年1度のAmazon特大セール!

タイムセール日程↓
7月16日(12時)〜7月17日(23時59分)

仮想通貨取引所

手数料で大損!仮想通貨取引所の「販売所」と「取引所」の違いを理解していますか?

投稿日:

仮想通貨取引所にて通貨を購入する方法には、「”販売所”から買う」か「”取引所”から買う」かという2通りの方法があります。

仮想通貨を始めたばかりの人は、「販売所」と「取引所」の違いを理解しているでしょうか?

実は、”販売所”で購入している人は知らぬ間に大損している可能性が高いです。悪く言えば「ぼったくり」に遭っていると言ってもいい。

結論から言いますが、仮想通貨はなるべく「取引所」から購入しましょう。

この記事で両者の違いを初心者にもわかりやすく解説します。

スポンサーリンク

仮想通貨を「販売所」から購入するとは?

「販売所」は、業者から購入 or 売却するところ

例として、国内大手のbitFlyer(ビットフライヤー)で説明します。

ホーム画面を見ると、左のメニューバーに

  • 「ビットコイン販売所」「アルトコイン販売所」
  • 「ビットコイン取引所」

という項目があります。

「販売所」と「取引所」のどちらからでもコインは売買できますが(取引所はビットコインのみ)、なるべく取引所で売買したほうがお得です。

簡単に違いを述べると、以下のとおり。

  • 「販売所」:業者(bitFlyer)からコインを購入 or 売却する場所
  • 「取引所」:ユーザー同士でコインを購入 or 売却する場所

販売所でコインを購入するということは、「bitFlyerからコインを買う」ということです。これの何が損なのかというと、bitFlyerに対して高い販売手数料がかかるという点です。

販売所はスプレッド(手数料)が広い

例として、ビットコインを販売所から購入&売却するとしましょう。

すると、「購入価格」と「売却価格」が次の通りになります⬇︎

※ビットコイン=120万円のとき

  • 購入価格:1,213,332円
  • 売却価格:1,184,441円

見て分かる通り、購入価格と売却価格に約3万円の差があります。

この差額を「スプレッド」と言い、これがbitFlyerの手数料収入になります。

本来はBTC=120万のレートなので、”買おうとすると本来価格より14000円ほど高く”なり、”売ろうとすると本来価格より13000円ほど安く”なるわけです。同じ価格で買って売ると自動的に3万円損するという「ぼったくり」とも言えるスプレッドの広さ(差額の大きさ)です。

アルトコインも同様です。

イーサリアムの販売所がこちら⬇︎

 

モナコインの販売所がこちら⬇︎

このように、「販売所」で売買するとスプレッド手数料のせいでまともな利益が出せません。なので、販売所ではなく、次で解説する「取引所」で売買すべきなのです。なぜなら、取引所ならスプレッド手数料がかからないから。

ただ問題なのは、アルトコインの多くは未だ「取引所」がなく、「販売所」でしか買えないケースが多いこと。bitFlyerでも、取引所で売買できるのはビットコインのみ。アルトコインは販売所でしか購入できません。

最後に紹介しますが、Zaif(ザイフ)という取引所は、BTCのみでなく、ETH/NEM/BCH/MONAなどすべての取り扱いコインが手数料なしの「取引所」で売買できます。アルトコインを購入するならZaifは必須です。

⇒ Zaif公式サイト

仮想通貨を「取引所」から購入するとは?

「取引所」はユーザー同士での取引。スプレッドがなくお得!

「取引所」は、業者(bitFlyer)から購入するのではなく、bitFlyer内にいる同じユーザー同士で売買できる場所です。

ユーザー同士での取引になるので、販売所のようなスプレッドが存在せず、手数料がかかりません。

(ビットコイン取引所⬇︎)

このように、ユーザー同士の「買い注文」と「売り注文」がぶつかり合う売買板が出てきます。ここに自分で注文を出して、注文が「約定」すれば購入 or 売却が成立します。

このようにユーザー同士、売買板の上で取引するため、取引所での売買は「板取引」とも呼ばれます。

スプレッドがないので当然、板取引で売買したほうがお得になります。

取引所で売買するデメリットもある

一応、取引所の売買にもデメリットはあります。

それは、ユーザー同士の取引なのであくまで注文が約定しない限りは売買成立しないことです。仮に100円で買いたいから100円で買い注文を出しても、100円で売ってくれる人(売り注文)がいないと購入には至りません。

注文を出したものの、なかなか約定に至らずにやきもきすることもあります。そんな時は、一回注文を取り消して、もう少し高い価格で再注文するなどやりくりが必要になります。

これが販売所であれば、スプレッドで購入価格が103円くらいに高くなりますが、購入ボタンを押せば確実に欲しい量を購入できます。「簡単・確実に買えるけど、手数料がかかる」のが販売所と言えますね。

とはいえ、こんなデメリットを差し置いても、コインは「取引所」で購入するに限ります。販売所のスプレッドはもうぼったくりに近いレベルなので。

スポンサーリンク

アルトコインを取引所(=板取引)で購入するならZaif

国内では大体どの取引所も、ビットコインだけは「取引所=板取引」があり、アルトコインはほぼ全て「販売所」しかありません。

ほりっく
海外では全て板取引が基本なんですけどね、日本は……

ただその中で唯一、取り扱い通貨全てで板取引ができるのが「Zaif(ザイフ)」です。

公式HPhttps://zaif.jp

Zaifの取り扱い通貨は、

  • ビットコイン(BTC)
  • ネム(NEM)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • イーサリアム(ETH)
  • モナコイン(MONA)

これに加えてZaifは各種トークンの売買もしていますが、すべての通貨でユーザー同士の板取引ができます。

(イーサリアムの売買板)

 

(ネム(NEM)の売買板)

ちなみに、ZaifはNEM(ネム)の取引高で世界一の取引所です。これはZaifとNEMが業務提携している関係にあるからですね。

NEM(ネム)を購入したい人はZaif一択です。

このほかにも、イーサリアムやビットコインキャッシュ、モナコインも手数料なしで板取引できるので、これらのコインも購入するならZaifがお得です。

ただ、Zaifは本人確認ハガキの送付が非常に時間がかかる(数週間かかることも……)ので、早く取引したい人は早めにアカウント登録して本人確認書類を提出しておきましょう。

⇒ Zaifで無料アカウント登録する(3分程度)

 

bitFlyerからZaifにコインを移す(送金する)方法

モナコインやイーサリアムやビットコインキャッシュなど、すでにbitFlyerなど他取引所で購入してしまったけど、板取引ができるZaifに移したいという人も多いです。私もbitFlyerで購入したアルトコインはすべてZaifに移しました。

送金自体は簡単です。
コインごとに送金方法を記事まとめているので、下記を参考にしてください。

 


年に1度のお祭りセールが始まります!

Amazon最大のビッグセール「Prime day(プライムデー)が今年もやって来る

年に1度の祭典「Amazonプライムデー」では、パソコンからタブレットなどガジェット機器はもちろん、ゲームや本やブランド品や食料品に至るまで、Amazon内のあらゆる商品が30%〜50%オフという爆安価格でゴロゴロ出品されます。

タイムセール日程:
7月16日(12時)〜7月17日(23時59分)

1年で2日間だけの特大ボーナスセールです。
このチャンスを逃さず、欲しかった商品を”最安”で爆買いしましょう!

-仮想通貨取引所

Copyright© WorkaHolic[ワーカホリック]|キャリア×転職×仮想通貨ブログ , 2018 All Rights Reserved.