ビットコインキャッシュ(BCH)

今後の材料多し!2018年ビットコインキャッシュ(BCH)の将来性は期待しかない理由

投稿日:2018年1月5日 更新日:

「2018年はビットコインキャッシュ(BCH)の年になる」

なんて言葉を、最近SNSやブログなどで頻繁に目にするようになりました。

記事のタイトル通り、私も2018年のBCHには期待しか持っていません。すでに十分な枚数仕込んでいるので、あとは今後上がってくれるのを待つだけの状態。

色々リスクがあるので価格予想はあまり言いたくありませんが、少なくとも2018年中に100万円の大台は突破してくれるんじゃないかと思っています。いま(2018年1月=約30万円)投資しても3倍。十分に勝機ありです。

BCHは普段のチャートが大人しくて不安に首を絞められている人も多いと思うので、改めてこの記事で2018年のビットコインキャッシュ(BCH)の好材料・将来性についてまとめたいと思います。

ほりっく
私はすでにBCHを保有しているので、この記事の全てはポジショントークになります。そのことを理解した上で、参考になる点は参考にしてください。

※BCHは国内取引所ならどこでも取り扱いしていますが、bitFlyerやコインチェックは手数料が高すぎるので、必ず手数料がほぼ0のZaif(ザイフ)で売買しましょう。

すでにbitFlyerやコインチェックで購入してしまった人は、記事の最後にZaifへの送金方法を載せているので、Zaifへ送ってあげてください。

⇒ Zaif(ザイフ)公式ページ

2018年のビットコインキャッシュ(BCH)を躍進させる好材料

BCH基軸の取引所がスタート

2017年12月に、イギリスに「CoinEX」という”BCH基軸の取引所”が誕生しました。

これはBCHにとって新時代の幕開けであり大いなる希望の光なのですが、「BCH基軸」の意味を理解できていない人も多そうなので、まず「基軸通貨」についてちょっと解説しておきます。

基軸通貨とBTCの問題とは

今までも現在も、仮想通貨界の「基軸通貨」は絶対的にビットコインです。日本の取引所ではJPYで色々なアルトコインを購入できますが、海外取引所ではアルトコインの多くはBTCで買うのが基本です。

つまり、海外ではアルトコインを購入するにもまずBTCを購入しなければいけないので、必然的に市場参加者の全てのお金が一度BTCに集まる(経由する)ことになります。これがBTC価格を常に上昇させてきた要因であり、「基軸通貨」の絶対的なパワーです。

さて、そんな時に問題になるのがBTCの送金詰まりです。

海外取引所ではアルトコイン購入にBTCが必要になるので、世界中の人たちがあっちこっちの取引所へBTCを移動させようとします。そうなるとすぐさま大渋滞が発生し、「何日経っても送金したBTCが届かない!」という事態になります。この渋滞状態を「送金詰まり」や「トランザクション詰まり」と言います。

これはBTC性能の限界を意味しており、私たちの間でも「もうBTCダメじゃね?」という信頼低下が深刻になってきています。

さらに、世界中でBTCが基軸になっているため、BTC価格と他アルトコインの価格が連動しやすい仕組みになっています。

BTCが送金詰まりなどで信用低下を招き暴落すると、その道連れにアルトコインも暴落することが多いです。これはアルトコイナーからすればいい迷惑ですよね。

なので、基軸通貨がBTCオンリーという今の状況は、何かと問題があるのです。

……そんなとき、

BTCより処理性能の高いBCHを基軸通貨とする取引所を新たに開設します!

と宣言したのが、BTCのマイニングシェア11%を占める大手マイナーの「ViaBTC」です。そのViaBTCが12月にイギリスで開設したのが、初のBCH基軸の取引所CoinEXというわけです。

さらに、中国の大手取引所「OKEX」でも、BCH基軸の売買板が追加されました⬇︎

これらはBCHにとって大いなる一歩であり、これを機に2018年以降、BCH基軸の取引所が世界中でどんどん増えていく流れを作るかもしれません。というか、私は増えていくと思います。

BCH基軸の取引所が増えれば、今までBTCに一局集中で集まっていた資金流れが、BCHに分配されて経由していくことになります。これはBCHの最も大きな追い風になるはずです。

アメリカ最大の取引所「Coinbase」にBCH上場

2018年1月、ユーザー数1000万人を誇るアメリカ最大の仮想通貨取引所「Coinbase」に、BCHが上場(=取り扱い開始)しました。

1000万人の米国ユーザーがBCHを売買できるようになることも好材料ですが、それ以上に、今までずっと「BTC」「LTC」「ETH」の3種類しか扱ってこなかったCoinbaseが、ついにビットコインキャッシュを”認めた”という点が大きいです。

※Coinbaseは信頼性を保つために通貨の上場基準が非常に厳しいのです。

BCHを推しているSBIグループの取引所がついに始動

2018年1月に、金融大手SBIグループの仮想通貨取引所「SBIバーチャルカレンシー」が開設されます。

SBIホールディングスの北尾社長は以前よりずっとBCH推しの発言を繰り返しているのは知られたところ。実際に取引所以外にも「SBI Crypto」というマイニング事業会社を設立して、ビットコインキャッシュのマイニングをしています。しかも目標は「BCHマイニングシェアの30%を取ること」だそう。

このSBI陣営が仮想通貨業に本格参戦してくると、BCHを盛り上げる推進力になるのは間違いありません。

国内取引所の次は、香港に「Global Max(仮称)」という取引所を開設予定だそうで、BCHの処遇こと現状不明なものの、今後も世界に向けてBCH普及を後押ししてくれることが期待できます。

ちなみに

SBIバーチャルカレンシーの取り扱い通貨は、

  • BTC
  • BCH
  • XRP

の3種類です。

北尾社長はBCHとXRP推しの人なんですよね。

 

bitPayがビットコインキャッシュウォレット対応!BCH決済を採用する店舗も増加し、決済シーンの実需が拡大

アメリカで使われているウォレット「bitPay」がBCH対応しました。これは、決済管理会社大手のbitPayが、決済通貨としてBCHを採用したという大きな転機です。

さらに日本の実店舗でも、BTCではなくBCH決済に対応し始める流れが続々と出てきています。

最近では、お笑い芸人の”たむけん”が経営するお店「炭火焼肉たむら」がBCH決済対応を発表して大きな話題になりました。

こちらのツイート⬇︎を見るに、現在すでに国内23店舗がビットコインキャッシュ決済に対応しているそう。

そのほか、日本最大級のワイン通販サイト「カーヴ the Select」もBCH決済対応を表明しました。

2つ目の記事は運営会社の社長ブログですが、BTCではなくBCHを選んだ主な理由として、

  • 送金スピードが早い
  • 手数料が安い

という2点を挙げられています。

逆に言うと、BTCはもう「手数料高すぎ」「送金詰まり多すぎ」という理由から、決済通貨としては使いたくても使えないというニュアンスが本音だそう。

 

このように、BCH決済の実需が2017年後半から日に日に拡大していく一方で、ビットコインさんはどうかというと、まず米欧で最大のオンラインゲーム配信サービスの「Steam」がBTC決済を廃止したことが大きなニュースになりました。

米バルブ傘下のSteamは、手数料急上昇が買い手にとってのコストを高めたことに加え、購入時の大幅な価格変動が「大幅な値段の差」につながり得るため、ビットコインでの支払いを容認できなくなったと説明した。

引用https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2017-12-07/P0KXOR6KLVR601

手数料の高騰など、決済通貨としてのBTCの限界が次第に露呈しはじめた結果です。BTC性能の改善が見られなければ、この1年でBTC決済を廃止するところは徐々に増えていくでしょう。

このような大きな流れから、2018年は「決済通貨はBCH」という確固たるポジションを取っていく年になると期待できます。

Bitcoin.comが保有BTCを全て売却。CEOロジャー・バー氏はBCHを選択

ビットコインウォレットサービスを提供するBitcoin.comのCTOが、2017年末のインタビューで「保有BTCを全て売却し、BCHを選択した」と発言しました。

同社CEOのロジャー・バー氏は、BCHにとっては超重要人物。ロジャー氏は改めて『ビットコインキャッシュを正式なビットコインとして再構築する』と見解を述べています。

コインテレグラフのインタビュー記事では「ビットコインキャッシュが従来のビットコインを凌駕するのは時間の問題」と発言しており、かなり自信があるよう。

ロジャー氏は、ビットコインキャッシュ専用のデビットカード発行も発表⬇︎

VISAブランド予定らしいので、VISA加盟店でビットコインキャッシュ決済ができるように。これは決済通貨としての普及には非常に大きなニュースです。

今後BCHは、BTCが成し得ていない「使える通貨」としての価値を大きくしていくことが期待できますね。

 

AI予測プログラムによると、2018年2月のBCHがアツいらしい

「BCHは2018年2月が本番」

みたいな文言を以前からよく目にしていたのですが、根拠を調べて見ると、色々な通貨の未来価格を予想しているAI予測プログラムWebBotが「BCHは2018年1月後半〜2月にかけて上昇する」と予測を出しているようです。

このWeb Botは元マイクロソフトの技術者が作った人工知能プログラムで、どうも占いレベル以上には的中結果を出しているそうな……?

ぴったり2月に好材料が出てくるかは不明ですが、「Web Botが2月に来ると予測しているから、2月までに仕込まなきゃ!」と考えている人が多いほど、集団心理が働いて本当に2月に上昇する可能性は十分に考えられますね。

【2018.1.8追記】1月に大きな材料が来る……!?!?

「2018年はビットコインキャッシュの年になる」と発言した張本人であるBCH派の大物クレイグ・ライト氏が、1月8日に投下した下記ツイートが話題になっています⬇︎

「1月中にBCHにデカいことが起こるからお楽しみに(超意訳)」

何かデカい材料が来るらしいです。これは期待せずには要られませんね!

詳細が分かり次第、ここに追記でまとめます。

2018年、ビットコインキャッシュ(BCH)の未来は明るいはず

投資に100%は言えませんが、これだけの好材料や流れがきていて、2018年にBCHが飛躍しないわけがないと思います。

手数料高騰や送金詰まりでBTCの信用が大きく下がってきている今は、BCHに注目が集まる大きなチャンスとも言えます。このタイミングをBCH開発陣が逃すはずはない。実際にBitmainTechも「BCHに巨額の投資をする」と宣言しています。

2017年のBCHは「BTCのハードフォークコイン」という印象でしたが、2018年のBCHはBTCと肩を並べる、あるいは追い越すような存在になってくれると期待しています。

ほりっく
ただし、これはあくまで私個人の考えにすぎないことを繰り返し述べておきます。投資は自己責任で。

ビットコインキャッシュ(BCH)を購入するならZaifにて

ビットコインキャッシュ(BCH)は、bitFlyerやコインチェックでも購入できますが、スプレッド手数料(買値と売値の差額)が非常に高いので、お世辞にもおすすめできません。

BCHの売買をするなら、手数料がほぼかからないZaif(ザイフ)一択です。

ただ、Zaifは現在新規申し込みが殺到していて、本人確認処理(トレード開始に必要)に数週間近くかかるという混みっぷりです。

1日でも早く売買開始できるよう、アカウント登録は早めに済ませておきましょう。

⇒ Zaif(ザイフ)で無料アカウント登録する(3分程度)

 

【おまけ】bitFlyer/コインチェックのBCHをZaifへ送金する方法

ほりっく
すでにbitFlyerやコインチェックでBCHを購入してしまった人は、Zaifへ移しておきましょう。

送金手順は至って簡単です。

【送金STEP1】Zaifにてビットコインキャッシュ(BCH)の入金用アドレスを用意

まず、bitFlyer/コインチェックなど他所の取引所からBCHを受け取る用のアドレスをZaif内で用意する必要があります。

Zaifのアカウントをまだ持っていない人は、まずはアカウント登録します。

⇒Zaif(ザイフ)アカウント登録

アカウント登録したらZaifにログインしましょう。

ログイン画面のヘッダー(上部)に並んでいるメニューから「アカウント」をクリック。

 

入出金と履歴」というゾーンに各種コインのアイコンが並んでいるので「BCH」をクリック。

BCHのページに移ったら、「入金」を選択。

下の方の「ビットコインキャッシュ入金用アドレスを取得」から入金アドレス(文字列)が表示されるので、それを右クリックなどでコピーしてください。

※「○confirmationsで入金は反映されます。」と表示されていますが、confirmationsとは「承認作業」のような意味です。要するに○の数が多いほど順番待ち状態ということです。

入金アドレスをコピーしたら、BCHを保有しているbitFlyer/コインチェックへ行きます。

 

【STEP2】bitFlyerからZaif(ザイフ)へビットコインキャッシュ(BCH)を送金する手順

bitFlyerへログイン。

左のメニューバーから「①入出金」をクリック。

各コインのメニュー一覧から「②BCH ご送付」を選択。

下に「ビットコインキャッシュご送付(外部アドレスへの送付)」というコーナーができるので、

③ビットコインキャッシュアドレス」のボックスに、Zaifでコピーしてきた入金アドレスを貼り付け入力。

④ラベル」というのはアドレスの登録名です。分かりやすく「ZaifのBCH入金アドレス」などとしておけばOK。

両方入力したら「⑤追加」をクリック。

アドレスが新規登録されました。

そしたら、送金するビットコインキャッシュの数量などを入力しましょう。

bitFlyerの場合、送金にあたって4桁の暗証番号の設定が必要になります。

まだ設定していない人は、「暗証番号の設定はこちら」のような案内リンクが出ているはずなので、そこで4桁の暗証番号を設定してください。

最後に、「ビットコインキャッシュを外部アドレスに送付する」をクリックすれば完了です。

 

【STEP2】コインチェックからZaif(ザイフ)へイーサリアムを送金する手順

コインチェックへログイン。

サイト上部のメニューから「ウォレット」のページを開きます。

左のメニューバーから「①コインを送る」を選択。

各コインのメニューから「②Bitcoin Cashを送る」をクリック。

下の「③送金先リストの編集」をクリック。

「新規ラベル」と「新規宛先」というボックスが表示されます。

④新規宛先」にZaifでコピーしてきた入金アドレスを入力しましょう。

⑤新規ラベル」というのはアドレスの登録名です。分かりやすく「ZaifのBCH入金アドレス」などとしておけばOK。

最後に「追加」をクリック。

追加されたアドレスを「保存」しましょう(二段階認証が必要)。

保存したら、下に「宛先」という欄ができ、保存したアドレスがあるので選択します。

そしたら、送金するビットコインキャッシュの数量などを入力しましょう。

最後に「送金する」をクリックすれば送金完了です。

あとはZaifに着金されるまで待ちましょう。

-ビットコインキャッシュ(BCH)

Copyright© WorkaHolic[ワーカホリック]|キャリア×転職×仮想通貨ブログ , 2018 All Rights Reserved.