キャリア・転職

転職の35歳限界説が崩壊?30代後半の転職成功率が上昇中の理由

投稿日:

転職市場には『35歳転職限界説』という言葉があります。呼び名の通り、35歳を超えると転職は一気に厳しくなるという意味です。

これ本当なの? と疑いたくなる人もいるでしょうが、先に結論から言っておくと本当です。30代後半になると、転職の難易度が今までより厳しくなるのは間違いありません。それほどまでに、日本の転職市場においては「若さ」こそ最強の武器です。

しかし近年、転職市場の調査によると35歳以上の転職のハードルは年々下がってきているという結果がでています。つまり、35歳転職限界説は少しずつ、でも確かに崩壊していることです。

今回は、35歳以上の転職ニーズが高まっている理由と戦い方について、掘り下げて書いていきます。

スポンサーリンク

35歳以上の転職が厳しくなる要因

まず勘違いしてはいけないのは、35歳以上の転職が(20代〜30代前半に比べて)厳しくなるという事実は依然として変わらないということです。壁の高さが低くなってきているというだけで、35歳の壁が消えたわけではありません。

そもそも、なぜ35歳に転職の壁があるのか?
まずはその背景を知っておく必要があります。

この主な要因は2つあります。

  1. 椅子の数(求人数)の問題
  2. 求職者が求める条件の問題

それぞれ解説します。

求人数の問題

転職市場の主役は25歳〜34歳の人材です。この層が最も流動性が高く、また企業が欲しい層でもあるので、求人市場ではこの層に向けた「平社員用」の椅子(求人)が最も多く出ています。

これが35歳以上になると、市場に出ている椅子の数が激減します。

なぜか?

一つは、35歳以上になると役職や地位がつき始めるので、そもそも辞める人が減る=流動性が低くなるからです。「35歳から転職しても無謀だ。残り20年はこの会社に、この椅子にしがみつこう!」とする人が増えるので定員の空きがでず、求人が出にくくなります。

もう一つは、35歳以上の求人は「エグゼクティブ(管理職)用」の椅子がメインになるからです。日本企業はまだまだ年功序列のピラミッド組織なので、課長や部長など上の階層になるほど椅子の総数は減っていきます。

つまり正確には、35歳以上で「平社員用」の求人が激減するのです。

企業からすれば、同じ平社員なら給料の安い若い人材の方がコスパが良いからです。35歳年収500万かかる平社員と、28歳年収350万で済む平社員なら、安い方を買いたいのは当たり前ですよね。

必然的に、35歳以上になると少ない椅子を奪い合うことになるので、競争率がグッと上がることになります。

求職者が求める条件の問題

35歳を超えてくるとプライベートも大きく変わってきます。結婚し、子供が生まれ、住宅ローンで家を買うなど、ある種の「縛り」が増えていきます。

そして縛りが増えるほど、転職はしにくくなります。というより、譲れない条件が増えすぎて転職の幅が非常に狭くなるのです。

子供の教育費や住宅ローンを考えれば「年収面」は妥協できなくなります。子供の学校や奥さんのことを考えると「勤務地」や「転勤の有無」も譲れない条件になるでしょう。

30代も後半になると今さら新しい仕事に手をだすのもしんどい。なるべく自分の経験してきた職務範囲内の仕事でないとイヤだ……と感じるようになります。

35歳を超えてくると、ざっと挙げてもこれだけの制限が付くようになります。ただでさえ椅子は少ないのに、妥協できない条件は増えていくので、マッチする求人を探すこと自体が困難になるのです。

 

35歳転職限界説の要因まとめ

35歳以上になるとエグゼクティブの椅子がメインになるので、平社員用の求人数が圧倒的に減る。あっても同じ椅子なら若手に負ける。

一家の大黒柱になることで、転職おいて妥協できない条件が増える。そのため、条件を満たす求人自体を探すのが困難。

 

35歳転職の壁が崩壊してきている。その理由とは?

そんな35歳以上の転職の壁が、近年になって少しずつ崩壊してきています。

どういうことか?
いくつか実情が分かるデータを見てみましょう。

下記は転職支援サービス DODA(デューダ) より、転職成功者の年齢別の割合を示したグラフです。

https://doda.jp/guide/ranking/068.html

35歳以上は黄色の線です。ご覧の通り、成功割合的には25〜34歳以下には劣るものの、割合自体は2010年以降で唯一2倍以上に伸びています。30〜34歳の割合に僅差に迫る勢いですね。

記事によると背景にあるポイントは4つ。

POINT

成長企業の業務拡大・グローバル化による「即戦力人材」のニーズが向上

景気回復に伴う売り手市場により、人材不足の企業が採用年齢を上げざるを得ない状況

大企業の実質的なリストラにより、中高年社員の流動性が強制的に高まっている

転職市場全体の高齢化

売り手市場の景気と、社会全体の高齢化がアラフォー世代の転職市場の流動性を高めていることが言えますね。

また即戦力を前提としたミドル人材(35歳以上)の転職は、成功率だけでなく給与アップ率も上昇傾向にあるようです。

エン・ジャパン「ミドルの転職」の記事からいくつか気になるグラフを抜粋してみます。

https://mid-tenshoku.com/news/article/3685/

まずは、ミドル転職の給与アップ割合についてがこちら。2016年のデータです。

「上がっている」「どちらかと言えば上がっている」を合わせて全体の62%がミドル転職で給料アップしています。

一般的に転職において給与アップ率は「上昇40%」「変わらない20%」「減少40%」と【4:2:4】の比率とされていて、35歳の壁をさかいに減少が上昇を上回り始めます。それを踏まえると、約6割が少なからず給与アップしているという2016年のデータは確かにミドル転職市場の活気を表していると言えます。

さらに、ミドル人材の中でも年代別で給与アップ割合を比較したのがこちら。

35歳〜39歳で約4割が給与アップに成功、40歳〜45歳に至っては実に6割以上が給与アップに成功しています。ちなみに給与上昇額は【50万〜100万】が74%でダントツです。

給与アップが多くなった理由としては下記のような要因が挙げられています。

  1. 「マネジメント経験のある即戦力ニーズ」
  2. 「人手不足による、募集人材の給与引き上げ」
  3. 「新規事業に伴う即戦力募集」

などなど、要因は先に紹介したDODAのデータ考察と一致しています。

日本は従来より新卒主義を貫いてきたので「安く青田買いして、自社で育てる」が採用の基本方針でしたが、2010年以降のグローバル経済の急発展のなかで、欧米的な「即戦力を、高く買う」に徐々にシフトしつつあるのでしょう。年功序列や終身雇用の崩壊もそれを物語っています。

いずれにせよ、35歳以上のミドル転職市場はいま、かつてないほど流動性が高まり活気づいているのは間違いありません。

35歳以上で転職するなら、今が絶好のチャンスだと言えます。

35歳以上のミドル転職の成功に必要な要件

ミドル転職が活気付いているからと言って、20代の時のような「若さ」や「ポテンシャル」はもう武器にできません。同じようなアプローチをしても失敗するだけです。

ミドル転職にはミドル転職の戦い方があり、勝敗を決める要因があります。

マネジメント経験の有無

35歳以上のミドル転職では、専門スキルよりも「経験」こそが物を言います。もっと具体的にいうと、求められるのはマネジメント経験です。

部下を率いてチームを管理した経験や、プロジェクトを率いたプロジェクトリーダーの経験などがミドル転職では必要になってきます。

役職やマネージャーの肩書きを持ったことがなくとも、企画やプロダクトチームを率いて統括するような「プロデューサー」としての経験があるだけでも十分なアピールになります。

柔軟性(複数社の勤務経験)

柔軟性とは、他組織や他チームに馴染んで仕事を合わせられる適応能力のことです。転職先でも過去の栄光や前社でのやり方に固執せず、新しい環境に順応できる「環境変化適応力」とも言えます。

そのため、何社かでの勤務経験を積んでいるとプラスになります。短期離職していたら当然逆効果ですが、何社かそれなりに勤めて結果を出していれば「どこの環境でも対応して結果が出せる人材」と示すことができます。

逆に、35歳以上になって転職経験が1回もないとマイナス要素になります。一社のみでしか勤務経験がないと、仕事の進め方や考え方などが1社の文化に染まりきって凝り固まっているからです。

アラフォーにもなると「俺はこうやって仕事をしてきた」「前の会社ではこうだった」と過去の固定観念や経験からはみ出ることができない”固い人”が増えるので、転職経験がないアラフォー人材は企業からすると最も「扱いにくい人材」だったりします。

転職先の視野の拡大

35歳以上になると市場に出ている求人の椅子の数は少なくなるので、転職先の視野を今まで以上に広げる必要があります。しかしアラフォーにもなると今まで経験してきた職務の範囲内から出ようとしなくなり、同業界・同職種の中から探そうとします。これでは見つかるものも見つかりません。

今までの経験やスキルを活かせるのであれば、業種の枠を超えて求人を探してみることをおすすめします。

マネジメント経験やスキルはどの業界でも普遍の武器です。とくに「女性チームを束ねていた経験がある」「異文化の外国人チームの管理経験がある」など一味尖った経験を持っていれば、業種は違えどその経験を買ってくれるところは山ほどあるでしょう。

自分の守備範囲から一歩も出ようとしない人は条件マッチする求人が見つからずに、結局キャリアダウン転職しか道がなくなってしまいます。それなら、自分の経験やスキルをベースに視野を広げて、業界を超えて求人を探してみた方が成功率は上がります。

転職エージェントに自分のスキルや経験を伝え、いくつか求人案件の提案を受けてみるといいでしょう。専門家の視点から意外な仕事・業界を提案してもらえるので、自分では視えていない自分の可能性に気づけるはずです。

無料相談 リクルートエージェント

 

まとめ

35歳転職限界説の壁は依然としてあるものの、市場全体の高齢化の波も合間って壁は少しずつ崩壊しつつあります。ミドル転職なりの戦い方を間違えなければ、給与アップ転職も十分成功させることができるでしょう。

ミドル転職は、最後の転職になる可能性も高いです。悔いのないよう計画的に、転職エージェントなどのバックアップも使えるものはフルに使って、必ず成功させましょう。

-キャリア・転職

Copyright© WorkaHolic , 2017 All Rights Reserved.