仮想通貨

bitFlyer(ビットフライヤー)がアメリカ進出!モナコイン上場に期待したい【仮想通貨取引所】

投稿日:

bitFlyer(ビットフライヤー)のアメリカ進出!いつ取引開始されるかはまだ未定

国内最大手の仮想通貨取引所「bitFlyer(ビットフライヤー)」が、2017年秋にアメリカに事業進出することを表明しています。

bitFlyer USA(本社サンフランシスコ)はすでに米国34州にて仮想通 貨取引所運営の許可を取得しており、もちろん日本の仮想通貨取引所が海外進出するのは初めてのことです。

(※アメリカは州ごとに法律が厳しいので、アメリカ全土ではまだない)

以下はbitFlyer 代表取締役である加納 裕三氏のコメント

「グローバルなビットコイン・ブロックチェーン企業を創りたいというのが創業時からの 私のビジョンでした。今回の米国での仮想通貨取引事業開始が当社グループの海外進出の 第一歩となることを嬉しく思います。

尚、仮想通貨事業において当社グループは利用者保護とコンプライアンスを最も重要な課 題の一つと捉えており、米国においても適切なライセンス取得に注力して参りました。」

https://bitflyer.jp/pub/bitflyer-to-expand-to-the-united-states-ja.pdf

サービスの開始時期ですが、記事執筆時点でまだ具体的な日時が分かっていません。ただ広報では「2017年秋にサービス開始予定」としているので、もう間もなくであることは間違いありません。

おそらく公式にていきなりのサービス開始アナウンスになると思いますが、その時はまた追記します。

⇒bitFlyer公式ページはこちら

気になるのはアメリカ版bitFlyerで上場(取り扱い)する仮想通貨の種類

日本はビットコインの取引量でも世界トップクラスの国であり、世界に先駆けてビットコイン決済が広がったりと、仮想通貨にかけては現在のところ世界を先行して走っている状況です。

その国の最大手の取引所がアメリカでも使われるとなると、誰もが気になるのが、bitFlyerが扱うコインの値上がりですよね。

現在、国内のbitFlyerが扱っているコインは以下の6種類

  • ビットコイン
  • イーサリアム
  • イーサリアム・クラシック
  • ライトコイン
  • ビットコイン・キャッシュ
  • モナコイン

詳細bitFlyer(ビットフライヤー)

この6種類のコインがそのままbitFlyer USAに上場するのか、それともラインナップが変わるのか、その辺りもまだ詳細アナウンスが出ていません。

国内取引所と違い、海外の仮想通貨取引所はBittrex(ビットレックス)をはじめ100種類近いコインを扱う取引所も多いため、もしかするとbitFlyer USAも大幅に取り扱いコインを増やしてくることもあるかもしれません。

コインの新規上場(取引所で新しく取扱開始になること)は、コイン値上がりの代表的な材料です。日本最大の取引所がアメリカに進出し、米国マネーがbitFlyerに流入すれば各コインの値上がりは十分期待できます。

とはいえ、ビットコインやイーサリアムをはじめ、bitFlyerが扱っているコインはすでに世界トップクラスに取引されているメジャーコインばかりなので、そこまで急激な値上がりはないかな……と踏んでいます。

ただ、私はその中で一つだけ注目しているコインがあります。

日本国産の仮想通貨である『モナコイン(MONA)』です。

bitFlyer(ビットフライヤー)アメリカ進出はモナコインの上場に期待したい

モナコイン(MONA)は、2ちゃんねるが発祥になって誕生した日本初の国産仮想通貨です。

モナコインという名称も、2ちゃんででお馴染みのアスキーアート、モナーをモチーフしています。

2ちゃん発祥ということで、モナコインはサブカル界隈やネットクリエイター界隈においてクリエイターやコンテンツへの「投げ銭=通称モナゲ」にもすでに利用されており、秋葉文化からどんどん認知度を広げています。

2017年10月には、bitFlyerに新規上場したことにより、モナコイン価格は歴史的な大暴騰をマークしました。

10月のモナコインチャート。

10月11日までは1MONA=90円程度でしたが、そこから大暴騰。3日後の10月14日には最高値1MONA=800円台にまで登りました。3日で9倍近く上昇し、バグったみたいなチャートでしたよ(笑)。

興奮して上昇しすぎたために天井で反発し、現在は1MONA300円〜400円で落ちついていますが、それでも1ヶ月で4倍近く価値をあげています。

ただ、モナコインの弱点はまだ板が薄すぎること。

世界中で取引されているビットコインやイーサリアムなどメジャー通貨に比べて、日本国内の一部投機筋やファン内だけで回っているモナコインは未だ取引量が絶対的に少ないのです。

要するに、認知度がまだまだ足りないということ。
もっともっとお金の波が押し寄せてこないと天井が破れません。

ここで期待したいのが、bitFlyer USAです。

bitFlyer USAがモナコインを取り扱ってくれれば、アメリカ人のお金が大量にモナコインに入ってくるでしょう。それがどの程度の波になるかわかりませんが、規模によっては、今なかなか破れないでいる400円付近の天井を一気に突き破る可能性は大いにあると思っています。

また、アメリカでモナコインが取り扱われると分かれば、その値上がりを先読みで期待して日本の仮想通貨投資家たちも買いに走るでしょう。それにより実際に値上がり始めればイナゴが大量に飛びついてくるので、さらにチャートの上昇を後押しします。

こうした理想的な流れを私は期待しているのですが……どうでしょうか。

bitFlyer USAがモナコインを扱うかどうかは、全く不明です(笑)。今は上場させてほしいと願うばかりですね。

詳細が分かればまた追記します。

⇒bitFlyer(ビットフライヤー)公式ページ

モナコインには期待しかない

まぁどちらにせよ、モナコインに足りないのは「知名度のみ」であり、その知名度は今後時間をかけて必ず広がっていくと私は思っているので、長期的に保有していきます。

コミケで使われるようになれば一気に規模拡大すると思いますし、韓国の取引所ですでに上場しているのでe-sportsの世界でも広がってほしいですね。

アニメやゲームなどサブカル文化は日本の数少ない強みの一つなので、そこを発祥にしているモナコインは将来性に一番期待しているコインかもしれません。

(bitFlyer USA頼む!)

モナコインを購入するならbitFLyer USA上場&値上がりを期待して、上場前に安く仕入れておきましょう。

⇒ モナコインをbitFlyerで購入する

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

-仮想通貨

Copyright© WorkaHolic , 2017 All Rights Reserved.