NEM(XEM) リップル(XRP)

NEMやリップル(XRP)が将来ビットコインくらいの価格になることはあり得るの?【質問】

投稿日:

仮想通貨の初心者と思われる方から、時々こんな質問をされることがあります↓

【質問】

ビットコインは数十万円という価格が付いているのに、他のアルトコイン(例えばNEMやリップル)は数十円や数百円と非常に安いです。

性能的にはNEMやリップルの方が上だと思うのですが、これはなぜでしょうか?

将来的に、NEMやリップルもビットコインくらいの価格になることはあり得るのでしょうか?

今回はこの疑問について、初心者向けに解説します。

「NEMやリップルが性能的にはビットコインの上をいく」という部分は、現時点では概ね正しいとは言えます。あくまで現時点での単純な比較では。

ただ、「NEMやリップル(または他のアルトコイン)が将来的にビットコインの価格になるか?」と言われると、その可能性はほぼないと言えます。

ほりっく
あくまで今のBTC価格(100万円くらいの水準)になるか? という意味で、です。

このような疑問を持っている人は、性能云々ではななく、”コインの発行枚数”という観点が完全に抜けています。この点についておさらいしましょう。

スポンサーリンク

各通貨の発行枚数を把握していますか?

NEMやリップルなどのアルトコインが、なぜビットコインと同じくらいの価格になることはないと言えるか?

それは、総発行枚数が全然違うからです。

まず基本的なことですが、仮想通貨はコインごとに総発行枚数が決まっています。ゴールド(金)と同じように総量に限りがあり、予め決められた総発行枚数に達したらそれ以上増えることがありません。

一部、発行枚数に上限がない通貨もありますが、多くは上限が決まっています。

では、人気上位のメジャー通貨の総発行枚数を見てみましょう。

通貨名 総発行枚数 現在の発行数
ビットコイン 2100万枚 1680万枚
ビットコインキャッシュ 2100万枚 1680万枚
イーサリアム 上限なし 9650万枚
リップル 1000億枚 390億枚(市場流通)
NEM 90億枚 90億枚発行済み
ライトコイン 8400万枚 5440万枚
モナコイン 1億215万枚 5620万枚

※記事執筆時点のおよその数字です。

このように、コインごとに総発行枚数にかなり差があることが分かります。

この発行枚数は、トレーディングカードで言えば「レア度」と同じです。ビットコインは世界に2100万枚しか存在しないコインです。対してリップルは世界に1000億枚出回っているコインです。単純に”レア度”が5000倍くらい違いますね。

もう分かると思いますが、コインの性能云々の前に、数が少ないという希少性」が全然違うのです。

ちなみに、上限2100万枚のビットコインは2018年時点ですでに1700万枚近くが発行されていますが、この発行済み1700万枚のうち400万枚近くが消失(復元不可)しているそうです。

これは、まだ仮想通貨が広まっていない初期時代にビットコインを持っていた技術オタクたちが、ウォレットの秘密鍵を紛失するなどテキトーな管理をしていたせいらいしいです。当時は1BTCの価格もたかがしれていたので仮想ゲーム内の小銭感覚だったのでしょう。

つまり、ビットコインは実質的に世界に総量1700万枚(現時点で約1300万枚が流通)しかないコインとなり、仮想通貨の中ではダントツで希少性の高いコインということです。

この発行枚数(=希少性)の観点から、私は長期的に最も価格を伸ばすのはBTCとBCHだと考えています(BCHはBTCと同数設定)。その辺詳しくは下記記事に書きました。

 

発行枚数と時価総額からリップル(XRP)やNEMの将来価格を考えてみる

仮想通貨の時価総額は、【価格 × 発行枚数】で換算されます。比較対象として適切かは微妙ですが、よく企業の時価総額なんかと比較されたりしますよね。

参考までに、日本人に人気でホルダーの多いNEM(XEM)とリップル(XRP)について、時価総額の観点から将来的な価格の伸びを考えてみます。

【リップル】1XRP=1000円になる未来は現実的か?

リップラーの間では、希望的観測として「将来は1XRP=1000円になる!」というラインがよく主張されているのをみます。一時は400円まで登ったので、数年先をみれば確かにあり得なくはないイメージです。

では、時価総額の観点から1XRP=1000円というラインを探ってみましょう。

XRPの総発行枚数は1000億枚です。これは一応ですが、すでに全て発行済みです。ただし大部分をリップル社が自社保有しているので、市場に出回っているのは直近で約400億XRPくらい。

XRPの時価総額を考えるとき、リップル社保有分も合わせて1000億XRPで計算するか、市場に出回っている分だけ(現在だと約400億XRP)で計算するかは意見が分かれるところ。

記事執筆時点で1XRP=70円くらいなので、現時点の時価総額を計算してみると↓

XRP時価総額(2018年3月)

  • 市場流通数400億で計算→2.8兆円
  • 総発行枚数1000億で計算→7兆円

※数字はおおよそです。

こんな感じですね。

では仮に将来、1XRP=1000円になったとすると、

  • 市場流通400億計算で40兆円
  • 総発行数1000億計算で100兆円

となりますね。これ現実的でしょうか。

参考までに、2018年時点で世界一の時価総額を誇るApple社の時価総額が約90兆円です。総発行数で計算すると、1XRP=1000円になった時点で世界最大のApple社を上回ることになります。

今の市場規模(流通400億XRP)で言えば、1XRP=2000円を超えてくると世界一のApple社と並ぶレベルの時価総額になりますね。

仮にXRPの価格が世界最大のApple社に並んだとき、一般大衆はそれが「適正価格」であると判断するでしょうか?

それはその将来の状況によっても変わるでしょうが、少なくとも2018年の現時点では、私はXRPがApple社と並ぶ光景はなかなか想像できません。いかがでしょうか?

仮に、もし仮にですが、この数年というスパンで「XRPがApple社を超えるまでの存在にはならないだろう」と仮定すると、現在の400億XRPの市場規模で1XRP=2000円は厳しいことになります。

いま70円で投資したとして、数年後の30倍を期待するのは私には難しい。

1XRP=1000円なら時価総額は40兆円。Apple社の半分程度ならまだ現実味がありますね。数年後に10倍を目指すくらいの気持ちで投資するならアリかもしれません。

結論をまとめると、あと数年先という将来スパンで「Apple社はさすがに超えないだろう」と仮定すると、Rippleはここ数年で最大限伸びたとしても1XRP=1000円くらいが想定範囲というイメージですね。

ほりっく
もちろん、これは2018年現在のデータ材料から考えうるイメージに過ぎませんのであしからず。

スポンサーリンク

【NEM】1XEM=1000円になる未来は現実的か?

今度は、リップルと並んで日本人に人気のNEM(ネム)について考えてみます。

NEMの総発行枚数は約90億枚です。これは全て市場に発行済みであり、これ以上増えることはありません。

記事執筆時点で1XEM=30円くらいなので、現時点の時価総額は2700億円です。

繰り返しますが、NEMはこれ以上枚数が増えることがないので、時価総額をあげるには1XEMの価格を上げていくしかありません。

リップルと同じく、1XEM=1000円の未来を考えてみましょう。

発行枚数が90億枚なので、1XEM=1000円をマークするとき時価総額は9兆円になる計算です。数字的には、リップルに比べればかなりハードル低い雰囲気はありますね。

ただ、「NEMが将来9兆円の経済圏を作れるか?」と聞かれると印象は結構変わります。

リップルは世界の金融機関が続々と提携を発表しており、すでに世界規模のマーケットで動き始めています。

それに対してNEM(ネム)はというと、アジア地域では人気なものの、実用化という面では正直”ほとんど使われていない”と言ってもいいレベルです。

実際にNEM Blockchain Explorerでトランザクション数を見てみても↓

赤枠部分の通り、一つのブロックに入っている取引数(トランザクション)が10もありません。ほとんど取引が行われていないということです。

このゼロベースの状態から、9兆円の経済圏を作ることが可能なのか? それはNEM開発チーム及びコミュニティを中心とした開発・普及活動にかかっていますが、そう簡単なモノではないでしょう。

正直、私の今の考えでは1000円は厳しいんじゃないかと予想しています。NEMはプラットフォーム系コインなので、同種で最強のイーサリアムと今後競合することになりそうですしね……。個人的には1XEM=1000円の未来にはやや悲観的です(少なくとも、今後数年という視点では)。

2017年のような投機熱が再びやってくれば、一瞬の加熱で500円くらいまで上がるイメージはなんとなく持てるのですが(笑)。前回バブルでは250円くらいまで登りましたからね。

ちなみに、1XEM=10000円になれば時価総額で今のApple社と並びます。NEMが世界一のAppleと肩を並べる日は来るのでしょうか? 期待を持つのは自由ですよ。

まとめ

ほりっく
今回は、発行枚数(時価総額)という観点からコインの価格について考えてみました。

初心者の人は性能や人気を価格の基準にしがちですが、そこには発行枚数という非常に大事な観点があることを覚えておきましょう。

 

仮想通貨を始めるならコチラの取引所

公式HPbitbank(ビットバンク)

まだ仮想通貨の口座を持っていない人は、まずは国内の仮想通貨取引所で口座を開いておきましょう。申込は5分で終わります。

国内の取引所はいくつかありますが、大事なお金を預けるので信用のある大手にしておきましょう。海外の取引所や無名の新興取引所は避けてください。

現在はbitFlyer/コインチェック/Zaifと主要取引所が新規の口座開設停止中なので、おすすめできるのはbitbank(ビットバンク)のみです。BTCやBCHはもちろん、日本人に人気のXRPやモナコインも板取引(手数料なしの取引)で売買できるので、アルトコイン買うならbitbankを使いましょう。

口座開設の申込自体は5分あれば終わりますが、実際の開設完了までには本人確認などで数日くらいかかった気がするので、なるべく早めに申込を済ませておきましょう。

→ bitbank(ビットバンク)に無料会員登録する(3分程度)

-NEM(XEM), リップル(XRP)

Copyright© WorkaHolic[ワーカホリック]|キャリア×転職×仮想通貨ブログ , 2018 All Rights Reserved.