イーサリアム(ETH) 仮想通貨取引所

【送金】イーサリアムをbitFlyer/コインチェックからZaifへ移す方法|手数料安いザイフの方がお得です

投稿日:2017年12月1日 更新日:

bitFlyerとコインチェックは手数料高い!イーサリアムはZaifで取引しよう

ビットコインに次ぐNO2の仮想通貨であるイーサリアム。最もメジャーなアルトコインだけあって、ほぼ全ての取引所がイーサリアムを取り扱っています。

ただ、国内大手でもbitFlyerやコインチェックでイーサリアムを売買している人は要注意。バカ高い手数料がかかっていることを知っていますか?

実際に見てみれば一目瞭然です。

bitFlyerのイーサリアム(=約57000円時)の売買価格がこちら⬇︎

購入価格と売却価格の差が約6000円も開いています。

 

コインチェックのイーサリアム(=約54800円時)の売買価格がこちら⬇︎

購入:56,628円

売却:53,088円

こちらも、購入価格と売却価格の差が約3000円も開いています。

 

この「買い」と「売り」の価格差は”スプレッド”と呼ばれ、いわゆる取引所の販売手数料です。

bitFlyerとコインチェックにおいて、イーサリアムはビットコインのように市場ユーザー同士での売買取引(板取引)ができません。そのため、販売所(=つまりbitFlyerやコインチェックのような業者)から売り買いするしかなく、どうしても業者への手数料が発生します。

ただ、いくら手数料とはいえあまりに高い。

bitFlyerのように、57000円のイーサリアムで購入と売却が6000円も離れていると、短期〜中期の売買トレードではまともな利益が出せません。はっきり言ってボッタクリもいいところ。

結論を言うと、

イーサリアムはZaifで取引した方がいい

です。

なぜならZaifだけは、イーサリアムを含め、全ての通貨で市場ユーザー同士の売買取引ができます

つまり、ZaifはbitFlyerやコインチェックのような手数料(スプレッドが)ほぼかかりません。常にそのときの価格で買ったり売ったりできます。

なので、長期ホールドするつもりの人はともかく、短期〜中期でイーサリアムを売買する人はZaifでトレードした方が”基本的には”お得です。

というわけで、まずこれからイーサリアムを購入したい人は手数料がほぼないZaifでの売買をおすすめします。

Zaifは本人書類の確認(=取引開始の条件)に数日〜1週間かかるケースがあるので、イーサリアムを買いたい人は早めに登録・書類提出しておきましょう。

⇒Zaif(ザイフ)の会員登録ページ

 

さて、ここから本題ですが、

すでにbitFlyerやコインチェックでイーサリアムを購入し、あまりに高いスプレッドで消耗している人は、そのイーサリアムをZaifへ送金して移してしまいましょう。

送金手続きはいたって簡単で、すぐに完了します。

以下のステップに従って進めていきましょう。

 

【送金STEP1】Zaifにて、イーサリアムの受信用アドレスを用意

まず、bitFlyer/コインチェックなど他所の取引所からイーサリアムを受け取る用のアドレスをZaif内で用意する必要があります。

Zaifのアカウントをまだ持っていない人は、まずはアカウント登録します。

⇒Zaif(ザイフ)アカウント登録

アカウント登録したらZaifにログインしましょう。

ログイン画面のヘッダー(上部)に並んでいるメニューから「アカウント」をクリック。

 

入出金と履歴」というゾーンに各種コインのアイコンが並んでいるので「ETH」をクリック。

イーサリアムのページに移ったら、「入金」を選択。

下の方の「イーサリアム入金用アドレスを取得」をクリック。

アドレス(文字列)が表示されるので、それを右クリックなどでコピーしてください。

※「○confirmationsで入金は反映されます。」と表示されていますが、confirmationsとは「承認作業」のような意味です。要するに○の数が多いほど順番待ち状態ということです。

入金アドレスをコピーしたら、イーサリアムを保有しているbitFlyer/コインチェックへ行きます。

 

【STEP2】bitFlyerからZaif(ザイフ)へイーサリアムを送金する手順

bitFlyerへログイン。

左のメニューバーから「①入出金」をクリック。

各コインのメニュー一覧から「②ETH ご送付」を選択。

下に「イーサご送付(外部アドレスへの送付)」というコーナーができるので、

③イーサリアムアドレス」のボックスに、Zaifでコピーしてきた入金アドレスを貼り付け入力。

④ラベル」というのはアドレスの登録名です。分かりやすく「Zaifのイーサ入金アドレス」などとしておけばOK。

両方入力したら「⑤追加」をクリック。

アドレスが新規登録されました。

そしたら、送金するイーサリアムの数量などを入力しましょう。

bitFlyerの場合、送金にあたって4桁の暗証番号の設定が必要になります。

まだ設定していない人は、「暗証番号の設定はこちら」のような案内リンクが出ているはずなので、そこで4桁の暗証番号を設定してください。

最後に、「イーサリアムを外部アドレスに送付する」をクリックすれば完了です。

 

【STEP2】コインチェックからZaif(ザイフ)へイーサリアムを送金する手順

コインチェックへログイン。

サイト上部のメニューから「ウォレット」のページを開きます。

左のメニューバーから「①コインを送る」を選択。

各コインのメニューから「②Ethereumを送る」をクリック。

下の「③送金先リストの編集」をクリック。

「新規ラベル」と「新規宛先」というボックスが表示されます。

④新規宛先」にZaifでコピーしてきた入金アドレスを入力しましょう。

⑤新規ラベル」というのはアドレスの登録名です。分かりやすく「Zaifのイーサ入金アドレス」などとしておけばOK。

最後に「追加」をクリック。

追加されたアドレスを「保存」しましょう(二段階認証が必要)。

保存したら、下に「宛先」という欄ができ、保存したアドレスがあるので選択します。

そしたら、送金するイーサリアムの数量などを入力しましょう。

最後に「送金する」をクリックすれば送金完了です。

あとはZaifに着金されるまで待ちましょう。

 

イーサリアムは今後の「メトロポリス」のアップデート完了に期待

私もZaifでイーサリアムを保有していますが、イーサリアムは2018年初頭と思われる「メトロポリス」あアップデートの完了まで期待したいですね。

詳しくは下記記事で書いていますが⬇︎

イーサリアムは全4回のバージョンアップで完成する仮想通貨です。

  1. フロンティア(済み)
  2. ホームステッド(2016年3月済み)
  3. メトロポリス ←今ここ
  4. セレニティ ← 完全体(時期未定)

現在はその3段階目のバージョンアップ「メトロポリス」の最中。

メトロポリスは「ビザンチウム」と「コンスタンティノープル」という2ステップのアップデートを経て完了になりますが、すでに「ビザンチウム」は11月に完了済み。

残る「コンスタンティノープル」は2018年の早いうちに完了予定です。

イーサリアムは過去のバージョンアップ時にも価格を上昇させているので、メトロポリス完了の際にも価格が伸びていくことが期待できます。

イーサリアムを購入するなら、ぜひメトロポリス完了までに仕込んでおきたいところですね。

もちろん、取引所はZaifで保有しておきましょう。

⇒Zaif(ザイフ)の公式ページ

-イーサリアム(ETH), 仮想通貨取引所

Copyright© WorkaHolic[ワーカホリック]|キャリア×転職×仮想通貨ブログ , 2018 All Rights Reserved.