せどり仕入れの狙い目は『タイアップ商品』にアリ!

Eiga,

せどらーの皆さん、今日もガツガツ仕入れしていますか? 「全然仕入れられないよ……」なんて嘆いていませんか?  

そんな方々に、仕入れの際に美味しい商品を見つけるちょっとしたコツを紹介したいと思います。

それはずばり『タイアップ商品』を狙う、ということです。

タイアップを常に意識して仕入れするようになれば、見違えるほど結果に違いが出てきます。

ただ店舗に行って、ただ何となく目についた商品をサーチするのではなく、常に市場の動きに目を向けて、頭を使って仕入れをする意識がとても重要です。

というわけで、今回は『タイアップ商品』についてお話したいと思います。

 

スポンサーリンク

 

タイアップ商品とは?

PanJoyCZ / Pixabay

そもそもタイアップ商品とは、世の中で話題やブームになっている事柄に関連した商品のことです。

代表的な例で言うと、マンガが映画化やドラマ化されて話題になったりすると、原作マンガに買いが殺到して値が高騰していく傾向になります。

このように、いま世間で話題になっている事柄に関連した商品は、瞬間最大風速的に需要が供給を大きく上回るので、一気に値上がりすることが多々あります。

なので、世の中の話題に常に敏感になり、今話題になっている(または近いうちになる)ニュースや番組をチェックしておくことで、『今はどの商品が話題とタイアップしているか』を把握して仕入れることができます。

 

タイアップの王道パターン

geralt / Pixabay

タイアップ商品にも実にさまざまなタイアップの仕方がありますが、最も代表的なパターンをいくつか挙げてみましょう。

1. ドラマ化・映画化・アニメ化

ドラマ化や映画化は最も話題になりやすい王道パターンです。

マンガが原作になっている場合は、原作マンガが値上がりする傾向にあります。

しかし、マンガは一冊の単価が低いので値上がりと言っても一冊辺りは微々たるモノなので、セット売りで単価を上げることが基本になります。

また、人気映画の連続ドラマ化、人気ドラマの映画化などの場合も、元となる映画やドラマのDVDが値上がりすることも多くあります。

今年で言うと、『デスノート』が連続ドラマ化したときは、映画版のデスノートのDVDが爆発的に需要を高め、大きく値上がりしましたね。

普段はブックオフでも500円とか950円とかで売られている映画版デスノートが、ドラマ放送中は2500円前後まで値上がりし、ランキングも4ケタと即売れ状態でした。

さらに映画デスノートから派生して、スピンオフの『L change the World』のDVDも普段の3〜4倍くらい高騰していました。

賛否両論の嵐だったドラマ版デスノートはドラマ放送中ずっと話題になっていたので、ドラマ1クールの間にこの2商品は10個以上売りましたね。本当に美味しかったです。(今ではブームが去ったので通常相場に戻っています)

なので、日頃から実写化やアニメ化のニュースは意識的に拾うようにしておきましょう。

 

2. 芸能人ニュース(とくに不祥事系)

特定の芸能人が何かのきっかけで連日ニュースに取り上げられるようになると、その人物の関連商品が値上がりすることも多いです。

とくに、不祥事系は強いですね。事件関係は連日のように色んなメディア、番組で流されるので、それだけ話題が広く深く国民に浸透します。

近年、個人的に最も値上がりの恩恵を受けたのは、「酒井法子」と「アスカ(チャゲ&飛鳥)」が薬物で逮捕された事件でした。(次点で「矢口真里」ですね)

これらの事件が起きたときは、2人の過去のCDやDVDが大きく値上がりして売れるようになりました。

アスカのライブDVDなんて、ブックオフで3500円くらいで買えるモノが、Amazonで25000円くらいになっていましたからね。 やや不謹慎ですが、これも非常に美味しい思いをさせていただきました。

また、不祥事とは逆に、結婚報道などで値上がりすることもままありますが、このようなポジティブなニュースは意外と長続きせず、すぐに話題が去ってしまうので積極的に狙うほど美味しくはないかもしれません。

ポジティブな中でも比較的狙えるとしたら、ノーベル賞やアカデミー賞などの受賞系でしょうか。とくに日本人や日本映画がノミネートされたりすると注目が集まります。

 

3. スポーツフィーバー系

サッカーのワールドカップ、野球のベースボールクラシック、オリンピック、フィギュアスケート、女子バレーなど、スポーツが盛り上がりを見せるときは、その種目あるいは人気選手の関連商品が狙い目です。

例えばサッカー日本代表では、多くの人気選手が本を出しているので、ワールドカップ開幕時はそれらの本が値上がりする傾向にありました。

また2015年で言うと、やはり一番アツかったのはラグビーです。

ラグビー日本代表が劇的な勝利を収め、五郎丸選手が一大ブームとなったことで、関連商品や関連本が多数値上がりしています。

サッカーや野球と違って、ラグビーはもともとの世間の関心があまり高くなかったため、いざブームになったときの「上げ幅」が半端ないです。

これは現在一番狙われているタイアップ商品と言ってもいいでしょう。  

 

4. 金曜ロードショー

これはちょっと変化球ですが、タイアップ商品を狙うせどらーにとっては金曜ロードショーも定番です。

とくにアニメ、さらに言えばジブリが最強です。

ジブリ作品が金曜ロードショーで放送されると、次の日や週末にその作品の買いが殺到する傾向にあります。なので、今後の金曜ロードショーでジブリ作品が放送されると分かったときは、そこに合わせて商品を仕入れておくとグッドです。

ちなみに、ジブリの他には、細田守の作品も狙い目ですね。 サマーウォーズが地上派で放送されたときには、DVDのAmazonランキングが一気に100位前後まで上がり、安い方から秒速で消えて(売れて)いったので、相当の値上がりが見られました。  

 

5. 季節やイベント

季節や定例イベントなどで需要が高まるジャンルも狙い目です。

季節で言えば、夏はTUBEのCDの需要が高まる傾向にあります。同じように、冬場は松任谷由実でしょうか。

といっても目を見張るほどの変化は見られませんが、やはり偏りはあります。

イベントで言うと、クリスマスやハロウィンなどは非常に盛り上がるので、そこに合わせた商品も売っていきたい所です。

スポンサーリンク

来たる12月の年末商戦での狙い目は?

さて、そろそろ12月の年末商戦に突入しますが、ここでも需要の爆発的な盛り上がりが期待できる代表的な話題・イベントがあります。

それは、『クリスマス』と『紅白歌合戦』です。毎年恒例ですね。  

クリスマスで最も狙い目なのは、ホビーやおもちゃ系です。

ここでは、『子供へのクリスマスプレゼント』を狙いましょう。仮面ライダー系のグッズとか定番中の定番です。

ひとつ注意が必要なのは、親は子供へのプレゼントを数日〜1週間くらい前に準備しておくものなので、仕入れと出品もそこの時期に合わせることです。クリスマス当日に出品しても遅いので気をつけて下さい。  

もう1つ、紅白歌合戦も毎年狙い目です。とくに意識すべきは「初出場の歌手」です。

初出場の新人歌手が紅白に出場すると一気に株を上げます。 紅白は今でもかなり高視聴率を叩き出すので、早ければその歌手がパフォーマンスし終えた瞬間から、Amazonに買いが入り始めます。

なのでこれも、ピークに合わせられるように本番前から仕入れておくのがベストです。

なので紅白の出場歌手が発表されたらチェックするようにしましょう。とくに初出場の新人は要注目です。

 

タイアップ商品を狙うときの注意点

paulracko / Pixabay

このように、正確に的を当てれば大きな利益を生み出せるタイアップ商品ですが、注意点もあります。

それは、売り時を逃してはいけないという点です。

話題やブームというものは、必ず去ります。一時的に値が高騰している商品も、ブームが去ると同時にやがてはもとの適正相場まで落ちていきます。

つまり、タイアップ商品はなんとしてもブームの間に売り切らなくてはなりません。  

よく、ブームで需要が暴騰しているからと高をくくり、かなり高い価格で出品する人がいます。

確かに買いが殺到している状況なら、普段よりは多少強気な価格設定にしても売れるでしょう。しかし『強気すぎ』はいけません。ましてや、出品順が2ページ目に来るようならタイアップだろうが売れない可能性は高いです。

忘れてはいけないのは、そのタイアップ商品を狙っているはあなただけではない、という点です。  

例えば、世間で大きなブームになっている商品が一日に10個ずつ売れていくほどの人気ぶりになったとします。 しかし、その商品は当然多くのせどらー達が狙っているので、毎日新しい出品が10個ずつ増えていくのです。

つまり、売りと買いの取引が回っているのは常に上位の10個だけであり、いくらあなたが「毎日10個も売れてるんだから」と11番目の高値で出品していたとしても、売れない結果になるのです。

そのまま売れずにいると、ブームの終焉とともにズルズルと相場も下がっていき、けっきょく適正相場か、最悪赤字で売り払わなくてはいけなくなります。これでは元も子もありません。

このように、タイアップ商品を狙うときは『ブーム中に売り切る』ことが絶対条件となります。

確実に売ることを前提に、それでいてどこまで高値で売れるか。その辺りの判断も、随時売れ行きや相場をチェックしながら見定めていくことが必要になります。

 

まとめ

毎日、大小何かしらの事や人がニュースになっていますよね。

こういった情報を積極的に把握するよう心がけ、世間の関心が今どこに傾いているのかに注目するクセをつけておくと非常に良いと思います。

そうして常日頃タイアップ商品を意識するようになれば、日々の仕入れはより充実したものになるはずです。  

 

【PR】せどり初心者はまず導入しておきたいおすすめツールの紹介

せどり初心者の方々に、導入をオススメしているせどりツールを紹介しています。

せどりツール選びに迷っている方は、ぜひ参考にして下さい。

総合せどりツール『プライスター』

スクリーンショット 2016-01-26 18.51.25

プライスター

総合せどりツール『プライスター』は、商品の自動価格改定やカンタン出品登録、利益率や売上管理から税務サポートまで、仕入れ以外のせどり業務を全てサポートしてくれる、せどり業界では知らない人のいない大人気ツールです。

  • 商品の価格改定が面倒ではありませんか?
  • 商品の出品作業に時間をかけていませんか?
  • 自分の利益率や利益額を把握していますか?

以上のような問題点を抱えている人は、プライスターを導入すれば全てを解決できます。

  • ⇒価格改定は30分程度の間隔で全自動で行ってくれます
  • ⇒複数個の商品をまとめて一気に出品登録できます
  • ⇒商品ごと、月ごとの利益額や利益率を自動集計してくれます

プライスターの性能について詳しく知りたい方は、以下の記事をどうぞ。

参考:評判高すぎ!人気せどりツール『プライスター』の魅力を徹底解説します!

プライススターの価格改定機能については、以下の記事が役に立ちます。

参考:【せどり】徹底比較!プライスターVS価格雷神、人気価格改定ツールの軍配は!?

30日間の無料お試し体験を受付中

プライスターは初年度月額5800円(2年目以降は4800円)ですが、30日間の無料お試し体験を受け付けています。

1ヶ月間は無料で使うことができるので、使ってみて気に入らない場合は更新しなければお金はかかりません。

まずは試しに無料で1ヶ月使ってみて、その抜群のツール機能を堪能してみて下さい!

スポンサーリンク
Eiga,