格安スマホ/格安SIMとは?メリット・デメリットまで理解しておこう!

sim

「ソフトバンク」「au」「ドコモ」といった従来の大手キャリアから、格安スマホ(格安SIM)に乗り換える人が急増しています。

その理由は何と言っても、スマホ料金を格段に安くすることが可能だから

格安スマホに乗り換えることで、人によっては月々のスマホ料金が今の”半額以下”になることもあります。

今回は、格安スマホ(似た意味で格安SIM)とは何か? どんなメリットとデメリットがあり、これまでのキャリアスマホとは何が違うのか、といった辺りを初心者にも分かりやすくご紹介します。

とくに、「スマホで電話をあまりしない人」ほど格安スマホのメリットを最大限に享受することができるので、ぜひ参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

格安スマホ/格安SIMとは何か?

スマホ

世間では「格安スマホ」と「格安SIM(シム)」が同じようなニュアンスで使われていますが、厳密に言うとやや違います。とはいえ、ここではひとまず「格安スマホ」のイメージを持っていればOKです。

格安スマホを語る上で、まずはスマホに必要不可欠な「SIMカード」という存在から説明する必要があります。

SIMカードとは

「SIMカード」とは、スマホやケータイ、タブレットなどのモバイル端末でデータ通信や音声通話などを行うために必要なICチップカードです。また、あなた(ユーザー)の情報を記録しているメモリーカードの役割も果たしています。

つまり、「スマホの脳みそ」と呼べるパーツですね。

SIMカードは、スマホの側面部分のスロットに内蔵されています。

sim

↑黒い穴が空いている部分↑

これはiPhoneですが、側面に小さな穴が空いているのが分かると思います。

この穴に、スマホ購入時に付属品として付いてくる器具をさすと、中のSIMカードを取り出すことができます。

sim sim

この小さいSIMカードが、あなたのデータ情報を記録していたり、データ通信や音声通話を可能にしているわけですね。スマホという”器”に、SIMカードという中身を入れることによって初めて”あなたのスマホ”として起動します。

SIMロックとは?

上記の説明を聞くと、こう思う方もいるでしょう。

”SIMカードにデータ情報や機能が入っているなら、SIMカードだけ別のスマホ(器)に入れ替えればそのスマホも使えるんじゃないの?”

これは理論上はもちろん可能なのですが、今まではできませんでした。なぜなら「ソフトバンク」「au」「ドコモ」の各キャリアが、自社のモバイル端末は自社のSIMカードでないと動かないようにブロックをかけていたからです。

この制限のことを『SIMロック』と言います。

このSIMロックの狙いは当然ながら、ユーザーが気軽に他社へ乗り換えることを難しくすることです。

しかし、「それはあまりにヒドすぎるんじゃないか、君たち?」と総務省から各キャリアに指導が入ったことにより、

2015年5月より、つにSIMロックの解除が義務化されました。

「SIMフリー」のスマホが誕生

2015年5月にSIMロック解除が義務化されたことにより、それ以降にキャリアで購入したスマホはSIMロックを解除することで『SIMフリースマホ』として利用できるようになりました(ロック解除は5分程度の操作でできます)。

SIMフリーなので、他社のプランに乗り換えようとするときもスマホ本体を買い替える必要はなく、既存のSIMフリースマホに他社のSIMカードを挿入するだけで事足りるようになったわけです。

  • 利用中のキャリアスマホを、他キャリアのSIMや格安SIMで使えるようになった!

このSIMロック解除によって安いプランに手軽に乗り換えることが可能になったので、いま現在、多くのスマホユーザーが格安プランへ大移動をしています。

破格の格安SIMを提供する通信業者「MVNO」

ユーザーが手軽にプラン(SIM)を変更することが可能になった流れを受けて、従来の3キャリアよりも遥かに安い料金プランでSIMを提供する通信事業者が続々と現れました。後に紹介しますが、大手だと楽天やDMM、BIGLOBEなども参入していますね。

MVNO(エムブイエヌオー)』と称される格安スマホ事業者たちは、キャリアのネットワーク(回線や一部設備)を借り受けて、独自のプランで通信サービスを提供しています。

つまり、自分たちで基地局や回線などの設備を持たないので、キャリアより遥かに安い価格設定ができるわけですね。ちなみにMVNO業者はほとんどドコモの回線・設備を借りています。

このMVNOが提供する「今までのキャリアより格安のプラン(SIMカード)」のことを『格安SIM』と言います。

MVNOが販売する格安のSIMカードを購入して手持ちのスマホに差し込むだけで、スマホ自体は同じまま、新たな格安プランでスマホを使うことが可能になったのです。

そして、格安SIMを挿入して安く使えるスマホのことを『格安スマホ』と言います。

  • 格安SIMカード単体のことが『格安SIM』
  • 格安SIM+端末本体のことが『格安スマホ』

ということです。

スポンサーリンク

格安スマホのメリット

Webデザイン

格安スマホについて理解したところで、実際にどんなメリットがあるのかを挙げてみます。

格安スマホのメリットは大きく3つ。

  • スマホ料金がとにかく安い
  • 豊富なプランから自分に合うものを選べる
  • MNPで電話番号を変えずに乗り換え可能

それぞれについて解説してみます。

1. スマホ料金がとにかく安い

格安スマホ最大のメリットは、やはり「料金の安さ」です。人によっては従来の3キャリアの半額以下になるレベルです。

現在、各キャリアの定額プランは最低容量でも6500円/月かかります。

対してMVNOの提供する格安スマホは1000〜2000円/月程度で済むこともあります。

  • 3キャリア:最低でも月額6500円
  • 格安スマホ:1000〜2000円程度

(※基本料金)

キャリアプランと格安スマホプランの大きな違いは、「通話代」にあります。

キャリアの定額制は、通話かけ放題の料金がすでに含まれた状態の金額です。これに対して、格安スマホの基本料金には通話代分が含まれていません。なので別途20円/30秒の通話代金が上乗せでかかります。その意味で、「通話をあまりしない人」ほど格安スマホに向いているのです。

とはいえ、格安スマホの料金プランも詳しくは各MVNOによって様々なので、その辺りはしっかり調べておく必要があります。

利用するデータ通信量によってもおすすめの料金プランは変わってくるので、移行を考えている人は自分が月にどのくらいの通話するのか、どの程度の通信量を消費しているのか把握しておいた方が良いでしょう。

2. 豊富なプランから選べる

今まではSIMロックがあったため、例えば「ソフトバンクのスマホで、auのプランが使いたい」といった希望は叶いませんでした。ソフトバンクはソフトバンクの、auはauの料金プランから選ぶしかありませんでした。

しかし、格安スマホでは、(SIMのサイズさえ合えば)どの会社のどのプランでも自由に選ぶことが可能です。MVNO全社を見渡せば選べるプランは数十にも及ぶので、より自分の利用スタイルに最適なプランを探すことができます(逆に多すぎて探すのが大変ですが……)。

3. MNP(ナンバーポータビリティ)で電話番号を変えずに乗り換え可能

正確にはSIMの種類によりますが、音声通話対応の格安SIMなら、電話番号をそのまま引き継ぐことができる『MNP(モバイル・ナンバー・ポータビリティ』が適用可能です。電話番号が変わる心配がないので安心ですね。

格安スマホのデメリット

デメリット 不満 赤ちゃん

格安スマホには大きく3つのデメリットもあります。

  • キャリアメールは使えない
  • 通信量は少ない
  • サポートが充実していない

それぞれ見てみましょう。

1. キャリアメールは使えない

格安スマホは、これまでのキャリアメールは使えなくなります。

  • ◯◯@softbank.ne.jp
  • ◯◯@ezweb.ne.jp
  • ◯◯@docomo.ne.jp

↑こういうアドレスのヤツですね。LINEが誕生して一気に廃れた感じがありますが……。多くの人はLINEであったりGmail辺りを使っているようです。

2. 通信量は少ない

格安SIMは、キャリアに比べて使える通信量は少ないです(3GB/月など)。その代わりに安いので。容量制限はプランによってピンキリですが、キャリアスマホ並に使うとするとそれだけ割高になり、格安スマホの意味が薄れてしまいます。

もともと格安スマホは「スマホをそこまで利用しない人」がおトクに使えるプランなわけですが、例えばモバイルWi-Fiと組み合わせて使うなど工夫することで、キャリア並に使いながらトータルコストを抑えることも可能です。

【参考記事】今話題のポケットWi-Fiとは?外出先でネットを利用したい人におすすめ!

3. サポートが充実していない

今までは、スマホに問題が起きた時には近くのショップに相談に行けばサポートしてくれましたが、格安スマホを提供するMVNOはサポートサービスを用意していないところも多いです。

サポートサービスを有料で提供しているところもありますが、キャリアに比べれば手厚さは劣ります。

格安スマホはこんな人たちにおすすめ

IPhone

電話をあまりかけない人

キャリアの主要プランは電話かけ放題を含んで高い料金になっています。これは電話をあまり利用しない人にとっては損にしかなりません。

格安スマホは、通話分は基本料金に上乗せされるカタチなので、電話を利用しない人は格安スマホの方がおトクに使えます。

ただし、格安スマホはキャリアに比べて通話料が高いことは忘れてはいけません。相場で見ると、月の通話時間がおよそ120分を超えると両者が逆転してキャリアのかけ放題の方が安くなる傾向にあります。

通信量をあまり使わない人

そもそも、スマホ自体そこまでガッツリ利用しない人もいます。キャリアの通信量(月7GB)が余りまくる人は格安スマホの方がおトクです。

動画を見たりゲームをするわけでもなく、普通にWeb閲覧したりメールをする程度なら、通信量が少なく通信速度もキャリアほど早くない格安プランでもストレスなく利用できるでしょう。

Wi-Fiを併用している人

自宅や仕事場ではWi-Fiを使って通信している人は、スマホ自体の通信量はそこまで利用していない人もいます。

そんな人は、ネットは可能な限りWi-Fiで済ませ、スマホは通信量を抑えて格安スマホに移行した方がトータルコストを安く抑えることができるのでおすすめです。

現在キャリアスマホで7GB/月の制限を少々オーバーして課金している人は、ポケットWi-Fi + 格安スマホのコンビにした方が安くなるかもしれません。

【参考】通信速度制限の7GBはどのくらい?制限解除の方法や回避策まとめ

人気のおすすめMVNO3社を紹介

最後に、人気どころの格安スマホ(MVNO)を3社ほど紹介しておきます。

楽天モバイル

楽天モバイル【楽天モバイル】 

プラン データ容量 月額料金
ベーシック 無制限(速度200kbps) 1,250円
3.1GBパック 3.1G 1,600円
5GBパック 5GB 2,150円
10GBパック 10GB 2,960円
オプション(有料)
  • 安心サポートサービス
  • 留守番電話
  • キャッチホン
  • 容量追加パック

(※音声通話付き料金プラン)

楽天モバイルの特徴3つ。

  • 料金の支払いで楽天スーパーポイントが貯まる
  • 低速だけど格安の通信無制限プランあり
  • 格安SIMのみ、SIM+スマホのセット購入もOK

▷▷【楽天モバイル】 

【参考記事】【格安SIM】楽天モバイルの料金プラン・通信速度・特典まとめ

DMMモバイル

DMMモバイルDMM mobile 

プラン データ容量 月額料金
1GB 1GB 1,260円
2GB 2GB 1,470円
3GB 3GB 1,550円
5GB 5GB 1,970円
7GB 7GB 2,740円
8GB 8GB 2,840円
10GB 10GB 2,950円

(※シングルコース[音声通話付き]プラン)

DMMモバイルの特徴は、業界最安値という価格の安さ。とにかく安さにこだわるならDMMモバイルです。

上記は音声通話付き(つまり電話機能付き)のプランですが、対するデータ通信(データ通信のみ)プランだとさらに安くなり、最も安いライトプランだと月額料金はなんと440円です。

▷▷DMM mobile 

【参考記事】MVNO最安の料金設定!DMMモバイルの格安SIM特徴まとめ

mineo(マイネオ)

mineomineo 

データ専用SIMプラン(auプラン)

基本データ容量 月額料金
500MB 700円
1GB 800円
3GB 900円
5GB 1580円
10GBパック 2520円

【音声通話付きプラン(auプラン)】

基本データ容量 月額料金
500MB 1310円
1GB 1410円
3GB 1510円
5GB 2190円
10GBパック 3130円

mineoは、ほとんどのMVNOがドコモ回線を使うなかで、初めてauの4GLTE回線を使ったことが特徴のMVNOです。

2015年9月より他MVNOと同様のドコモ回線の提供もスタートしたので、au回線とドコモ回線のどちらも選べるという日本初のマルチキャリア方式を採用しているMVNOです。

mineoの主な特徴は以下の通り。

  • auスマホで格安SIMが使える
  • データ容量を家族で分け合える
  • オプションサービスが充実している

以前は最大5GBプランまでしかなくライトユーザー向けのMVNOでしたが、2016年1月より10GBプランも出たので、ガッツリ使うこともできます。

契約にあたっては「auプラン」か「ドコモプラン」かを選ぶことができます(上記料金表はauプラン)。

▷▷格安スマホmineo 

【参考記事】auスマホで格安SIMを使うなら評判のmineo(マイネオ)で決まり!

 

まとめ

これまで、スマホをそこまで利用しない人にとって3キャリアの料金プランは高すぎました。しかし、いかんせん「ソフトバンク」「au」「ドコモ」以外の選択肢がないものだから、仕方なく高い月額料金を払ってきたと思います。

しかし、2015年5月のSIMロック解除義務化により3キャリア以外のMVNO業者が参入したことで、スマホ市場に初めて「競争」が生まれつつあります。今後おそらく、MVNO各社の競争によって格安スマホはさらに低価格化が進んでしょう。

格安スマホに移行して自分の利用スタイルにあったプランを選ぶことで、月に数千円単位の節約が可能になります。毎月の家計が苦しい人は、削減できるところから賢く節約していきましょう。

スポンサーリンク
sim