ドコモのdカードが共通ポイントでパワーアップ!ドコモユーザーにおすすめ

dカード

かつて、ドコモの公式クレジットカードと言えば「DCMX」でしたが、2015年12月に共通ポイント「dポイント」をスタートしたことから、「dカード」へとリニューアルされました。

共通ポイントである「dポイント」になったことで、ドコモ関連サービスのみならず、提携する他社サービスでもポイントを利用したり優待サービスが受けられるようになりました。

例えば、コンビニのローソンでは購入額3%オフ+ポイント1%還元+dカード提示で1%還元になったりします。実質5%分おトクになるのはかなり強力です。

dポイント特約店であるスタバでコーヒーを買えば、還元率4%という超高還元でポイントを貯めることも可能。スタバ好きは爆速でポイントが貯まったりします。

その他にも、dカードの特徴を挙げると、

  • ポイント還元率1%と高い
  • 年会費は実質無料にすることができる
  • ドコモの電子マネー「iD」との相性が良い
  • ポイントをマイルに交換可能

などなど、年会費実質無料でポイント1%還元というだけで基本スペックは高い部類のカードです。

さらにドコモユーザーであれば↓↓

  • スマホ代でポイントが貯まる
  • ポイントをスマホ代に利用できる
  • スマホが故障や破損した場合に最大1万円の「ケータイ補償」を受けることができる

といった特典があり、それだけでも大きなメリットがあります。

現在まだDCMXを利用している人は、この機会にdカードへ切り替えておいた方が確実に良いですよ。

▷▷dカード(公式サイト)

dカードの基本スペック

カード名 dカード
国際ブランド VISA/MasterCard
年会費 税抜き1250円/初年度無料/年1回利用で翌年無料
追加カード ETC初年度無料/家族カード1枚目無料
ポイント還元率 1%(dポイント)
電子マネー ポストペイ電子マネー「iD」
カード特典
  • ケータイ補償
  • ショッピング保険(最大100万)
  • dポイントクラブ「ブロンズステージ」へ優待
おいしい特約店
  • ローソン(購入金額3%オフ)
  • スタバ(100円につき3P付与)
  • ENEOS,JAL,JTB,タカシマヤでポイント2〜4倍
申込サイト dカード

dカードの通常年会費は1,250円(税抜き)ですが、年に1回以上カードを利用すれば翌年は無料になります。

カードを作っておいて年に1度も利用しないことはないと思いますが、最悪コンビニで100円コーヒーでもカード購入すれば翌年の年会費は無料にできます。

さらに、初年度は無条件で年会費無料なので、dカードは実質年会費無料のカードであると言えます。

※ETCカードも年1回以上のカード利用で無料になります。

dポイントの貯め方・使い方

dカード

dカードのポイントプログラムは、2015年12月にスタートした共通ポイント『dポイント』です。

基本ポイント還元率は1%。つまり、カードを使えば100円利用につき1ポイントが貯まります。年会費が実質無料で基本還元率1%は充分立派な数字です。

ドコモユーザーであれば、毎月の携帯電話料金の1%のdポイントが貯まります。

dカード特約店ではさらにポイント上乗せ

スタバや伊勢丹、高島屋など、数多くのdポイント特約店では、基本ポイント1%にさらに上乗せで、特約店ごとのポイントがプラスされます。

いくつか例を挙げると、

  • スタバ:100円3ポイント
  • 伊勢丹:100円1ポイント
  • JTB:100円2ポイント
  • サカイ引っ越しセンター:100円3ポイント

などなど、他にも多数の特約店があります(公式サイトで確認できます)。

▷▷dカード(公式サイト)

スタバでいうと、100円利用につき【基本還元1ポイント+特約店ポイント3ポイント】で計4ポイントを貯めることができます。

電子マネー「iD」でもポイントが貯まる

iD

dカードは、同じくドコモが運営するポストペイ型電子マネー「iD」を利用することができます。

ポストペイ型とは「後払い」という意味で、iDで利用した金額は後からクレジットカード代金と一緒に請求される仕組みになっています。

つまり、PASMOやSuicaのようなプリペイド型とは違い、現金をチャージする必要がないので非常にラクに買い物ができることがメリットです。

(詳しくはこちら▷▷電子マネーはポストペイ型がおすすめ!iDとQUICPayの特徴まで比較!

dポイントはiDでの支払いでも貯めることができるので、数百円程度の少額決済にクレジットを使いたくない人は電子マネーで貯めることも可能です。

貯めたdポイントの使い道はいろいろ

貯めたdポイントの主な使い道としては、

  • スマホ代の支払いに使う
  • マイルに交換
  • ローソン・マクドナルド・イオンなど提携店で使う
  • ドコモ商品やdショッピングで使う
  • 機種変更代に使う
  • iDのキャッシュバックに使う

などなど色々ありますが、個人的におすすめなのは「iDのキャッシュバック」です。

キャッシュバックとは、iDで使った金額の請求分にポイントを充当することです。これなら実質的には、iDが使える全ての商品・サービスに対してポイントを活用することができます。

また、dポイントは有効期限が4年と非常に長いので、うっかりポイントを失効するリスクもほとんどなくなります。

コンビニはローソン1択!dカードで実質5%もお得に!

dカードの大きな特徴の1つに、ローソンでの購入金額が自動で3%オフになるというものがあります。これは、クレジット機能でも電子マネーiDでの購入でも割引になります。

3%オフになるだけでもスゴいのですが、それだけに留まらず、さらに割引後の金額に対して1%のポイント、さらにさらにカード提示によって1%のポイント、が付与されます。

つまり総合すると、【3%割引 + 金額1%のポイント + カード提示で1%のポイント】で合計5%分もおトクになるのです(約5%)。

通常の買い物が5%おトクになるのなら、今後のコンビニ利用はローソン1択と言っても過言ではありません。

また、実はマクドナルドもdポイント加盟店なのでカード提示で1%分のポイントを上乗せで貯めることが可能なのですが、都内の100店舗限定なので、ここでは深く言及しません。

▷▷dカード(公式サイト)

dカード特典まとめ

ケータイ補償

スマホ

dカードを利用しているドコモの携帯なら、万が一、水濡れや破損・故障・盗難などの被害が起きた際に、購入から1年以内に限り最大1万円のケータイ補償を受けることができます。ただし、補償対象となるのは同一機種・同一カラーの端末に限ります。

若干の縛りはありますが、年会費実質無料のカードで補償がついているのならありがたい限りです。ドコモユーザーにとってはあると嬉しい特典だと言えます。

ショッピング保険

ショッピング

dカードで購入した商品が破損・盗難などの被害にあった際には、購入日から90日以内に限り、最大100万円が補償されます。

年会費実質無料で100万円のショッピング保険は非常に優秀です。

まとめ

以上に説明したように、dカードの役割は非常に多彩です。

  1. クレジットカード
  2. 電子マネー
  3. dポイントのポイントカード

という3役が1枚のカードに集約されているのが、dカードの魅力であります。

と、は、い、え

正直なところ、”ドコモユーザー以外の人”にとっては、他にもより良いカードはあります。同じ年会費無料で還元率1%だとすると楽天カードYahoo!JAPANカード(YJカード)も有力候補になります。

ドコモユーザーには、お使いの携帯スマホと連携した特典やサービスが多彩なので、非常におトクなカードではないでしょうか。実質無料なのでサブカードとして持っておくだけでも、ケータイ補償が受けれたりスマホ代にポイント使えたりしますので。

ドコモユーザーで未だにDCMXを利用している人は、公式サイトでdカードに切り替えることができますので、早いうちにdカードにしておくことをおすすめします。

▷▷dカード(公式サイト)

スポンサーリンク
dカード