仮想通貨

ほったらかし最強?ビットコインはもう放置(長期保有)の方が稼げるかもしれない

投稿日:2017年11月17日 更新日:

仮想通貨元年と呼ばれた2017年は、今でこそ時価総額上位を占めるトップコインたちが一斉に芽吹いた年になりました。

ただその中でも、年間のチャートを振り返ってみるとビットコインの強さが飛び抜けて際立ってますね。

さすが仮想通貨の王者というか……

これはあくまで結果論ですが、この1年のビットコインが強すぎて、ほとんどの人はビットコインをただ放置していた方が儲かっていたのが現状ではないでしょうか?

もうこれ、今ビットコインを購入して東京五輪まで放置しているのが最強かもしれない……。

いや、本当に。冗談抜きで。

スポンサーリンク

迷いなし!11ヶ月で約8倍に成長し”続けた”ビットコイン

下は2017年初から11月までのビットコインのチャート。

ご覧の通り、年単位のスパンでみれば”迷いなく”成長をし続けています。

年初ではまだ1BTC=10万ちょっとでしたが、11月時点では最高値1BTC=87万円あたりまで到達。この11ヶ月間で約8倍にまで価格を上げたことになります。

(11月17日追記:90万も突破しました)
(11月27日追記:ついに100万円突破しました!
(11月29日追記:130万円突破も突破)

今年仮想通貨を初めて、一生懸命トレードしたものの資産を5倍にすらできていないあなた……。もうそれ、ビットコインをただ放置してただけの人に負けてます。残念ながら。

ビットコインの何が強いかって、価格8倍に上げたことではなく、

右肩上がりに伸び”続けている”。

というところ。

価格の上昇率で言えば、アルトコインなんかは今年に入って10倍〜100倍になった通貨は沢山あります。ただ、右肩上がりに伸び続けている通貨はほとんどありません。

実際に、時価総額上位の通貨のチャートをいくつか引っ張ってみると、

 

⬇︎イーサリアム⬇︎

 

⬇︎リップル⬇︎

 

⬇︎ネム⬇︎

 

一目で分かる通り、他の通貨たちは大体が一気にドーンと上げてから、一度落ち着き、以降は横ばいか微増……といった感じです。

チャートの形を比較してみると、いかにビットコインが迷いなく成長しているのが一目瞭然ですよね。

⬇︎ビットコイン⬇︎

短期的には下落ポイントがあるものの、必ず復活して下落前以上に上昇しています。

記事執筆している現在、ハードフォーク問題の影響で85万前後 ⇒ 75万前後にまで下落していますが、おそらく再び復活して必ずや100万に到達すると私は見ています。

それほど、王者ビットコインは強い。
このチャートがそれを物語っています。

ちなみに私は確か14万円くらいの時にビットコインを購入しましたが、30万円台の時に「いくらなんでも上がりすぎだろう。そろそろやばい」と考えて利確(売却)しました。

あのとき売らずに放置していれば、今頃3倍になっていたのに……。

なんて、今でもときどき考えてしまいます。

 

【追記】分裂問題(Segwit2xハードフォーク)やBCH(ビットコインキャッシュ)とのイザコザも乗り越え、鋭意上昇中!

この記事を執筆中に、ビットコインに不安な局面が2度もあったので追記です。

11月に起こったのが、

  • Segwit2xハードフォーク
  • BCHへのマイナーの移動

という2つ。

ちょっと振り返ってみても、ビットコインの強さが再確認できます。

ハードフォークは延期に

11月15日頃を予定していた「Segwit2xハードフォーク」の問題は、簡単に言うと、新しいビットコイン(2x)が分裂して誕生し、”新しく誕生した方を正式なビットコインとする”としていたもの。

つまり今までのビットコインが11月15日をもってゴミクズになる可能性が浮上していたため、市場は大きく混乱しました。

しかし、ビットコインの信頼性を大きく損ねる可能性を危惧して、このSegwit2xハードフォークは名目上「延期」となり、ひとまずは無事回避されました。

なんだかんだで、ビットコインは死にません。

BCH(ビットコインキャッシュ)へのマイナーの大移動でビットコイン大暴落するも、無事復活!

そしてハードフォーク回避後、仮想通貨の歴史に残るであろう局面になったのが、BCHへのマイナー大移動による政権交代の争いでした。

BCHの価格が大暴騰しはじめ、ビットコインの価格が急落。「スペックで上をいくBCHこそ真のビットコインだ!」という風潮もあり、まさに仮想通貨界の王者が入れ替わるかもしれない……という戦局に。

BCHの上昇に伴い、まるでシーソーのようにビットコインは急落⬇︎

(BTCチャート)

当時84万円前後で順調に伸びていたビットコインは、一気に65万円付近まで暴落しました。

 

一方のBCHは爆発的な上げ方を見せました⬇︎

(BCHチャート)

10月末まで3万円台をウロウロしていたBCHは、11月12日にかけて大暴騰。一時は29万円に到達する爆発ぶりを見せました。

この「BCH祭り」の最中は、

「これまさか本当に……BTCとBCHが逆転するかもしれない」

という雰囲気に市場が包まれましたが、

その結果は……、

グラフを見ればわかる通り、BCHは29万円を頂点にして大暴落。その後は半額の15万円以下まで落ち込む結果となっています。

 

やはりビットコインは強かった……!

 

BCHが陥落すると同時に、沈んでいたBTCが復活。

完全に息を吹き返したとばかりに、今度は最高値を更新して上昇を続けています。

(暴落→復活を見せるBTCチャート)

一時は65万円まで急落し王者の座を危ぶまれたものの、そこから完全復活して1週間後には90万円をついに突破。

 

ビットコインは一度落ちても、必ずや前以上に強くなって復活する。

 

先にも書きましたが、またこれが現実になりましたね。この記事を書いている現在も、ビットコインは最高値を更新しながらぐいぐい上昇しています。

やはりビットコイン……お前が最強だ。

 

将来的にまだまだ上がる? ついに機関投資家のマネーがビットコインに流れてくるか

100万円に手が届きかけている今からでも「ビットコインは放置が最強」と私が考えるのは、ビットコイン(及び仮想通貨)には将来的にまだまだ成長する「起爆剤」が控えているからです。

というか、もしかすると現時点でもまだ「序章」にすぎないかもしれません。

その「起爆剤」とは、機関投資家の莫大なマネーです。

これまでの仮想通貨市場は、あくまで個人投資家たちのものでした。それが近い将来ついに、世界の金融市場を動かしている機関投資家たちの莫大な資金が入ってきます。

ちなみに、金融の世界の機関投資家たちが運用する資産は、今のビットコイン市場の約1000倍とも言われています。そんなマネーが一斉になだれ込んできたら、仮想通貨市場が一気に拡大するのは間違いありません。

その口火をきるのが、ビットコイン先物の上場です。

2017年12月にビットコイン先物の上場

10月後半〜11月初旬にかけてのビットコインの急上昇は、世界最大のデリバティブ取引所である米CMEグループが「ビットコイン先物を年内に上場させる」といった発言が上げ材料になりました。

CMEグループのCEOであるテレンス・A・ダフィー氏は、ビットコイン先物は早ければ12月の2週目には取引開始となると発言。いよいよ、ビットコインが金融商品として世界で取引されるようになるわけです。

この期待によりビットコインの価格はさらに上昇を続け、11月半ばに90万円を突破。あくまで個人的な予想ですが、2017年内に100万円到達はもはや確実だと思っています。

 

ビットコインETFの登場も期待

今のビットコインはまだフォーク問題や価格変動幅の大きさなどから、金融商品としての信頼性をまだ十分に得られていません。その状態でビットコイン先物が金融商品デビューするわけで、これは”試験的”な意味もあるでしょう。

ビットコイン先物が始まり、ビットコインが金融商品としての信頼を確立できれば、今度はビットコインETF(上場型投信)の上場が有力視されています。

ETFとは簡単に言うと、証券取引所で株式と同じように買える投資信託です。

ビットコインのETFが誕生すれば、さらに多くの個人投資家・機関投資家が参戦し、仮想通貨市場のマネーの総量がどんどん増えるのは確実。

その拡大規模は……もう想像がつきません。

ビットコインETFは現時点では信用面の問題で見送りになっていますが、ビットコイン先物の行方次第では遠くない将来の誕生に期待できます。

 

最後に:

大勝ちを狙ってアルトコインに資産突っ込んだり、日銭を稼ぐために頻繁にデイトレードしている人も多いですが、軍資金のある程度は定期預金の感覚でビットコインをコツコツ積み立て、触らないのが吉かもしれません。

ビットコインを皮切りに、今後の仮想通貨市場は金融マネーの流入により拡大成長するのは確実だと思いますが、それで報われるコインは一握りです。

現状の多くのアルトコインは完全な投機目的の「おもちゃ」であり、「通貨=金融商品」としての信用を得るのは正直難しいです。今後数年でほとんどが淘汰されていくでしょう。

一発逆転のギャンブルで「遊び」たいならアルトコイン全力賭けもいいですが、将来を見据えて堅実に「投資」していきたいなら、やはりビットコインが最強であることは揺るぎなさそうです。

 

仮想通貨(ビットコイン)を始めるならコチラ

公式HPhttps://bitflyer.jp/

まだ仮想通貨の口座を持っていない人は、まずは国内の仮想通貨取引所で口座を開いておきましょう。申込は5分で終わります。

国内の取引所はいくつかありますが、大事なお金を預けるので信用のある大手にしておきましょう。海外の取引所や無名の新興取引所は避けてください。

ひとまず初めての人は、テレビCMも流している最大手の「bitFlyer(ビットフライヤー)」にしておけば問題ありません。1番安心できる仮想通貨の取引所です。

口座開設の申込自体は5分あれば終わりますが、実際の開設完了までには本人確認などで1日か数日くらいかかった気がするので、なるべく早めに申込を済ませておきましょう。

⇒bitFlyerに無料会員登録する(3分程度)

 

その他の取引所は「coincheck(コインチェック)」と「Zaif(ザイフ)」から選ぼう

bitFlyerの他には、「coincheck(コインチェック)」と「Zaif(ザイフ)」が人気の取引所です。というか、現状はこの3社の独占状態です。

それぞれの特徴を簡単に紹介すると、

コインチェックの特徴

【メリット】

  • 取り扱い通貨が13種類と最も多い
  • bitFlyerと並ぶ大手。セキュリティも安心。
  • スマホアプリも使いやすい

【デメリット】

  • スプレッド(売買手数料)がやや高い

※bitFlyerかコインチェックかは好みの問題ですね。取り扱い通貨は今の所コインチェックの方が多いです。Ripple(リップル)や NEM(ネム)がほしい人はコインチェックにしましょう。

公式HPhttps://coincheck.com/

Zaif(ザイフ)の特徴

【メリット】

  • 売買手数料が安い

【デメリット】

  • アクセス集中するとサーバーが不安定になりやすい
  • スマホアプリが使いにくい
  • 不正被害サポートがなく安心面でやや不安

※メイン取引所として使うにはやや不安な点もありますが、手数料が圧倒的に安いのでサブ取引所として登録しておいた方がいいでしょう。

公式HPhttps://zaif.jp

各取引所とも、それぞれ取り扱い通貨などが違うため、仮想通貨にハマる人は遅かれ早かれ3ヶ所とも登録することになると思います(私も3社とも登録しています)。

本腰入れて投資を始めたい人は、最初に3ヶ所とも登録を済ませておいた方が後々ラクだと思います。

各取引所の詳しい解説は下記記事にまとめているので、決めかねている人は参考にしてください。

参考記事初心者はココ!安心安全の仮想通貨取引所おすすめ3社を比較して紹介

-仮想通貨

Copyright© WorkaHolic[ワーカホリック]|キャリア×転職×仮想通貨ブログ , 2017 All Rights Reserved.