投資手法

ビットコインは投資額以上に損失して借金する危険は少ない【仮想通貨の安全性】

投稿日:

仮想通貨の情報発信をしていると、「仮想通貨を始めてみたい」という人から、

「仮想通貨は、投資した額以上の損失を出して借金になることはありますか?」

という類の質問を非常に多く受けます。

おそらく今まで投資をしたことがない人は、漠然と世に蔓延する「投資に失敗して破産した」系のエピソードに引きづられて”投資はミスると危ない”みたいなイメージを持っているのでしょう。

結論から言うと、安心してください。

仮想通貨への投資は、”基本的には”借金を背負うことはありません。

最悪でも投資した金額がゼロになるだけ。それ以上に損失してマイナスになることは基本的にはありません。

「基本的に」というのは、レバレッジ取引(信用取引/FX)という方法を自ら選んだ場合のみ、自己資金以上の損益を出すケースがあるからです。

なので、レバレッジ取引さえしなければ、仮想通貨投資で借金をすることはありません。

投資が始めてという人向けに、下記でもう少し詳しく解説していきます。

スポンサーリンク

現物取引で借金になることはない。最悪でもゼロ。

基本的な投資用語として、まず下記用語を覚えておきましょう。

  • 現物取引:簡単に言うと通常の取引。
  • 信用取引:取引所からお金を借りて、手持ち資金以上の売買を可能にする取引(FX、レバレッジ取引)

仮想通貨を普通に買ったり売ったりするのは、「現物取引」にあたります。”仮想通貨の現物”というと変な感じですが、要するに”実物をそのまま購入/売却する”ということです。

この現物取引では、いくら損失を出しても借金になることはありません。最悪でもゼロになるだけです。

例えば、手持ち資金100万円を投資して、ビットコイン(1BTC=100万円)を1枚買ったとします。

その後ビットコインが大暴落して1円になったとしても、投資資金は1円になるだけ。仮にビットコインが完全に消滅して0円になったとしても、投資資金が0円になるだけです。

繰り返しますが、現物取引(=通常取引)であれば、いくら損失を出しても最悪ゼロになるだけ。借金になるリスクはありません。ただし、ゼロになる可能性は(低いですが)ゼロではないので、最悪失っても許容できる範囲のお金で投資するのが健康的です。

 

一方、ではどういったケースだと投資で借金を背負うのかというと、現物取引ではなく信用取引(レバレッジ取引)をしているケースです。

 

借金リスクのある信用取引(レバレッジ取引)とは?

信用取引とは、自分の手持ち資金を超えた額を扱える取引のことを言います。簡単にいうと、一定の金額を取引所に「証拠金(=担保)」として差し出すことで、取引所からお金を借りて取引します。

例えば、自己資金の100万円を証拠金とすることで、200万円(レバレッジ2倍)を動かすことが可能になるわけですね。

自己資金以上の金額を動かすことを「レバレッジ(てこの意)を効かせる」と言い、信用取引はレバレッジ取引ともいいます。「FX」は若干内容が違いますが、”自己資金以上の額で取引ができる”という意味で同じです。

自己資金の◯倍で取引するか、選べる倍率は取引所ごとに違います。

例として、ビットコインのFX取引で世界最大規模の取引量を誇る国内大手の「bitFlyer(ビットフライヤー)」は、最大15倍までのレバレッジ取引が可能です。つまり、100万円の元手で1500万円の額を動かせるようになるわけですね。

100万の資金で1500万円を賭けられるわけですから、当たればめちゃくちゃデカいです。しかし、もし損失を出した場合は自己資金以上の金額を失うこともあります。つまり借金になります。

投資初心者は信用取引には手を出すべきではない

投資で破産する人はほぼ、信用取引で破滅します。要するに、欲をかいて身の丈を超えた金額で取引をしてしまう(そして失敗してしまう)のが原因です。

信用取引は、要所要所でうまく使えば、少ない資金を一気に増やすことも確かに可能です。しかしそれでも、投資初心者は絶対に信用取引には手を出すべきではないです。私も信用取引はほぼしないと決めています。

ほりっく
信用取引で借金を負ってしまったら、投資どころか人生が崩れてしまうケースもありますからね。

投資は、勝つことよりも「負けないこと」の方が大事です。生き残り続けることこそが、最終的に勝つことにつながります。

投資の神様であるジョージ・ソロスの名言を胸に刻んでおきましょう。

「まずは生き残れ。儲けるのはそれからだ」

スポンサーリンク

 

投資初心者の安全な仮想通貨(ビットコイン)の始め方

信用取引には手を出さない。
ということ以外で、仮想通貨をこれから始める人に大事なことは、

  1. セキュリティの強い大手取引所を利用する
  2. 取引所の分散や二段階認証など、自分でできるセキュリティもしっかりと
  3. むやみに短期トレードで儲けようとしない

この3つでしょうか。

1と2は、今話題になっているセキュリティ問題についてですね。

セキュリティ対策を万全に

コインチェックで大量の仮想通貨が流出して大問題になりましたね。仮想通貨はまだ誕生したばかりで、株式投資のように法整備やインフラが万全ではありません。なのである程度、自分の身は自分で守る必要があります。

そのためにまずは、セキュリティの強い国内大手の取引所を利用すること。海外の取引所や、国内でもマイナーな取引所は控えておいた方がいいです。

国内取引所でセキュリティ面で信頼できるのは、「bitFlyer(ビットフライヤー)」と「bitbank(ビットバンク)」でしょう。この2社はまだセキュリティで問題を出していません。

アプリも使いやすいので初心者にはおすすめの取引所です。

公式HPbitFlyer(ビットフライヤー)

公式HPbitbank(ビットバンク)

 

また、個人でできる安全対策も非常に重要です。個人を狙ったハッキング被害も多発しているので、最低でも以下の対策はマストです↓

個人でのセキュリティ対策

  1. 二段階認証を必ず設定
  2. パスワード/メルアドは取引所ごとに変える
  3. ログイン通知をONにする
  4. 取引所は検索からアクセスしない(必ずブックマーク)
  5. 複数の取引所を使い、資産を分散させる

詳しくはこちら【仮想通貨】ハッキング・不正出金被害多発!最低限の防犯対策5つはしているか?

 

無闇やたらに短期トレードで儲けようとしない

「1ヶ月で資産10倍!」みたいな理想を思い描くのはヤメておきましょう。

投資初心者ほど、ちょっとした値動きに右往左往し、無闇にガチャガチャとトレードを繰り返した挙句資産を減らします。

有望なメジャーコインをいくらか購入し、1ヶ月かそこら忘れておく……くらいのノリでいいと思います。下手に動かすよりも中長期で安定的な伸びに賭けたほうが良いかと。

その意味で私は、初心者こそドルコスト平均法での積立投資が一番ぴったりだと思っています。

「ドルコスト平均法」というのは、毎月決まった額を機械的に投資していく方法です。例えば、「毎月給料日に5万円ずつビットコインを買う」とルールを決め、あとは機械的に毎月買い足していくという積立投資ですね。

初心者が下手に投資判断しながらお金を投下すると大体失敗するので、市場の伸びに沿って毎月「機械的に」投資していくのが大事。長期ではそっちの方が結果が出やすいですし、何よりアレコレ考えなくていいので気楽に投資できます。

ほりっく
毎日チャートみながら一喜一憂するような投資は、精神的疲労が半端じゃないので本業がある人はやめた方がいいです。。。

ちなみに、国内の大手取引所Zaif(ザイフ)では、「コイン積立」というサービスで毎月自動積立してくれます。あらかじめ購入コインと購入額を決めておけば、あとは毎月自動で指定の銀行口座から投資額を引き落としてコイン購入しておいてくれる仕組みです。

勝手に購入しておいてくれるので、毎月自分で買い足していく手間が省けて非常に便利です。「なるべく仮想通貨に気をとられたくない」という人は、Zaifコイン積立が一番おすすめです。

公式HPZaifコイン積立

参考記事Zaif積立投資のメリットデメリット|通貨の種類・おすすめコインは?

 

まとめ

というわけで、仮想通貨はイメージだけで危ないとか破産するとか言っている人もいますが、信用取引さえしなければ、いくら負けても借金を背負うなんてことはありません。

言ってしまえば5000円からでも始められるので、興味があってアレコレ気にしているならまず始めてみた方が話が早いです。bitFlyer(ビットフライヤー)でテキトーなコインを5000円分購入してみてはいかがでしょう。5000円なら最悪ゼロになっても傷は浅くないですか?

初心者向けの投資法、積立投資については下記の記事を参考にしてみてください。

-投資手法

Copyright© WorkaHolic[ワーカホリック]|キャリア×転職×仮想通貨ブログ , 2018 All Rights Reserved.