審査に通らない!クレジットカード審査の基準と通過のコツを解説

審査 祈り

クレジットカードの審査というと、何を調査されるのだろうとみなさん少し身構えてしまうかもしれません。

審査といっても身辺調査をするわけではなく、カード会員としてふさわしいかどうかを審査するのです。具体的に言うと、”毎月定期的な支払ができる収入があり、支払い観念がしっかりしているか”ということがわかればいいのです。

とはいっても、特に初めてクレジットカードを申込する人にとっては、不安が大きいことは間違いないでしょう。そうした不安を少しでも軽くするために、クレジットカード審査ではどんなことを調べ、どういったことが重要視されているのかいくつかのポイントに分けて解説します。

スポンサーリンク

ポイント1:収入の安定性

クレジットカードの仕組みは、カードショッピングをした代金をカード会員に代わってクレジットカード会社が加盟店に立て替え払いをする「後払い方式」です。

カード会員は1回もしくは分割でその代金をクレジットカード会社に支払います。つまりクレジットカード会社は、加盟店への支払いから約1か月間は支払いを回収できないかもしれないというリスクを負うことになります。

こうしたリスクを考えると、誰にでもクレジットカードを発行するのは無謀だということがわかるでしょう。クレジットカード会社にとっては安定した収入があるということが第一条件になります。

収入の安定性を判断するのは勤務先

クレジットカードを申込した人であればわかりますが、申込には収入を証明する書類などは添付しません。免許証のコピーなど身分を証明する書類の写しだけで申込ができます。

それでは、クレジットカード会社は一体何をもって収入を判断しているのでしょうか?

クレジットカード審査では基本的に、申込書に記載された勤務先、勤務年数、年収などから収入が安定しているかどうかを判断します。

もちろんそのまま鵜呑みにするのではなく、裏付け調査を行います。記載されている勤務先に実際に勤めているかどうかの電話確認や、年齢から判断して勤務年数や年収が妥当かどうかといった判断が行われます。

裏付け調査といっても完全な調査ではないので、これで本当に収入が判断できるのかと思う方もいるかもしれません。しかしお金を貸し付ける融資やカードローンに比べると、ショッピング利用がメインとなるクレジットカードではそれほど厳格な収入調査は行われていないのです。

勤務年数が短いと信用がない

勤務年数が数か月といった場合は、安定した収入があるとはみなされません。特に自営業では不安定と判断されるでしょう。

かといって、勤務年数を水増しするのは厳禁です。申込書の虚偽記載はたとえクレジットカードが発行された後でも、重大なカード会員規約違反になるので、クレジットカードが停止される可能性があります。

勤務年数が極端に短い場合は、収入が安定していないと判断される可能性が高いので、最低でも1年以上の勤務年数に達してから申込することをお勧めします。

専業主婦の場合

専業主婦はどういった扱いになるのだろうという疑問がありますが、世帯収入を記載する欄があるので配偶者の収入を記入することで判断しています。

クレジットカードによっては主婦申込を受け付けないケースもありますが、一般カードであればほとんどが主婦申込を受け付けています。

特にデパートやショッピング系のカードは主婦を歓迎する傾向にあるので、専業主婦の方はイオンカード、エポスカードなどを検討してみるといいでしょう。

▷▷イオンカード(WAON一体型)(公式サイト)

▷▷エポスカード公式サイト

エポスカードは年会費無料で即日発行可能!コスパ最強カードです。

2016.03.23

一般カードなら収入の低さは問題ではない

審査基準はクレジットカードのグレードによって違いがあります。一般カードへの申込であれば、定職を持ち毎月定期的な収入があるというだけで収入に関しては問題はありません。

もちろん会社勤め以外でも、自営業、農林水産業従事者、年金収入でも同様です。

ポイント2:利用実績と過去の支払い遅延

クレジットカード

クレジットカード審査において収入の安定性と同じように重要なのが、利用実績(クレジットヒストリー)です。これは、借りたものはきちんと返済する人かどうかを判断するための審査項目です。

いくら高い収入があっても支払い観念がなければ意味がありません。医師や弁護士、公務員であっても支払いを遅延するケースが実際にあるのです。

申込したクレジットカード会社に実績がなくても、他社での利用実績も考慮されます。これを可能にしているのが個人信用情報機関と呼ばれるものです。

個人信用情報機関

クレジット系の個人信用情報機関にはCICがあり、すべてのクレジットカード発行会社が会員となっています

CICとクレジットカード会社はオンラインでデータのやり取りをしていて、審査時には必ず申込者の過去の利用実績がチェックされます。支払い状況はもちろん、過去6か月間の申込も参照することができます。

そのため、自社の利用実績だけではなく、CICに加盟しているすべてのクレジットカード会社での利用も一目瞭然となります。

さらに、消費者金融系の個人信用情報機関であるJICCともデータを共有しています。以前は業種をまたいだデータのやり取りは限定的でしたが、今はすべてのデータが共有されています。

CICでは現在進行形の支払い状況もチェックできますが、過去の支払い遅延もデータ保存されています。3か月以上の遅延は『ネガ情報』という扱いになり、最低でも5年間はデータ登録されているのです。

つまり、一度でもネガ情報登録されると、5年以上は全てのクレジットカード会社でカード申込できなくなるばかりか、消費者金融の利用もできなくなります。

利用実績の判断

仕事 サラリーマン

ネガ情報登録された場合は、当然ながらクレジットカードを申込しても却下されます。では支払い遅延がなければ必ず審査が通るかというと、そうではありません。

正常に支払っている実績しかなくても却下されるケースがあります。代表的な例としては、残高やカード利用枠の総額が多すぎるという場合です。

クレジットカード会社は、一個人に対して無制限にクレジットカードを発行するわけではありません。年収に応じてその人のトータルの利用枠が決められていて、他社利用も含めてそれを超えた場合にはクレジットカードの発行を見合わせています

そのため他社カードの保有枚数が多すぎたり、消費者金融の残高が多かったりした場合には、審査で却下される可能性が高くなります。また短期間に複数の申込をすることも同様の理由で却下される可能性があります。

それでは、どれくらいの枚数や残高ならばよいのかというと、一人ひとり収入や状況が違うので一概には言えません。

クレジットカードの場合は枚数というよりは利用枠で計算されるので、同じ枚数でも総利用枠が違ってきます。すでに複数のクレジットカードを持っている場合は、不要なカードは退会処理をすることが効果的です。

最も良い方法としては、一枚のクレジットカードを長く利用して実績を積むことです。それによって増枠も可能になり、ゴールドカードなどへのグレードアップもできるようになります。

クレジットカード会社を代表するスタンダードなカードで実績を積むというのが、最も信用を高めることができる方法です。

このカードをメインにして、よく利用するポイントやマイルがよく貯まるカードを1、2枚持つのが信用を損なわずに効率的に利用できるおすすめの方法です。

メインカードとしてはやはり、『三井住友VISAカードクラシック』や『JCB一般カード』がよいでしょう。

▷▷三井住友VISAクラシックカード

ポイント3:クレジットカード審査を通過するコツ

審査 祈り

結論から言ってしまえば、こうすれば審査は必ず通るといった裏技のようなものは存在しません。申込者の信用状況や収入はそれぞれ違うので、一律のこうしなさいとは言えないからです。

共通して言えるのは、クレジットカード審査はカード申込書に記載されていることが大きな判断材料になるという点です。利用実績は変更できませんが、申込書への記載は申込者自身で行うことができます。

クレジットカード申込書の記載欄には不要なものは一つもありません。自分でこれは不要だろうという判断はしないで、すべて誠実に記載することが大切です。

最後に状況別注意ポイントを解説するのでクレジットカード申込の参考にしてください。

新卒社会人

新卒で社会人になりたての場合は、収入がはっきりしないばかりか勤務年数も短いのが普通です。通常であれば却下対象ですが、新卒だけは優遇されています

クレジットカード会社は年齢の若いカード会員を求めています。カード利用率が高く、一度作ったカードの解約率も低いからです。

将来的にも利益が見込めるので、スタンダードカードであれば審査通過の可能性は高いので、あまり不安にならなくても大丈夫です。

新卒以外で勤務年数が短いケース

新卒以外で勤務年数が数か月という場合は、転職した可能性が高いでしょう。転職自体は昔ほど珍しくはありませんが、クレジットカード会社は収入不安定と判断する可能性があります。

キャリアアップによる転職であれば同業種の前職なども申込書に記載するといいでしょう。

利用実績ゼロのケース

新卒以外で過去にまったく利用実績がないケースは、実際に使ったことがないか、使ったことがあってもCIC(個人信用情報機関)のデータ保有年数を超えて情報がすべてクリアされたかのどちらかです。

クレジットカード会社としては判断が難しいところですが、実際に却下されたというケースもあるようです。なるべくスタンダードなクレジットカードを選び、キャッシング枠をゼロにして申込してみるのも一つの方法です。

過去にネガ情報があったのではないかという疑いを持たれる場合があるので、キャッシング枠を外すことはそうした懸念を少しでも軽減できる可能性があります。

無職のケース

年金以外の無職であれば、通常は審査は通過しません。

資産が多いといってもクレジットカード会社が求めているのは毎月の安定した収入なので、資産はほとんど考慮されません。何らかの収入源があるならば、それを勤務先欄に記載してみましょう。

何もない場合は、クレジットカードではなくデビットカードの検討をおすすめします。

まとめ

以上、クレジットカードの審査基準とコツについてご紹介しました。

クレジットカードに申込をする際には、上記のことを考慮した上で、自分にふさわしいカードに申し込むことで審査通過の可能性は高まるはずです。

今回ご紹介したクレジットカード

▷▷イオンカード(WAON一体型)

▷▷エポスカード

▷▷三井住友VISAクラシックカード

 

スポンサーリンク
審査 祈り