無料から使えるせどり風神2の評判やメリットデメリットをレビューするよ!

せどり風神画像

せどりで稼いでいけるかどうかの生命線は、言うまでもなく「仕入れ」にあります。
つまり、仕入れに使う検索ツールは、せどらーにとって命綱と言えるほど重要な存在でありパートナーです。

そんなパートナー選びは慎重に行いたいものの、せどりツールは多すぎるし、初心者にはどれが良いのか判断できない人も多いと思います。

そんなわけで今回は、私がせどりを初めてから現在まで4年ほど愛用している『せどり風神2』について、業界内での評判からメリット・デメリットまでわかりやすくレビュー解説したいと思います。

もはや「せどり風神」の名を知らない人はいないほど有名&人気のツールなので、今さら説明は不要かもしれませんが……、これからせどりを始める人は参考にしてみて下さい。

無料会員コースならカンタンに無料登録するだけで使うことが出来るので、今日からすぐに始められますよ。

▷▷せどり風神公式サイトはこちら

最も評判高いせどりツールの1つとして愛用されるせどり風神2

せどり風神画像

せどり風神2とは?

まずは、せどり風神について簡単に紹介します。現在は『せどり風神2』にグレードアップしています。

せどり風神2は、ココデ・グローバル株式会社という会社が、『システムせどり研究所』というせどりサイトで提供・運営をしているせどり検索ツールです。

何度も言うように、せどり業界では知らない人はまずいないほど有名なせどりツールであり、利用者も非常に多いです。

私は2012年頃にせどりを始めましたが、オススメのせどりツールなどをネットで検索するとほぼ確実にせどり風神の名前が上がっていたので、迷わずせどり風神を購入しました( 私はいきなり有料会員からスタートしました)。

それ以降ずっとせどり風神を愛用していますが、今の所は変えるつもりはありません。
それほど便利かつ高性能ですし、せどり風神の機能でせどり仕入れの全てがまかなえると思っています。

ちなみに、せどり風神2を提供・運営する「システムせどり研究所」では、せどり風神2の他にも、価格改定ツールの「価格雷神」、出品ツールの「出品千手」といった、複数のせどりツールを開発・提供しています。

スクリーンショット 2016-04-14 11.29.20

 せどり風神は無料ツールとしても利用できる

料金プランについて詳しくは後述しますが、せどり風神は有料会員コースと無料会員コースまであります。

無料コースなら、システムせどり研究所の無料会員登録をするだけで使えますので、お試しで使ってみることが可能です。
とはいえ、無料版は検索回数や機能が限定されているので、本格的に使っていきたいなら下記で説明する有料コースに入った方が良いでしょう

せどり風神2の無料登録はこちらから簡単にできますので、パッと登録してから近くの本や漫画などで実際に検索サーチしてみて使い心地を試してみるのもアリですね。

将来専業を目指すなら有料会員でなきゃダメ。

ただし、無料で使えるのはあくまで”お試し利用”の範囲です。1日の検索数上限が100回しかないので、無料会員のまま本格的に稼ぐのは難しいです。さすがにビジネスなので、そんな虫の良い話はありません。

月に10万以上稼ぎたいような割と本気の人であれば、最高会員クラスの「フル機能会員」の30日間無料利用と約100Pのせどりガイドブック「虎の巻」がセットになった『虎の巻セット』の方が良いです。

せどり風神 虎の巻

こちらのセット価格は9800円です。
私は専業でやっていくつもりで始めたので、いきなりこっちを購入しました。全くの初心者だったので、せどりのスターターガイドブック「虎の巻」を読んでみたかったからです。

この虎の巻はいわゆる情報商材的なモノではなく、せどり初心者向け〜中級者向けの教科書といった感じですね。せどりの初歩的な知識やブックオフでの仕入れ方、せどり風神2のマニュアルなどの基礎が網羅的にまとめてあります。教科書+説明書といった感じ。

なので、せどりで本格的に(月10万以上)稼いでいくつもりの人は1万円程度の出費は覚悟してセット購入した方が話が早いです。フル機能会員が30日間無料で使えるので、いきなり全機能を試すことができますしね。

>>次世代せどりツール&マニュアル・せどり風神『虎の巻』withせどり風神「フル機能会員」30日利用権

会員のクラスはいつでも変更できるので、30日間無料で使ったあと、シレッと安い会員に移るのもアリです(私はそうしました 笑)。

スポンサーリンク

せどり風神2のメリット:高度な機能の数々を紹介

まずは、せどり風神2の強みである高度な機能の数々を紹介していきますが、時間がある人は上の公式動画を一度見ておくとイメージが掴みやすいかもしれません。

せどり風神2の機能の特徴としては、ざっと以下のようなポイントが挙げられます。

  • 本・CD/DVD・おもちゃ・ゲーム・家電系など、およそ何でも検索可能
  • サーチ商品の推奨売価・予測販売日数・予想利益額などを出してくれる
  • 検索フィルターを自分好みに調整できる(「良い」基準、「非常に良い」基準など)
  • Amazonの1年間の平均ランキングを出してくれる
  • ブックオフ、TSUTAYA、ゲオのバーコードも解析可能(有料会員のみ)
  • バーコードリーダー(ビームせどり)との相性が良い
  • 他のツール(価格改定ツールや出品ツール)を無料もしくは割引で利用できる

などなど、こんな具合でしょうか。

本当はもっと精密で高度な機能も使えるのですが、私はそこまで全機能をフルに使っていないので(というか使う必要なし)、特に大きな強みとなっている部分のみ注目してみます。

メリット1:検索対象は本から家電までおよそ何でもサーチ可能

まず最初に重要なポイントですが、せどり風神2は本やCD/DVDやゲームといった王道商材はもちろん、家電やおもちゃやカメラといったマイナーな商材までほぼ全て検索可能となっています。

とくに変わった商材を売っている人でない限りは、せどり風神で検索できない商品はないと思って良いでしょう。

メリット2:推奨売価・予想販売日数・予想利益額・ライバル出品者の価格など表示

せどり風神2で商品を検索すると、検索結果として「推奨売価」「Amazonランキング」「予想販売日数」「予想利益額」「ライバル達の価格」など、様々なデータが瞬時に返ってきます。

これにより、その商品を仕入れるべきかどうか、様々な判断材料を簡単に得ることができます。

  • 推奨売価 ⇒ (◯◯円くらいで出品すれば良いんだな)
  • Amazonランキング ⇒ (Amazonランキング◯位か。いけそうだなorやめておこう)
  • 予測販売日数⇒ (大体売れるのに◯日くらいかかる見込みか)
  • 予想利益額 ⇒ (◯円くらいの利益が出そうだ)
  • ライバル達の価格 ⇒ (ライバルが多いな、少ないな、みんな価格が均衡しているな)

といった具合に、検出されたデータの数字によって、その商品を仕入れるべきか否かという判断を限りなく正確にアシストしてくれます。

メリット3:検索フィルターを自分好みに調整できる

さらにせどり風神2では、検索の設定(つまり検索結果の基準)を非常に細かくカスタマイズできます。

例えば、商品の品質基準として「可」「良い」「非常に良い」「ほぼ新品」「新品」とそれぞれに設定できるのはもちろん、FBAか自己発送かという設定も可能です。

それに加え、とくに私的に嬉しいのは「コンディション可(のライバル商品)を無視できる」設定ができることです。

例えば、やや極端ですが、以下のようなCDの出品相場があったとします。

  • 可(レンタル落ち) 1000円
  • 可(レンタル落ち) 1100円
  • 可(激しいキズ)  1200円
  • 良い        2000円
  • 非常に良い     2300円

このようなケースの場合、検索ツールが最安値付近を占める可の商品群を取り込んでしまうと、はじき出す推奨売価が1500円付近と出てしまいかねません。もしこのCDが900円の仕入れ値なら、見逃してしまう可能性があります。

しかし、せどり風神は「可を無視する」設定が使えるので、きちんと2000〜2300円近辺の推奨売価をはじき出してくれます。 2000円強で出品できるのなら、900円で仕入れれば十分に利益は出せると判断でき、仕入れ機会を逃しません。

とくにCDやDVD市場は「可」の商品(主にレンタル落ち)が大量に出品されているので、可を無視して仕入れができるか否かで、仕入れの質が相当変わってきますよ。

メリット4:Amazonランキングは1年間の平均順位を出してくれる

せどり風神は、商品の検索結果にAmazonランキングの1年間の平均順位を出してくれます。コレ、地味ですが非常に重要なポイントです。

他の記事でも何度と言っていますが、Amazonランキングというのは、その時その瞬間の暫定ランキングにはあまり意味がありません。なぜなら、Amazonランキングは売れた瞬間に順位が跳ね上がる仕組みだからです。

簡単な例を出すと、これまで全く売れていない商品でも、たまたま昨日1個売れただけで、今日のAmazonランキング上位に上ってしまう仕組みです。

なのでAmazonランキングは必ず、最低でも過去3ヶ月間の平均ランキングを見なければなりません
数ヶ月、半年、あるいは1年に渡って平均的にランキング上位にいることが、本当の売れ筋商品である証明になります。

メリット5:ブックオフ、TSUTAYA、ゲオのバーコードも解析可能

せどりで商品検索をする時は、大体の場合は商品のJANコード(バーコード)から検索しますが、お店によっては店舗独自の値札シール(商品バーコード)が貼ってあってJANコードが隠れてしまっているときがあります。(というか隠されている)

この店舗独自の商品バーコードを「インストアコード」と呼びますが、せどり風神2は、ブックオフ・TSUTAYA・ゲオに限り、このインストアコードでも解析して検索することが可能です。

この解析機能によって、JANコードがない、あるいは見えない商品であっても検索サーチすることができるので、仕入れの幅がグッと広がります。特にブックオフせどりをしている人にはかなりありがたい機能です。

ただし、このインストアコード解析機能は有料会員限定の機能です。ブックオフせどりを主流にする人はインストアコードが使える有料会員に入った方が確実です。

有料会員コース(虎の巻セット)

バーコードリーダー(ビームせどり)と相性抜群!本せどりなら最強ツール

せどり風神2は、バーコードリーダーを使ったビームせどりと特に相性が良く設計されています。
というのも、せどり風神2を提供しているシステムせどり研究所は、ビームせどりを推奨しているからですね。

せどり風神2は、ビームせどりで取得した約500商品のバーコードを最短1秒で解析することが出来ます。

この検索スピードはせどりツールの中ではトップレベルなので、特にサーチ量がモノを言う本せどりにおいては圧倒的なパワーを発揮します。

以下の動画は、バーコードを読み取っているスピードを見せつける動画ですが、手打ちで数字を入力するのに比べてどれほど早いかが分かると思います。

次世代せどりツール&マニュアル・せどり風神『虎の巻』withせどり風神

【本せどり × バーコードリーダー × せどり風神】の組み合わせは最強セットです。

メリット6:他ツールを割引・無料で併用利用することができる

せどり風神を提供するシステムせどり研究所では、検索ツールであるせどり風神の他にも、以下のサービスを運営しています。

  • 『価格雷神』⇒自動価格改定ツール
  • 『出品千手』⇒Amazon出品ツール
  • 『出品代行』⇒出品作業を代行してくれるサービス
  • 『アフターせどり』⇒顧客への自動セールスレターサービス

せどり風神2に無料登録(つまりはシステムせどり研究所のアカウントを取得)しておくと、これらのサービスが全て利用できるようになります。

もちろん、各サービスはそれぞれ基本的に有料でありますが、限定機能であれば無料または割引価格で使えたりします。この辺りについては、詳しくはシステムせどり研究所のアカウントを取って公式サイトで確認をしてみて下さい。

▷▷アカウント無料登録はこちら(所要時間2分)

▷▷虎の巻マニュアルセット・フル機能会員30日お試しはこちら

せどり風神2のデメリットは?

デメリット 不満 赤ちゃん

ここまで、せどり風神2のメリットとなる機能を紹介しました。

では、デメリットとしてはどんな点があるのか?

…………。

それが、本当にコレといったデメリットがないんですよね。本当にこれまで何不自由なく使ってきているので。

一時期は他の無料アプリや検索ツールを試しに使ってみましたが、やはりどの検索ツールも微妙に物足りないところがあって結局せどり風神に戻ってきてしまいました。

せどり風神のデメリット……なんだろう?

強いてあげるならユーザーインターフェースが質素なくらいかな?(笑)そんなことはどうでもいいのですが。

本当にパッと思い浮かばないので、何かデメリットとして忠告すべきポイントが見つかったらまたここに追記します。といってもすでに4年使ってるんで今さら何もないのですが……。

せどり風神2の月額費・料金プランをチェック!

貯金

というわけで、最後にせどり風神2の料金プランをチェックしておきましょう!

大体以下の表のようになっています。

契約コース スキャン数 ブックオフ
コード解析
価格
無料版
(契約無し)
100回/日 × 無料
ライト会員
のみ
1500回/日 × 3800円/月
フル機能会員
のみ
1万回 13800円/月
(実質10200円/月
ライト会員

フル機能会員
2万回/日 3800円/月

13800円/月
(実質10200円/月

※記事執筆時点の料金価格です。

価格の「実質」というのは、フル機能会員以上になると”ボーナスポイント”と呼ばれるポイントが毎月もらえ、そのポイントを月額費に充てられるので(実質価格)という表記になります。

会員のランクは、「無料」「ライト会員」「フル機能会員」「ライト+フル機能会員」の4つに分かれています。

まず大きな違いは、1日の上限スキャン数です。これは1日に検索できる回数の制限です。

ぶっちゃけてしまうと、上限100回(無料版)はちょっと少なすぎます。
お小遣い稼ぎ程度にせどりをするなら1日100回でも大丈夫かもしれませんが、本気でせどりで稼いでいくなら、検索100回なんて一瞬で終わってしまいます。

初心者にオススメはライト会員

私が推奨するのは、ほどよくバランスの取れた「ライト会員」です。
私自身もずっとライト会員ですし、これからもライト会員です。

月額費も3800円でまぁ安いモンですし、私はCDやDVDが主体でそれほど仕入れでの検索回数は多くないので、1日に1000サーチで十分すぎます。

ただ、ライト会員だとブックオフバーコードの解析機能がついていないんですけどね。
私はブックオフはメインの仕入れ先ではないので特に影響ありません。なのでライト会員で特に不自由はしませんね。

ただし、下記で説明しますが、虎の巻セットを購入すればフル機能会員が30日間無料で利用できるので、まずはフル機能会員から入って、機能が使いきれないようであれば無料期間のうちにライト会員に移るのが得策です。

本せどり・ビームせどりならフル機能会員以上

本せどり&ビームせどりの人だと、恐らくライト会員では物足りません。
ビームを使うと1日の検索数が10000回を超えるのも普通なので、フル機能会員以上になっておいた方が良いでしょう。

検索回数の問題以外にも、フル機能会員クラスになると、他のサービスが優待価格で利用できたり、システムせどり研究所が提供しているせどり教科書「虎の巻」や起業セミナー、メルマガコンサルみたい特典を無料で受けることができます。

フル機能会員の30日間無料利用と、初心者〜中級者向けのせどり教本「虎の巻」がセットになったコースがあるので、ロケットスタートで稼ぎたい人はこちらの方がおすすめです。

>>虎の巻マニュアルセット・フル機能会員30日お試しはこちら

ただしこちらのセットは9800円しますので、自分がどれだけ稼ぎたいかというコスパを考えた方が良いでしょう。あくまで副業、月に1万円とか2万円とかお小遣いを稼ぎたいという人にはコスパが悪いかもしれません。そんな人は無料のお試し利用だけで十分です。

▷▷せどり風神2無料お試し利用はこちら

まとめ

以上、人気せどりツール『せどり風神2』の特徴をまとめてみました。

あーだこーだと述べてきましたが、ひとまずせどり風神が検索ツールとして非常に優秀であることは、その知名度や利用者の多さが証明しています。

もちろん人それぞれのせどりスタイルによって使い勝手は異なると思いますが、少なくとも私はせどり風神で十分に満足していますし、これからもせどり風神2を使っていきます。

ひとまず言えることは、とりあえず試しに使ってみなされ、ということ。

1日100回の検索回数で足りるならば無料登録するだけで使えるので、お試しの意味でもまずは使って見て下さい。それで気に入ればその後も使い続ければいいし、あまりピンとこなければ他のツールを試してみれば良いのです。

ただし、本格的にせどり風神で行くと決めた場合は無料会員ではやっていけません。検索回数が少なすぎます。

せどりで稼いでいくと腹に決めているのなら、多少の月額を払っても有料会員になっておきましょう。私個人としては、フル機能会員の30日無料利用から入って、(無料期間が終わったら)その後はライト会員で十分だと思います。

せどり風神画像

最後に。

ツールの話題を出すと、ときどき無料ツールにアホみたいにこだわる人もいますが、そういう人は周りやネットでせどりで稼いでいる人を観察してみて下さい。

それなりに稼いでいる人で、ツールにお金を一切かけてない人っていますか? いませんよね? 少なくとも私の観測範囲ではいません。稼いでいる人はいつだって、稼ぐために適切な「投資」は怠らないからです。

月々数千円の投資もできないようでは、どのみち商売には向いていません。「コストは一切かけずにたんまり稼ぎたい!」なんて小学生が思い描く夢物語を望んでいるなら、その夢はくだけるだけなので今のうちに引き返した方が賢明ですよ。

>>次世代せどりツール&マニュアル・せどり風神『虎の巻』withせどり風神「フル機能会員」30日利用権

スポンサーリンク
せどり風神画像