NEM(XEM)

CM効果で新規殺到!年末年始バブルに向けてNEM(ネム)を仕込んでみた

投稿日:2017年12月18日 更新日:

coincheck(コインチェック)の新CM

 

先日、盛り上がりを見せたZaifトークンでそれなりに儲けることができたので、色々考えた結果、その資金で次はNEM(ネム)を70000枚ほど仕込みました

これは、2017年末〜2018年始にかけて盛り上がる(と予想している)新規参加者によるプチバブルを想定しての仕込みです。現在もすでに各所で盛り上がり始めていますが、まだまだ祭りは終わらないと踏んでいます。

なぜなら12月中旬現在、

国内取引所に新規申し込みが殺到している!!

つまり、この1ヶ月で新規マネーが雪崩のごとく流入してくるということ。この美味しいチャンスを逃す手はない。

すでに私はNEM(ネム)を購入しているため、以下に書くことは「ポジショントーク」になります。それを理解の上で参考にしてください。

スポンサーリンク

激増! 仮想通貨取引所の窓口には新規参加者が殺到している

11月後半〜12月前半には、ビットコインの100万円突破に加え、国産コインのモナコインが大きく価格を上げたことで、仮想通貨に対する世間の注目度が一気に上がりました。

そのおかげで、仮想通貨を始める人が12月から激増している状況です。その勢いたるや、各取引所の登録処理が全く追いついていないほど。

とくに今殺到しているのが、「coincheck(コインチェック)」と「Zaif(ザイフ)」の2つ。

コインチェックは、12月15日からついにテレビCMをスタート。出川哲朗氏をキャスティングするという完全なマス層狙いです⬇︎

(coincheck(コインチェック)のテレビCM)

このCM効果で新規申し込みが殺到していると同社社長もツイッターで発言してましたね。人員増加してなんとか目立った遅延を出さずに処理しているそうです。

 

一方、Zaif(ザイフ)はお笑い芸人の「かまいたち」を起用してウェブCMをスタートしました⬇︎

かまいたちの山内さんはテレビでも「仮想通貨にハマっている」と公言しており、しかもNEM(ネム)も推しているよう。キングオブコント優勝でちょうどブームが来ているので絶妙のキャスティングですね。

また、Zaifは他の取引所に比べて手数料が圧倒的に安いので、bitFlyerコインチェックで仮想通貨デビューしたものの手数料の高さに辟易としてZaifに移ってくる人も続出しています。

ただ、Zaifはあまりの申し込み殺到ぶりに人員が全く足りておらず、現在申し込みから取引開始できるようになるまで2週間〜1ヶ月程度の待ち状態のようです。

(※)仮想通貨で取引を始めるには、取引所に「①アカウント登録(口座開設)」してから、取引所が発送してくる「②本人確認ハガキを受け取る」までを完了しないとトレード開始できません。

アカウント登録自体は3分でできますが、Zaifがハガキを発送してくるのが大幅に遅延している状況です。

つまり、いま取引所の窓口には新規参加者が長蛇の列を作って並んでいる状況。開演前のディズニーランド状態です。

申し込みは12月に入ってから激増しています。本人確認に1週間〜1ヶ月かかっているとすると、いま入り口に殺到している新規参加者が本格的になだれ込んでくるのが12月下旬〜来年1月初旬あたり

入り口でせき止められている大量ご新規さんのマネーが一気に流れ込んできたらどうなるか? 誰にでもわかりますよね。

問題は、

新規マネーがどのコインに流れてくるか?

です。

NEM(ネム)に新規マネーの流入がしやすいと予想

NEM(ネム)というコインについて詳しくは下記記事に書いているので、基本的なことはそちらを参考に。

私は、年末年始にかけて新規参加者の多くのマネーがNEM(ネム)にくると賭けました。

その理由は主に3つほど。

ビットコインはもう高すぎる。初心者は”安いコイン”から入るのではないか?

はっきり言って、今から仮想通貨デビューする人にとってビットコインは高くなりすぎました。

ビットコインが0.1BTCや0.01BTCなど小数点の単位から購入できることすら知らない人も多いですし、これまで投資経験もなく、仮想通貨なんて何となく怪しいとすら思っていた人たちが、始めてコインを買うのに「200万円の代物」なんて心理的ハードルが高すぎます。

なので、新規で入ってくる初心者は、心理的に”単価の安いコイン”からお試し購入する傾向がありそうな気がします(あくまで私の予想です)。

そう仮定すると、いま現在、

  • 時価総額トップ10に入るメジャーコインであり
  • 初心者でも名前は聞いたことあるくらいの人気と知名度を備え
  • 投資未経験者でもお金を出しやすいお値ごろ価格で
  • かつ大手取引所が取り扱っている

この条件を備えるコインは何かと考えると、

  • NEM(ネム):80円〜90円前後
  • Ripple(リップル):80円〜90円前後

※記事執筆時点の価格

この2つあたりが筆頭候補じゃないでしょうか?

 

想像してみましょう。

仮に12月のボーナスから10万円で仮想通貨投資を始めてみるとして、

  1. BTCを0.05枚購入
  2. NEMまたはリップルを1000枚購入

だったら、心理的に後者を選びたくないですか?

BTC(ビットコイン)なんてもう、10万円じゃ0.1枚も買えないんですよ。0.1枚とか0.05枚なんて持っていても「投資してる感」がゼロですよね。

200万のコインを0.05枚より、80円のコインを1000枚買う方が圧倒的に買いやすい(心理的な意味で)と思います。

おそらく新規参加者も2つか3つのコインに分散投資すると思いますが、その中にNEM(ネム)とリップルが入ってくる可能性は高いと踏んでいます。

その前提の上で、なぜ私がリップルではなくNEM(ネム)大きく張ったのか?

ほりっく
一応、リップルも持っていますけどね

NEM(ネム)はコインチェックとZaifの両方で取り扱いがある

今とくに新規参加者が殺到しているのが「coincheck(コインチェック)」と「Zaif(ザイフ)」ですが、

NEM(ネム)はコインチェックとZaifの両方が取り扱っています。一方のリップルはコインチェックでしか取り扱いがなく、Zaifでは購入できません。

ちなみに、コインチェックとZaifの両方で取り扱いがあるコインは、

  • ビットコイン:約200万円
  • イーサリアム:約9万円
  • NEM(ネム):約80円
  • ビットコインキャッシュ:約20万円

この4つしかありません。

そう考えると、”初心者は安いコインの方が買いやすい”と考えた場合に一番有力候補になるのはやはりNEM(ネム)になると思うのです。

初心者にリップルの意義を理解するのは難しい。NEMの方が”愛着”を持ちやすいのではないか?

いま取引所に殺到している新規参加者の中には、投資経験がなく、「よく分からないけど話題だから」くらいのノリで入ってくるリテラシーレベルの人もめちゃくちゃ多いです。

そうした初心者が始めてコインを買うのに「リップルってどんなコインなの?」「ネムってどんなコインなの?」と軽く調べたとして、

銀行間の国際送金を主軸にしたリップルの存在意義は、初心者にとってははっきり言って理解しにくいと思うし「固すぎる」気がします。金融のこむずかし話なんて誰も興味がない。

一方のNEMは、何に使われるのかよく分からないけど、コミュニティが熱く、ファンも多く、目に見えるグッズなんかも多く、有志によるイベントなども行っています。

つまり初心者にとって愛着を持ちやすいのは圧倒的にNEM(ネム)の方だと思うんですよね。

×「リップルは……銀行間の国際送金? コンソーシアム……よく分からないムツカシイ」

○「ネムは……なんかファンも多いし、イベントとかあるし、なんか可愛いし面白そう!」

取っ付きやすさって言うんでしょうか。

バカらしく見えるかもしれませんが、技術的なことや投資知識も分からない初心者が購入する理由として、「何となく良さそう」みたいなフワっとした印象ってめちゃくちゃ大事です。

モナコインがあそこまで新規参加者に買われて一気にメジャーになったのだって、キャラクターの可愛さだったり、サブカル的側面があって「一般人」が愛着を持ちやすいのが大きな要因だったと思います。

技術的な素晴らしさとか将来性なんて難しいこと語られても、初心者には分からないんですよ。というか、いま仮想通貨トレードしている人で技術的なことをちゃんと理解した上で投資している人なんてほとんどいません。みんな「雰囲気」で投資しています。

そんな要素もあり、なんとなく愛着が湧きやすいコインの方が初心者に買われるんじゃないかなぁ……と予想しています。

ほりっく
繰り返しますが、これはあくまで私の妄想にすぎないので真に受けないように。投資判断は自己責任でお願いします

NEM(ネム)はチャート的にも非常にいい感じ

もう一つ付け加えると、NEM(ネム)は今チャート的にも非常に良さげに見えます。

ここ1週間(12月11〜18日)くらいのNEMのチャートです⬇︎

12月に入ってから綺麗な右肩上がりで成長を見せていますね。やはり、12月から続々と入ってきている新規マネーがNEM(ネム)を押し上げているような印象です。

これほど綺麗な右肩上がりを見せられれば、初心者も「なんか上がっていきそうだからコレにしよう」と買いやすい感じ満点ですよね。

ここ3日のチャートを見ても⬇︎

とても良い。84円付近のラインをブレイクしたら一気に上がっていきそうです。

年末年始にかけて押し寄せてくる新規マネーがこの84〜85円の壁をぶっ壊してくれたら、年内90円〜100円の達成も期待できそうです。

ほりっく
……が、この予想が外れてNEM(ネム)が不発だったらめちゃくちゃ恥ずかしいです。。。

ただし、年末は税金のための利確勢の動きが気になる

年末は新規マネーの流入により全体的に上げ相場になると予想していますが、一つ気になるのが来年の税金を考慮しての利確売りです。

来年の税金を確保するために、年越し前に一度全て日本円に戻す人や、税金分の額だけ利確して銀行口座に戻す人が続々出てくるでしょう。

ガチホ組は利確すると税金発生なので、そのまま来年に持ち越す人もいるようですが、市場全体で年末にどれだけの利確売りが出てくるかは全く想像できません。

とくにNEM(ネム)なんかは日本の取引量が多いので、日本人の動きが大きく影響します。もしや、新規マネー流入による押し上げより利確売りの売り圧力が勝って、価格が停滞・下がることも予想しておくべきでしょう。

何にせよ、年末年始の動きには気を配っておいた方が良さそうです。

【P.S.】 NEM(ネム)は必ずZaifで購入・売買しよう

これからNEM(ネム)を購入あるいは売却したい人は、必ずZaif(ザイフ)を使いましょう。

コインチェックは手数料(スプレッド)が高すぎです。買おうとすると実際価格より高くなり、売ろうとすると実際価格より安くなります。

長期保有ならまだしも、頻繁にトレードするのに「買い」と「売り」が数%も離れているとまともに利益が出せません。

一方のZaif(ザイフ)は、NEM(ネム)でもユーザー同士での取引(売買)が可能です。ユーザー同士での取引ならスプレッドがなく手数料はほぼかかりません。

要するに、手数料のないZaifの方が、

  • 安く買えるし、
  • 高く売れる!

ということですね。

なのでこれからNEM(ネム)の購入したい人は、Zaif(ザイフ)を選んだ方がおすすめです。

Zaifは本人書類の確認(=取引開始の条件)に数日〜1週間かかるケースがあるので、NEMを買いたい人は早めに登録・書類提出しておきましょう。

⇒Zaif(ザイフ)の会員登録ページ

 

【P.P.S】コインチェックのNEM(ネム)をZaifに移す送金方法

すでにコインチェックでNEM(ネム)を購入してしまった人は、そのNEM(ネム)をそのまま手数料のほぼかからないZaifに移動させましょう。

送金はごくごく簡単な手順ですぐにできます。

STEP1:Zaifにて、NEMの受け取りアドレスとメッセージを用意

まずはZaifで、コインチェックのNEM(ネム)を受け取るアドレスを作ります。

Zaifのアカウントをまだ持っていない人は、まずはアカウント登録します。

⇒Zaif(ザイフ)アカウント登録

アカウント登録したらZaifにログインしましょう。

ログイン画面のヘッダー(上部)に並んでいるメニューから「アカウント」をクリック。

 

入出金と履歴」というゾーンに各種コインのアイコンが並んでいるので「XEM」をクリック。

ほりっく
NEM(ネム)は、通貨単位をXEM(ゼム)と言います。紛らわしいですね。

NEM(ネム)のページを開いたら、まず「入金」を選択⬇︎

下の方に「XEM入金のメッセージとアドレス」という欄があるので、

  • メッセージ
  • アドレス

この2つの文字列をコピー(メモ)してください。

(「メッセージを先にコピーしてください」という箇所をクリックすればアドレスが開示されます)

ほりっく
NEM(ネム)は、NEMユーザー全員の共有アドレスに一度送金し、そこから個人ごとの「メッセージ」によって特定個人に送金されます。

要するにNEMでは「メッセージ」が個人アドレスという感じです。

STEP2:アドレスとメッセージを持ってコインチェックへ

NEM入金アドレスとメッセージをコピーしたら、今度はコインチェックへ。

ログインしたら、左のメニューバーから「①コインを送る」をクリック。

②「NEMを送る」を選択します。

③下の「新規ラベル/新規宛先」というコーナーの「新規宛先」に、ZaifでコピーしてきたNEMアドレスを貼り付け入力します(メッセージではないので注意!)

「新規ラベル」というのはアドレスの登録名です。
分かりやすいように「ZaifのNEM入金アドレス」などとしておけばいいでしょう。

アドレスとラベルを入力したら「追加」をクリック。

続いて「保存」をクリック。(二段階認証設定している人は認証があります)

アドレス登録されたら、下の「宛先」から保存したアドレスを設定。

④最後に「メッセージ」のボックスに、Zaifでコピーしたメッセージを入力しましょう。

 

あとは見たまんまなのですが、

移動させるNEM(ネム)の数量(金額)を入力しましょう。金額というより枚数ですね。

 

諸々確認したら、「送金する」をクリック。

二段階認証設定している人は、認証したら送金完了です。

 

-NEM(XEM)

Copyright© WorkaHolic[ワーカホリック]|キャリア×転職×仮想通貨ブログ , 2018 All Rights Reserved.