サラリーマン

初めての転職エージェントの使い方|サービス内容から選び方までまとめ

投稿日:2017年3月25日 更新日:

転職の成功確率を高める最も簡単で確実な方法は、転職エージェントを利用することです。

転職エージェントとは分かりやすく言えば人材紹介会社であり、企業側から「こういう人をウチに紹介して欲しい」という要望(求人案件)を受けて、その要望に見合った求職者を面接に送るという仕事を担っています。

要するに企業と求職者を上手くマッチングしてくれる仲介サービスです。エージェントを利用することで転職の成功率が飛躍的に上がるほか、企業との連絡や給料交渉などあらゆる面倒ごとを全て任せることができます。

転職エージェントは無料で使えるので本来利用しない手はないサービスなのですが、比較的最近伸びてきたサービスであり意外とまだ知らない人が多いので、改めてこの記事で詳しく説明していきたいと思います。

スポンサーリンク

転職エージェントのサービス内容

一般的に「エージェント」と呼ばれますが、サービスによっては「コンサルタント」「コンシェルジュ」「キャリアアドバイザー」など色々な名称があります。単純に人材紹介会社としているところも。

リクナビNEXT のような求人情報を提供するだけの「転職サイト」とは違い、転職エージェントの場合はきちんと専門の人間(コンサルタント)が入って直接あなたのお世話・指導をしてくれます(例: リクルートエージェント

具体的にどんなことをしてくれるのかというと、大きく下記の4つです。

  1. 転職に関する相談対応
  2. 求人案件の紹介・推薦
  3. 履歴書や職務経歴書の書き方から面接指導
  4. 給与交渉など、企業との交渉担当

1. 転職に関する相談

転職エージェントは、「転職する」と決断してからではなく、「転職するべきかどうか……」という無料相談から入ることができます。

なので、今の仕事に悩み始めたら一度相談に行ってみるといいでしょう。コンサルタントにお悩み相談しつつ、いくつか求人案件なども見せてもらいながらじっくりと転職の道を考えてみた方が有意義です。

場合によってはコンサルタントの方から「あなたはまだ転職せず、今の職場でキャリアアップを目指した方がいい」とアドバイスされることもあります。向こうは何百、何千という相談者のキャリアを見てきているプロなので、価値のある話が聞けるはずです。

2. 求人案件の紹介や推薦

普通、転職サイトの膨大な求人案件からベストな案件をピックアップするのは非常に難しいです。そんな時にエージェントを利用すれば、あなたの条件を聞いた上でプロが「おすすめ案件」をピックアップしてきてくれます。

これは、家を借りる時に賃貸サイトを見てから不動産屋を訪れるのと同じ。実際に相談に行ってみると、探しきれていなかったおすすめ案件や、意外性のある掘り出し案件まで紹介してもらえます。

エージェントは各企業から「こういう人材が欲しい」という要望を受けているので、エージェントがあなたにおすすめするということは、その企業の求める人材像とあなたがマッチングしている可能性が高いということ。

自然、エージェントが紹介してくれる案件の方が転職成功率が高まるのは言うまでもありません。

3. 履歴書や職務経歴書の指導・擬似面接

転職エージェントにもよりますが、コンサルタントが履歴書や職務経歴書の基本的な書き方から、経歴の見せ方・活かし方、自己PRの効果的な内容までアドバイスをくれます。中には書類だけでなく、模擬面接を行なって面接の練習をさせてくれるところもあります。

スペック自体は悪くないのに、書類の書き方や自己PR・ストーリーの組み立て方など自分の「見せ方」が下手なせいで大きな損をしている人は非常に多いので、書類や面接に自信がない人は是が非でもお世話になりましょう。

エージェントの中には心理テスト並みの「ヒアリングシート」を作成してあなたの人物像を分析し、「どう売り込むのが得策か」という戦略を徹底的に考えてくれるので、これ以上に心強い味方はいません。

4. 企業との交渉ごとを担当してくれる

企業との様々な連絡事項や交渉ごとも、あなたに代わってエージェントが担当してくれます。

中でも最も重要なのが「給与交渉」です。普通、個人だとこれからお世話になる企業に強気な給料交渉はできないので足元見られがちですが、そこを交渉のプロである転職エージェントが代行してくれます。

もう一つ、企業とのスケジュール交渉を調整してくれるのも大事です。転職活動は在職中にしたい人が多いと思いますが、働きながらの活動だと面接の日程などをすり合わせるのが大変で、企業側の希望日程を断るたびに印象を悪くしかねません。

そんな時も、転職エージェントがスケジュール調整してくれるので、相手側の印象を悪くせずにスムーズな転職活動ができるようになります。

転職エージェントが無料で利用できる仕組み

これだけ至れり尽くせりなサポートが受けられる転職エージェントを、求職者は無料で利用することができます。こちら側には一切の負担がありません。怪しいと思う人がいるかもしれないので簡単に仕組みの話をします。

転職エージェントは、企業側から成果報酬を貰うビジネスです。企業側から「こういう人材が欲しい」という要望を受け、それに見合った人材を探してきて転職成功させれば、企業側から成果報酬(転職者の年収の30%程度)をもらえる仕組みです。

つまり、転職エージェントは求職者が高い給料で転職成功するほど儲かるビジネスなので、基本的に求職者側と転職エージェントはビジネスパートナーとしてwin-winな関係になります。

そのため、求職者に対してあらゆるサポートをしてくれるというわけです。あなたが転職成功してくれないとエージェントも売上が立たないので。

転職エージェントの種類と特徴/選び方

転職エージェントは今や無数に乱立しているので、初めて利用する場合はどこに登録すればいいか分かりません。ですが、最低限の種類と特徴を把握しておけばグッと選びやすくなります。

転職エージェントの種類|「総合型」と「専門領域型」

転職エージェントは大別すると「総合型」と「専門領域型」の2種類があります。

総合型は百貨店のようにあらゆる業種の案件を取り揃えており、一方の専門領域型は業種や職種に特化したエージェントです。「IT専門」「外資専門」「人事専門」「フリーター派遣専門」などなど色々な専門エージェントがあります。

イメージ的には、総合型は「広く浅く」、専門領域型は「狭く深く」です。案件数は総合型が圧倒的に豊富ですが、コンサルの質は専門領域型の方が手厚く優れています。

転職エージェントは複数登録が必須!どちらも利用する

転職エージェントは、1社だけでなく必ず複数社に登録しておくのが必須です。転職エージェントは担当者によってかなり当たりハズレが大きいので、何人(何社)かの担当者に会ってみて一番感触が良さそうな担当者の所でお世話になるのがベストです。

何社使っても費用は一切発生しないので、最初は最低でも5社程度は登録してアポを取りましょう。5人も会えば内1人は優秀な担当と出会えるはずです。

そして、総合型と専門領域型は必ずどちらも利用します。大手総合型は案件数が圧倒的に豊富なのでこちらで求人を逃さずピックアップし、狙う案件の専門エージェントもいくつか登録しておけば間違いありません。

登録必須の大手総合型の転職エージェント

まず総合型エージェントに関しては、迷わず最大手に登録しておけばOKです。国内最大手で登録必須の4社は下記の通り。

リクルートエージェント

業界最大手と言っていいリクルートエージェント。案件数も圧倒的ですし大企業との繋がりやコネも強いです。絶対に外せないエージェントです。

無料登録 リクルートエージェント

パソナキャリア

パソナキャリアも大手総合型エージェントですが、「IT・通信系」「メーカー」「医療・福祉医療」「営業」といった分野に専門特化したキャリアアドバイザーを置いています。

これらの分野を検討している人は登録必須です。

無料登録 パソナキャリア

type転職エージェント

type転職エージェントは非公開求人を多く扱っているのが特徴です。年収アップ率も高くて給与交渉が得意なエージェントですね。

こちらもリクルートエージェントの次に登録必須です。

無料登録 type転職エージェント

DODA(デューダ)

インテリジェンスが運営する「DODA(デューダ)」も最大級の求人数を抱えています。

DODAはエージェントサービスもさることながら、転職関係のコラムや調査データなどを記事コンテンツとして多数提供しているので、転職に関して知りたいことがあった時に便利です。

無料登録 DODA(デューダ)

自分に適した専門領域型のエージェント

専門領域型のエージェントに関しては、各自で抑えておきたい業界や職種のものを登録しておけばOKです。

参考までに、いくつか有名どころをまとめておきます。

IT業界専門

▶︎▶︎ WORKPORT(ワークポート) (IT総合)

▶︎▶︎ レバテックキャリア (エンジニア向け)

▶︎▶︎ GEEKLY(ギークリー) (ソーシャルゲーム)

外資系専門

▶︎▶︎ 外資転職.com

アスリート・体育会系専門

▶︎▶︎ アスリート就職ナビ

フリーター・既卒・第二新卒専門

▶︎▶︎ ハタラクティブ

▶︎▶︎ ジェイック

まとめ

転職成功率を1%でも上げるために、転職エージェントは必ず利用しましょう。無料でこれだけのサービスやバックアップが付くのですから利用しない手はありません。

転職エージェントは個人と個人のビジネスなので、会社単位ではなく、あくまで担当者で選ぶことが大切です。どんな大手エージェントにも優秀なコンサルタントとそうでもないコンサルタントがいるので、フィーリングの合う担当者と巡り会えたところでお世話になりましょう。

転職活動の1歩目はここから!今日いますぐ踏み出せる1つのこと

転職活動は、思い立ったが吉日です。

転職するべきかどうかいくら頭の中だけで考えていても答えはでません。実際に今どんな求人が市場に出ていて、自分の市場価値ならどのレベルの企業へ転職可能性があるのか?

それを知ってからの方が、転職のYES/NOを決めやすいと思いませんか?

転職活動を始めたからといって、転職しなきゃいけないわけではありません。まずは転職活動してみて、良い条件を手にできそうならGOサイン、良い条件が見つからなければSTOPすればOK。決定権はあくまであなたが握っているんです。

「転職」という言葉が頻繁に頭をよぎるようになったら、まずは転職サイトを使って求人を眺めてみることから始めましょう。それが今日、今すぐ踏み出せる第一歩目です。

転職サイトは数多くありますが、国内最大手のリクナビNEXTに登録しておけば国内の求人はほぼ網羅できるでしょう。

リクナビNEXTは圧倒的な求人数もさることながら、

  • 自分の強み・才能診断テスト(グッドポイント診断)
  • 企業側からのスカウトシステム(スカウト登録)

といった独自サービスを無料で利用できます。

自分の才能を知れば「自分がどんな仕事・業界に向いているか?」が特定できるし、スカウト登録しておけば「自分がどんな企業から必要とされているのか?」がハッキリと分かります。

「転職すると言っても、自分が何に向いているのかも、どこを目指せばいいのかも分からない……」

といったありがちな悩みを抱えている人にも、これらのサービスが指標になるでしょう。

転職は思い立ったが吉日。
いま悩んでいるのであれば、いま1歩目を踏み出しましょう。踏み出した結果ダメそうであれば、何事もなかったかのように引き返せばOKです。その方が心もスッキリします。

何事もそうですよね。

考えてから動くのではなく、動いてみてから考えるのが賢いやり方です。

-サラリーマン

Copyright© WorkaHolic[ワーカホリック]|キャリア×転職×仮想通貨ブログ , 2017 All Rights Reserved.