NEM(XEM) リップル(XRP)

大暴落!BTC以上にアルト(リップルとNEM)の下落率が高くなる理由

投稿日:2018年1月17日 更新日:

各国規制の連発により仮想通貨大暴落中!

2018年1月17日現在、ビットコインを始め全仮想通貨が大暴落中ですね。中国や韓国の規制問題、さらにドイツ中銀も仮想通貨規制に向いており、規制に次ぐ規制が投資家の不安を煽っている流れ。

この記事を書いている時は若干リバからの再び下げ局面ですが、サラリーマンの出勤時間帯には一時BTCが100万円を割ったようでさすがに驚きの大暴落です。

 

各国のBTC価格を比較してみると⬇︎

とくに100万円を割った7時ごろ、明らかに日本(オレンジ)の狼狽売りが先行したことがわかります。

日本は昨年12月から新規参加者が爆発的に増加しているので、新規の人は仮想通貨のこうした大暴落の経験がなく、恐怖売りが加速したのでしょう。逆にこうした暴落を何度も経験している古参の人たちは冷静だったりします。

もう一つ、CoinMarketCapで仮想通貨市場の時価総額を見てみると⬇

(ここ3ヶ月のグラフ)

やはり市場全体のマネーが激減していますね。

1月8日に最高値93兆円を記録してから、現在(17日)は55兆円まで下がっています。実に38兆円ものお金が仮想通貨から避難したということです。みんな慌ててコイン売却してフィアット(円など法定通貨)に逃げたんですね。

 

そして先に言っておきますと、

この暴落がどこで止まるのか? 復活するのか? バブルは本当に終わりなのか? といったことは現状誰にも分かりません。

今までビットコイン及び仮想通貨たちはこうした暴落を何度も乗り越え、復活するたびに高値更新してきました。しかし、先物が始まりプロ(機関投資家)が入ってきている現在はもう半年前とは別世界です。

いつも通り、40%下落あたりで底をついて急激に回復しはじめるかもしれないし、まだまだ下がり続けてしばらくは沈んだチャートになるかもしれません。

個人的にはバブルの終わりはここではないと思っています(半分は願望)が、もしかするとココがバブル終了の転換期になるのかもしれません。

未来のことは誰にも分からないので、その点は自分の頭で判断し、決断するのが大切です。

ほりっく
一つだけ言えることは、税金分を確保していない人は、今すぐに税金分だけでも売って確保しておいてください。

たとえこのさき最悪な結末を迎えて自己破産しても、税金だけは逃れられませんので。

 

さて、今回注目したいのはそうしたことではなく、

BTCとアルトコインの下落率です。

最近になって仮想通貨始めた人は「BTCが落ちても、他のアルトコイン持ってれば大丈夫」と考えていた人が多いようですが、今回の暴落でその考えが誤りなことは分かったでしょう。

BTCが下落すると、アルトコインも軒並み下落するどころか、”アルトコインの方が大きく下落”します。

とくに、ホルダーが多く人気の「リップル(XRP)」や「NEM(XEM)」は、いつもBTCを大きく上回る下落率をマークする傾向にあります。

この点「なんでなん?」と苛立っている人も多いと思うので、今回はこの点について書いていきます。

スポンサーリンク

BTC(ビットコイン)が下落すると、なぜアルトコインも連動して下落する?

BTCがある程度大きく下落すると、他のアルトコインも概ね同じように下落します。つまり、BTCの下落=市場全体の下落につながります。

これはなぜかというと、簡単に言えばBTCが基軸通貨だからです。

まだ始めたばかりの人は意味わからないと思うので、もう少し掘り下げて説明します。

海外のアルトコインは”BTC建て”が基本

ETH、BCH、NEM、XRPなどのアルトコインは、日本の取引所ではJPYで普通に買ったり売ったりすることができますが、海外の取引所ではアルトコインはBTCで買ったり売ったりするのが基本です。

海外の場合

アルトコインを購入するには……

  • 法定通貨(ドルやユーロなど)でBTCを買う
  • 購入したBTCで、アルトコインを買う

こんな流れになります。

日本では、アルト/JPY(XRP/200円など)のレートで見ている人が多いですが、海外ではアルト/BTC(XRP/0.00015BTC)という「BTC建て」のレートが基本なのです。

まずこの基本を踏まえておきましょう。

日本の取引所のアルトコイン価格はどう算出されているか?

次に、日本の取引所はどのようにアルトコイン価格を算出しているのか? という問題ですが、

実は、coincheck(コインチェック)bitFlyer(ビットフライヤー)のような、ユーザー同士の板取引がなく「販売所形式」しかない国内取引所は、海外のアルトコインレートを参考にアルト/JPY価格を算出しています。

この点について、ヨーロピアン氏が非常に分かりやすいツイートをされていたので引用させて頂きます⬇

 

つまり、日本のアルトコインの価格(アルト/JPY)は、

(海外アルト/BTC)× (BTC/JPY)=アルト/JPY

※厳密には、ここに取引所の販売手数料3%ほどがかかる

という式で算出されているようです。

例としてcoincheck(コインチェック)のアルト販売所価格は、海外取引所「Poloniex」のアルト/BTCレートに、日本の(コインチェックの)BTC/JPYを掛けて算出しているとのこと。

この式を見れば一目瞭然ですが、BTC価格(BTC/JPY)の数値が下がれば、アルト価格(アルト/JPY)も下がるわけですね。

なぜBTCの下落率よりも、アルトコインの下落率が大きくなるのか?

理由1:BTCが基軸通貨であるから

BTCが大きく下落する時は、決まって仮想通貨マーケット全体からフィアット(円やドル)に資金が逃げている時です。つまり仮想通貨を売却して現金化する流れから起きるもの。

先にも出しましたが、現在の大暴落もまさにそれですね。

こうした下落のとき、たいていのアルトコインはBTC以上の下落率になります。

このメカニズムとしては、海外ではアルトコインを法定通貨に移すのにBTCを買う必要があるからです。

先述の通り、海外取引所でのアルトコインはBTC建が基本です。

つまり、法定通貨(ドルやユーロ)からアルトコインを購入する時は、

  • 法定通貨(ドルやユーロなど)でBTCを買う
  • 購入したBTCで、アルトコインを買う

となり、

逆に、アルトコインを売って法定通貨に戻したい時は、

  • アルトを売ってBTCに変える(=アルトでBTCを買う)
  • BTCを売って法定通貨に戻す

という段取りを経ることになります。

つまり、アルト→BTC→法定通貨の順に資金移動するので、間でBTCが一度買われるわけですね。このため、アルトは対BTCチャートで下落することになります。

また「法定通貨に退避」の他にも、暴落時は「BTCに退避する」という流れもおきます。

BTCの下落率が一番低いですし、暴落から復活する時もまずBTCから回復するので、一番手堅いBTCに逃げようという投資家心理です。

この流れも「アルト売り/BTC買い」の力になるので、やはり対BTCでアルトは下落します。

理由3:アルトコインはショートが取れない

もう一つ、アルトが大きく下げやすい理由として、アルトコインはショートできる取引所が少ないという一面があります。

ショートは空売り(信用売り)のこと。高く売って、安いところで買い戻して利益を得るトレードになります。

BTCは国内取引所でも大体ショートできますが、アルトコインはショートポジションを取れる取引所が非常に少ないです。国内だとほぼありません。

一見「空売りできないということは、むしろ下げにくいはずでは?」と思うかもしれませんが、これは違います。

ショートというのは潜在的な買い圧力になるのです。ショートポジションを取った人は、必ずどこかで利益確定のために玉を買い戻さなきゃいけないからです。つまり、ショートポジションの利確買い戻しが、下落を止める買い圧力になるのです。

しかし、ショートが取れないアルトコインは買い戻し勢の支えパワーがないため、落ちるときは底なしで落ち続けます。これが、アルトコインがBTCよりも大きく落ちやすい大きな理由です。

スポンサーリンク

アルトの中でも「リップル」と「NEM(ネム)」の下落率がヒドい

アルトコインがBTCの道連れで下落しているとき、とくに大きく下落しやすいのが「リップル(XRP)」と「NEM(XEM)」です。

今回の暴落を見てみても⬇

リップルとNEMは、他コインより5%〜10%くらい大きく下落しています。これは今回に限らず、今までの暴落時を見てもリップルとNEMは下げる足が速いですね。

これについて明確な理由はわかりませんが、おそらくリップルとNEMはイナゴがつきやすい通貨なのだと思います。

イナゴというのは、「初心者」と言い換えてもいいです。上がってる通貨を買い、下がっている通貨を売ってしまう典型的な養分になる人たちです。

リップルとNEMはメジャー通貨かつ単価も安いので、新規参加者に非常に人気が高いコインです。さらに両者とも年末年始で大きく上昇したので、その際に大量のイナゴ(新規参入の初心者)が飛び乗っていたのは想像できます。

こうしたイナゴは、上がり始めた通貨に瞬時に飛び乗りますが、ちょっと下がりだすと恐怖ですぐに狼狽売りする性質があります。そのため、イナゴが多く付いているコインは下げ相場になると過剰に下がりやすいのです。大量のイナゴが一斉に狼狽売りするので。

ただ、一方でイナゴは価格上昇の原動力にもなるので、イナゴが付きやすい通貨=上げやすく下げやすい通貨だと言えます。イーサリアムやビットコインキャッシュよりもボラティリティ(価格の上げ下げ)が高いので、短期トレードがうまい人はNEMとリップルで相当稼いでいると思いますね。

 

ちなみに……

BTCが大きく下落すると、市場のマネーが法定通貨 or BTCに逃げるのでアルトコインは全滅しますが、一方でBTCが上がるとアルトも上がるかというと、そうとも言えません。

マーケットから抜けた資金(法定通貨に逃げた資金)が仮想通貨に戻ってくる時は、BTCを含む全ての通貨が回復する傾向になります。

一方でマーケット全体の資金量は変わらず、マーケット内の資金がBTCに集中していく時があります。これを界隈では「王者のターン」などと言いますが、この時はBTC⬆アルト⬇の流れになります。

BTCが高値更新するような上昇を始めると、多くのアルトはBTCに吸われます。

つまり、BTCが大きく下げるとアルトも下がり、BTCが大きく上げてもアルトは下がるわけです。アルトコイナーからBTCが嫌われるのも頷けますね(苦笑)。

BTCは仮想通貨市場の「基軸通貨」であり、それゆえに今回解説したような力学が相場で働きます。最近始めた人はぜひ参考にしてください。

 

仮想通貨を始めるならコチラの取引所

公式HPbitbank(ビットバンク)

まだ仮想通貨の口座を持っていない人は、まずは国内の仮想通貨取引所で口座を開いておきましょう。申込は5分で終わります。

国内の取引所はいくつかありますが、大事なお金を預けるので信用のある大手にしておきましょう。海外の取引所や無名の新興取引所は避けてください。

現在はbitFlyer/コインチェック/Zaifと主要取引所が新規の口座開設停止中なので、おすすめできるのはbitbank(ビットバンク)のみです。BTCやBCHはもちろん、日本人に人気のXRPやモナコインも板取引(手数料なしの取引)で売買できるので、アルトコイン買うならbitbankを使いましょう。

口座開設の申込自体は5分あれば終わりますが、実際の開設完了までには本人確認などで数日くらいかかった気がするので、なるべく早めに申込を済ませておきましょう。

→ bitbank(ビットバンク)に無料会員登録する(3分程度)




-NEM(XEM), リップル(XRP)

Copyright© WorkaHolic[ワーカホリック]|キャリア×転職×仮想通貨ブログ , 2018 All Rights Reserved.