仮想通貨取引所

ZaifがテレビCM開始!新規参加者によるザイフ銘柄コインの高騰に期待か?

投稿日:

国内の人気仮想通貨取引所「Zaif(ザイフ)」が、2月16日よりついにテレビCMをスタートさせました。

bitFlyerの成海璃子さん、コインチェックの出川哲朗さんに続いて、Zaifが起用したのは女優の剛力彩芽さんです。15秒バージョンがこちら↓

ライバルであるbitFlyerがテレビCMを開始したのが2017年5月、コインチェックのCMが2017年12月スタートだったので、Zaifは比較的遅い仕掛けですね。

ただ、仮想通貨の暴落がひと段落ついてきて「さぁ、もう一度上がって行こうか」となっている今CMを始めたのは、結果的に最高のタイミングかもしれません。

さて、すでに仮想通貨を始めている人はZaifの口座も持っている人が多いと思いますが、CM開始で期待したいのは、剛力組(ザイフCMを見て仮想通貨を始める新規参加者の総称)の流入によるZaif銘柄の高騰ですよね。

動きが早い人は、CM開始の公式発表と同時にZaif銘柄を仕込んでいるようですよ。

ほりっく
もちろん、私もすでに仕込み終えました

新規参加者の流入バブルは結構バカにできないですからね。

とくに昨年末の出川組バブルのときの勢いは凄まじかった。参考までにちょっと振り返ってみましょうか。

↓口座開設がまだの人はこちら↓
Zaif(ザイフ)の無料アカウント登録ページ

 

コインチェックCM(出川組)がもたらしたバブルを思い出そう

今はお通夜中のコインチェックがテレビCMを展開したのは2017年の12月。出川哲朗氏の「兄さん、なんでビットコインはコインチェックがいいんだよ。兄さんが知らないはずないだろ」という記憶に残るフレーズも相まって、新規参加者を爆発的に増やしました。

コインチェックのCMがきっかけで仮想通貨を始めた人たちを総称して「出川組」などと界隈では読んでいます。

(実際にはCM効果だけでなく、ビットコイン100万円突破などインパクトのある好ニュースがあったことも重なりました)

大量の出川組が市場に参入したことで、12月〜1月初旬の仮想通貨相場はお祭り騒ぎのフィーバー状態でした。この1ヶ月あまりで資産を5倍〜10倍にした人も珍しくないでしょう。

とくに恩恵を受けたのは、当たり前ですがコインチェック銘柄です。さらに、新規参加者にとってBTCは高すぎて買いにくいため、単価が安く買いやすいコインが買われる傾向があります。

その結果、出川組に大人気だったのは、Ripple(リップル)NEM(ネム)です。

 

Rippleの12月〜1月のチャート↓

チャートbitbank(ビットバンク)

12月から1月始めにかけて大きな山を形成していますね。

事実、12月が始まった時点では25円程度だったXRPは、コインチェックCMが始まった12月中頃からグングンと伸び始め、2018年1月4日には最高値400円を記録する大暴騰を見せました。

たかが1ヶ月程度で20倍です。

これが仮想通貨の醍醐味でもあり、恐ろしいところ。

 

続いてNEM(ネム)の12月〜1月チャートがこちら↓

チャートZaif(ザイフ)

NEMもXRPと同様に長らく20円台をウロウロしていましたが、いきなり山を登りだしたのが12月8日ごろ。そこから一気に5倍の100円に乗せ、さらに年明けの1月4日には最高値240円にリーチしました。

NEM(ネム)もたかが1ヶ月程度で10倍の高騰ですね。

 

もちろん、これらの高騰要因が100%出川組マネーのおかげではありませんが、出川組の新規マネーが相場全体を押し上げたのはまず間違いありません。

 

Zaifの”剛力組”の期待効果がすでに出はじめている?

コインチェックの出川組に習って、ZaifのCMきっかけで仮想通貨を始める新規参加者を「剛力組」と呼ぶようです(強そう 笑)。

剛力組が押し寄せてくるのはこれからですが、すでにその期待からか値上がり始めたZaif銘柄が出始めているようです。

Zaifの企業トークンである「Zaifトークン」は顕著に上がり始めました。

チャートZaif(ザイフ)

Zaifトークンは去年12月の出川組バブルのときも高騰したので、新規参加者に買われやすい銘柄の一つでしょう。価格が1円〜2円なので初心者にも買われやすい要素があります。

まさに当時、Zaifトークンの記事も書きました↓

 

モナコインも明らかに期待上げが入った感じですが、そこで利確が相次いだのか、現在は再び落ちていますね。

モナコインは国産コインなので、日本人の取引量が非常に多いです。日本人がたくさん買えば簡単に上がりやすいので、剛力組の押し上げパワーには期待したいコインですね。

 

BCH(ビットコインキャッシュ)も16日に上昇を見せましたね。

ただBCHは世界的に出来高があるので、日本の剛力組に対する期待上げだけで買われたのかは不明です。

 

メジャーアルトの一角であるNEM(ネム)はどうなる?

実は、通常なら剛力組の恩恵を最も受けやすいと思われるのはNEM(ネム)でした。

時価総額10位に入るメジャーコインでありながら、価格も100円以下と初心者にも買いやすい。しかもNEMはコインチェックでも上場しているので、出川バブルで大きく上昇した実績があります。

さらに言うと、NEMは日本人取引量が多い上にテックビューロ社(Zaif運営)と提携関係にあり、ZaifはNEM取引高で世界一の取引所というブランド付きです。

本来なら、剛力組を期待して仕込むなら文句なしにNEM(ネム)一択でしょう。

しかし、NEMはコインチェックの盗難事件のおかげで、新規参加者に敬遠される可能性があります。そんな不安の表れか、他の通貨が徐々に価格を回復させるなか、NEMだけ戻りが遅い感じがあります。

暴落が落ち着いてからというもの、ずーっとヨコヨコの動きですね。

盗難事件のおかげでイメージが落ちてしまった影響を感じざるを得ません。ただ勘違いしないで欲しいのは、コインチェックの盗難事件は取引所の問題であって、NEM自体には何の問題もないですからね。

ポジティブに考えれば、他の通貨が上がり始めてしまった中、まだ上がり始めていないNEM(ネム)こそ絶好の仕込み時と言えるかもしれません。

ほりっく
私はNEM保有者なので、ポジトークです。何を仕込むかは自己判断で。

 

【最後に】Zaifは本人確認が遅いので、口座持っていない人はお早目に

公式HPhttps://zaif.jp

おそらく2月後半から3月にかけて、ZaifのCMを見た新規参加者が再びドッと参入してきます。出川組の時ほどではないにしろ、剛力組の恩恵を受けるコインが出てくるでしょう。

もちろんそれは、Zaif銘柄である可能性が高いので、Zaifの口座をまだ持っていない人は早目に開設しておきましょう。

Zaifは取引開始に必要な「本人確認」が非常に遅いことが評判で、最悪だと本人確認ハガキが届くまでに数週間かかっている人もいます。

登録から取引開始までの流れ

  1. 無料アカウント登録
  2. サイト上で本人確認書類の提出
  3. Zaif運営が書類を確認し、住所へハガキを送付
  4. 自宅でハガキを受け取ったら本人確認完了。晴れて取引開始できる。

※2から4までに数週間かかる場合がある(ヒドい時は1ヶ月以上)

アカウント登録自体は下記の公式サイトから3分程度でできるので、登録したらすぐに本人確認書類を提出しておきましょう。免許証などを写真に撮ってアップロードするだけ。すぐ終わります。

⇒Zaif(ザイフ)で無料アカウント登録する(3分程度)

-仮想通貨取引所

Copyright© WorkaHolic[ワーカホリック]|キャリア×転職×仮想通貨ブログ , 2018 All Rights Reserved.