税金の支払いでポイント貯めてる?nanacoチャージでクレジットポイントが付くカードを持とう

クレジットカード

フリーランスや個人事業主の人は、毎年面倒クサくて仕方ない確定申告をしていると思いますが、税金の支払いはどうしていますか?

税金の支払い方法としてはコンビニで支払える振込用紙があるので、ささっとコンビニに行って現金払いしている人も多いと思います。税金の支払いに慣れていない人なんか特に。

でも、せっかく多額の税金を払うのに、そのまま現金払いなんてもったいないですよ。

ここぞとばかりにポイントを取らないと……!!

税金の支払いでもクレジットポイントが貯められるって知ってますか? 

住民税や国民年金、保険料などせっかく十万、数十万クラスのお金を出すのだから、ポイント還元しないなんてデカすぎる機会損失なんですよ。

……で、じゃあどうやって税金の支払いでポイントを貯めるかというと、公共料金が支払える電子マネーのnanacoを使います。

nanaco

nanacoは通常100円につき1ポイント貯まります。しかし知っている人は多いと思いますが、公共料金の支払いではポイントが付きません。

そこでどうするかというと、クレジットカードのnanacoチャージを利用するんです。ちょっとカードの知識がある人にとっては、もはや常識の技ですよね。

スポンサーリンク

nanacoチャージでクレジットポイントを貯めよう

まずはnanacoカードを発行する

nanaco

まずは、実際に税金や公共料金を支払うときに使うnanacoカードを持っておく必要があります。イトーヨーカドーやセブンイレブンで簡単に発行できるので、時間があるときにサクッと作っておきましょう。

通常、発行手数料が300円かかってしまいますが、イトーヨーカドーに限り「8のつく日」だと発行手数料が無料になります。近くにイトーヨーカドーがある人は、ちょっとした節約に8の付く日を狙って作りにいきましょう。

クレジットカードのチャージでポイントが貯まる仕組みは?

少年

税金を支払うnanacoの残額にクレジットカードでチャージすることによって、税金を支払う額のクレジットポイントを間接的に貯めることができます。

  1. クレジットカードでnanacoに2万円チャージ
    ↓↓ここでクレジットポイントが貯まる
  2. nanacoの残額20000円に
    ↓↓nanacoポイントは貯まらない
  3. 実際の支払い

仕組みは単純ですよね。ひと手間かかりますが、税金分の多額なポイントが付くと考えれば逃す手はありません。

ただし、どんなクレジットカードでもチャージが出来るわけではなく、nanacoにクレジットチャージできるカードは限られています。

さらに、nanacoチャージ分でポイントが付くクレジットカードはもっと少ないです。「チャージが出来るだけでポイントは付かない」という罠カードもあるので、必ずチャージ分にポイントが付くカードを選ばなければなりません。

nanacoチャージでポイントが付くクレジットカードを3つ

ここでは、nanacoチャージでポイントが付く、つまり税金でポイント貯める用のおすすめカードを3枚紹介します。

3枚に絞った基準は、

  1. ポイント還元率が高いこと
  2. 誰でも作りやすいこと
  3. 年会費無料であること

この3つです。

ポイント還元率が高いことは当たり前ですが、「作りやすいカード」であることも大事です。とくにフリーランスや自営業はただでさえカード作りづらいですから、審査が優しいことは必須条件ですよね。

また、税金支払い専用のサブカードとして持てるように「年会費無料」も大事な条件です。コストは一切かからないので、税金用にぜひ1枚作ってみてください。もちろん、普段使いにもOKです。

nanacoチャージが出来るカードは、JCBブランドに限るケースが多いです。下記に紹介するカードを申し込む際にも、必ずJCBブランドを選びましょう。

リクルートカード (JCB)

リクルートカード おすすめポイント
リクルートカード
  • 年会費永年無料
  • ポイント常時1.2%還元
  • 審査が早い
付帯保険
  • 海外旅行保険:最高2000万
  • 国内旅行保険:最高1000万
  • ショッピング保険:年間200万
 その他特典
  • 家族カード無料
  • ETCカード無料
申し込みサイト リクルートカード

誰にとっても一番おすすめできるのがリクルートカードです。ポイント還元率が1.2%と頭一つ抜けて高いので、シンプルに最もポイントが貯まるクレジットカードだと言えます。

リクルートポイントは使いづらいのが弱点でしたが、今では大手共通ポイントのPontaポイントと相互交換可能になったので、ポイントの使い道は無限に広がりました。

リクルートカードはポイント還元率が高い上に、

  • 年会費も永年無料
  • 旅行保険もしっかり付帯
  • それでいて作りやすい

と、これといったデメリットがない優秀なクレジットカードなので、税金用とは言わずメインカードとしてがっつり使える良カードです。

特にこだわりがない人は、リクルートカードを選んでおいて間違いありません。

▷▷リクルートカード公式サイトを見てみる

楽天カード(JCB)

楽天カード おすすめポイント
楽天カード
  • 会員数1200万人以上の人気
  • 審査が非常に優しい
  • 1週間のスピード発行
  • ポイント還元率1%
  • 楽天市場でポイント2倍
  • 楽天Edy付き
付帯保険
  • 海外旅行保険:最高2000万
  • 紛失盗難補償
 その他特典
  • 毎週土曜日「楽天感謝デー」で3%還元
申し込みサイト 楽天カード

お馴染みの楽天カードですが、JCBブランドにすることでnanacoチャージでも1%ポイントが付与されます。ポイント還元率1%は年会費無料カードとしては十分高い数字ですね。

税金でポイント貯めるという一点においては1.2%還元のリクルートカードに敵いませんが、楽天ユーザーにとっては楽天カードの方がおすすめできます。

当たり前ですが、楽天カードは楽天市場で最もお得に使えるカードです。市場内では常にポイント2倍になりますし、キャンペーンも多数開催しているので、普段から楽天系列のサービスを利用している人は楽天カードを持っておくべきでしょう。

▷▷楽天カード

Yahoo!JAPANカード(JCB)

Yahoo!JAPANカード おすすめポイント
Yahoo!カード赤
  • 年会費永年無料
  • Yahoo!ショッピングはポイント3%還元
  • 基本ポイント還元は1%
  • 審査が非常に早い「最短2分」
付帯保険
  • ショッピング保険:最高100万
  • 盗難保険
  • プラチナ保険(月額490円)
 その他特典
  • ETCカード発行無料/年会費500円
申し込みサイト 年会費無料【YJカード】

Yahoo!JAPANカード(以下YJカード)も、JCBブランドはnanacoチャージでポイントが貯まります。

年会費永年無料でポイント1%還元とスペックは楽天カードと同様ですが、こちらはYahoo!ショッピングを利用する人におすすめのカードですね。Yahoo!ショッピングでポイント常時3%還元になりますよ。

またTカードと一体になっているので、Tカードとクレジットカードを一枚化する目的にも使えます。

▷▷年会費無料【YJカード】

nanacoチャージの注意点

クレジットカードからnanacoへのチャージは、nanacoのマイページから簡単にできます。しかし、nanacoを発行してから最大10日間ほどはクレジットチャージができないので、税金支払いするときは余裕を持って作っておきましょう。

またnanacoチャージの制限として、

  • チャージは1日3回まで
  • 一ヶ月で15回まで
  • 金額の上限は20万円まで

と設定されています。こちらも合わせて注意しておきましょう。

まとめ

フリーランスや自営業の人は、せっかく税金を自分で払えるのだからポイントはガッツリ頂いておきましょう。それくらいしないと、面倒すぎる作業労力が報われませんよ。

nanacoカードも今回紹介したクレジットカードも、コストは一切かからないので、自営業の人は必需品として用意しておきましょう。

税金だけでなく、国民年金や保険料も同様に支払えるのでめちゃくちゃ便利ですよ。

スポンサーリンク
クレジットカード