【せどり】アニメDVDの仕入れは特典・付属品の有無に注意!

herryway / Pixabay

DVDせどりをしている人にとって、アニメという巨大なジャンルは避けては通れませんよね。

誰でも一度はアニメDVDを仕入れたことがあるかと思いますが、このアニメというジャンルは、他のジャンルを仕入れる時にはあまり気にしていない部分が大きな落とし穴になる場合があります。

その落とし穴が、特典・付属品の存在です。

みなさん、仕入れや出品の際に、しっかりと特典の有無を確認していますか? 

もしかしたら、知らないだけで欠品していた特典があるかもしれません。

今回はそんな、実は見落としているかもしれない特典の話です。

スポンサーリンク

アニメの特典品って多過ぎない?

 

ブックレット、リーフレット、原画集、書き下ろしコミック、パンフレット、ポストカード、ピンナップ、チェンジングジャケット、イラストカード、ステッカー…………などなど。

アニメDVDに付属している特典品って、本当に多いですよね?

なぜアニメDVDだけこんなに特典が多いのかと言うと、アニメ業界が儲かっていないから(必死)なんです。  

最近も、「神のみぞ知るセカイ」や「ハヤテのごとく」を制作していた大手のアニメ制作会社『マングローブ』が経営難で倒産したニュースが話題になりましたよね。

マングローブほどの大手であっても、DVDとBlu-rayの売上収入に依存しないとやっていけないというアニメ産業の脆弱なビジネスモデルが露呈したわけです。  

ご存知のように、アニメのDVDやBlu-rayって、たった2話収録で6000円とか7000円することも普通なんですよ。

これ、口が裂けても安いとは言えない値段ですよね。

だから、特典をいっぱいつけてごまかすしかないんです。

制作会社もDVD・Blu-rayが売れてくれないと倒産してしまうんで必死なんですね。

スポンサーリンク

お店側も特典を把握しきれていないことがあるので要注意!

さて、話をせどりに戻して、仕入れの際の注意事項です。  

実際の話、アニメDVDを仕入れる際にほとんどの人は、『特典が完備しているか?』には意識を向けていません。

ほとんどの人は、欠品がないかという視点からしか注意を払っておらず、さらにその判断はお店側(商品)の記載に全面的に委ねられています。

つまり、多くの人は、商品のシール(バーコード)に「ブックレット欠品」や「イラストカード欠品」などの記載がなかった場合、『特典は全て揃っている』ものだと盲信してしまいます。  

しかし、DVDBOXなんかになると、3つも4つも5つも特典や付属品が付いているこのご時世です。お店側だって、そのすべてを完璧に把握できているとは限りません。

ブックレットや原画集のようなメイン級の特典なら心配ないと思いますが、「ステッカー」や「イラストカード」のようなおまけ程度の付属品は、記載どころか存在すらを知られていないことも多くあります。

特典だけでなく、「スリーブケース」の存在も知られていない場合が結構あります。

お店側がどのようなシステム・手順で商品を検品しているかは分かりませんが、実際に、記載の有無がなかった特典が実は存在していた、ということは私も幾度と経験しています。  

人間が検品処理している以上、記載洩れなどのミスが出るのは仕方ありません。

なので、ミスもあり得るという可能性を念頭に入れておき、出来る限りの対策をすることが大切です。  

 

特典の有無を確認する方法は?

geralt / Pixabay

  まず、存在を把握している特典に関しては、会計の際にチェックしておきましょう。

通常、店員さんから「中身を確認しますか?」と聞かれると思うので、その際に特典がしっかり付属しているか目視で確認しておくと安心です。  

問題は、特典が本当にこれで全てかどうか?という確認です。

これには大きく分けて以下の2つの確認方法があると思います。

  • ジャケット(または帯)の裏面に記載された特典表記を確認
  • Amazon(または他出品者のコメント文)で確認


まず最も簡単で基本的な方法は、商品のジャケット(または帯)に記載されている情報を確認することです。

スタッフ情報などと一緒に、付属されている特典の情報も記載されている商品は多くあるので、この確認作業は必須です。

しかし、中には特典品の記載がない場合、または商品自体に帯がない場合など、特典の情報を知り得ないこともあります。  

その際は、Amazonの商品情報で確認しましょう。商品説明の箇所に、特典の存在やスリーブケースの有無などがしっかり表記されていることもあります。

……がしかし、ここでも特典の全てが必ず記載されているわけではありません。スリーブケースなども「特殊パッケージ仕様」のようなスペシャル感がないもの意外は書かれていないことも多いです。  

じゃあどうすればいいんだ! と言うと、この場合は他出品者のコメント文を見てみるしかありません。

丁寧に付属品の一つひとつをコメントに書いている出品者がいれば大助かりです。10人出品者がいれば一人はいるでしょう。

そこでも、特典をちゃんと表記している出品者がいない、または内訳が分からない(「特典揃ってます!」としか書いていないコメント)、など判然としない場合はもうお手上げです。

その場合は、現状付属している品をしっかりと一つ一つ商品コメントに記入し、文末に「コメントに記載のない特典はありません」などと付け加えて記しておくことで、万が一の際のクレームを防ぐ効果があります。

 

まとめ

いかだでしたか? 私の経験上、「実はあった」と知らずにミスした最たる付属品は、スリーブケース(アウターケース)です。 お店側もスリーブの存在を把握しておらず、ディスクケース生身で陳列していたので、私も何の疑いもなく仕入れていました。

しかし、出品登録するときに、Amazonの商品画像と手元のDVDのジャケットの絵柄が妙に違う……。

不審に思って他出品者のコメント文を読んだときに初めて、「スリーブケースあったんかい!!」と気づくわけですね。

同様に存在感が薄いのが、イラストカード系です。

とくにクリアポケットなどで封入されているタイプではなく、バラで入っているタイプです。

イラストカード3枚しかないのに、本当は5枚セットだったとか結構ありましたね。元の持ち主が自分のお気に入りのキャラカードだけ抜き取ったんでしょうか。  

などなど以上のように、アニメ系DVDは特典品が多いので、ついつい見落としている特典の存在があるかもしれません。

これからは、今までよりもちょっと意識的に注意を払って、付属品の確認作業をしてみることをオススメします。  

 

【PR】せどり初心者はまず導入しておきたいおすすめツールの紹介

せどり初心者の方々に、導入をオススメしているせどりツールを紹介しています。

せどりツール選びに迷っている方は、ぜひ参考にして下さい。

総合せどりツール『プライスター』

スクリーンショット 2016-01-26 18.51.25

プライスター

総合せどりツール『プライスター』は、商品の自動価格改定やカンタン出品登録、利益率や売上管理から税務サポートまで、仕入れ以外のせどり業務を全てサポートしてくれる、せどり業界では知らない人のいない大人気ツールです。

  • 商品の価格改定が面倒ではありませんか?
  • 商品の出品作業に時間をかけていませんか?
  • 自分の利益率や利益額を把握していますか?

以上のような問題点を抱えている人は、プライスターを導入すれば全てを解決できます。

  • ⇒価格改定は30分程度の間隔で全自動で行ってくれます
  • ⇒複数個の商品をまとめて一気に出品登録できます
  • ⇒商品ごと、月ごとの利益額や利益率を自動集計してくれます

プライスターの性能について詳しく知りたい方は、以下の記事をどうぞ。

参考:評判高すぎ!人気せどりツール『プライスター』の魅力を徹底解説します!

プライススターの価格改定機能については、以下の記事が役に立ちます。

参考:【せどり】徹底比較!プライスターVS価格雷神、人気価格改定ツールの軍配は!?

30日間の無料お試し体験を受付中

プライスターは初年度月額5800円(2年目以降は4800円)ですが、30日間の無料お試し体験を受け付けています。

1ヶ月間は無料で使うことができるので、使ってみて気に入らない場合は更新しなければお金はかかりません。

まずは試しに無料で1ヶ月使ってみて、その抜群のツール機能を堪能してみて下さい!

スポンサーリンク
herryway / Pixabay