引きこもりから上場社長へと上り詰めた起業家、家入一真の経歴書

家入一真(いえいり かずま)/1978年12月28日生
photo by : http://matome.naver.jp

今では最もメジャーとされるレンタルサーバー「ロリポップ」や「ブクログ」を運営する株式会社paperboy&co.の創業者であり、29歳という当時史上最年少でジャスダック市場に上場を果たした実業家・家入一真さん。

その活動はIT業界に留まらず、カフェの運営プロデュースや、若者たちの駆け込み寺として「リバ邸」というシェアハウスを全国展開したり、2014年には東京都知事選挙に立候補したり(全16人の候補者中、5位の投票数で落選)と、業界の枠を超えた連続起業家として目覚ましい活躍をされています。

さて、そんな若くして成功を掴んだIT社長である家入さんは、一見すると華やかなサクセスストーリーを歩んで来たイケイケの敏腕経営者のように見えますが、その実は元いじめられっ子であり、起業以前の青年時代は引きこもりであったことはご存知無い方も多いのではないでしょうか?

スポンサーリンク

まったくイケてなかった思春期時代

孤独

家入さんは中学2年時に、友達に下の毛が生え始めたことを周囲に言いふらしてしまったことが原因でいじめに遭って不登校となり、その後なんとか高校に進学するも、再びいじめが原因で中退し、その後3年間引きこもり生活となってしまいました。

その後、画家を目指しはじめた家入さんは、大検を受けて芸大に行くためにバイトをしようと思ったものの、高校中退のため落ち続け、受かったバイトも陰口を言われてしまい続かず・・・という散々な状態でした。

ところが住み込みで始めた新聞配達のバイトで出会った魅力的な人たちのおかげで、段々とこの社会で生きていくためのコツがわかっていったそうです。

ちなみに、のちに創業するpaperboy&co.という社名は、この時の「新聞配達少年」から来ているそうです。

また、この時の住み込み生活によって自身が救われたことから、自分と同じような境遇に苦しんでいる人達に向けて、駆け込み寺である「リバ邸」を始めたのでしょう。

 

画家の夢をあきらめ、WEB会社へ就職

起業

新聞配達の住み込みで人間社会に馴染めてきた家入さんは、新聞配達の合間に芸大受験のための予備校に通い、見事に地元の美術大学に合格するも、結局そこに入学することはありませんでした。

なぜなら、浪人している間に親が事故に遭ってしまい、自分がすぐに働かなければならなくなってしまったからです。

そして家入さんは、引きこもり時代に培ったというパソコンの知識で小さなデザイン会社に就職しました。

そこでWEBデザインに興味を持ったことがきっかけで、今度はコンピューターシステムの会社に転職し、ITのスキルを向上させていったそうです。

 

会社に馴染めないから、仕方なく起業へ・・・

想像

半ば強制的に社会に投げ出され、いくつかの会社を転々としてきた家入さん。

その環境の変化のせいか、再び暗黒時代の引きこもり体質がぶりかえしてしまい、朝寝坊で遅刻したり、次第に出社しなくなったりして会社をクビになり、転職してはまたクビになり・・・という完璧なダメ社会人になってしまったそうです。

いくら会社を変えても馴染めない・・・。そんな引きこもり青年の家入さんに残されていた選択肢は、「自ら起業する」以外にありませんでした。

一攫千金を狙ってのことではありません。社会にインパクトを与えようという野望もありません。

「それ以外の道がなかったから仕方なく・・・」という後ろ向きな理由から家入さんは起業しました。

それが22歳の時のことでした。

スポンサーリンク

レンタルサーバー「ロリポップ」の大当たりで上場へ

PublicDomainPictures / Pixabay

そして、ワンルームでパソコン一台から起業した家入さんは、レンタルサーバーのビジネスを始めます。

その手法とは、初期費用10万円で月額1万円のサーバーを借り、それを分割して又貸しするというサービスでした。

それ以前のレンタルサーバーと言えば法人向けがほとんどで、お堅いビジネス仕様のものがほとんどでした。しかし家入さんの立ち上げた「ロリポップ」は、その名前からも分かる通り、ポップなイラストなどを用いて、それまでのレンタルサーバーのお堅いイメージを一新することに成功しました。

ロリポップが大当たりしたことで、創業当初は奥さんと子どもを食わせていく分だけ稼げればという考えだったはずが、あれよあれよと売上も従業員も増えていき、きたる2012年12月、とうとうpaperboy&co.はジャスダック市場への上場を果たしました。

 

連続起業家・家入一真の今後は?

これまでにもレンタルサーバー、ウェブサービス、飲食店、シェアハウス運営、果ては都知事選への参加と、次々に様々な挑戦を続けて来た家入さん。

「起業(ビジネスのタネを生み出す)は好きだが、経営は好きじゃない」のだそうで、現在はpaperboy&co.を離れ、再び新たな事業を始めようとしているそうです。

East Venturesや個人投資家から1億円を資金調達して本格的に始動した家入さんの新会社の名は「キメラ」。

新会社キメラでは「新しい働き方の提案や雇用力を強化するサービスを開発する」としており、第1弾のプロダクトとして、タレントマネジメントシステム「LEAN」を開発中ということです。

「LEAN」に加え、複数の新サービスを展開していく予定だというキメラの動向には、今後も目が離せません。

たとえ社会のレールから外れても、無駄にした時間を取り戻せなくとも、まだまだ諦めるのは早すぎますね。

才能がない人、仕事ができない無能サラリーマンに共通の特徴と対処法は超シンプルなのにという話。

2017.02.03

【おまけ診断テスト】自分の「才能」に気づいていますか?

デキるビジネスマンと出来ないビジネスマンの差は、意外と「自分の才能・資質を知っているかどうか」だけの差だったりします。

仕事ができる人ほど「自分が得意なこと」を仕事にし、仕事ができない人ほど「自分が好きなこと」を仕事にしようとします。

自分の得意なことを仕事にしている「仕事ができる人間」は全体の2割しかいません。残り8割は、得意ではないことを仕事にしている「普通の人」と、実は苦手なことを仕事にしている「仕事ができない人」です。

仕事が非常にできる人間は、自分が得意なことを仕事にしている人。

仕事をまぁ普通にこなす人間は、自分が得意なことを仕事にできていない人。

仕事ができない人間は、自分が苦手なことを仕事にしている人

自分が好きなことと得意なことは違います。残酷なほど違います。一流と三流を分ける海より深い隔たりがあります。

あなたは、自分の才能が何に向いているのか、どの分野に資質が偏っているのか自分で分かっていますか? 自分の才能が最も発揮できる仕事に身を尽くしていますか?

「仕事ができる人間」とは、才能の有無ではなく、「得意な場所で仕事をしている人」です。そして自分の得意な場所(才能や資質)を探すには、才能診断テストを受けてみるのが確実です。

有料の本格的な診断テストを受けるのがベストですが、無料で手軽に受けられるテストの中ではリクナビNEXTのグッドポイント診断というリクルート提供の診断テストがかなり本格的です。

リクナビNEXT
リクナビNEXT/グッドポイント診断

30〜40分程度かけて300近い質問にガッツリ答えていく形式で、制限時間内に直感に従ってどんどんと選択肢を選んでいきます。

リクナビ NEXT グッドポイント 問題

全ての質問に答えると、あなたの才能が最も偏っている「強み」を5つ導き出してくれます。

一つ一つの資質に丁寧な解説がついており、あなたがどんな分野に秀でているのかを教えてくれます。

リクナビNEXT グッドポイント結果

診断によって導き出される結果は、実に8568通りものパターンに分かれ、ほぼ自分だけの最適な答えを受け取ることができるという、無料のわりにかなりしっかりした適性診断テストです。

グッドポイント診断を受けるにはリクナビNEXTの会員登録が必要ですが、登録も診断も無料で受けられます。会員登録自体は1分で終わるので、30分程度の時間がある人はサクッと受けてみるといいですよ。

自分の才能が何に向いているのか、自分の資質がどの分野に偏っているのか、まだ知らない人はぜひ空いた時間にテストしてみて下さい。

スポンサーリンク