仮想通貨

手数料高い!モナコインはbitFlyerよりZaifで買おう【ザイフに移す送金方法まで】

投稿日:2017年12月3日 更新日:

日本発の仮想通貨であり、日本一の”愛され通貨”でもあるモナコイン。知名度の上昇とともに価格も上がってきており、モナコインを購入する人がどんどん増えています。

現在、モナコインを取り扱っている国内の大手取引所は、

この2つ。どちらかでモナコインを購入することになりますが、

基本的には

Zaifで買う方がおすすめ

です。

⇒Zaif(ザイフ)公式ページ

bitFlyerは買いと売りの手数料(スプレッド)が死ぬほど高い

なぜモナコインはZaifで買うべきかというと、手数料が圧倒的に安いからです。

というより、

bitFlyerの手数料が高すぎる

と言った方がいい。

実際に、この記事を書いている現在のモナコインは1MONA=約795円ですが、bitFlyerの購入価格・売却価格は以下の通り⬇︎

モナコイン=795円のとき

  • 購入価格:約860円
  • 売却価格:約730円

このように、購入は60円ほど高くなり、売却は60円ほど安くなります。

この「買い」と「売り」の差額をスプレッドと呼び、要するに取引所(bitFlyer)への手数料となります。bitFlyerでモナコインを売り買いするにはbitFlyerから直接買うor 売るしか方法がないのでスプレッドを避ける手はありません。

スプレッドの幅も取引所によって違うのですが、とくにbitFlyerはこのスプレッドが広すぎて(=手数料が高すぎて)、まともにトレードしても利益が出せません。

対して、Zaif(ザイフ)はというと⬇︎

このように、Zaifから買ったり売ったりするのではなく、ユーザー同士での取引(売買)が可能です。ユーザー同士での取引ならスプレッドがなく、手数料はかかりません。

ほりっく
bitFlyerでもビットコインだけはユーザー同士で取引できる「取引所」がありますが、Zaifはビットコインだけでなくモナコインでも「取引所」が使えるということです

要するに、手数料のないZaifの方が、

  • 安く買えるし、
  • 高く売れる!

ということですね。

モナコインをこれから購入しようという人は、Zaif(ザイフ)を選んだ方がおすすめです。

Zaifは本人書類の確認(=取引開始の条件)に数日〜1週間かかるケースがあるので、モナコイン買いたい人は早めに登録・書類提出しておきましょう。

⇒Zaif(ザイフ)の会員登録ページ

ちなみに……

モナコインを長期保有(ガチホ)したい人は、bitFlyerで保有しておく方がおすすめです。bitFlyerは国内最大手で、セキュリティが最高レベルだからです。安心度が違います。

長期視点であればスプレッド(数十円の価格差)は誤差レベルですし、bitFlyerで購入して放置しておくのもいいでしょう。

スプレッドが許せない人は、Zaifで購入してからbitFlyerに移すのもアリです。

 

bitFlyerのモナコインをZaifに移す方法

すでにbitFlyerでモナコインを購入してしまいスプレッドに苦しんでいる人は、そのモナコインをそのままZaifに移動させましょう。

手順はごくごく簡単です。

 

Zaifのアカウントをまだ持っていない人は、まずはアカウント登録します。

⇒Zaif(ザイフ)アカウント登録

アカウント登録したらZaifにログインしましょう。

まずはZaifにて、モナコインを受け取るアドレスを用意する必要があります。

ログイン画面のヘッダー(上部)に並んでいるメニューから「アカウント」をクリック。

 

入出金と履歴」というゾーンに各種コインのアイコンが並んでいるので「MONA」をクリック。

 

次に、モナコインの入金アドレスを用意します。

「アドレスを生成する」のような箇所があるので、そこをクリックすればアドレス(長い文字列)が生成されます⬇︎

このアドレス(文字列)を右クリックなどでコピーしておきましょう。

 

このMONA入金アドレスを持って、次はbitFlyerに行きます。

ログインしたら、左のメニューバーから「入出金」をクリック。

 

入出金の画面⬇︎

①「MONA ご送付」を選択します。「MONA お預入」ではないのでご注意。

②下に「モナコインご送付(外部アドレスへの送付)」というコーナーが出てきます。モナコインのアドレスを入力する欄があるので、Zaifでコピーしてきたアドレスを入れましょう。

左の「ラベル」というのはアドレスの登録名です。
分かりやすいように「Zaifのモナコイン入金アドレス」などとしておけばいいでしょう。

③アドレスとラベルを入力して「追加する」をクリック。

これでZaifのモナコインアドレスがbitFLyerに登録できました。ラジオボタン(○の選択ボタン)が出ているはずなので、追加したモナコインアドレスを選択しましょう。

 

あとは見たまんまなのですが、

移動させるモナコインの数量を入力しましょう。右に日本円換算額が自動で算出されるので、一応確認しておきます。

外部アドレスに送金するには、4桁の暗証番号を設定する必要があります。まだ設定していない人は、設定の案内リンクが出ていると思うので、そちらから暗証番号を設定します。

暗証番号を入力して「モナコインを外部アドレスに送付する」をクリックすると手続き完了です。

 

モナコイン送付にかかる時間ですが、私が過去に送付したときは、bitFlyerから送ってZaifに反映される(届く)まで2時間くらいかかった気がします。数時間は見ておいた方がいいですね。

送付処理にかかる時間はコインによっても違いますし、その時によっても違いますが、1日経っても送付完了しない場合は問い合わせた方がいいでしょう。

まとめ

私もZaifでモナコインずっと持ってますが、最近は少しずつ価格が底上げしてきたので嬉しいです。さらにbitFlyer USAで上場すれば最高の展開でしたが、それはまだ叶いませんでしたね。

私のモナコインに対する所感は過去の記事に書きましたが⬇︎

将来的に1000円は超えると期待しているので、ちょこちょこ回転させながら枚数増やしています。

(※「回転」とは、高いところで一度売り(利確し)、下がったところで買い戻すこと)

というわけで、モナコインを購入するなら手数料の安いZaifで仕入れましょう。

⇒Zaif(ザイフ)公式ページ

-仮想通貨

Copyright© WorkaHolic[ワーカホリック]|キャリア×転職×仮想通貨ブログ , 2017 All Rights Reserved.