年1度のAmazon特大セール!

タイムセール日程↓
7月16日(12時)〜7月17日(23時59分)

投資手法

稼げない!仮想通貨(ビットコイン)で損する人・負ける人の特徴

投稿日:2018年1月17日 更新日:

仮想通貨に限らず相場というのは、”先に安く仕込んでいた人が、後から来た人に高値で売りつけるバトンゲーム”です。

相場内はゼロサムゲームなので、勝者(儲かる人)の裏には必ず敗者(損する人)がいます。

私も初めてトレードを始めた時は、それはもう負けまくっていたわけですが、いま思うとやはり”負ける人には共通の特徴がある”と思うのです。

というか、「負ける人がやりがちなこと」ですね。

今回は自戒も込めて、負ける人の特徴をいくつか挙げていきます。当てはまっていたら、改善の余地ありです。

スポンサーリンク

投資判断を人に聞く(どの通貨が上がると思いますか?)

「今から買うならどのコインがおすすめですか?」

「このコインはどこまで伸びると思いますか?」

「このコインを今から買うのはもう遅いですか?」

残念ながら、こうした類の質問を今まで他人にしたことがある人は、投資(投機)から潔く退いた方がいいかもしれません。

人に質問することが悪なわけではなく、投資判断を人に頼る時点でカモにされる可能性が非常に高いからです。

例えばもし、あなたが特定のコインを安く仕込んでいて、いろんな人から「今から買うならどのコインがいいですか?」と聞かれたら、保有しているコインを勧めるでしょう。素人に大量に買わせれば価格が上がるからです。

そして価格が上がったところで、あなたは利確売りします。当然、あなたの売り玉を買うのはカモたちです。こうしてカモは、良いように騙されて高値掴みするわけです。

ほりっく
なんにせよ、自分で調べて考えるのではなく、人に教えてもらおうとする姿勢の人は一生養分です。

なぜなら、相手の都合の良い答えしか返してもらえないからです。ましてやそれを鵜呑みにする姿勢で勝てるわけがありません。

 

利確ポイントを決めないで持ち続ける

私も以前までまさにコレだったのですが、利確ポイントを決めずにポジションを取る(=購入する)のは悪手です。

これの何が最悪かって、いざチャートが上がりだしても、「もう少し上がるだろう……あと○円上がったら売るぞ……もう一息!」と欲をかいているうちに、結局ピークを逃して下がってしまうケースがめちゃくちゃ多いからです。私も何度も経験しました。

それ以降は、買いに入った時点で「この価格までくれば十分」という利確ポイントに最初から指値を置いておくようにしています。そうすれば気持ちがブレないので精神的にラクですし、常にチャートの動きが気になるようなこともありません。

指値が刺さって利確ポイントからさらに上に行くことも多々あります。しかしそこは相場の格言である「頭と尻尾はくれてやれ」の精神です。利益はしっかり出せているのだから、必要以上の欲はかきません。

逆に負ける典型の人ほど、含み益という幻想にいつまでも目を奪われ、欲をかいているうちに売り時を逃すのです。

ほりっく
暴落時に損切りポイントを決めない人も同様です。

一発逆転を狙ってマイナー銘柄ばかりのポートフォリオ

最近になって仮想通貨を始めた人ほど、ビットコインやメジャーアルトコインを避けて、まだ時価総額が低く単価の安いマイナーコイン(草コイン)を買い漁る傾向にあるようです。

理由は簡単で、ビットコインやメジャーアルトは2017年ですでに大きく値上がりしたので、ここから10倍100倍は難しいだろうという推測からでしょう。

確かに、まだ比較的目をつけられていない草コインの中には、今後短期間で10倍以上の価格上昇をみせるコインもあるでしょう。そうした有望なコインを「自分の考えと判断で」分散的に投資するのはいいと思います。

しかし、一発逆転を狙って草コインに全力投球するのは絶対ヤメた方がいいです。

草コインは仕手筋の巣窟です。
相場操縦しているプロが素人を買い煽り、素人が群がって価格を吊り上げたところで大量売りをして崩壊させる流れが日常茶飯事です。

草コインは出来高が非常に少ないので、大口が一気に売ると一撃でチャートが崩壊することが多々あります。一気に価格が半分から3分の1になることもザラ。下手な人がイナゴで群がっても、先述のとおり利確ポイントが決められないので逃げ遅れることは必至です。

草コイン全力賭けで1撃10倍や100倍を狙おうとすると、99%終わります。それなら、メジャー通貨中心に1.5倍を6回こなして10倍以上を目指した方がまだ現実的でしょう。

ほりっく
60%はビットコインやメジャーアルトで守備力高めにポートフォリオを固めつつ、残り40%をいくつかの草コインに分散投資する……などバランスを考えなければなりません。

スポンサーリンク

ポジポジ病にかかって「買い場」を待てない(JPY余力を持てない)

「ポジポジ病」とは、常にポジションを持っていないと(相場に入っていないと)気がすまなくなる症状です。

ほりっく
「JPY残高があると、つい何かコインを買ってしまう……」

こんな気持ちが芽生えていれば、立派なポジポジ病です。

私も以前までポジポジ病にかかっており、利確や損切りして一定量のJPYに戻した時、本来なら”次の買い場が来るまで待てばいいのに”、ついついその場でテキトーなコインを買ってしまっていました。

全力でポジションを持っていないと、なぜか勿体無い気がしてしまうのです。

しかし、「待つのも相場」という言葉があります。

賢い人は、暴落時など絶好の買い場を待ちながらJPY余力をしっかり残している一方で、負けがちな素人ほど”買い場を待つ我慢ができず”、常にJPYを全力投下しているので、いざ下がった時に買い拾えるJPYが残っていません。

ほりっく
暴落時に買い増せるよう、つねに一定額のJPYは残しておくことをルール化しましょう。

 

生活資金をぶっこんでいる(利小損大になりがち)

種銭が少ない初心者ほど、生活資金を切り崩して投資にぶっ込みがちな傾向があります。クレジットカードやカードローンを使って買い足してしまう人も同じです。

「仮想通貨は余剰資金でやること!」

なんて、言うは易く行うは難し。

最初こそ余剰資金で始めたものの、いざ儲かる快感を覚えてしまうと、ついつい「もう少し、もう少しだけイケる」と入金を繰り返してしまう……。

身の覚えのある人は多いと思いますが、生活資金(失くなったら困るお金)を投資に回していると何が問題かと言うと、借金になるとかとは別に、

”利小損大”のトレードになりやすいのです。

「利小損大」とは、利確はすぐする(利益は小さい)くせに、損切りは遅らせる(損失は大きい)というダメ投資家の傾向です。

生活資金がかかっているトレードは、「儲けたい!」よりも「損したらヤバい!」という心理的バイアスの方を強く背負います。なので、少しでも利益が出たら急いで利確してしまう一方で、損が広がり出すと「きっと戻るはず……きっと戻るはず……」と現実逃避の神頼みになりがちになります。

ほりっく
こういうタイプは、細かい利確を繰り返しつつも、一回の大損で積み上げてきた全てをパァにしがちです。

 

最後に

2017年は全体的に上げ相場が続いてきましたが、機関投資家も入り始めた2018年はもうイージーモードではなくなりつつあります。

すでに1月も大きな暴落が幾度もきていますよね。

プロ投資家は下げ相場でも利益を出せる一方、初心者やトレードが下手な人は下げ相場で大損することがほとんどです。

暴落時にやってはいけないことや、すべき対応についても下記記事にかいているので、仮想通貨始めたばかりの人は参考にしてみてください。

暴落編!
どうすれば?ビットコイン暴落時にやってはいけないこと・取るべき対応【仮想通貨】

仮想通貨を半年〜1年もやっていれば、ビットコインが市場全体を巻き添えにして暴落することはままあります。30%下落はわりと当たり前で、ときには40%〜50%近い大暴落をしたことも複数回あります。 こうし ...

続きを見る


年に1度のお祭りセールが始まります!

Amazon最大のビッグセール「Prime day(プライムデー)が今年もやって来る

年に1度の祭典「Amazonプライムデー」では、パソコンからタブレットなどガジェット機器はもちろん、ゲームや本やブランド品や食料品に至るまで、Amazon内のあらゆる商品が30%〜50%オフという爆安価格でゴロゴロ出品されます。

タイムセール日程:
7月16日(12時)〜7月17日(23時59分)

1年で2日間だけの特大ボーナスセールです。
このチャンスを逃さず、欲しかった商品を”最安”で爆買いしましょう!

-投資手法

Copyright© WorkaHolic[ワーカホリック]|キャリア×転職×仮想通貨ブログ , 2018 All Rights Reserved.