌ぎを削っていますが、私が愛用しているのはシェアトップを走る「 freee(フリー) 」です。

何と言ってもfreeeは「全自動」がウリなので、会計や簿記の知識が全くないど素人の私でも超簡単に使えます。「使えます」というか、もう確定申告はほぼfreeeが勝手にやってくれているような感覚ですね。

ネットで口コミや評判を見ればfreeeの評判はわかりますが、「freeeの何がそんなに素晴らしいの?」という点をこの記事で分かりやすく紹介します。

クラウド会計選びで迷っている人はぜひ参考にしてください。

無料お試し! freee(フリー)

クラウド会計『freee』を使うと何ができるの?

クラウド会計ソフトfreeeは、法人でも個人事業主でも利用することができます。主に個人〜中小企業と小規模事業者をメインターゲットに提供されているサービスですね。個人事業主にはぴったりです。

私のような個人事業主がfreeeを使うことでどんなメリットが得られるのかというと、大きくは以下の点です。

freeeで得られるメリット

クレジット・キャッシュカードを連携すれば、freeeがお金の入出金を自動取得・計算してくれるので手入力の必要なし!

経費はレシートをスマホで写真にとるだけでOK! freeeがデータ取得 & 自動仕訳してくれるので手入力の必要なし!

請求書・見積書・納品書の作成も可能!

集計データで確定申告書を簡単に作れる!

手入力なし!とにかくラク!

とにかく「ラク」という一言に尽きますね。
通帳や明細をみる必要がなく、全部freeeが勝手に集計しておいてくれて、確定申告書を作成してくれるイメージです。

もう少し詳しく説明していきます。

クレジット・キャッシュカードを連携すればお金の出入りはfreeeが自動取得!

freeeに登録してまずすることは、事業で使っているクレジットカードとキャッシュカードを登録することです。むしろ、freeeの入力作業はコレだけとも言えます。

カードを登録すると、クレジット明細や銀行口座の入出金のデータ履歴をfreeeが自動で取得・計算・管理してくれるようになります。

これの何がスゴいかというと、確定申告の時にいちいち通帳やクレジットカード明細を集めて電卓を叩く必要が一切なくなることです。

いくらお金を使って、いくらお金が入ってきたのか。
最初にカードを登録して連携しておきさえすれば、あとは全てfreeeが勝手にデータ取得して計算しておいてくれます。

経費はレシートを写真に撮るだけ! 

経費の管理も超簡単です。領収書やレシートをスマホで写真に撮るだけ。

もちろん、スマホでなくPCから画像データを取り込むのでもOKです。

freeeが領収書(画像データ)の内容を取り込んで仕訳まで自動推測で整理してくれます。本当に手入力のいらない便利機能ですよ。

大量の領収書やレシートなどを取り込みたい人は、スキャナでの取り込みも可能です。

言うまでもなく、これさえあれば確定申告時に大量の領収書やレシートをひっくり返して電卓を叩く地獄の作業が一切なくなります。これだけで涙が出るほどラクになります。

請求書・見積書も簡単に作成

請求書・見積書・納品書などもfreeeで簡単に作成可能です。これはフリーランスや個人事業主の人にはかなり嬉しいです。

テンプレートがいくつか用意されているので、用途に応じて選択。

あとは必要事項や数字を入力するだけ。

一瞬で完成します。

受託や外注を行なっているフリーランスや個人事業主だと、領収書やレシートの他にも「期日で入金になっているか?」「期日で支払を行ったか?」という売掛や買掛の管理も必要になります。

そんな時にfreeeで請求書・見積書・納品書の作成しておけば、入力内容により売掛金と買掛金の管理ができて安心ですよ。

確定申告書も簡単作成

実際の確定申告書類も、freeeで簡単に作成していきます。

初心者でも迷いなく進めるようステップも分かりやすく作られているので、freeeの言う通りに進めていけば簡単に申告書作成できます。

 

抜け落ちがちな確認事項なども、freeeがしっかりチェックしてくれるので安心です。

収支表なども、freeeが全て自動計算で集計してくれているので自分で計算する必要がありません。超お手軽です。

一瞬で申告書類の出来上がります。

今までの苦労はなんだったのでしょうか?

と、虚しさすら覚えるほどの簡単さです。

しかし、この泣けるほどの感動は1000の言葉で説明するよりも、実際に1回使ってみたほうがダイレクトに実感できます。

freeeは無料でお試し利用できるので、まずは1度触ってみてください。数字が勝手に積み上がって集計されている感動は体感した方がはやいです。

>> freee(フリー)の無料利用はこちら

freeeの不安なところはないの?

カード登録するけど不正利用や情報流出のセキュリティは大丈夫?

クレジットカードやキャッシュカードを登録するので何より不安なのがセキュリティ問題ですが、まず安心して大丈夫です。

具体的に言うと、freeeではお客の個人情報・口座情報・入出金データなど全てのデータは暗号化してから保存しているので、抜群の安全性を誇っています。

全ての通信には金融機関と同じく256bit・SST通信方式を行っており、freeeは一定の基準を満たしている企業のみ認定される「国際認証TRUSTe」を取得しているので、セキュリティ対策は万全です。

バックアップデータが消えてしまうリスクは?

freeeに限らずクラウド会計ソフトは、従来のようにパソコンにインストールするタイプの会計ソフトとは異なり、クラウド上(ネット上)で動くソフトです。データを保存するサーバーも、当然クラウドサーバーです。

簡単に言うと、データのバックアップの必要がないということです。

全てのデータはネット上に保存されるので、パソコンが壊れてデータが飛んだり、間違ってファイルを削除してデータを消してしまう……なんて心配が一切なくなります。

「クラウド」にはこんなメリットも!

  • ネットに繋がれば、どこからでも、どの端末からでもアクセスできる
  • バックアップを自分でしておく必要がない
  • バージョンアップなども自動でやってくれる

インストール型の会計ソフトの時代は終わりましたね。これからはクラウドが主流です。

IT音痴でちゃんと使えるかが不安

freeeは個人事業主〜小規模事業者をメインターゲットにしているので、とにかく初心者に分かりやすいサービス設計が徹底されています。

実際に登録するとわかるのですが、「freeeスタートガイド」という画面が表示されます。このスタートガイドにそって順番に進めていくと、一通りの流れが分かる仕組みになっているので、初心者でも抵抗感なくすんなり入ることができますよ。

アプリも使いやすさ第一で作られているので、パッと見ただけで「どこをどう操作すると、どうなるか」が直感的に分かるようになっています。

小学生でも理解できる使いやすさなので、普段スマホやパソコンを使っている人ならなんの問題もなく使えますよ。

どうしても分からないことがあっても大丈夫。
freeeのサポートでは、メールはもちろん「チャットサポート」というものもあります。

無料プランと有料プランでの違いはあるもの、どちらでもメール・チャットを利用する専門的サポートも受けられますので初心者も安心です。

メールサポートだと早いと数分〜1営業日ほどで返信が返ってきますよ。

freeeの料金プラン

freeeは「個人事業主プラン」と「法人プラン」の2種類があり。その中でも3つのコースが選択できます。

詳細は公式サイトで要確認なのですが、ここでは参考までに個人事業主プランを載せておきます。

>>料金プラン詳細はコチラ 

フリーランスや個人事業主の人であれば、一番安いスターター(月払い980円/年払い9800円)で十分だと思いますね。もし使ってみて物足りなければ翌年からプランを上げればいいでしょう。

スタータープランなら年一括払いで9800円。1ヶ月800円程度です。1万円程度払って確定申告のほとんどをやってくれると思えば超コスパ良いですよね。

どのプランでも30日間は無料お試し利用ができるので、まずは無料で使ってみて使用感を確かめてから判断しましょう。

freeeのシェアや評判・口コミなど

freeeって実際どれだけ人気なの?」という情報をまとめておきます。

まずfreee公式が発表している2016年時点での市場シェアのデータがこちら。

全体の44%をfreeeが占めており、圧倒的に1位の人気を誇っています。

上の資料だとfreee以外の詳細が見えないのですが、調べてみると2015年時点のシェア率は下記のようになっていました。

2015年のシェア

  • freee:37.5%(首位)
  • 弥生会計:24.3%
  • パイプドビッツ:14.6%
  • マネーフォワード:7.3%

(※クラウド会計のみのシェア率)

私の周囲でも、個人事業主はとくにfreeeを使っている人が多いですね。逆に弥生会計を使っている人はリアルでほとんど効かないのですが……どうなんでしょう。

ネット上の口コミもいくつか。

まとめ

最後に公式のプロモーション動画も貼っておきます。サクッと使い方を動画解説で眺めてみたい人は隙間時間に見ておくとイメージしやすいでしょう。

freeeを筆頭とするクラウド会計が爆発的に普及してくれたおかげで、私のような個人事業主にとっては確定申告や帳簿管理が泣けるほどラクになりました。

まだ導入していないフリーランスの人や個人事業主は、早めに導入して会計管理や集計は全てfreeeに丸投げしましょう。

とはいえ、いきなり本プランに申し込むのではなく、最初は無料お試しで30日間使ってみた方がいいですよ。実際に使ってみないと感触は分からないので、最初は無料から入って、良かったら本プランに継続する方が確実ですね。ぜひ参考に!

-確定申告/クラウド会計

Copyright© WorkaHolic , 2017 All Rights Reserved.