才能がない人、仕事ができない無能サラリーマンに共通の特徴と対処法は超シンプルなのにという話。

自分は仕事ができない人間なんだ……

そう内心で自虐し、諦め、鬱屈としたサラリーマン生活を送っている人に向けてちょっと記事を書いてみます。

「仕事ができない人間」というのは、世界の一流企業にも下町の居酒屋にも一定数は必ずいて、彼らがなぜ仕事ができないのかという本質は、一流企業の無能社員も居酒屋の無能アルバイトも基本的に同じです。

そう、「無能」。
仕事ができない人間は誰しもが、自分は無能つまり「才能がない」のだと意識的に思っています。

結論から言ってしまうと、仕事ができない人がなぜ仕事できないのかって、自分には「才能がない」と思っているからです。「才能」という概念に対して根本的な思い違いをしているからです。

この記事では、「才能がない/仕事ができない」と思い込んでいるサラリーマンに共通の特徴、そして至ってシンプルな対処法を語っていきたいと思います。

その上でまず、仕事できない無能サラリーマンは、上記で記した「根本的な思い違い」に気づく必要があります。

それは、才能は「ある」とか「ない」とかの概念じゃない。

ということです。

「そもそも才能とは何か?」という抽象的な問いについて、下記で深く掘り下げていきたいと思います。

スポンサーリンク

仕事ができる人とできない人の違いは非常にシンプル

サラリーマン 金持ち

まず、結論となる答えから言ってしまいますね。

「仕事ができる人」と「仕事ができない人」の違い、その本質は至ってシンプルで、

自分の得意なこと(仕事)をしているか否か。

突き詰めれば、たったこれだけの違いです。

仕事が非常にできる人間は当然、自分が得意なことを仕事にしている人。

仕事をまぁ普通にこなす人間は、自分が得意なことを仕事にできていない人。

仕事ができない人間は、自分が苦手なことを仕事にしている人

本当に、突き詰めればたったこれだけの違いなんです。

さて、ここで「才能」という非常にやっかいな概念が立ちはだかります。この「才能」について多くの人が正しく把握できていません。

才能とは、資質の「偏り」である

「自分は仕事ができない」と思い込んでいる人のほとんどは、「仕事ができる才能がないから(つまり無能だから)」と思っているはずです。才能がない。だから仕方ない。

でも違います。

「才能」っていうのは、あるとかないとかではなく、資質の「偏り」に過ぎないんです。

要するにパラメータです。
自分の持つ才能が、どの分野にどの程度偏っているか?

0か100かみたいな二元論ではないんです。

才能とは「偏り」である

才能とは「偏り」である

世界最高のサッカー選手と言われるリオネル・メッシは、フォワードとしての資質(才能)は飛び抜けていますが、一方でディフェンス技術がザルなことは有名です。

しかし、メッシは「仕事ができる人間」なので、自分が得意なことはドリブルとシュートだと知っています。だからそれしかしない。自分の得意なことしかしない。試合によってはゴールキーパーより運動量が少ない時もあるから驚きです。

けれど彼は世界最高のサッカー選手として評価されていますよね。

ここで、「仕事のできないメッシ」がいたとしましょう。

仕事ができないメッシは、自分の才能がドリブルとシュートにあることを知らないので、なぜかディフェンダーのポジションでサッカーをし続けています。

当然、体格もないし背も低いので彼はいつもボロクソに負かされ、自他共に実力のないディフェンダーの評価を受けています。

そこで、仕事のできないメッシが鬱屈とこう思っていたとします。

自分はサッカーができない、才能のない人間なんだ……。

違いますよね?

誰がどう見たって、サッカーの才能がないんじゃない。
自分の才能が偏っている、突出している仕事場(ポジション)に身を置いていないだけです。

何度と繰り返しますが、本質的には「たったこれだけ」の話なんですよ。

仕事ができない才能がない(と思い込んでいる)人の共通の特徴とは、みんな「たったこれだけ」のことが理解できていないんです。

そしてそれが理解できていないから、至ってシンプルな対処法も取れていません

仕事ができない・才能がないサラリーマンが取れる簡単な対処法

ネクタイ 会社員

ここまでの説明でもう分かると思いますが、仕事ができない人が取るべきたった一つの対処法ってすごくシンプルで、

自分の得意な(才能が偏っている)場所で仕事すること。

ただこれだけ。仕事ができないメッシで言えば、ディフェンダーからフォワードに仕事場を移すだけで全てが解決するのです。

引きこもり気質でゲームおたくのA君がいたとしましょう。
営業マンとして「元気よく積極的にコミュニケーションを取っていく」という仕事場では、A君が”できない人間”で、チャラチャラしてノリと口だけが達者のB君が”できる人間”として評価されます。

ですがもし2人が「ゲーム」という仕事場に移れたとしたら、途端にA君が”できる人間”になり、B君が”できない人間”になるわけです。人間性はそのまま、評価は逆転です。

つまり、これが非常に大事なことなのですが、「仕事ができる・できない」なんて言うのは、あなたが今いる小さな小さな組織の枠組みの中の話でしかありません。

あなたができないのは、あくまで「その仕事」の話なんです。「その会社での仕事」だけ。「その職場のメンバーとする仕事」ができないだけなのです。

なのに、たったそれだけのことなのに、仕事ができない(と思い込んでいる)人というのは、さも自分が社会の全ての仕事に向いていないかのように錯覚しています。有能か無能かの二元論に終始します。

だから気づかない。だから諦めている。だから動こうとしない。

ただ仕事する場所を移ればいいだけの話なのに。

なんて言うと、絶対にこんな反論が上がってきます。

「そんなことは分かってるんだよ! だけど、自分が何に向いているのか、自分にどんな才能があるのか分からないんだよ」

これはまさに正論。その通り。ほとんどの人は、自分の資質や才能がどこに向いているのかを分かっていません。

「好きなこと」と「得意なこと」は違います。
ごくごく稀に両者が一致する人が大きな成功を成し遂げますが、ほとんどの人は全く違います。

ここで「好きなこと」を仕事場に選んでしまった人は、良くて普通の人(得意なことを仕事にしていない人)、悪ければ仕事できない人(苦手なことを仕事にした人)になります。

仕事ができる人間になりたいなら、「好きなこと」ではなく「得意なこと」を見極めてそこで仕事することです。つまり、自分の資質や才能を見極めることが必要不可欠になるのです。

ここで勘違いしてはいけません。

繰り返しますが、ここでいう「才能」とは、何か天才的に優れた能力のことではなく、「資質(ポテンシャル)がどこにどれだけ偏っているか」というパラメータのことです。

才能を知るということは、自分のパラメータを知るということです。

で、どうやって自分の才能(パラメータ)を知るの? というと、オーソドックスに才能診断を受けてみるのが最も効果的です。

才能診断テストとは?

リクナビNEXT グッドポイントテスト

才能診断というと一種の心理テストのようなもので、用意された質問事項に直感的に答えていき、その結果からあなたに秘めたポテンシャル(資質・才能)をパラメータで測定するという感じです。

ガチなものだと専門業者が行ってくれる診断テストもあれば、軽いものだとネットやアプリで無料診断できるものもあります。

ただ専門業者のガチなテストだとそれなりの料金がかかりますし、幼児の英才教育向けのものが多いのでちょっと論外です。

かと言ってアプリやネットで、どこの誰が提供しているのかも分からないような無料診断だと、占いに近いレベルのクオリティが多いのでこれも論外です。

私は結構こういう心理テスト系が好きで、今までに才能診断も5コ程度受けたことがありますが、参考までにその中で最もクオリティが高かった診断テストを2つほど紹介します。

ちなみに、どちらのテストもほぼ同じ結果がでたので、自分的にはかなり信憑性を感じています。

グッドポイント診断(リクナビNEXT)

リクナビNEXT

最も手軽かつ精度が高くておすすめなのがこちら。

リクナビNEXTのグッドポイント診断は、リクルートがリクナビNEXT会員に無料で提供している才能診断テストです。

リクナビNEXTに会員登録すれば誰でも受けることが可能で、30分程度かけてガッツリ質問に答えていく形式なのですが、診断結果は実に8568通りものパターンに分かれており、ほぼ自分だけの最適な答えを受け取ることができます。

無料でサクッと受けられるわりにかなり本格的な診断結果が返ってくるので、おそらく最もコスパの良い才能診断です。

グッドポイント診断を受けるにはリクナビNEXTの会員登録が必要なので、まずは登録しておきましょう。お金などはかかりませんし、登録自体は1分で終わります。

リクナビNEXT グッドポイント >> リクナビNEXTの無料会員登録

メールアドレスを入力すると本登録用のメールが送られてくるので、メール記載のURLから氏名や年齢などを入力すれば即完了です。早速、才能診断テストを受けてみましょう。

質問項目はだいたいこんな感じで、次々出てくる項目に直感で答えます。

リクナビ NEXT グッドポイント 問題制限時間が決まっているので、何も考えずに直感に従ってどんどん答えていきましょう。

問題は全3部から構成されており、

  • 第一部93問
  • 第2部126問
  • 第3部74問

全293問

とかなりガッツリとした診断になっています。診断時間は30分〜40分くらいでしょうか。ながら作業ではなく、しっかり腰を据えて行った方がいいです。

そしてテストが終わると、あなたが最も強く持つ資質・才能、つまりパラメータが突出している資質が5つわかります。

リクナビNEXT グッドポイント結果

各項目についても丁寧な解説がついてくるので、しっかりと読んで自分の資質・才能がどこに向いているのかを考えてみてください。

自分のパラメータがわかれば、自分が「どこなら仕事ができるのか/才能が発揮できるのか」がわかるはずです。

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう【書籍】

51A7ZKPW20L-1

続いてこちら。

こちら「才能」を徹底的に追求している自己啓発本で、出版は2001年とちょっと古いのですが、サラリーマンを中心に大ベストセラーを記録している不朽の名作です。

この本の中に、心理テストが収録されています。

本自体の内容はかなり濃密で読み応えのある分厚さなのですが、 もの凄くざっくり要約するとこの本が伝えたメッセージは以下の一文に集約されます。

『人にはそれぞれ適正な資質(才能)があり、それは一生変わりません

大事なのは、「資質(才能)は一生変わらない」という部分です。

人の資質というのは10代のうちに脳内回路で形成され、一度完成した回路はその後に変化することはないという根拠のもと、

自分の唯一無二の才能を知り、その才能が最も活かせることを仕事にしなければならない

という主張をしています。私が上記で言ってきたこととほぼ同じです。

本書では「ストレングス・ファインダー」なる、自分の秘めた才能を「5つの資質」に特定できる本格的なプロファイリングテストが用意されており、本書に記載されたアクセスキー(パスワード)を診断テスト用ウェブサイトのログインIDとして使用できる形式になっています。

yjimage-54

ストレングスファインダーもこんな感じで、グッドポイント診断とほぼ同じです。ただ問題数がさらに多くて全問答えるのに1時間以上かかるので十分な時間を取りましょう。

で、全問に答えると、全34種類に分別された資質から、自分に最も備わっている資質を5つ導き出してくれます。

ws021706

資質の項目がちょっと抽象的ですが、詳しくは本書に書かれています。

ただ、この本の才能診断はいくつかややデメリットがありまして……。

  • 必ず「新品」を購入する必要がある
  • 分厚い本なので全部読むのがかなり大変
  • 診断テストに1時間以上かかる

まず、診断テストを受けるには必ず新品を購入する必要があります。本書に記載されたアクセスキー(診断テストを受けるパスワード)は1冊ごとに違い、一度使われたアクセスキーは二度と使えなくなります。

つまり中古本を買うと、その本のアクセスキーはすでに元の所有者によって使われている可能性が極めて高く、診断テストを受けられません。Amazonで中古を買っても無意味です。新品だと1800円くらいした気がするので、それなりの出費になります。

あと、本自体はかなり分厚い海外本なので、読書に慣れていない人なら多分ほとんどの方が最後まで読めません(笑)。まぁテストだけ受ければいいという人もいるかもしれませんが……。

才能を活かせる仕事へ移ること

才能診断により、「自分の才能はどこに偏っているのか?」「どんなことに向いているのか?」が分かったら、なるべく早めに仕事場を移しましょう。苦手なところで成長もなく消耗している時間がもったいないですよね。

業種ごと変える、あるいは同業でも性質の違う会社へ変える、もしくは人によっては思い切って独立した方が力を発揮しやすい人もいるでしょう。最近は起業のハードルもかなり下がりましたからね。

とはいえ、大多数の人が「仕事ができる人間」になる最大の道はやっぱり転職です。

ちなみに筆者の私は2回の転職経験後に、やはり一番向いているのは独立だと判断して起業しましたが、まぁ多くの方にとって最も現実的なのは「会社を変えること」です。

ただし、転職は失敗すると人生のキャリアに大ダメージを与えかねないので、必ず転職エージェントを活用しましょう。

転職エージェントは案件の紹介だけではなく、「転職のプロ」たちに履歴書の書き方から擬似面接の練習まで行ってもらえます。

無料で使えるので、まず5社程度に登録して実際に使ってみてから、最もフィーリングの合う2〜3社に絞ってみるのが良いですね。担当者の合う合わないは運の要素もあるので、複数社の併用は鉄則です。

まず下記の最大手総合型エージェントは全員が必ず登録しておきます。

 

上記の総合型エージェントは案件数が圧倒的に多いので、この4つに登録しておけば基本的に美味しい案件を見逃すことはないでしょう。

ただ、総合型エージェントは膨大な求人と人を捌いているので一人ひとりへの手厚いサポートはそこまで期待できません。なので、向いている業界の「特化型」エージェントも使っておきます。

業界特化、あるいは属性特化のエージェントは多数あります。

例えばIT業界だとこのあたり▼

また、フリーターや派遣社員、第二新卒(入社2〜3年目/25〜27歳くらいの人)の方にも特化したエージェントがあります。

特化型の方がより専門的で手厚いサポートが受けられるので、総合型と特化型をうまく使い分けましょう。

転職エージェントが始めてという人は下記記事も参考に。

無料で使える転職エージェントのメリットとは?複数利用必須なのでおすすめ比較は必要なし

2017.03.25

まとめ

「仕事ができる人」と「仕事ができない人」の違いは、突き詰めれば”自分の得意な仕事をしているかどうか”の違いでしかありません。

自分には才能がない。自分は仕事ができないサラリーマンだ。そう嘆く人は、自分の才能が向いていないことをわざわざ仕事にしている人であり、そしてそのことにすら気づいていません。

対処法は至って簡単です。

自分のパラメータがどこに突出しているのか、つまり自分の才能が何かを知り、その才能に最適な場所で仕事をすることです。

問題はあなたに才能があるかないかではなく、才能と仕事がミスマッチしていないかどうかです。

才能は誰にでもあるものなので、それがどこに偏っているのかをまず知り、そして才能とマッチする仕事場を探しましょう。

スポンサーリンク