他アルトコイン

草コインとアルトコインの違いとは|バイナンスの有望なおすすめ草コイン

投稿日:2018年3月13日 更新日:

草コインってなに? アルトコインとの違いは?

仮想通貨界隈にいると「草コイン」というワードを頻繁に目にすると思います。たぶん、まだ仮想通貨を始めたばかりの人には意味わからないと思います。

草コインというのは簡単に言うと「マイナーコイン」のことです。きちんとした定義があるわけではなく、ある時期から誰かが言い出した造語ですね。

「草コインとアルトコインは何が違うの?」

と言われると、

草コインは、アルトコインの中でも時価総額が低いマイナー層にあるコイン……という感じですね。会社で言えば無数にある中小零細企業というイメージです。

草コインは定義が曖昧なので線引きはできない

仮想通貨投資家の間ではたまに「◯◯は草コインじゃないだろ!」「いや、草コインでしょww」みたいなやりとりがあります。これに分かる通り、草コイン認定に明確な基準はありません。

「草コイン」というワードは、もともとは「シットコイン(shit coin)」と呼ばれていました。文字通り”糞コイン”的な意味でのシットです。

当時は、まだ仮想通貨というとビットコイン(よくてイーサリアムやリップルなどまで)がほぼ全てで、その他のコインはチリ以下の存在でした。そうした侮蔑の意味を込めて海外でシットコインというスラングが使われ始め、それが日本にも流れてきた感じです。

ほりっく
今やメジャーアルトとして名を挙げたNEM(ネム)なんかも、当時はシットコインと呼ばれていたくらいです。

その後、日本ではシットコインからだんだんと、ネット用語でいう【(草)=ww=失笑】の意味で変換され、いつしか糞コインのことを「草コイン」と呼び始めたのが最初です。

海外では今でもシットコインと呼ばれているようですね。

 

その後、2017年後半にかけて、草コインと呼ばれていた弱小零細コインがどんどんと成長し始めました。草コインは元々の価格が0に近かいので、一回の暴騰で価格が何倍にも膨れ上がります。

その伸び率たるや、1年間で100倍〜200倍は当たり前。
後述しますが、中には2017年の1年間で1900倍も価格を上げたコインもあります。

こうした経緯を経て、最近では「草コイン」というワードは定義としてシンプルに「まだ価格(時価総額)が低い=注目度の低いマイナーコイン」の意味で定着してきました。

1年前くらいまでの、「草=ゴミだろそれww」的な侮蔑の意味がなくなってきた感じですね。

なので、今の市場で「草コイン」と言ったら、”まだまだ注目度の低いマイナーコイン”の意味で捉えておけばOKです。

ほりっく
個人的なイメージでは、時価総額で50位以下のコインが草コインというイメージですね。

「いやいや、20位以下はもう草コインだろ」という人もいますし、「時価総額とかじゃなくて、実際に使われていないコインは全部草コインだろ」的な人もいますし、本当に捉え方は人それぞれです

スポンサーリンク

当たればデカいが注意も必要!草コイン投資はゴミ山の中からダイヤの原石探し

「2018年の今からビットコインやメジャーアルトコインに投資するのはもう遅い! メジャーコインは2017年でもう十分に価格を上げきってしまった。

今から少ない資金で億り人を目指すなら、まだ100倍以上が狙える草コイン投資しかない!

という論調をしばし見かけますが、確かにこれは一理あります。

ビットコインやイーサリアムなど、日本の取引所が扱っているようなメジャーコインが今の価格から10倍20倍になる姿は、なかなか容易にはイメージできません。NEM(ネム)やリップルなんかは去年1年間ですでに数百倍になってしまいましたからね。

その点、今から100倍以上のリターンを狙うならば、まだ芽が出ていない草コインしかないというのは確かにその通りです。

数日で5倍10倍になる銘柄が続出したBinanceの草コイン祭り

忘れもしない去年の年末年始、取引高世界一になった取引所「Binance(バイナンス)」の草コイン銘柄が次から次へと大暴騰しはじめ、熱狂と興奮の草コイン祭りになりました。

100種類以上のコインを揃えるBinance(バイナンス)が世界一の取引所になったことで、日本の投資家たちが一斉に登録しはじめ、大量の日本人マネーが一気にバイナンス銘柄に雪崩れ込んだからです。

ほりっく
あの時はもう何を買っても上がるという、笑いが止まらないほどの祭りでした。

あっちのコインが暴騰すれば、今度はこっちのコインが暴騰する。あっちこっちで噴水が上がるのでとてもカバーしきれないほど、バイナンスの草コインたちが次々に上昇しました。

当時注目を浴びたコインのチャートをいくつか上げてみると、

↓TRON(TRX)

 

↓ADA(Caldano)

 

 

↓Verge(XVG)

 

いずれも去年12月から1月以降のチャートです。こんなレベルの暴騰が各地で連発しました。

特に最後のVerge(XVG)の伸び率は凄まじく、2017年の1年間でなんと1900倍の暴騰です。1万円分買っていれば1900万。10万円分買っていれば1億9000万円になっていたことに……。

10万円なんてバイトでも捻出できる額です。つまりVergeを当てていれば”誰でも贈り人になれるチャンスはあった”ということです。

Vergeの1900倍は最高の例ですが、去年12月〜1月のたった1ヶ月ちょっとの間に10倍〜100倍近い上昇を見せた草コインは多数ありました。

そんな祭りがあったものだから、「草コインには夢がある」というイメージが定着したんです。

 

まさに宝探し!9割の草コインは死亡する

確かに、草コインを当てればリターンはデカいです。2018年の今からでも1銘柄で100倍以上のリターンを見込めるかもしれません。

……が、そのアタリ銘柄を見つけるのが超至難の技です。最初にはっきり言っておくと、草コインを買うことは「投資」ではありません。宝くじと同じギャンブルに賭けるのと同義です。

草コインの宝庫である「Binance(バイナンス)」には100を超えるコインがありますが、そのうち9割のコインは今後日の目を見ずに淘汰されていくでしょう。今から未開の草コインを当てるのは、99%のゴミ山の中からたった一粒のダイヤの原石を探すに等しいです。

言ってしまえば、宝くじやギャンブルと変わりません。

なので、スカしてもいい少額の資金を草コインにばら撒いて賭けるのは良いですが、本腰入れた投資資金を草コインにぶっ込むのは絶対に辞めた方がいいです。0.1%の確率で100倍になりますが、99.9%の確率で損失を出します。期待値が低すぎるのは中学生でも分かるはずです。

草コインは仕手グループのpump&dumpも多い

また、草コインは出来高(取引高)が少ないので、ちょっとした人数と資金力で手を組めば意図的に価格を操作することができたりします。

なので草コインは仕手グループ(価格操作をして儲ける連中)の棲家です。初心者をハメて価格を釣り上げ、高値になったところで一気に売り崩す行為(pump & dump)が横行しています。

発言力が強い人たちが予め特定のコインを仕込んでおき、その後に「◯◯は今後10倍は上がりますよ!」などと初心者を煽ります。そしてその発言を信じた初心者たちが買いに走り、価格が上がってきたところで仕手たちが一気に売りまくるので大暴落に終わります。

結局、ポジショントークに騙された初心者たちは高値で掴んで大損。これが典型的なやり口ですね。

草コインは出来高が少ないので、大口の投資家が一気に売ったら一撃で相場が崩れるケースが多々あります。なので、初心者はせっかく草コインの波に乗っても、売り切れないまま結局含み損になる人も多いです。

実際に、年末年始の草コインバブルに乗れたものの、売れないまま暴落して今も含み損を抱えている人は多いのではないでしょうか?

ほりっく
このように、草コイン投資は確かに”当たれば”夢があるものの、地獄にハマるケースの方が遥かに多いというのが実情です

スポンサーリンク

私が唯一期待しているおすすめ草コイン(マイナーコイン)

以上のリスクを踏まえた上で、最後にみんな大好きな「おすすめコイン」の話も。

私は基本的に中〜長期の投資スタイルなので、ポートフォリオのほとんどがビットコインなどメジャー通貨で占めているのですが、今2つほど草コイン(と言うかマイナーコイン)も保有しています。

その中でも将来性という点で一番期待しているのが、先日記事にも書いた「Omise Go(オミセゴー)」です。

実際、Omise Goは草コインと呼ぶのは失礼すぎるほど実力を持ったコインですが、一応マイナーコインとしてここで挙げさせてもらいます。正確には時価総額20位くらいなのでアルトの中で中堅といった位置でしょうか。

Omise Goは、タイを中心に東南アジアで急速に広がっている決済用システム(及び通貨)です。日本の取引所ではまだ取り扱いがないのですが、実は日本人CEOが率いている通貨プロジェクトです。

運営会社Omiseを率いるCEOの長谷川氏は、フォーブズジャパンが選ぶTOP10起業家ランキングにも掲載されたやり手起業家です↓

ほりっく
Omise Go(オミセゴー)という一風変わったネーミングも、そのまま「お店GO!」の意味とのことです

Omise Goが凄いのは、すでにタイでは決済プラットフォームとしてかなり実用化されていることです。昨年にはタイのマクドナルドと提携し、マクドナルドのオンライン決済でOmiseの決済システムが使われることになりました。

そのほか、タイ政府とも業務連携してブロックチェーン・プロジェクトに取り組んでいたりします。

もう国家政府と組んで共同開発しているとか、将来性に期待を抱かずにはいられません。

しかも日本の取引所ではまだどこも上場していないので、今後上場してくると妄想すると「ウフフ」な展開です。CEOが日本人なので、その際には日本人も銘柄に親近感を持ちやすいはずですからね。

 

ほりっく
……とはいえ、これはすでにOmise Goを保有している私のポジトーク。

マイナーアルトの中で私が一番期待しているのは事実ですが、もし投資するのであれば自分でしっかり調べて判断してから購入しましょう。

 

そんなOmise Goの購入方法ですが、海外取引所で購入するしかありません。

セキュリティや使いやすさ、日本人も多く利用していてネットにも情報が沢山あることから、やはり「Binance(バイナンス)」で購入するのがベストでしょう。

Binanceは草コインが100種類近くある宝庫ですし、何よりメールアドレスだけで登録できる(本人確認不要!)ので、どちらにせよアカウントは持っておいた方がいいです。

 

Binanceの登録手順も載せておきます。

まず、下記公式サイトへアクセス。

要ブックマーク! Binance公式サイト

いきなり注意点ですが、Binanceについては公式サイトそっくりに偽装した詐欺サイト/ハッキングサイトが多数存在します。

検索からアクセスしようとして、本物と間違えて詐欺サイトへログインしてしまう被害が多発しているので、登録時に公式サイトを必ず最初にブックマークをしておいてください。

下記が公式のホーム画面⬇

以前まで言語選択で日本語を選べたのですが、現在(2018年2月)は日本語メニューが一時消えています(運営による現在修正中とかなんとか?)。

流れに沿って進めば難しくないですが、不安な人は青矢印の部分のグーグル翻訳で日本語に変換することができます。

では、登録をしていきましょう。

まず、赤矢印の「Register(登録)」という箇所をクリック

 

アドレスなどの登録画面になるので、下記の通り埋めてください。

全て入力して、チェックマークを入れたら、最後に「Register(登録)」をクリック。

注意点!!

メールアドレスはGmail推奨です。
Yahoo!メールやキャリアメールは止めてほうがいいです。

もちろん、他取引所で使いまわしているアドレスもNG。海外取引所は何かあった時が怖いので、可能な限りリスクを少なくしておきましょう。

パスワードも必ず新しいものを。
記号・英数字を全て含んで40文字以上のランダム文字列にすれば最強です。

私は下記のパスワード生成サイトで、いつも「最強レベル」のパスワードを作っています。

参考サイトhttp://www.luft.co.jp/cgi/

登録をクリックすると、スライドバーの小窓が出てきます⬇

丸いカーソルを動かすと、上の画面にパズルのピースが出てきます。そのピースが画面右の「白色のピース」に重なる位置まで右にカーソルをスライドさせてください。

問題なければ下記の画面になり⬇

 

登録したメールアドレスにEメールが送られてきます⬇

Eメールがちゃんと存在するかの確認ですね。

「Verify Email」をクリックすれば確認完了です。

下記画面に切り替わります。

「Login(ログイン)」のリンクをクリックしましょう。

 

登録したEメールとパスワードを入力し、「Login(ログイン)」をクリック。

ログイン時にはパズル認証が出てきます⬇

前と同じ要領でカーソルを右にスライドしてパズルを重ねればログインできます。

 

ログイン時に「安全上のリスクに関するお知らせ」が出て来ますので、一度目を通しておきましょう。

一応、日本語翻訳をかけるとこちら⬇

同意すればアカウント登録完了です。

繰り返し注意!

バイナンスに登録したら、必ずブックマークをしておくこと! 今後は検索からサイトにアクセスするのではなく、必ずブックマークからアクセス・ログインしましょう。

要ブックマーク! Binance公式サイト




-他アルトコイン

Copyright© WorkaHolic[ワーカホリック]|キャリア×転職×仮想通貨ブログ , 2018 All Rights Reserved.