【仕入れ専用】せどりにおすすめのクレジットカードを徹底解説!

Card

せどりで稼いでいく上で、クレジットカードは非常に重要な存在です。
アカウント開設のためとか、会計管理を楽にするとかそういう次元ではなく、

千円でも1万円でも多く利益を生み出すためです。

ある程度稼いでいる人で、仕入れにクレジットカードを使っていない人はいないと思いますが、元々持っていたカードを何となく使っていませんか?

それはあまりにもったいない。もったいなさすぎる。

せどりで稼いでいる人ほど、月の仕入れ代は多くなります。中級者以上だと数十万、数百万レベルでしょう。
そのレベルの金額になると、クレジットカードのポイント還元率が0.5%変わるだけで月に数千〜数万円相当の違いが出ます。

ポイント還元分だけで、ツール代がまるまる浮くとしたら?

”仕入れ特化型”のクレジットカードを作る必要性を感じますよね。
せどりの仕入れ用カードとして最もおトクに使えるクレジットカードはどれか、私は徹底的に考えました。

スポンサーリンク

目次

その前に、クレジットカードを1枚も持っていない人へ

手っ取り早くおすすめのクレジットカードだけを知りたい人は、ココをクリックして下のカード紹介までジャンプしてください。

少数派だとは思いますが、稀にクレジットカード自体を1枚も持っていない人もいます。
そうした人に向けて、まずは「せどりにおいてクレジットカードを持つべき必要性」から分かりやすく解説していきます。

クレジットカードがないとできないこと

そもそも、クレジットカードを持っていないと、せどりそのものを始めることが困難です。

なぜなら、クレジットカードがないと以下2つの問題が発生するからです。

Amazonの出品用アカウントが取得できない

せどりを始めるからには、Amazonマーケットプレイスで自分のお店を持つために出品アカウントを取得しなければなりません。ヤフオクやフリマアプリしか利用しないなら話はまた別ですが、90%以上の人はAmazonを利用するでしょう。

出品用アカウントを取得するにはクレジットカードの情報を登録しなければならないので、この時点でクレジットカードを持っていない人はお店を持つことができません。つまり始める前から論外になってしまいます。

せどりツールも購入できない

多くのせどりツールも、購入や月額料の支払いにクレジットカードが必要になります。

当サイト内でも紹介されている人気のせどりツール『せどり風神2』や『プライスター』も、クレジットカードでの契約が必須になりますので、せどりで稼ぐ上で必ず抑えておきたいツールが利用できません。

その他、教材だったり情報商材だったり、ことネット上で商品を購入したり取引したりするには必ずクレジットカードが必要になるので、カードを持っていないと文字通り何もできません。

※初心者がまず揃えておきたいせどりツールについては下記記事を参考に。

評判高い!私が愛用するおすすめのせどりツール(無料・有料)3選を紹介!

2016.04.15

クレジットカードがあると出来ること

為替

クレジットカードを持っておくだけで、Amazonアカウントが取れる&せどりツールが利用できるという当たり前のこと以上に、使いどころは沢山あります。

軍資金として利用できる

クレジットカードを仕入れで利用することで、現金以外の軍資金を大幅に増やすことができます。現金の貯金が10万しかなくとも、限度額30万円のクレジットカードがあれば、一気に軍資金が40万円に増えます。

そしてありがたいことに、クレジットカードの引き落としは翌々月なので、最大2ヶ月弱の猶予があります。せどりは即金性が非常に高いので、1ヶ月ちょっとで仕入れ代を回収すれば、クレジットカードの返済には十分に間に合います。かつ利益も上げることができるので、とくに軍資金がない初心者はぜひ活用したいところ。

実際に私もせどりを始めた頃は軍資金がなかったので、クレジットカードを作って軍資金を増やし、高回転戦略によって最速で売上を3倍に増やし、軌道に乗せることができました。

会計管理がかなりラクになる。確定申告も簡単に。

せどり専用のクレジットカードを持っておくと、仕入れ代など会計の管理が非常にラクになります。

多くのせどらーは確定申告の時期になると帳簿の計算に手間を取られますが、近年はクレジットカードと連携して自動で帳簿を作成してくれる『クラウド会計』が普及しているので、クレジットカードを利用すれば帳簿作成&確定申告がほぼ自動化できます。

これからの会計作業は間違いなくクラウド会計の時代になるので、今のうちにクレジットカード&クラウド会計は揃えておきましょう。

クラウド会計なら、現在シェアトップの『freee 』か、定番の『やよいの白色申告オンライン 』でOKです。

クレジットカードが作れない、作れる自信がない人は?

通勤 フリーター フリーランス

なかには、フリーターや派遣社員、ニート無職の人など、社会的信用の問題からクレジットカードを作れないのでは? と不安を抱えている人もいるでしょう。

でも大丈夫。そんな人のために1つアドバイスを置いておきます。

アルバイトにカタチだけ入ってクレジットカードを作る

まず、現在アルバイトや派遣社員の方は、その時点で確実にクレジットカードは作れます。グレードを選ばなければ。

当たり前の理屈ですが、非正規社員の人口がどんどん増えていく中で、その人たちにクレジットカードを作らせなかったらそもそもカード会社は倒産しますからね。

で問題は、現在ニート無職、あるいはフリーランスや個人事業主で、実際は”ほぼ無職”に近い状態の人。

こういう人たちがクレジットカードを作るためには、カードの審査に通るために短期間でもバイトに入りましょう。カードの審査のために、なるべく大企業が母体のアルバイトに入ります。

下手な話、年収100万程度のフリーランスや個人事業主であれば、その身分は一度捨ててアルバイトに入り、「年収200万程度稼ごうと思っています」と言った方がカードの審査は通ります。

そこで、最もおすすめは大手チェーンの居酒屋です。コロワイドやモンテローザ、最悪ワタミなど、母体が大きい企業だとカード審査の時に信用が高くなりやすいです。居酒屋ならバイトも採用されやすいので一石二鳥です。

ドトールやスタバのようなカフェでも良いですが、カフェは大手だと研修とかやや面倒そうですよね。

それで、アルバイトとして企業と契約書を交わしたら、クレジットカードの審査に申し込みます。

せどり仕入れ用におすすめのクレジットカード5枚!

さて、ここからせどり仕入れ専用のクレジットカードにおすすめの5枚を紹介するわけですが、

「ポイント還元率」

だけで選ぶと失敗する可能性があります。

選ぶ基準としてポイント還元率と同等、あるいはそれ以上に重要なのが、

”ポイントの使いやすさ”

です。

一般的に、高い還元率のカードほど貯まるポイントがマイナーだったりします。”高還元にしないとカードを作ってもらえない”系のカードですね。

せっかく大量ポイントを貯めても、それが謎の商品券やサービスにしか使えないんじゃ意味がありません。この点を考慮せず、ただポイント還元率が高いだけのマイナーカードを作ってしまい失敗する人が非常に多いのです。

なのでここで紹介する5枚のカードは、

  • まずメジャーカードであること
  • どこでも使いやすいポイントが貯められること

この2点を前提にして、その中で還元率が高水準(1%以上)のカードを選んでみました。

せどりで稼ごうとしている人は安定収入は高くない人が多いので、
なるべく審査が優しく、誰でも作りやすいクレジットカードのみに厳選して紹介します。

最強のオールラウンダー「リクルートカード」

リクルートカード おすすめポイント
リクルートカード
  • ポイント常時1.2%還元
  • ポイントはPontaに交換可能
  • 審査が早く作りやすい
年会費 無料
付帯保険
  • 海外旅行保険:最高2000万
  • 国内旅行保険:最高1000万
  • ショッピング保険:年間200万
 その他特典
  • 家族カード無料
  • ETCカード無料
申し込みサイト リクルートカード公式サイト

全てのせどらーに等しくおすすめできる最強のカードが、「リクルートカード」です。
その最大の強みは、年会費無料でありながら1.2%ポイント還元という圧倒的な還元率の高さです。

せどり中級者で、1ヶ月の仕入れ代が50万円としましょう。
すると、仕入れにリクルートカードを使うだけで、【500000 × 1.2% 】つまり6000円分のポイントが貯まります。

私が愛用している人気せどりツール「プライスター」は月額4800円なので、リクルートカードを使うだけでプライスター代が実質無料になるわけです。

プライスターは通常は月額5800円です。
1年以上利用すれば、2年目以降は月額4800円に割引になります。

プライスターについて詳しくは以下の記事を参考に。

評判高すぎ!人気せどりツール『プライスター』の魅力を徹底解説します!

2016.02.03

私は1ヶ月の仕入れ代が100万円を超えるので、貯まるポイントは1ヶ月15000円分くらい。
もちろん、利用している全てのせどりツールの月額分をポイントでまかなえています。

ただし、もちろんポイントはそのまま現金に換金できるわけではありません。あくまで”その額だけトクをした”ということ。

貯めたリクルートポイントは、共通ポイントの「Pontaポイント」と相互交換が可能です。

リクルートポイントのままだとリクルート関連サービスでしか使えないので、貯めたポイントはPontaポイントに交換しておいた方が良いですね。

年会費永久無料でポイント1.2%還元なんてスペックのカードはそうありません。

シンプルに最強です。

どこで利用しても無条件で1.2%ポイント還元。
せどり仕入れ用カードとして最もおすすめできる無料クレジットカードです。

審査も厳しくなくスピードも非常に早いので、すぐにカードを作れるところもメリットです。

イオンせどりに絶対必須!「イオンカード」

イオンカード おすすめポイント
イオンカード通常

▼イオンせどりで最強▼

  • 毎月20日と30日は買い物5%オフ
  • 毎月5のつく日はポイント2倍
  • 毎月10日もポイント2倍
  • 毎月15日は55歳以上限定で5%オフ
年会費 永年無料
ポイント還元率 0.5%
付帯保険
  • カード盗難補償
 その他特典
  • 電子マネーWAON搭載
  • 家族カード無料
  • ETCカード無料
申し込みサイト イオンカード(WAON一体型)

イオンせどりをする人は必ず持っておかなければならないのが、イオンカードです。

イオンは1ヶ月のうちにセールを連発するので、
イオンカードを持っていればポイントが貯まるどころか、割引で仕入れできるようになります。

▼イオンの主なセール▼

  • 毎月20日と30日は買い物5%オフ
  • 毎月5のつく日はポイント2倍
  • 毎月10日もポイント2倍
  • 毎月15日は55歳以上限定で5%オフ

年会費はもちろん無料です
コストゼロでイオンカードを持ってさえいれば、これだけのセール割引が受けられる上にポイントも貯まります。

基本ポイント還元率は0.5%と標準ですが、これだけの優待特典を持つカードはそうありません。

おすすめというより、仕入れ圏内にイオンがある人、イオンせどりをする人は必ず1枚作っておいて下さい。繰り返しますが年会費永久無料なので負担は一切ないのですから。

イオンカードを用いたイオンせどりのコツについては、下記記事で徹底解説しています。イオンせどらーはぜひ一読してみてください。

【保存版】イオンせどりの仕入れのコツ完全ガイド2016

2016.05.01

イオンカードは良くも悪くも、イオンせどりのためだけのカードです。イオン仕入れをしない人は作る必要はありません。

また、イオン仕入れをする人も、イオンカードはイオン仕入れ専用とし、他店舗での仕入れはリクルートカードなど基本還元率が高いカードを持っておいた方がいいです。年会費無料カードなら何枚持ってもコストはゼロなので。

ドコモユーザーならdカード

dカード おすすめポイント
dカード
  • 年1回のカード利用で年会費無料(通常1250円 / 初年度無料)
  • ポイント還元率1%
  • ローソンで常時3%オフ
  • 電子マネーiDでポイント貯まる
付帯保険 ショッピング保険:最高100万
 その他特典
  • ローソン3%オフ
  • ケータイ補償最大1万円(ドコモ)
  • ETC初年度無料
  • 家族カード無料
申し込みサイト dカード公式サイト

ドコモユーザーであれば、ドコモのdカードも候補の一つです。

ポイント還元率は基本1%と合格ラインですし、貯まるdポイントは国内4大共通ポイントの一つとして急成長しているので、日本中の色々なお店やサービスで使うことができます。

日本の4大共通ポイント▼▼

  • Tポイント
  • 楽天ポイント
  • Pontaポイント
  • dポイント

年会費は通常1250円ですが、年に1回でもカードを使えば無料になります。
せどりの仕入れ用カードとして使うわけですから、年会費はずっと無料にできます。

ドコモユーザーだけのメリットは、特典で年間最大1万円のケータイ補償がつく他、ワンランク上のdカード GOLDを実質年会費無料で持つことができる(※)からです。

ドコモスマホの人、わざわざ有料で端末補償のオプション付けていませんか? 無料のdカード持っていれば一般カードで最高1万円、ゴールドカードなら最高10万円の補償がつきますよ。

(※)dカード GOLDは通常年会費10000円ですが、毎月のスマホ代で10%のポイントが付くので、年間で貯まるスマホ代のポイントだけで年会費が払えてしまうのです。

>>dカード GOLD

25歳以下の若者なら「三井住友VISAデビュープラスカード」もアリ!

三井住友VISAデビュープラス おすすめポイント
三井住友デビュー2 ※25歳以下限定のカードです。

  • 年1回カード利用で年会費無料
    (通常1250円 / 初年度無料)
  • 基本ポイント還元率1%
  • 入会から3ヶ月間は2.5%還元
  • 26歳でプライムゴールドへ自動昇格
付帯保険
  • ショッピング保険:最高100万
 その他特典
  • ポストペイ電子マネーiD
  • 交通系電子マネーPiTaPa
申込サイト 三井住友VISAデビュープラスカード公式HP

25歳以下の人ならば、VISA国内最大手の三井住友が、18歳〜25歳以下の若者限定に出している「三井住友VISAデビュープラスカード」という選択肢もアリです。

通常、三井住友VISAカードは総じてポイント還元率0.5%ですが、このデビュープラスカードだけは2倍の還元率1%を誇ります。
年会費1250円(初年度無料)かかりますが、年1回でもカードを使えば翌年の年会費が無料になるので、仕入れに使えば年会費はずっと無料になります。

さらに、ネットショッピングでは三井住友VISAのポイントアップモールを経由すればポイント還元率がさらに上がります。
ちなみに、Amazonでのショッピングはポイント2倍。還元率に換算すると2%還元となり、リクルートカードの1.2%を超える高還元率になります。

例えば、Amazon内で差額を狙った電脳仕入れ(いわゆる刈り取り)をする場合、ポイントアップモールからAmazonにアクセスすることで、仕入額の2%のポイントを貯めることができます。

※「刈り取り」とは、アホみたい安く出品している出品者から購入(仕入れ)し、それを適正な価格で出品して利益をとる転売手法です。

▼主なポイントアップ店舗▼

  • Amazon:2倍
  • 楽天:2倍
  • Yahoo!ショッピング:3倍

※通常ポイントは1000円利用につき2P。1P=5円相当なので基本還元率1%。

ただし、このポイントアップ法はネット仕入れ、つまり電脳せどりでしか使えず、さらにAmazonでの刈り取りくらいしか使い道がないので、Amazonで電脳せどりをしない人にはあまり意味がありません。

なら、基本還元率1%のデビュープラスカードより、1.2%のリクルートカードの方がよくない?

と聞かれれば、現実的なメリットだけを見ればその通りです。

しかし、三井住友VISAカードには、リクルートカードにはないステータス性があるのです。

天下の銀行系三井住友カードですからね。しかもVISA最大手です。
クレジットカードにちょっとでも格好良さやステータスを求めるのなら、デビュープラスカードも一理アリです。

そんな人にはさらに嬉しいことに、デビュープラスカード所有者は、26歳になるとワンランク上の三井住友VISAプライムゴールドカードに自動で昇格できます

20代半ばで確実にゴールドカードを手にできるのですから、それは確かな魅力ですよね。

せどりは関係ないですが、店員さんにドヤ顔でカードを出せるメリットがあります。

カード初心者の救世主!最も作りやすい楽天カード

楽天カード おすすめポイント
楽天カード
  • 会員数1200万人以上の人気
  • 審査が非常に優しい
  • 1週間のスピード発行
  • 楽天市場でポイント4倍
  • 毎週土曜日「楽天感謝デー」で3%還元
  • 楽天Edy付き
年会費 無料
ポイント還元率 1%
申し込みサイト 楽天カード

日本人の5人に1人が持っている(会員数1200万人以上)”ほどの人気カードである「楽天カード」は、基本ポイント還元率1%の(実は)優れたカードなんです。

特徴としては、とにかく楽天でのネットショッピングがお得になることなのですが、あいにく電脳せどりで楽天から仕入れている人は聞いたことがありません。。。

ただ、楽天市場ではポイント還元率4%に跳ね上がるので、日頃から楽天関連サービスを利用している人はとことんポイントを貯めることができます。

そしてポイント以外のメリットといえば、とにかく審査に優しいことです。
ネット上では「ニートでも作れるカード」なんて揶揄されたりするほどのカードであり、星の数ほどあるクレジットカードの中でも最も作りやすいとされるカードです。

せどりを始める人は、フリーターやアルバイト、派遣のような非正規社員など、社会的ステータスに自信がない人も多いかと思いますが、楽天カードはそんなあなたの救世主です。

しかも「作りやすい」からと言ってスペックが低いわけでは全くなく、むしろ作りやすい上に高スペックという非常に優れたカードなんです。

クレジットカードは複数枚いる?何枚持っていた方がいいの?

クレジットカード

さて、せどり用のおすすめクレジットカードを紹介したところで、ここからはクレジットカードを使っていく上での役立つ知識を書いていきます。

まずは、よく聞かれる「クレジットカードは複数枚持っていた方がいいのか?」という問題。

結論から言うと、(私生活用を含め)最低でも2枚、ベストは3枚です。
私生活用1枚:ビジネス用1枚は絶対。できれば私生活用1枚:ビジネス用2枚が理想です。

ビジネス用カードと私的利用カードを分けるのは鉄則!

まず大前提ですが、私生活用とビジネス用(せどり)でクレジットカードを分けるのは絶対です。
その理由は以下2つ。

  1. 紛失やトラブルで利用停止になった時の備え
  2. 会計管理の効率化。クラウド会計との連携

クレジットカードは、メインとサブで2枚以上持つのが基本です。
これは使い分けもそうですが、何より紛失・盗難・磁器故障などのトラブルでカードが使えなくなった時の予備用を持っておく必要があるためです。

そして、フリーランスや自営業のような事業主が事業用と私用でカードを分けるのは、会計管理をしやすくするためです。

副業でせどりをしている人も、年間38万円以上の利益を上げれば確定申告をしなければなりません。この時に、仕入れ代やツール代などの経費、Amazonからの入金などを全て帳簿にまとめるわけですが、これが非常に面倒臭い!

ただでさえ面倒なのに、クレジットカードの履歴が仕入れ代(経費)と私生活利用でごっちゃになっていると、いちいち一つ一つの取引履歴を見て経費を算出しなければなりません。

果てしなく面倒ですよね?
果てしなく面倒だからと確定申告をやーめたしてしまうと、脱税になります。

必ず、せどり用(経費)のクレジットカードと、私的利用のクレジットカードは分けましょう。経費を全てせどり専用クレジットカードで払っておけば、確定申告の際の経費計算が劇的にラクになります。

クレジットカードは使い分けた方がいいの?

続いてクレジットカードの使い分けについてですが、せどり用と私的利用の使い分けは前述の通りです。必ずそれぞれ専用のカードを作っておきましょう。

また、余裕のある人はせどり用クレジットカードを複数持って使い分けるメリットもあります。
その場合は、基本ポイント還元率が高いメインカードと、特定の店舗やシーンでお得に使えるサブカードの組み合わせがベストです。

例えば、一般的な店舗の仕入れではどこでも高還元率のリクルートカードをメインに使い、イオンせどりの際は5%オフやポイントアップが狙えるイオンカードをサブで持っておく。あるいは、TSUTAYAで仕入れる際用に、Tポイントが貯めやすいYahoo!JAPANカードをサブに持っておく。などなど。

また、先の項でビジネス用カードは2枚がベストと言いましたが、これは紛失やカード不良でメインが使えなくなった時に、私生活用カードを使わなくて済むというメリットもあります。

  1. カードそれぞれの特性を生かして使い分け、
  2. かつ紛失や使用不能などのトラブルに備える

これらの理由から、せどり用に数枚のカードを持っておくことには意味があります。
ただこれは、本業サラリーマンのような社会的安定のある副業せどらー向けですね。自営業だとある程度収入を立ててからでないと何枚もクレジットカードは作れないので、最低限せどり用カードを作っておけば大丈夫です。

クレジットカードの利用限度額を上げるにはどうすればいい?

助成金

「仕入れしてると、すぐにカード限度額に達しちゃうんだけど……」

そんな悩みを持っている人も多いですよね。

一般クラスのクレジットカードならデフォルトの利用限度額は50万円前後でしょう。
これでは、月に50万以上の仕入れをする人は毎月の返済サイクルよりも早く行き詰まるので、専用ATMなどで任意に手動返済しなければなりません。

つまり、超面倒です

解決策としては、前項のようにせどり用カードの枚数を増やすか、そのカードの利用限度額を上げるしかありません。
カードを増やすのは人によっては難しい面もあるので、理想はカード限度額を増やすことです。

でも、カード限度額ってどうやって増やすのでしょうか?
方法は大きく2つあります。

  1. ゴールドカードに昇格させる
  2. 限度額を上げる交渉をする

ゴールドカードへの昇格を狙う

お使いのカードに上級カード(ゴールドカード)がある場合、グレードアップさせれば限度額も上がります。一般的なゴールドカードだと80万〜100万前後の額が最初から付くでしょう。

ゴールドカードへ昇格させるには、自分から申し込むか、利用実績(クレジットヒストリー)が貯まっていけばカード会社から招待状(インビテーション)が届く場合もあります。

せどり仕入れは一般的な利用額をはるかに超えた額を使っているはずなので、実績自体は貯まりやすいです。
返済遅れなどのペナルティを起こしていなければインビテーションも狙えそうですが、ゴールドカードはあくまで安定的な収入が求められるので、ただカードを使っていれば昇格できるものでもないのが難しいところですね。

限度額を上げてもらうよう交渉する

以外と知らない人も多いですが、カード会社に「限度額あげてもらえませんか?」とお願いすることで限度額を上げてもらえることが結構あります。

ただし、お願いが通りやすいのはもちろん「カード優等生」です。たくさんカードを使っている、きちんと返済をしているといった実績が大事です。

前述した通り、せどり仕入れをしていれば「たくさんカードを使っている」は満点です。「きちんと返済している」については、過去5年以内に返済遅延の履歴がなければほぼ問題ありません(返済遅延歴は5年間データが保存されているためです)

とはいえ、限度額に達するほどカードを使っていて、基本的にちゃんと返済していれば案外お願いは通るものです。別に断られても何かを失うわけではないので、通ったらラッキーくらいに思ってお願いしてみてはいかがでしょうか? 電話でもできますし、リアル店舗にカードカウンターがあればそこでお願いもできます。

また、普段からカードを沢山使っていると、知らないうちに利用限度額がアップしていることがあります。これはカード会社が実績をみて勝手に利用限度額を上げてくれているのですが、一言教えてくれてもいいですよね……。

もしかしたら知らない間にカード限度額が増えているかもしれないので、一応チェックしてみるといいですよ。

【まとめ】クレジットカードのポイントでツール代を稼ごう!

クレジットカード

最初に述べたように、せどりの仕入れにポイント還元率の高いクレジットカードを使うだけで月に数千〜1万円以上に相当するポイントを貯めることができます。

月の仕入れ代が数十万レベルの人は、クレジットカードを上手く使うことでツール代くらいは稼げます。
私は月に100〜150万ほどの仕入れで、毎月15000円相当分くらいのポイントを貯めています。

 

言うならば、クレジットカードもせどりで稼ぐための必須ツールの一つです。

なるべく性能が良く、最大限にトクを取れるカードを選ぶべき。

選ぶ基準は、最低でもポイント還元率1%以上。
そして特にこだわりがないのなら、年会費無料であるに越したことはありません。

今回紹介したクレジットカードは全て上記2つの基準を満たしているので、この中で自分の気にいったカードをせどり仕入れ用として愛用していきましょう。

今回紹介したおすすめクレジットカードまとめ▼▼

【文句なしの1番人気】
>>リクルートカード

【イオンせどりに必須】
>>イオンカード

【ドコモユーザーにおトク】
>>dカード

【25歳以下限定のステータスカード】
>>三井住友VISAデビュープラスカード

【最も作りやすい庶民の味方】
>>楽天カード

スポンサーリンク
Card