30歳フリーターの悲惨な末路。20代でなぜバイト人生を続けてしまうのか?

30代までフリーターを続けた人の末路は悲惨だ。

30代までフリーターを続けた人の末路は悲惨だ。

大事なことなので2回言いました。

この記事を開いた人はもしかすると今もフリーター生活を送っていて、「このままじゃ人生が詰む」という焦りと恐怖に毎晩震えながらも、かといってどう動けばいいのかも分からないし動く勇気もない。

まさに八方塞がりで詰み一歩手前、といった感じかもしれません。

今回はそんな人たちをさらに煽るかのように、30代までフリーターを続けた人の人生が、その末路が、どれだけ悲惨なのか現実的に考えたいと思います。

なぜこんな記事を書こうと思ったかというと、私の友人の32歳フリーターがまさに詰みかけているからです。彼に向けて書くわけではないですが、似たような人は今の世の中無数にいるはずなので、誰かに読んでもらえればと。

そして結論から言うと、現在まだ20代の人は、20代のうちに必ずフリーターを脱出しましょう。必ずです。いくらぬるま湯が心地よくても、バイト代で月50万稼げていようとも必ずです。

今あなたがいるぬるま湯は、この先10年で一気に氷点下まで冷めていきます。

スポンサーリンク

フリーターの末路を描いた有名コピペ

フリーターや派遣社員の悲惨さを伝えるドキュメンタリー番組だったり、漫画なら闇金ウシジマ君とか他人の悲惨なストーリーをついつい見てしまう嫌味タイプの私なんですが、以前徘徊していた2ちゃんねる見つけた、フリーター人生の悲惨さを実に的確にまとめた有名なコピペがあります。

フリーター人生がどのように詰んでいくか、まずはこれを読んだ方が早いです。

☆20代前半
Fラン大学卒業間近、まわりは正社員に就職出来た方が少なく、フリーターが多数というに環境に安心する
「不景気だから」「就職難だから」「これが普通だから」と自分に言い聞かせ納得する
フリーターもしくは派遣社員としてのスタートを「新社会人デビュー」「フレッシャーズ」と言い張る
零細企業で働いている高校時代の友人より収入が多く、少し天狗になる 
就職先を聞かれると迷わずバイト先の親会社の企業名を答える

☆20代後半
正社員雇用に関心を持ち始めるが、転職活動など具体的な事は何もしない
月収はそこまで差はないが、友人たちのボーナスの話がとても気になる
「まだ20代だから」「男は30代が勝負」とまだ余裕があるように自己暗示をかけ続ける 
クルマなどの大きな買い物をするとき、ローンが通りにくいと気付く

☆30代
バイト先が20代が多くなってきて居づらくなってくる
バイトから正社員登用を密かに期待していたのに、店長から「そろそろどこかに就職しないの?」と言われショックを受け退職する
重い腰をあげて正社員を目指して就職活動するが、「10年間職歴無し」とみなされどこも受からない 
友人たちは次々と役職に付き、結婚したりマンション買ったりしはじめる。が、式や新居に招待されることは無い
30代にして年収で友人たちと150万近くの差がつき、人生に不安を感じる

☆40代
転職、結婚、安定した将来、すべてが幻となった事にはっきり気付く
同じフリーター生活だった大学時代の友人たちが就職したり家業を継いだりという話を聞き、羨望と嫉妬と筋違いの怨恨の感情が芽生える
仕事の選択肢は夜勤と重労働ばかりの日雇い派遣労働しか残されておらず、それすら体力のある20代・30代に横取りされる

☆50代
もはや、人生のすべてを諦めた。日々を生きてゆくことが精一杯である
友人たちは子供が成人して一安心。老後の事が真剣に不安になってきた
高齢の為、派遣屋から仕事が来なくなってきた。やむなく遠方まで行く

☆60代
いざ路上へ・・・さらば人生

大事な部分は赤くしておきました。

以上を読んだ上で、彼の人生が「詰み」になった一手はどこだったと思いますか?

私は20代の下記部分、

「まだ20代だから」「男は30代が勝負」とまだ余裕があるように自己暗示をかけ続ける 

ここが、彼の人生を詰んだ決定打だったと思います。

20代フリーターが、フリーターを続けてしまう理由

その理由はずばり、20代のうちはまだフリーターと正社員でそこまで差がつかないからです。年収然り、生活レベル然り。

20代のフリーターは、自分と同年代の正社員組の平均年収を異常なほど気にします。25歳正社員の中央値を取れば、手取りベースで月20〜25万以下の人も多く、その程度ならフリーターの1ヶ月のバイト代の方が上回るケースも多いでしょう。

それを確かめると20代フリーターは、

「ほら、正社員つったって自分と給料ほとんど変わらないじゃん。むしろブラック企業で朝から晩まで働いて同じ程度の給料ならフリーターの方がマシじゃね? ほんと社畜乙ですわ」

という謎のマウンティング思考が働きます。

フリーターはその潜在的な負い目から、自分を正当化するため、ひいては自尊心を守るためにプライドがどんどん肥大化します。

  • フリーターも正社員も給料はそこまで変わらないしね
  • むしろ楽に働ける分、フリーターの方が良くね?
  • サラリーマンとか何が楽しいんだ? 俺は嫌だね。
  • 男は30代からだから

全て、自分がフリーターであることを正当化するための自己暗示です。

20代フリーターがなぜこうも同年代の正社員と張り合おうとしてしまうかというと、やはり年収や生活レベルに目に見えるほどの差が”まだ”生まれないからです。

むしろ20代のうちは、下手なブラック企業の正社員より、週5〜6でバイトに入るフリーターの方が金銭的にも生活的にも裕福な暮らしができたりします。

だからこそ、20代フリーターはある種の余裕を持ててしまう。自分より下の正社員を探しては安心する。これが、20代フリーターがグダグダとフリーター生活を続けてしまう根源的な理由です。

しかし現実的に、正社員とフリーターの差が決定的になってくるのは30歳を超えてからです。

30歳以降の正社員とフリーターの格差

30歳を超えてくると、正社員とフリーターでどれほど人生の差が出てくるのか実際に考えてみます。

平均年収の差

フリーターのモデル年収

フリーターは私の友人A氏を参考にします。

彼は現在、時給1000円の居酒屋で働いていて、基本は夕方17時〜24時まで週に6日働いています。うち金曜と土曜は深夜営業があり、17時からなんと翌朝5時まで(休憩2時間含む)。

夜10時以降は深夜給で25%アップの時給1250円。
8時間越えた分はさらに25%アップで時給1500円。

平均出勤数を25日として、うち8回は深夜営業だとすると、

【17時〜24時の日(実働7h)】7400円/日
【17時〜翌朝5時の日(実働10h)】11900円/日

【月給】(7400円 × 17日=125800円)+ (11900円×8日=95200円)
221000円

【年収】221000円 × 12ヶ月=265万2000円

ざっくりですが、32歳フリーターA氏の現状がこんな感じです。
週4日7h/週2日10hのシフトで計週6日働き続けて、月収22万、年収265万ほど。

一人暮らしなら食うに困ることはなく、東京でも家賃6万程度のアパートでそれなりに暮らせます。

しかし問題の本質は、この年収が20代の頃から全く変わっていないことです。

正社員の平均年収

一方の正社員の年収を考えます。

サラリーマン(=給与所得者)全体の平均年収は過去10年でグッと下がっていますが、ここ数年はおよそ420万前後を推移しています。

  • サラリーマン全体:平均420万
  • 男性:平均520万
  • 女性:平均270万

※数字はおよそ
※全年代の平均

しかし勘違いしてはいけません。
一般的に公表される「サラリーマンの平均年収」には、非正規社員も含まれています。正社員の平均ではありません。

国税局が出している「民間給与の実態調査結果」によると、正社員と非正規社員の平均年収は下記の通り。

  • 正社員(男性):538万5千円
  • 正社員(女性):367万2千円
  • 非正規(男性):225万8千円
  • 非正規(女性):147万2千円

※数字はおよそ
※全年代の平均

このように、正社員と非正規社員では絶望的な差があることが分かります。なので、サラリーマンの平均年収420万を見て「正社員もそんなに貰ってないじゃん」と思っていると大きな勘違いです。

では、30代正社員はどうでしょうか?

「民間給与の実態調査結果」(国税)の数字を見てみると20代〜30代でおよそ下記の通り。

年齢 平均年収(男性) 平均年収(女性)
20~24 265万 226万
25~29 371万 295万
30~34 438万 294万
35~39 499万 297万

※非正規社員含む。

30代”正社員”のみで見れば、男性なら平均400万台後半〜500万台前半くらい貰っているでしょう。

フリーターA氏と比べると、20代前半〜半ばにかけてはそこまで差がありません。なのでA氏もまだ余裕があります。「俺だって本気でシフト増やせばその辺の正社員くらい稼げるしね」と。

しかし30代になるとどうでしょうか?

年収に2倍近い差が開くだけではありません。
フリーターが30代になっても年収が全く上がらないのに対して、正社員はこの先も基本50歳までは年収が上がり続けます。

正社員のピークとされる50歳〜54歳で男性平均年収は実に650万ほど。フリーターがどんなに働いても正社員の半分も稼げなくなります。

20代をフリーターで居続けた「ツケ」は、その後30代〜50代にかけて取り返しのつかない格差となって返ってくるのが数字としてわかったと思います。

社会的地位、家族など生活レベルの差

30代で差がつくのは何も年収だけではありません。それに応じた社会的地位、家族の有無、生活レベル、総じて「人生レベル」にも大きな差がつきます。

正社員の場合、30代になると次第に役職が付き始めます。給料が大きく伸びるのはこのためですね。

年収も社会的地位も上がり、結婚する人が増えてきます。

盤石な経済力とパートナーを得て、20代を過ごした安いアパートを離れ、ファミリータイプのマンションに引っ越して家族と暮らし始めます。正社員であればローンも組みやすいので、マイホームを購入する人も出てきますよね。

ほどなくして子供も生まれて、幸せがまた一つ増えるでしょう。

それに対して、30代のフリーターはどうでしょうか?

結論から言うと、何も変わりません。
住む家も20代と同じ安いアパートのまま、時給だって良くて100円上がる程度です。

むしろ「30代フリーター」の負い目はどんどん重くなり、周囲のバイト仲間はみんな一回りも年下になっています。気を遣われ、内心でバカにされている不安に怯えながら、次第にバイトに居づらくなるでしょう。

かといって、30代から正社員の道を探そうにも困難です。

私の友人A氏が今まさにそんな状況なのですが、居づらくなった大手チェーンの居酒屋バイトを辞め、現在は日雇いに近いイベント設営のバイトをしています。毎回人間が変わる仕事なので、そっちの方が気が楽なんだとか。

20代後半を過ごした家賃6万8千円の離れ、築40年以上の家賃6万のアパートに引っ越して1万円を切り詰める生活を送っています。

この生活は、よほど大きな転機がない限りはこの先10年経っても今より良くなることはありません。

出口が開いている20代のうちにフリーターを脱出したい

20代ではまだそこまで差がないからといって安心してフリーターを続けていると、30歳を超えた時点で詰んでいきます。

フリーター人生の悲惨な末路を回避するためには、20代のうちにフリーター脱出するのがラストチャンスだと思った方が良いです。絶対。

なぜ同じフリーターでも、20代はまだ救いがあって、30代になると論外になるのでしょうか?

その根本原因は、日本社会の中に「20代の若さならまだ分かるけど、30代でフリーターはもうアウトだよね」という共通の”空気”があるからです。

理屈で言えば、28歳と31歳なんてヒトとしては何も違いません。
それでも日本社会の共通認識として、「20代なら考えるけど、30代は無理」という空気・価値観ができてしまっているから、28歳と31歳には天と地の開きが出てくるんです。

その証拠に、20代フリーター専門の就職エージェントが国内に多数存在しています。20代フリーターならまだ正社員になれる土壌があるからこそ、そこにこうしたエージェントビジネスが立ち上がっているわけですね。


ハタラクティブ

例えば上記は20代フリーター向け就職支援サービスの最大手「ハタラクティブ」ですが、利用者のほとんどが20代かつ、半数以上が正社員経験なし。それでも1000件を超える未経験OK求人を揃えているので、20代ならフリーターからの脱出先はまだいくらでも残っています。

上記のような就職支援サービス・エージェントは無料で利用できるので、まだ20代のうちに相談して必ずフリーターから脱出しましょう。

ちなみに、ハローワークとは全く違いますよ。
ハローワークに行くくらいならこうした支援サービスを利用した方が100倍良いです。

エージェント側もビジネスであり、あなたを就職させないと売上が上がらないので(※)、お役所仕事のハローワークよりずっと熱心に支援してくれます。

(※)こうした人材紹介会社は、あなたを就職成功させた場合に”採用企業側から”成果報酬を貰うビジネスモデルです。なので求職者側に料金の負担はなく、無料で使えるという仕組みです。

>> ハタラクティブの詳細はこちら

まとめ

30代までフリーターを続けた人の末路は悲惨です。

もちろん全員が全員ではありませんが、「全員がそうなわけじゃないだろ」と例のごとく余裕ぶってマウンティングしているタイプのフリーターの末路は確実に悲惨です。

その多くがこの先の人生で今より良くなることはなく、尻すぼみになっていきます。年収も、生活も、友人の数も、人付き合いも。

20代という期間はその1年1年が数千万、数億円くらいの価値があると思います。今20代フリーターの人は、1年間フリーターを続けるごとにどれだけの財産を失っていることか。

今日が人生で一番若い日です。
フリーターを脱出したいと考えているならば、1年でも1日でも若いうちに動き出した方が良いです。絶対に。

スポンサーリンク