東大首席で元キャバ嬢、年収2億の株トレーダーウルフ村田の経歴書

https://mobile.twitter.com/muratamika

photo by : https://mobile.twitter.com/muratamika

ウルフ村田さん(本名:村田美夏)という女性トレーダーをご存知でしょうか?

東大の経済学部をトップで卒業し、その後銀行へ就職、やがてNO.1キャバクラ嬢となり、現在は年収2億円を稼ぐ株トレーダーという非常に面白い経歴の持ち主です。

面白いのは経歴だけではなく、本人のキャラクターもなかなか秀逸で、マシンガントークで下ネタ全開、昼から酒を飲みまくるという強烈な個性でいまやメディアに引っ張りだこの有名トレーダーです。

今回は、そんなウルフ村田さんの完璧かつ異彩な経歴をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

東京大学を首席で卒業

K7_P6010

高校は名門中の名門、桜陰高校を卒業し、東京大学の経済学部へ入学したウルフ村田さん。

この時点で非常に優秀な頭脳を持っていることは明白ですが、本人曰く、「短期記憶」が得意であって、「長期記憶」はとても苦手とのこと。

なので受験のような「短期詰め込み型」のペーパーテスト系は無類の強さを誇るのだとか。

将来の道を選択するにあたっても、この特性を自分でよく理解していたので、長期的なスパンで物事を分析構築していくような研究職は向いていないと考え、実業の道へ進むことを決めました。

そして村田さんはその後、東大経済学部をなんと首席で卒業します。

 

まったく使えない人間だった長銀時代

Money

卒業後は日本長期信用銀行(以下・長銀)に就職し、銀行員となったウルフ村田さん。

しかし、性格的にサラリーマンにはまったく向いていなかったようで、ペーパーテストでは満点を取れるのに、実務になるとまったく上手くできないという、いわゆる「東大卒なのに使えない」タイプの人間だったそうです。

「完璧に使えない人間になる前に、自分から辞めよう」と心に決めていたそうですが、金融機関勤務の経歴を社会的に認めてもらえるよう、30歳までの7年間は勤め続けました。

その後は転職先を模索することになりましたが、当時は1997年に山一証券が破綻したおかげで転職市場には優秀な人材が溢れかえっていたために、キャリアの浅い自分が飛び込んでも不利になると村田さんは鋭く分析していました。

そして、結果的に村田さんが次の職場に選んだのは……、

なんとキャバクラ嬢でした。笑  

 

頭のキレを武器にナンバーワンのキャバ嬢へ

ドレス

銀行員からキャバクラ嬢へ転身したウルフ村田さん。 もともとお酒も好きだし、キャバ嬢テイストな服も好きだったということで、「一度はやってみたかった」のだそうです。

とはいえ、その時点でウルフ村田さんはすでに30歳。若さや容姿では他のキャバクラ嬢に勝てるわけがありません。

そこでウルフ村田さんが武器にしたのが、持ち前の頭の回転の早さによる「トーク力」です。

そこで、トーク力だけで乗り切れそうな店を探してやってみたところ、「東大卒」と「マシンガントーク」という要素が思いのほかウケて人気急上昇、最終的にはナンバーワンにまで上り詰めたというから驚きです。

また、当時から株トレードはやっていたそうで、9時から15時までトレードをし、夕方から友達と飲みにいこうとしても、みんな仕事中で忙しい……。だったら夜から飲む仕事を始めよう! という計算もあってのキャバ嬢だったそうです。

しかし、あくまでキャバクラの仕事は一度経験してみたかっただけ。

2年ほどキャバ嬢として働いたのち、この仕事も辞めることにしました。

 

消去法で投資家の道へ

コイン

キャバクラ嬢も辞めたあとは、本格的に投資家としての道を選択したウルフ村田さん。 その選択は「消去法」によるものだったと言います。

事務も苦手、文章も下手、長時間座っていられない……などなど、出来ないものを消していったら、残るものがとても少なかったようで。

唯一自分が得意なことと言えば、瞬発力や頭の回転の早さでした。

株で言うと、アナリストレポートをバーッと読んで、直近の値動きを瞬時に頭に叩き込んで、株価が上がった瞬間にパッと買う。

こういったスピード勝負だけは自分に向いているということで、”ポジティブ消去法”のもと、株式トレーダーとしての道を選択しました。

見極めた得意分野で優秀な頭脳をフルに活用した結果、株式投資で年間に叩き出す利益は億単位に上るそうで……アベノミクスの恩恵を受けた年には約2億円の利益を出したそうです。

(↓↓年収2億を稼ぐ仕事中です)

06bc949c0d2498334a363b17e7e93f4e

寝っ転がりながら取引するのがウルフ流。こうして平常時はできるだけ脱力しておくことで、いざという瞬間に機敏に動けるのだそうです(笑)。

また、村田さんは日本企業の技術力を大事にしたいという強い信念を持っている方で、株で稼いだ利益の半分以上はベンチャー企業へ投資しており、トレーダーだけでなくエンジェル投資家としても業界内では有名な存在です。  

 

もう1つの顔は、会社経営者

スーツ

ぶっとんだカリスマトレーダーとしての顔が有名なウルフ村田さんですが、一方で彼女は、株式会社サクセスワイズという会社の経営者でもあります。

こちらの会社では社会貢献活動を中心に活動しているようです。

『賢い成功へ』というキャッチフレーズにあるように、「成功(success)」と「賢い(wise)」からつけられた社名ですね。

事業内容を見るに、農業を支援するPR事業から、人材教育、経営コンサルティングまで、さまざまな事業を手がけているようです。

「(身なりなど)あまり自分にはお金をかけない」と発言している通り、株を仕事にしているとはいえ、もともと金銭的な欲は強い方でないとのこと。

それよりも社会貢献事業をしたり、ベンチャー企業を支援したりと、社会に有益なお金の使い方をしているようです。  

得意分野に一点集中して勝負するということ

剣

ウルフ村田さんは、自身の仕事観についてこのように発言しています。

私はみんなに期待されることがお金を稼ぐ意外に一切ない。 天才は何でもできる。凡人が頑張るには一点集中するしかない。

  東大を首席で卒業するウルフ村田さんも充分に凡人の域ではないと思いますが……、 村田さんの主張は、とにかく得意分野の一点にフォーカスし、他から突出することが大事だということです。

突出する力とは、自分が一番得意とする職業分野かつ、人がやってほしいなと思うニーズがあるところに突っ込んでいくということです。

  自分は何が得意か、何が苦手なのかを自覚し、「ここで勝負すれば勝てる」というフィールドを見いだした村田さんはやはり優秀だったのでしょう。

世の中の大多数の人は、「行きたいフィールド」ばかりにフォーカスして、「勝てるフィールド」を見つけられずに本来の才能を発揮しきれないで終わりますからね。

まぁしかし、村田さんほど各スキルのパラメータが極端にデコボコだと、見極めるのも簡単だったかもしれませんね(笑)。

【まとめ】ダメ人間こそ投資をして金融リテラシーを身につけよう!

会社員として、労働者としては全く資質がなかったというウルフ村田さんですが、投資家としての秘めた資質が見事に開花したんでしょうね。

ちなみに筆者の私も株式投資をしていますが、ダメ人間ほど投資をしておいた方がいいと思うんですよ。それは今回ウルフ村田さんのことを調べてみてより強く確信しました。

ここで言うダメ人間というのはつまり、「サラリーマンや組織の中での仕事に向いていない」人です。仕事ができなくて給料も低い人たちですね。日本にいっぱいいると思います。

そういう人ってついつい、お金を得る方法は労働しかないって思いがちなんですよね。つまり誰かに雇用されて労働力を売らないとお金(給料)は得られないと。

でも実際は全くそんなことなくて、むしろ、
お金を得る方法の中でも実は、労働力を売る方法は最も効率が悪いんですよ。

労働力を売る(=雇用されて給料をもらう)よりもっと効率的な稼ぎ方は、「自分で事業をする」ことです。つまりビジネスオーナー(社長)になって事業収入を丸儲けすることですが、これは誰でもできることではありません。

しかし、最も効率的にお金を稼ぐ方法は、誰にでもできます。
それは「お金を使ってお金を稼いでもらう」ことであり、つまり投資です。

スマホで簡単に取引できるようになった今の時代、誰でも少額から投資を始めることができます。サラリーマンはもちろん、学生だろうと専業主婦だろうと、少額のお小遣いから投資を経験できるのです。

私がダメ人間ほど投資をすることを勧めるのは、たとえ(労働上の)仕事ができないとしても、金融リテラシーを身につけることでお金持ちになることが可能だからです。

投資は確かにやり方によってはマネーゲームの側面もありますが、それ以上に「お金のリテラシー」を身につける最も効率的な実践演習です。

私も知識ゼロのど素人から株式投資を始めましたが、いざ始めると嫌でも日本経済・世界経済の知識は身につきますし、金融リテラシーは高まっていきます。勝った負けたではなく、リテラシーを高めることがお金持ちになる最大の近道なんですよね。

なので、お金に興味を持った人は絶対に投資はやっておいた方が良いですよ。一見難しいように見えますが、投資は完全に「習うより慣れろ」の世界なので、取引を繰り返すうちに相場に慣れていきます。

私が投資を始めた当初は、アルバイトでド貧乏だったので業界最安水準のGMOクリック証券 で始めました。軍資金が少ない人、試しに数万円くらいでちょっとやってみたい人にはお手頃ですよ。

GMOクリック証券

初心者がいきなり大金をぶっこむのはもちろん危険ですよ。最初は数万円くらい、まずは勉強代と割り切れるくらいの額から投資という世界を体験してみると良いですよ。

サラリーマンや主婦も副業をして当たり前の時代です。
労働対価としてもらえるお金には100%限界がありますから、なるべく早いうちに投資を始め、「お金持ちのリテラシー」を身につけておくことが将来の人生を確実に裕福にしますよ。

スポンサーリンク
https://mobile.twitter.com/muratamika