トレンドアフィリエイトに見られるユーザー視点の欠如がヒドすぎる件

怒り

当サイトでは、『社長の経歴書シリーズ』を書いているので、当然記事を書く際には主にネットでリサーチをするのですが、色々なサイトで調べものをしていると、「なんだかなぁ……」と思ってしまうサイトをよく見かけます。

ずばり、トレンドアフィリエイトブログのことなんですけどね。 昨今、雨後のたけのこのように乱立しているトレンドアフィリエイトブログですが、 中にはあまりに”質の低い”、ユーザーの視点を全く考慮していないサイトが多々見受けられるので、今回はちょっと一言物申したいと思います。

もちろん、トレンドアフィリエイトブログの全てに物申したいわけではありません。そのうちのごく一部、しかし決して少なくない割合のサイトに対して言いたいのです。

”あまりにユーザーのことを考えていないのではないか”と。

とくにその傾向が顕著に見られるのが芸能人ニュース系のブログなのですが、(正直それはないだろ……)と思ってしまう残念な点をいくつか挙げたいと思います。  

スポンサーリンク

記事の大部分がWikipediaのまるコピペ

  記事の80%がWikipediaのコピペっていうブログが思いのほか多くあります。語尾をですます調に変換しているだけで、何の肉付けもない丸コピペです。 コレ、あまりに手を抜き過ぎじゃないでしょうか……。

検索上位のサイト3つ4つ覗いてみれば、Wikipediaに載っていない情報だって必ず見つかるはずです。 トレンドアフィリエイトは、質より量が求められがちなせいだと思うのですが、コンテンツとして提供する以上はもう少し労力と時間をかけてリサーチして欲しい。

もちろん、情報とはコンテンツ作成のための”素材”であるわけで、素材自体を頂戴する(パクる)のは仕方ないし、自分以外のことを書く以上は自分オリジナルの情報だけで構成するのはそもそも不可能です。

本来なら、色々なところから様々な”素材”を取り寄せて、それらを自分なりに組み合わせたり省いたり肉付けしたりと、”料理する”ことで独自のコンテンツというものが出来上がるわけです。

なのに、1つのサイトから(しかも超有名所のWikipediaから)まるまる素材を頂戴して、しかもなんの手も加えずにそのまま掲載するなら、はっきり言ってその記事に価値はありません。なぜならWikipediaを見れば済む話だからです。

……とはいえ、トレンドアフィリエイトブログだって所詮は個人のブログです。何をどう書こうがその人の自由なわけで、私なんぞがとやかく言う筋合いはないのは分かっています。別に誰かに迷惑や損害を与えているわけでもないですし。

しかし、そんなサイトを見た時の(しかも比較的上位表示されていたときの)ガッカリ感はいうまでもありません。  

タイトルの付け方があまりに自己都合(SEO対策)すぎる

多くのトレンドアフィリエイトブログに共通するのって、(一般人からすれば)ちょっと特殊な記事タイトルの付け方ですよね。 例えばこんな感じ↓↓

  • ◯◯が結婚!相手は?年収は?◯◯ってホント?学歴も!
  • ◯◯社長の年収!嫁・息子は?無能?かつら疑惑?朝鮮?

とかこんな感じです。(ちょっと極端ではありますが) これ、なんでこんな脈絡のない単語を羅列したタイトルをつけているかというと、当たり前ですがSEO対策なんですよね。

恐らくキーワードプランナーやグッドキーワードで検索数の多い複合キーワードを調べて、需要のあるキーワードを端からタイトルに突っ込んでるだけなわけです。

別に、キーワードを適切に選定してタイトルに盛り込むことは、アフィリエイターなら誰もが必ずすることなので言うことはありません。 しかし、それにしても盛り込み方があまりに雑すぎないでしょうか……?

上のようなタイトルって、まず文章にすらなっていないですよね。そりゃ出来るだけ多くのキーワードを入れたいのは分かりますけど、あまりに自分の都合を優先しすぎてませんか? 要するに”品がない”という感じなのですが、まぁこの辺りは美学の問題にもなってくるので、これ以上とやかくは言いません。

もう少しユーザーのことを考えて分かりやすいタイトルにすればいいのに……と思うくらいです。  

スポンサーリンク

タイトルを完全に釣りにしている

上の2点は(なんだかなぁ……)ともやもやする程度ですが、最も許しがたいのがこの「タイトル釣り」パターンです。 簡単な例として、再び上記のタイトルを例にしてみましょう。

  • ◯◯社長の年収!嫁・息子は?無能?かつら疑惑?朝鮮?

このようなタイトルのコンテンツがあったとして、いざ中身を見てみると、このような結果が書かれているわけです。

  • 年収については情報がありませんでしたが、社長さんなんで1億くらいはあると思います☆
  • 息子さんの情報は、探してみたけど見つかりませんでした〜(><)
  • かつら疑惑もありますよね!本当なんでしょうかね!?気になるところです!

  ユーザーの視点から見て、このようなコンテンツに対して言いたいことは、 「(専門家でもないド素人の)あなたの推測なんかどうでもいいんだよ」ということと、 「欠片も答えを提供できないなら、そもそもタイトルに入れるなよ」ということです。

ユーザーはタイトルにある「?」の答えを知りたくて訪問してきていることはバカでも分かるわけです。なのに「分かりませんでした」とか「知らないけど私はこう思います」とか、ユーザーからしてみれば”詐欺”という印象しか持てないですよね。

タイトルが完璧な釣りになっているわけですから。 恐らくこういう記事を書く人ってPV至上主義なので、「サイト内に足を踏み入れてくれさえすればいい」という考え方なのでしょう。

トレンドアフィリエイトってほとんどがアドセンス収入を目的にしていると思うので、ユーザーにコンテンツ内のアフィリエイト広告を消化してもらう必要がそもそもないんですよね。

だからサイトを踏んでPVをつけてくれることが最重要なわけで、究極的には”コンテンツ自体は読まなくていい”というスタンスの人すらいます。

自分がお金を儲けることももちろん大切なことだと思いますけども、その前に訪問してくれたユーザーに多少なりとも価値を与えることが前提にあるべきだと思います。

とはいえこの点についても、個人のブログなんだから自由じゃないかと言ってしまえば終わりなんですけどね……。こういう、記事の数だけで上位表示されてしまっているサイトが増えてくると、インターネット上ではますます有益な情報がゴミ山に埋もれて探しにくくなってしまいます。  

 

まとめ

以上、淡々と愚痴をこぼしてきましたが、先にも述べたように決してトレンドアフィリエイトブログ全てに対して言っているのではありません。

明らかに”量産的”すぎる、中身のない、多少の労力もかけていない記事ばかり垂れ流しているサイトに対して言いたいのです。

以前のグーグルのパンダアップデートのときはブラックハットSEOを利用した無価値なサテライトサイトが消し飛ばされましたが、検索エンジンは日に日に賢くなっているようなので、いずれ近いうちに、このような中身の薄い低質なコンテンツも圏外に飛ばされる日が来ると思います。

【関連記事】アフィリエイトでまず無料登録すべきおすすめのASP一覧・特徴まとめ

スポンサーリンク
怒り