仮想通貨取引所

本人確認不要!Binance(バイナンス)登録手順を画像付きで解説【口座開設】

投稿日:2018年2月5日 更新日:

中国に本社を置く「Binance(バイナンス)」は、取引高で世界一の仮想通貨取引所です。2017年に設立されたばかりですが、わずか数ヶ月で世界最大の取引所へ成長しました。

今まで日本国内の取引所を使っていた人も、主戦場をBinance(バイナンス)へ移した人は多いと思います。

これほどまでにBinance(バイナンス)が人気を集めた理由は、

  • 本人確認なしで今すぐ口座開設できる(※一部制限あり)
  • 取り扱いコインが圧倒的に豊富!
  • 手数料がめちゃくちゃ安い!(板取引可能)
  • スマホアプリが使いやすい

といった点ですね。

実は私……Binance(バイナンス)は「中国の取引所」という理由だけで今まで敬遠していたのですが、ここまで世界的な取引所となり、皆んなが利用しているのをみると、自分だけ置いてかれてる感が半端ないので今になってようやく登録しました……(遅すぎ)。

Binance(バイナンス)は本人確認書類ナシで今すぐ開設できるのが良いですね。本人確認なしだと「出金は1日2BTCまで」という制限付きですが、ちょっと草コイン買ってみようくらいのノリならメールアドレスだけでOKなので超簡単でした。

国内取引所では購入できない無数のアルトコインたちを購入できるので、「海外取引所は怖い……」という人でもメールアドレスだけの口座は持っておいて損はないです。

というわけで、Binance(バイナンス)の登録の流れを画像付きで分かりやすく解説していきます。

⇒ Binance公式サイト(要ブックマーク!)

 

Binance(バイナンス)のアカウント開設(登録)の手順

メールアドレスでアカウント登録する

まず、下記公式サイトへアクセス。

要ブックマーク! Binance公式サイト

いきなり注意点ですが、Binanceについては公式サイトそっくりに偽装した詐欺サイト/ハッキングサイトが多数存在します。

検索からアクセスしようとして、本物と間違えて詐欺サイトへログインしてしまう被害が多発しているので、登録時に公式サイトを必ず最初にブックマークをしておいてください。

下記が公式のホーム画面⬇

以前まで言語選択で日本語を選べたのですが、現在(2018年2月)は日本語メニューが一時消えています(運営による現在修正中とかなんとか?)。

流れに沿って進めば難しくないですが、不安な人は青矢印の部分のグーグル翻訳で日本語に変換することができます。

では、登録をしていきましょう。

まず、赤矢印の「Register(登録)」という箇所をクリック

 

アドレスなどの登録画面になるので、下記の通り埋めてください。

全て入力して、チェックマークを入れたら、最後に「Register(登録)」をクリック。

注意点!!

メールアドレスはGmail推奨です。
Yahoo!メールやキャリアメールは止めてほうがいいです。

もちろん、他取引所で使いまわしているアドレスもNG。海外取引所は何かあった時が怖いので、可能な限りリスクを少なくしておきましょう。

パスワードも必ず新しいものを。
記号・英数字を全て含んで40文字以上のランダム文字列にすれば最強です。

私は下記のパスワード生成サイトで、いつも「最強レベル」のパスワードを作っています。

参考サイトhttp://www.luft.co.jp/cgi/

登録をクリックすると、スライドバーの小窓が出てきます⬇

丸いカーソルを動かすと、上の画面にパズルのピースが出てきます。そのピースが画面右の「白色のピース」に重なる位置まで右にカーソルをスライドさせてください。

問題なければ下記の画面になり⬇

 

登録したメールアドレスにEメールが送られてきます⬇

Eメールがちゃんと存在するかの確認ですね。

「Verify Email」をクリックすれば確認完了です。

下記画面に切り替わります。

「Login(ログイン)」のリンクをクリックしましょう。

 

登録したEメールとパスワードを入力し、「Login(ログイン)」をクリック。

ログイン時にはパズル認証が出てきます⬇

前と同じ要領でカーソルを右にスライドしてパズルを重ねればログインできます。

 

ログイン時に「安全上のリスクに関するお知らせ」が出て来ますので、一度目を通しておきましょう。

一応、日本語翻訳をかけるとこちら⬇

同意すればアカウント登録完了です。

繰り返し注意!

バイナンスに登録したら、必ずブックマークをしておくこと! 今後は検索からサイトにアクセスするのではなく、必ずブックマークからアクセス・ログインしましょう。

要ブックマーク! Binance公式サイト

 

取引の前に!必ず二段階認証を設定しておくこと!

アカウント登録したら、その手のまま二段階認証の設定まで終わらせましょう。仮想通貨のハッキングリスクの高さはもう誰もが知っていると思います。

二段階認証は絶対です。すぐ終わります。

ホーム画面右上のアカウントメニュー(人型のアイコン)から、「Account(アカウント)」クリックします。

 

二段階認証の方法として2つの選択が出てきますが、SMSは中国携帯が必要なので、日本人の私たちは左の「Google Authentication」を選択。

「Skip for now」で次に進みます。

 

「Google Authentication」をダウンロードしてくださいというページ。

「Google Authentication」という二段階認証アプリは、コインチェックやbitFlyerなどですでに利用している人が多いと思いますが、まだアプリ持っていない人はダウンロードしておきましょう。

Google Authenticationアプリ(以下グーグル認証アプリ)を用意したら「Next Step」をクリック。

 

QRコードと文字列のコードが出て来ます⬇

一応、日本語翻訳したもの⬇

グーグル認証アプリの使い方はここでは省きますが、このQRコードをまず読み取ります。そうすれば、このコードがアプリ内に「バイナンス用コード」として登録されます。

 

続いて、右に出ている英数字の文字列コードを手元の紙に控えてください。スマホではなく、必ず紙にアナログでメモしておきましょう。

 

⬇日本語訳がこちら⬇

この文字列コードは、万が一スマホを失くしたり故障させた時のログインに必要になります。Google認証アプリはスマホが変わるとログインできなくなるので、スマホが変わった時のスペアキーみたいなものです。

必ず紙にメモして、絶対に無くさないように保管しておきましょう。

メモしたら「Next Step」クリック。

 

最後に確認です。

上から順に、コード/パスワードを入れていきましょう。

「2FAコード」は、Google認証アプリのコード(6桁の数字パスワード)です。使い切りのパスワードで時間制限があるので気を付けましょう。

全て入力したら最後に「Enable Google Authentication」をクリック。

これで二段階認証の設定も完了です。お疲れ様でした。

 

まとめ

ひとまず、アカウント登録から二段階認証と、立ち上げ部分をまとめて解説しました。

当たり前ながらBinanceは日本円入金ができず、BTCでコインを売買する取引所です。なので、binanceでトレードするなら日本の取引所からBTCを送金しましょう(送金手順も追って追記していく予定)。

メールアドレスだけの登録の場合、出金は1日2BTCが上限です。それ以上を出金したいなら本人確認書類の提出が必要ですが、ほとんどの方は1日2BTCも出金しないでしょう。

というわけでBinance開設の解説でした。

マイナーアルトから草コインまで数え切れないほど豊富なコインがあるので、宝探しも一つの楽しみになりそうです。

要ブックマーク! ⇒ Binance公式サイトへ

-仮想通貨取引所

Copyright© WorkaHolic[ワーカホリック]|キャリア×転職×仮想通貨ブログ , 2018 All Rights Reserved.