キャリア・転職

30代で未経験職種への転職成功率が低い理由。業種と職種の違いは大きい。

投稿日:

30歳を超えてから未経験の職種にチャレンジしたいと考えている人には、予め厳しいと言っておかざるを得ません。

一般的に、30代を超えてからの転職は20代で築いたキャリアの延長線上にしかありません。なので、未経験の職種にジョブチェンジしたいなら20代のうちに、というのが転職マーケットの定説です。

可能性ゼロというわけではないものの、未経験職種への転職では給与レベルを含む大幅なキャリアダウンは免れないでしょう。

また一部混同されがちですが、未経験の職種ではなく「業種」への転職であれば比較的成功率は高くなります。

「職種と業種って何が違うの?」

そんな基本的な点から、未経験職種への成功率を1%でも上げる方法まで詳しく書いていきます。

スポンサーリンク

職種と業種の違い|同じ未経験でも転職成功率は全然違う

「職種」と「業種」というのは、一見ややこしいですが下記のような違いです。

「職種」……営業、事務、経理、プログラマなど仕事の種類

「業種」……IT業界、医療業界、不動産業界など業界の種類

「未経験職種への転職」というと例えば、営業からCMディレクター、プログラマーから人事コンサルタントなど、職種ごとジョブチェンジすること。

「未経験業種への転職」といえば、不動産の営業からメディカル業界の営業へなど、職種はそのまま業界を移動すること。

職種チェンジと業種チェンジでは転職の成功確率も大きく変わってきます。少し古いデータですが、転職支援サービス DODA(デューダ) の調査を見てみると、

まず経験不問求人の割合。青が業種経験不問の求人数で、緑が職種経験不問の求人数です。見ての通り、職種経験不問の場合は求人数からして圧倒的に少ないです。

続いて、実際の転職割合がこちら。

https://doda.jp/guide/saiyo/004.html

未経験業種への転職割合が50%を超えているのに対して、未経験職種への転職割合は30%前後。30%前後でも高いように思えますが、この調査では年代別の区分がないので30%の中には20代の若者が多く含まれていることが予想されます。30代以上に限定すると半分以下に下がるのではないでしょうか。

とはいえ、未経験職種であって転職成功の可能性はゼロではないことが分かるデータです。

業種・業界間の移動であれば成功率は飛躍的に高まりますね。とくに営業など、どの業界でも通用する普遍的な職種であれば業界を移るぶんには心配なさそうです。

30代以上の未経験職種への転職が嫌われる理由

そもそも、なぜ30代を超えると未経験ではなかなか受け付けてもらえないのか? 20代でも30代でも同じ人間なのに、なぜ年齢だけで弾かれてしまうのか?

理不尽にも思えるかもしれませんが、きちんと合理的な理由があります。

30代は給与ベースが高くつく。即戦力以外は欲しくない。

最大の理由は、30代以上の人材は給料(人件費)が高くつくからです。

日本企業はまだまだ年功序列が残っているので、どこの会社でも20代より30代、30代より40代の方が給料が高くなるよう給与ベースが設計されています。

つまり、30代の社員には中堅レベルの給料を払う必要があるため、企業として即戦力になってくれないと困ります。高い給料貰いながら「未経験なんでゼロか勉強します」では話になりません。それなら給料がまだ安い20代の人材を採用するのは当たり前ですよね。

  • 年収350万のコストがかかる未経験30代
  • 年収300万のコストで済む未経験20代

「20代と同じ給料でも良いから!」と交渉可能なのか?

30代社員は給料が高くつくから……という理由なら、20代社員と同じ給料でいいと交渉すればいいと思った人もいるでしょう。

「(30台基準の)年収350万なんて要りません。20代未経験の場合と同じ年収280万円で良いのでお願いします!」

結論から言うと、この交渉もそう上手くいきません。なぜなら、昇給モデルケースの「例外」を認めると既存社員とのバランスが崩れてしまうからです。基本的に年功序列ベースを敷いている中に例外を入れてしまうと秩序が乱れるので、企業側はこれを嫌います。

そしてもう一つ。
最初こそ「給料は20代水準で低くていい」と直談判して入社しても、仕事を覚えて慣れてくると一変して給料に対して不満を言いだす人が非常に多いのも事実です。「仕事覚えたんだから年齢に見合った給与水準に戻してくれていいんじゃないか?」と。

こうなるとかなり厄介です。年功序列で言えば昇給速度は同じなので、20代水準でスタートすれば昇給スピードも周囲の20代社員と同じなのは当たり前。でも人間だから、慣れてくるとこれが「年下と同じ待遇」に我慢できなくなってくるのです。

年下と同じ待遇に不満を抱き出した人は、次第に会社そのものに不満を持ち始めます。仕事にも不満を言い出し、手を抜き始め、周囲の社員にも悪影響を与え始める……。という負のスパイラル。

なので企業側からすれば、こうした「後々やっかいになるリスク」を抱えかねない30代未経験よりも、やっぱり20代未経験を取った方が無難で安心だよねという意思決定になります。

スポンサーリンク

それでも、30代で未経験職種への転職を成功させる方法

それでも、どうにかして今の職種からジョブチェンジしたい場合はどうするべきか?

1%でも転職成功率を上げる方法としては2つ考えられます。

前職を活かせる異職種を狙う

最も有力な方法は、前職のスキルを活かせる異職種を狙う方法です。

例えば先に出した未経験職種への転職割合データでは30%前後が異職種への転職でしたが、この内情も店頭販売員から営業であったり、技術職から技術営業であったりと、前職の経験やスキルが何かしら活かせる異職種へのジョブチェンジが大半です。

前職で培ったものが、次へどう活かせるのかというアピールができるのであれば、異職種でも転職成功の確率は高まります。

志望企業のグレードを落とす

もう一つは、「30代未経験」でも採用せざるを得ないほど人材難の企業に応募することですね。20代の若者が採れずに苦労している会社であれば30代でもやむ無しでしょう。

ただ、それなりにグレードが落ちるのは間違いありません。業界の中堅以下、零細も覚悟せねばならず、必然的に年収も大きく落ちるケースが多いでしょう。

20代であれば零細企業から未経験で業界に入り、時間をかけて業界大手へキャリアアップ転職を狙うコースもありますが、30代からだとそう時間はありません。40代を超えると転職需要は格段に落ちますからね。

なので、将来的なキャリアダウンを覚悟で転職した方が良いかと思います。スキルを身につけて独立という道もないことはないですが、いずれにせよ茨の道です。

未経験転職で狙い目の職種

先の DODA(デューダ) の調査から、未経験転職の割合が多い職種をみてみると下記の通り。

https://doda.jp/guide/saiyo/004.html

未経験で狙い目の職種TOP3

  1. 事務・アシスタント
  2. 専門職
  3. 販売・サービス系

未経験では厳しい職種TOP3

  1. IT技術
  2. クリエイティブ
  3. 電気・機械技術

狙い目の職種を見てみると、事務系や販売系は分かりやすいです。言い方わるいですが「最低限は誰でもできる系」の職種ですね。2位の専門職はいわゆるコンサルタント系です。営業や企画を極めた人がコンサルになったり、マーケティングを極めた人がコンサルになったりなど。

一方で厳しいのはやはり専門技術を要する職種です。これは想像に難しくないでしょう。新卒なら1から教育できますが、中途採用では教育コストがかけられないので厳しいです。

もし未経験職種への転職を狙うなら、こうしたデータもぜひ参考にしておきましょう。

まとめ

以上のように、30代を超えてからの未経験業種への転職は厳しい傾向にあります。できるなら、大きなキャリアチェンジは20代のうちに済ませるのが鉄則です。

それでも、どうしても未経験の職種に挑戦したいなら、ひとまず転職エージェントに相談してみてください。経験不問の求人をできるだけピックアップしてもらって、どんな職種なら前職のスキルや経験が活かせるのか考えてみましょう。

データが示すように、可能性は決してゼロではありませんから。

無料相談 DODA(デューダ)

初めての転職エージェントの使い方|サービス内容から選び方までまとめ

転職の成功確率を高める最も簡単で確実な方法は、転職エージェントを利用することです。 転職エージェントとは分かりやすく言え ...

続きを見る

転職活動の1歩目はここから!今日いますぐ踏み出せる1つのこと

転職活動は、思い立ったが吉日です。

転職するべきかどうかいくら頭の中だけで考えていても答えはでません。実際に今どんな求人が市場に出ていて、自分の市場価値ならどのレベルの企業へ転職可能性があるのか?

それを知ってからの方が、転職のYES/NOを決めやすいと思いませんか?

転職活動を始めたからといって、転職しなきゃいけないわけではありません。まずは転職活動してみて、良い条件を手にできそうならGOサイン、良い条件が見つからなければSTOPすればOK。決定権はあくまであなたが握っているんです。

「転職」という言葉が頻繁に頭をよぎるようになったら、まずは転職サイトを使って求人を眺めてみることから始めましょう。それが今日、今すぐ踏み出せる第一歩目です。

転職サイトは数多くありますが、国内最大手のリクナビNEXTに登録しておけば国内の求人はほぼ網羅できるでしょう。

リクナビNEXTは圧倒的な求人数もさることながら、

  • 自分の強み・才能診断テスト(グッドポイント診断)
  • 企業側からのスカウトシステム(スカウト登録)

といった独自サービスを無料で利用できます。

自分の才能を知れば「自分がどんな仕事・業界に向いているか?」が特定できるし、スカウト登録しておけば「自分がどんな企業から必要とされているのか?」がハッキリと分かります。

「転職すると言っても、自分が何に向いているのかも、どこを目指せばいいのかも分からない……」

といったありがちな悩みを抱えている人にも、これらのサービスが指標になるでしょう。

転職は思い立ったが吉日。
いま悩んでいるのであれば、いま1歩目を踏み出しましょう。踏み出した結果ダメそうであれば、何事もなかったかのように引き返せばOKです。その方が心もスッキリします。

何事もそうですよね。

考えてから動くのではなく、動いてみてから考えるのが賢いやり方です。

-キャリア・転職

Copyright© WorkaHolic , 2017 All Rights Reserved.