評判高い最大手レアジョブ英会話を無料体験レビューしてみます

Communication
  • グループレッスンだと自分の英語力が低すぎて恥ずかしくなってしまい発言できない……。
  • かといってマンツーマン英会話スクールに通うのは莫大なお金がかかる……。

今から2年前、私のこの悩みを解消してくれたのはオンライン英会話でした。

以来、オンライン英会話を続けること2年。
はじめは自己紹介ですら口ごもっていた私でも、今では日常英会話をマスターすることができました。

オンライン英会話の恩恵はそれだけではなく、頻繁にレッスンを受け続けた結果、なんとTOEICのリスニングスコアが満点にまで上がったんです。たったの2年で、です。

今やオンライン英会話のベテランユーザーの域に達した私が、評判の良い「レアジョブ英会話」の無料体験を受けてみたので、メリットデメリットなどまとめて評価してみます。

▷▷レアジョブ英会話 (公式サイト)

レアジョブ英会話に登録してみようと思った理由

オンライン英会話で国内シェアNo.1という実績

レアジョブ英会話>>レアジョブ英会話 

オンライン英会話を検討する時、意識していなくても「レアジョブ英会話 」という名前が耳に入ってきました。

なぜなら、レアジョブ英会話は国内シェアNo1という実績があり、会員数も40万人を超えているオンライン英会話の最大手だからです。

「それだけ多くの人に利用されているナンバーワンのサービスはやっぱり試してみなければ!」当然ですよね。

英語の達人たちがレアジョブ英会話をオススメしている

個人的にレアジョブ英会話に惹かれた理由として、英語の達人と言われる講師たちがこぞってオススメしているということがあります。

TOEIC本を多数手がける最強のTOEIC講師ロバート・ヒルキ氏や、TOEICテストでリスニング・リーディング・スピーキング・ライティング全て満点という神的な英語講師安河内哲也氏などもレアジョブ英会話をオススメしていました。

英語の達人たちがこぞっておすすめするのだから間違いのないサービスなのだろう、そう思いますよね。

リクルートとの提携でPontaポイントがたまるらしいと聞きつけた

Pontaポイント

「ポイントが貯まる」という言葉に弱い私にとって、レアジョブ英会話を使うとPontaポイントが貯まるというのも大きな魅力的でした。

レアジョブ英会話はリクルートと提携していて、レッスン料の2%がPontaポイントになるのです。PontaポイントはTポイントを上回る勢力を誇る4大共通ポイントの一角なので、あらゆるお店でポイント利用できます。

ただし、これについては登録時に気を付ける点があるので、後述する「リクルート校と本校で違いがある」の項目で書きたいと思います。

▷▷レアジョブ英会話 

レアジョブ英会話の無料体験で感じたメリット

講師の質を重視!講師の多くが有名大学出身者

英会話

レアジョブ英会話は「講師の質」にとても力を入れています。
講師にはフィリピンで最も頭の良い大学である「フィリピン大学」の学生・卒業生を多く採用していると言います。フィリピン大学は、日本で言えば東大のような感じらしいです。

私が別のオンライン英会話の講師に「レアジョブの採用試験は受けたの?」と個人的に聞いてみたところ、「レアジョブは学歴で足切りがあるから、受けられなかったよ……」と言っていました。

学歴が全てではありませんが、一つの指標になることは確かです。
レアジョブ英会話は教養があるフィリピン人を積極的に採用しているので、レッスンを受けた際に「英語の文法がハチャメチャ……」なんていう講師には出会いませんでした。

実際のところ、他のオンライン英会話ではたまに出会うんですよね……。

“he”と“she”をずっと間違えている講師とか……(苦笑)

検索機能にも「フィリピン大学の在校生・卒業生」だけに絞り込める項目があります。この点で他のオンライン英会話との差別化をはかっているなあと感じました。

レッスン5分前まで予約が可能

ライター

レアジョブは、レッスン時間の5分前まで予約をすることが可能です。「レッスン受けたいな~」と思ったら、もう5分後にはレッスンを受けることができるというお手軽さは非常に嬉しい。

これほどレッスン時間ギリギリまで予約ができるオンライン英会話は他にないのではないでしょうか。「急に時間ができたから、レッスンを受けよう!」なんて時は助かりますよね。

勉強法や使い方などを日本人カウンセラーに相談できる

英語初心者にとっては、「自分が今どのレベルにいて、どんな教材をつかうべきか?」など、わからないことや不安なことがたくさん出てきます。

レッスンが始まってしまえば講師とのやりとりは英語のみですから、初心者にとってはこういった疑問を日本語で相談できるサポートが欲しいところですよね。

そこはさすがのレアジョブ。日本人カウンセラーによるカウンセリングが受けられます
カウンセリングは1回15分で、目標達成のための英語学習法や、自分に最適なオンライン英会話の使い方などを教えてくれます。

無料体験の場合は2回まで、有料会員になった後は「あんしんパッケージ」を利用することで3ヶ月に1度カウンセリングをしてもらえます。やっぱり日本語で相談できる相手がいると安心しますよね。

※あんしんパッケージは別途月額980円かかります

ビジネス英会話コースがある

女性 ライター 図書館

レアジョブ英会話は、ビジネス英語に特化したプランがあるのも大きな特徴です。ビジネス英会話専用教材を使い、ビジネス英会話を教えることが可能な講師だけが対応してくれます。

他のオンライン英会話にもビジネス英会話教材はありますが、ビジネス英会話だけを専門にしたコースがあるのは珍しいです。

ビジネス英語と日常会話英語は全く別物ですから、勉強の仕方も違います。日常英会話はマスターした私ですが、ビジネスで英語を使った時はやはり苦戦しました。

論理的な話し方やメールの書き方まで、両者は全然違うんですよね。

レアジョブを利用してみて感じたデメリット3つ

デメリット 不満 赤ちゃん

ビデオを使わない講師もいる

レアジョブ英会話はSkypeを利用してレッスンを行うのですが、ビデオ機能を使うかどうかは講師に任せられているようです。
他のオンライン英会話では基本的にビデオ機能を利用するレッスンばかりだったので、レアジョブの体験を受けて一番驚いたのはこの点でした。

講師に「レアジョブではビデオは使わないんですか?」と聞いたところ、「ビデオを使う講師もいるよ」と教えてくれました。確かに講師検索を見てみると「ビデオを使ったレッスンが多い」という項目があり、ビデオを使う講師だけを検索してピックアップできるようです。

ビデオを希望する場合は、検索時にその項目にチェックを入れなければならないんですね。

講師検索機能はシンプル

講師検索の機能は非常にシンプルで、「時間」「年齢」「性別」「日本語のレベル」と、「初心者・初級者を教えることが多い」などの8項目しか絞る機能がありません。

講師プロフィールもシンプルで、クチコミなどの講師の評判や人気度がわかる項目はないです。最低限必要な情報がそろっている、といった感じでしょうか。

リクルート校と本校で違いがある

レアジョブ英会話が少し複雑なのは、「本校」と「リクルート校」でWebサイトが違うところです。

「本校」はレアジョブの元となるサイトなのですが、「リクルート校」はリクルートと提携したサービスを提供しているサイトです。

サービス内容は大きく変わることはないのですが、「リクルート校」の方で申し込んだ場合に限りレッスン料金の2%をPontaポイントとして受け取ることができます。

私はその違いがわからずリクルート校の方で申し込んだので、「本校」のサイトを開いてログインしようとしても、入れずに困りました。

また、「リクルート校」と「本校」では料金プランやテキストの充実度が違うようです。当然「本校」の方が充実しています。Pontaポイントをとるか、充実度をとるかというところです。

レアジョブ英会話の基本料金プラン

プラン名

料金

1レッスン当たり

校舎

月4回プラン

2,760円/月

690円

リクルート校のみ

月8回プラン

4,200円/月

525円

本校のみ

毎日25分プラン

5,800円/月

187円

両校あり

毎日50分プラン

9,700円/月

156円

両校あり

上記プランに可算する形で、より専門的な内容のコース指定も可能です。

コース名

料金

ビジネス英会話コース

+4,000円

TOEIC対策コース

+980円

※全て税抜き
※1レッスンは25分間
※2016年5月時点の料金プランです。変更になる場合がありますので、詳しくは下記レアジョブ公式サイトをご覧ください。

オンライン英会話を利用していない人はもったいない

私はこれまで、どれだけ英会話に投資してきたかわかりません。通学型の英会話スクールに通ったり、「これで完璧!」と書いてある英会話本を購入したり。

2年前の私は、ネイティブ講師ではないオンライン英会話で英語力が上がるのか半信半疑でした。
しかし、2年間毎週2~3回レッスンを続けてきた結果、いつのまにか日常英会話をマスターしていたんです。

格安料金なのに、毎日レッスンを受けることができるオンライン英会話でマスターできたということは、やはり英語を習得するには”頻度”が大切なのだと実感しました。

以前は海外旅行をしても“Thank you.”ばっかり言っていた私でしたが(というか、とっさに言葉が出なくてそれしか言えなかった)、昨年のイタリア旅行では、レストランで隣のテーブルになったアメリカ人夫婦と冗談を言って笑い合えるほどになりました。

「伝えたいことが伝えられる、相手の言いたいことがわかる。それだけでこんなにも旅行が楽しくなるんだ!」

そんなことを心底実感したんです。

まったくスゴい時代になりました。インターネットがこれほどの発達を見せた今の時代に感謝しかありません。

  • 海外在住経験がなくとも、
  • 留学をしなくとも、
  • 多額の費用すら必要とせず、

日常英会話をマスターできる時代になっているのです。

英会話を学ぶハードルはオンライン英会話の登場で劇的に低くなりました。
英語を喋りたい人、英会話をマスターしてグローバル社会を楽しみたい人は、オンライン英会話を利用しない手はありませんよ。

2回まで無料体験レッスンが受けられるので、気になる人はまず無料で感触を確かめてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
Communication