せどりで起業!初心者が今日から踏み出す5つのステップ

johnhain / Pixabay

”誰でも”、”今日から”始められる「せどり」というビジネスの実際の始め方を、5つのステップで解説します。

「そもそもせどりってナニ?」という方は、お先にこちらの記事「初心者でも一人ですぐに起業できる『せどり』を分かりやすく解説します。」をお読み下さい。  

この記事では、「せどりには興味があるけど……やってみたいとは思うけど……」実際何から手をつけていいか分からずに立ち止まっている人達は、ぜひ参考にして下さい。

スポンサーリンク

①|まずはクレジットカードを用意する

社会人の方は持っている方が多いですが、学生だとまだ自分のクレジットカードを持っていない方も多いと思います。 クレジットカードはAmazon等で自分のお店を持つ際に必要になりますので、持っていない方は必ず作っておきましょう。

クレジットカードには審査がありますので、まだ学生の人は後々のため今のうちに作っておくことをオススメします。

当サイトでは、フリーランサーや個人事業主に向けたおすすめのクレジットカード情報も記事にしていますので、よろしければそちらの記事も参考に。

もし現在、学生やフリーターであれば、高還元率で非常に審査が緩い楽天カードや、即日作れるエポスカード あたりを作っておくのが良いでしょう。

 

②|Amazonの出品用アカウントを取得して、自分のお店を用意しよう

せどりと言えば、売る場所としては【Amazon】か【ヤフオク】のほぼ2択になります。

これは両者とも一長一短あるのですが、慣れてくると両方で売る人も多くでてくるので、「どちらかを選ばなければいけない」ということはありません。

ただ私個人としては、初心者には【Amazon】をオススメします。

理由としては、とにかくラクだから。

後述する「FBA」という、商品管理から発送、顧客管理までをAmazonが代行してくれる超便利サービスが使えることや、Amazonという超人気で超安心のプラットフォームは現在最も利用者が多いマーケットだからです。

 

出品には出品用のアカウントが必要

Amazonで物を売るには出品するためのアカウントが必要です。Amazonのホームページから登録できるので、面倒なことは一切ありません。

ただ画面に従ってアカウント登録するだけなので困らないかと思いますが、もし不安な方はネットで「Amazon出品アカウント 取得」とかってググって下さい。キャプチャ付きで超わかりやすく解説しているサイトがうじゃうじゃ出てくるので、この記事では書きません。  

スポンサーリンク

「初心者」または「副業」の人は、【AmazonFBA】というサービスへの登録を推奨

FBA(フルフィルメント by Amazon)というサービスは簡単に言うと 『在庫の管理や商品の発送、購入者対応まで、運営のほとんどの業務をAmazonがやってくれる』というサービスです。

このサービスを利用すれば、あなたのすることは基本的に3つだけ。

  1. 商品を仕入れてくる
  2. 仕入れた商品を出品登録する
  3. 登録した商品をAmazonに郵送する

これなら週末だけの作業で可能ですね。

すると、あなたの商品は全てAmazonが所有する専用倉庫で保管され、さらに商品の注文が入ると倉庫スタッフが勝手に商品を購入者へ発送してくれます。その際には「注文入ったので送っておきましたよ〜」という通知をメールしてくれます。

つまり、売る商品を仕入れて倉庫に送ってしまえば、 あなたが寝ている間に、本業の仕事をしている間に、商品は勝手に売れて発送されて売上があがるという仕組みを作れます。  

FBAを利用しないと、仕入れた商品は全て自宅に保管し、お客さんから注文が入るたびに商品を抜き出して丁寧に梱包して発送までしなくてはなりません。

さらにこの作業が雑だったり遅れてしまうと、購入者からのクレームにも繋がります。 一日に10商品でも売れてくるようになると、昼間に仕事をしているようでは、「迅速な発送」はまず出来ません。

そんな理由から、「専業」で出来ない人はFBAサービスを利用することを強く勧めます。  

また、ヤフオクのような購入者とのやりとりや、クレームや返金・返品に対する対応に苦手意識を持っている方も安心です。購入者とのやりとりも基本的に全てAmazonのサポートセンターが代行してくれます。

返金や返品対応もAmazonが全て担ってくれるので(むしろこっちが知らない間に勝手にやってるほど)、購入者側とのトラブルを心配する必要もありません。  

といったように超便利なFBAですが、もちろんAmazonがタダでやってくれるわけではありません。

FBAを利用するお店は、商品が売れるごとに『FBA手数料』なるものを取られます。商品の値段に合わせて変動するものなので一概には言えませんが、売れた値段の15%〜25%ほどが手数料で差し引かれます。  

『FBA』か『自己発送(全部自分でやる)』のどちらが得なのか? というお題は今でもよく議論されていますが、初心者または副業を前提としている方は、何も考えずにFBAに登録しておくことを強くオススメします。

FBAはいつでも登録解除することが可能ですが、あまりにFBA利用者が増えすぎると新規登録を制限している時期があります。

FBA登録はアカウント取得時に登録することができます。この辺りの手順も、アカウント取得と同様に手取り足取り詳しく解説してくれているサイトがごまんとあるので、各自でググって登録してみて下さい。難しいものでは決して無いので、30分もかからず簡単に登録することができます。

 

 

③|軍資金を10万円用意しよう

せどりは物販ビジネスですので、当然売る商品を仕入れるための軍資金が必要になります。

仕入れる商品(本、CD、DVD、ゲームなど)や、仕入れる店舗などにもよりますが、ある程度しっかりと(ビジネスとして)スタートしたいのなら、やはり10万円ほどの軍資金が欲しいところです。

10万円の初期費用があれば、初月から数万円の利益をあげることも充分可能ですし、何より『小さいながらも自分でビジネスを始めた』という実感とモチベーションが湧きます。  

「10万円なんてないよ……」という方。 貯金があるなら軍資金に回しましょう。

貯金、現金がないならクレジットカードを使いましょう。 貯金もないし、クレジットカードも限度額いっぱいだし、どうやっても10万円もないという方は生活を見直しましょう。給料を貰っているなら、生活の支出を抑えることで10万円程度は作れるはずです。

貯金もクソもない無職ニートの方。バイトをしましょう。10万円なんて学生でも一ヶ月で稼げます。軍資金を作るために1ヶ月だけでもいいのでバイトしましょう。

バイトすら嫌なら、家の家具やら不用品を全て売りましょう。一般的にどんな家でも不用品を全て売れば10万円程度にはなると言われています。

以上の条件で、「面倒くさいな」「やだな」と思った方は、まず起業には向いていないし出来ないので、このページをそっと閉じましょう。  

ちょっと厳しい言い方ですが、 特にネットビジネスで起業してみたいと思っている方の中には 「お金を一切かけないで儲けたい」「誰とも会わずに一人で儲けたい」「出来るだけ動かずに儲けたい」 と思っている人がびっくりするほど多くいます。

そんな夢のようなビジネスは「ない」と考えた方が良いです。 「お金を稼ぐ」最も効率的な方法は、「お金を使う」ことです。お金を使ってお金を稼ぎましょう。

 

④|サーチツールを入手しておこう

せどりには、無料のものから有料のものまで、様々な用途のツール・サービスが沢山あります。

このせどりカテゴリーの記事でも色んなツールについて紹介していこうと思っていますが、今日からせどりを始めるビギナーの方は、いきなり各種ツールやサービスを完璧に揃える必要はありません。

経験を積んでいくうちに各ツールの情報と出会い、その良し悪しが分かってくると思うので、揃えるのはその時で大丈夫です。 はじめの一歩を踏み出す現段階で、最低限必要となるツールは一つだけです。

それは商品の「サーチツール(アプリ)」です。

これは、お店などにいって商品をサーチする際、バーコードの番号を打ち込むだけで瞬時にAmazonマーケットでの値段や売れ行きランキングなど、その他情報を詳しく算出してくれます。

基本的に仕入れとは、このサーチツールを使って、店頭価格と(ツールが算出する)Amazon価格に差があるものを探すという作業になります。  

おすすめの仕入れツールは「せどり風神」

 

せどりをしている人で知らない人はいないでしょう。それほど人気と知名度が高いせどりツールが「せどり風神」です。

私もせどりを初めてまずせどり風神を使いましたが、以降結局ほかへ乗り換えることなくずっとせどり風神を使っています。無料アプリもいくつか試してみましたが、やはりせどり風神が最も使いやすく、正確に詳細にサーチできると思います。

せどり風神は、無料会員コースから有料会員コースまでありますが、初心者はまず無料会員コースでお試し感覚で使ってみるのが良いと思います。高機能すぎて最初のうちは使いこなせないかもしれないので。

無料会員ならカンタンに無料登録するだけで済むので、気軽に始めることができます。

せどり風神の詳しい機能や実績なんかは、公式ページでご確認下さい。

がっつりせどりで稼いでいくつもりであれば、最初から有料会員になっておいた方がいいかもしれません。

価格改定ツールなら『プライスター』

スクリーンショット 2016-01-26 18.51.25

プライスター

さらにやる気があるのであれば、サーチツールの他に、商品の価格改定や売上管理を自動で行ってくれる総合管理ツールを導入しておくことをオススメします。本当に始めたての頃は必要ないかもしれませんが、いずれ必ず導入することになります。

価格改定から商品や売上の管理まで万能にこなすツールとして、「プライスター」が最も人気でオススメです。

総合せどりツール『プライスター』は、商品の自動価格改定やカンタン出品登録、利益率や売上管理から税務サポートまで、仕入れ以外のせどり業務を全てサポートしてくれる、せどり業界では知らない人のいない大人気ツールです。

 

ステップ⑤|スマホ(ツール)を持ってお店にゴー

さぁ、もう準備は整いました。 お店(アカウント)、軍資金、ツール。

足りないものは、売るための商品だけです。

なので早速仕入れにいきましょう。

せどりで売れる商品は本当に沢山ありますが、最もスタンダードかつ初心者向けなのは、『本』『CD』『DVD』『ゲームソフト』の中古商品です。

TSUTAYAでもゲオでもDORAMAでもブックオフでも、どこでもかまいません。 まずはお店に行ってみて、「商品をリサーチする」という作業を体感してみて下さい。

商品の背面にあるJANコードと呼ばれる13桁の番号をダウンロードしたアプリに打ち込めば、その場でAmazon相場との価格差を割り出すことができます。

初心者のうちは、そうそう仕入れられる(充分な価格差のある)商品を見つけることは難しいかも知れませんが、「お店に行ってリサーチをしてみる」という行動が、今までネットで起業について調べるだけだったあなたにとって、  

大きな大きな大きな大きな一歩になるでしょう。    

まとめ

長々と説明してきましたが、いかがでしたでしょうか?

今回紹介したのは、おおまかな流れであって、各段階でもう少し詳細が欲しいという方もいると思います。

各ステップでのノウハウや知識までは、とても一つの記事では書ききれないので、その項目ごとに今後の記事にしていきたいと思いますが、 ネット上にはせどり記事は星の数ほどあるので、ググればほぼ全ての情報は入手可能だと思います。

この記事を参考に、情報が足りない部分はちゃっちゃと調べ、あれこれ考えることなく一日でも早く実際のリングに上ることが大切です。  

「知っている」と「やっている」の間には、とてつもなく大きな隔たりがあります。

あなたがたとえ一日に18時間自宅でネットビジネスについて勉強していようと、一日に2時間ネットビジネスを「やっている」人には到底敵いません。

まずは一歩を踏み出しましょう。 必要なことは、走りながら学び、吸収すれば良いのですから。  

スポンサーリンク
johnhain / Pixabay