キャリア・転職

転職面接で絶対言ってはいけない退職理由・志望動機のNGリスト10個

投稿日:

この記事では、転職の面接で絶対言ってはいけないのによく言いがちな退職理由&志望動機をまとめて挙げていきます。

なぜ必勝法や成功法ではなくあえて失敗例を挙げるのかというと、成功法というのは職種やら業界によって違ってくるのに対し、失敗例というのは職種問わず共通だからです。

そしてもう一つ重要なのは、退職理由と志望動機は必ず1セットで考えること。

今の職場を退職して新しい職場に転職したいということは、「今あるデメリット(退職理由)を、解消したい(志望動機)」という動機があるはずで、ここに一貫性がないと採用側としても、

「辞めたい理由はわかったけど、そこで何でウチになるの?」

とクエスチョンになります。なので退職理由と志望動機は必ず一貫したストーリーを用意しましょう。

そんなことを踏まえつつ、よくあるけど絶対NGな退職理由・志望動機を10個挙げていきます。

スポンサーリンク

1. 前の職場のネガティブ発言(他責発言)

前職に対する悪口やネガティブ発言ほど面接官が嫌うものはありません。代表的なNG例をいくつか挙げてみると、

  • 給料が下がった(低い)
  • 残業など労働環境がひどい
  • 自分の仕事を正当に評価してくれない
  • 職場の人間関係が悪い

こうした「自分ではなく、他者や環境のせい」とする発言は広く「他責」と言いますが、この他責の傾向がある人は真っ先に嫌われます

もちろん、転職する理由なんてこの辺が本音なのは重々承知ですが、転職面接は本音を言う場ではありません。自分という商品を売り込むプレゼンの場です。自分で自分を汚していては元も子もありません。

2. 「WILL」がない

転職用語でよく「CAN(できること)」や「WILL(したいこと)」といった表現をしますが、このWILLを明確に・具体的に相手企業に示す必要があります。

「御社を通じて人々の生活をより良くしたい」みたいな漠然としたWILLはNG。もっと具体的に「御社の○○の事業において、私の××の経験を活かして△△の相乗効果を出せるよう貢献しようと考えている」くらいの明確さ・具体性が欲しいです。

もっと言うと、「〜したい」というWANTのニュアンスではなく、「〜しようと思います」というWILLの意思を示します。「〜したい」ではなく「〜します」と断言しましょう。

3. クリエイティブな仕事がしたい/人と接する仕事がしたい

「クリエイティブな仕事がしたい」とか「人と接する仕事がしたい」など言う人がいますが、これも小学生の夢並みのチープな印象を受けるのでまずNGです。

第一、この理由ではその会社でなければいけない必然性がなく、面接官も「あ、そう、なら他当たってください」とお祈りします。

もっと具体的な「WILL」を示す必要があります。

4. 自分の市場価値をあげたい/成長したい

成長したいと思うのは良いことですし勝手ですが、面接という自分の売り込みの場でこれを公言するのは不適切です。

営業マンに「これを売って売って売りまくって、私は億を売れるトップ営業マンになりたいんですよ」と言われても、売られる側は白けてしまいますよね。

向上心や出世欲があるのはむしろ良いことなので、それを口に出して自分から言うのではなく、相手が自然と感じ取れるように「熱」として放出しましょう。

5. 自分側に立った志望動機しか言えない

多くの人は志望動機について「自分はこうしたいと思っている」など”自分側”のことばかり語りがちで、”企業側”に立って志望動機を語れる人はいません。

例えば以下の感じ。

《自分側に立った志望動機》

  • 私は○○をしてきた。なので次は○○をしたい。
  • ○○な職場で働きたいと考えている

《企業側に立った志望動機》

  • 御社は今○○の新規システム開発に乗り出している。そこで私の経験やスキルが役立つと思う
  • 近年大きく売上を伸ばしている○○事業にて人員増加を図っている。私のマネジメント経験が役立てるのではないか
  • 財務状況を見るに○○事情のコスト負担が大きいように見受けた。私ならそこのコストカットを図ることができる。

ほとんどの人は自分視点の志望動機しか語らないので、ここで企業視点の志望動機を言えるだけで「おっ」っと思わせることができます。

きみ、そんなことまでよく知ってるねぇ」と相手に言わせるくらい、リサーチの上で練り上げた志望動機を作りましょう。

6. 転職理由しか言えない/「なぜ当社なのか?」がない

冒頭でも言いましたが、退職理由と志望動機には一貫性が必要です。「前の職場は○○だった」という悪口や、「もっと○○な仕事がしたいと思った」という自分本位なWANTなど、転職理由を語るばかりでそれが「なぜ当社なのか?」という志望動機に繋がらない人が非常に多いです。

志望動機は、転職原因の解決策になっていなければなりません。ここの整合性は外さないように気をつけましょう。

7. 抽象的すぎる志望理由

「本格的なAI時代にさしかかる中、御社は日本の高齢化社会を支えるべくAI技術を駆使した介護事業に取り組んでおり、社会的に意義深い事業だと感じまして、私もそのような形で社会貢献したいと考えました」

みたいな、抽象的で漠然としすぎた志望理由はチープです。「社会貢献」とか「社会的意義」とか言い出したらちょっと危険だと思った方がいいです。

あと「御社の理念に共感し……」などもグレーゾーンです。こういったフワフワした抽象的なことしか言えないと「こいつ、具体的な話できない奴だな」と悟られて終わります。

読書感想文の発表ではなく、面接はあくまでプレゼンの場でありビジネスの場なので、具体的なビジネスの話をしましょう。

8. 資格アピール

資格をドヤ顔でアピールすると大抵「イタいヤツ」と思われます。転職において資格の有無はビックリするほど有効性がありません。

医師や弁護士のような業務上必要な資格は除いて、実務より先に資格を取得するような姿勢はむしろ「資格さえ取れば何とかなると思っている甘い考え」という印象さえ与えかねません。

資格とはあくまで実務経験をバックアップする材料であって、それ単体で評価されることはまずありません。ましてや未経験だけど資格だけは取りました、では意味なしです。

TOEICの点数を武器にする人も度々いますが、これも900点以上くらいはないと効果ありません。「得意です」では足りず、「完璧にこなせます」くらい証明できて初めて有効材料になる感じですね。

9. 企業HPからの安易な抜粋

志望動機を語るときに、企業のHP上から引っ張ってきた知識や情報をただ並べているようだと相手にバレます。「あぁ、ホームページ眺めてきたんだな」と片手間な印象を与えてしまいます。

なので、企業研究はHPだけでなく必ずIR情報まで熟読しましょう。

IR情報は、企業が投資家向けに発表している報告書で、企業の財政状況から事業状況、今後の経営戦略まで細かいデータが公開されています。このIR情報までリサーチし、HPやパンフレットには出ていない一歩踏み込んだ深い切り口で話題を持ち出しましょう。

10. 長い………………………。

最後に、退職理由も志望動機も長く話しすぎると逆効果です。なるべく短く簡潔にまとめて、まずは伝えてください。

相手が興味や疑問を持ってくれれば「もっと詳しく」と返答が返ってきます。そしたらまたそれに対して短く簡潔に伝えていきます。

自分のターンと相手のターンはなるべく短く簡潔にキャッチボールしあうことを意識しましょう。延々と長話をして自分のターンを保持し続けると100%相手側が飽きます。

短く簡潔にまとめるためには、ある程度伝えたい答えをブロックで小分けして用意しておくこと。その場の機転でやりくりしようとすると例外なく冗長になるので、事前準備はやはり大切です。

【まとめ】模擬面接は必ず受けておこう

何事も「その場で乗り切ってみせる」タイプの人がいますが、転職の面接はしっかり準備してきた人が勝ちます。

限られた短い時間の中で、リズムよく、歯切れよく、必要なことだけを短すぎず長すぎず、簡潔に伝えるなんて芸当をその場でできればその人は天才です。そんな優秀な人は企業側からスカウトやヘッドハンティングで引っ張りだこのはずなので、面接なんか必要ないでしょう。

要するに、予行練習はしっかり積み重ねておきましょう。転職エージェントに行けば模擬面接してもらえるところも多いので利用しない手はありません。無料で使えるサービスなので。

今回挙げたようなNG例はコンサルタントにも必ず指導される点だと思います。
転職面接にもある程度ベースにはセオリーがあるので、しっかり身体で覚えるまで叩き込んでおきましょう。

参考情報:

問答無用で登録しておくべき大手エージェント4社

リクルートエージェント

type転職エージェント

パソナキャリア

DODA(デューダ)

※転職エージェントは担当者のアタリハズレがあるので、必ず複数社を利用して一番相性のいいところ(担当者)にお世話になりましょう。

転職エージェントについてもっと詳しくは下記記事をお読みください。

初めての転職エージェントの使い方|サービス内容から選び方までまとめ

転職の成功確率を高める最も簡単で確実な方法は、転職エージェントを利用することです。 転職エージェントとは分かりやすく言え ...

続きを見る

フリーターや既卒の人はこちら

近年は、20代フリーターや既卒の人に特化した転職エージェントもあります。最大手のハタラクティブを利用する人は9割が20代フリーターで半数以上が「職歴なし」です。

そうした人達のためのエージェントも確立しているので、無駄にハローワーク行くより遥かにこっちに相談した方が有意義だと思いますよ。

無料相談ハタラクティブ

スポンサーリンク

-キャリア・転職

Copyright© WorkaHolic , 2017 AllRights Reserved.