ビットコインキャッシュ(BCH) 仮想通貨取引所

ビットコインキャッシュ(BCH)をbitFlyer/コインチェックからZaifへ移す方法【送金手順】

投稿日:2017年12月12日 更新日:

bitFlyerとコインチェックは手数料高い!ビットコインキャッシュはZaif(ザイフ)で取引しよう

みなさんBCH(ビットコインキャッシュ)持っていますか? 

2018年1月に取引所に参入するSBIがBCHを推していたり、BCHを基軸通貨にした海外取引所が誕生したりと、BCHは2018年に盛り上がりそうな気配がプンプンしていますね。

私も、来年初頭に向けてすでにBCH仕込みました。

さてそんなBCHですが、国内大手でもbitFlyerやコインチェックで売買している人は要注意。バカ高い手数料がかかっていることを知っていますか?

実際に見てみれば一目瞭然です。

bitFlyerのビットコインキャッシュ(=約168,000円時)の売買価格がこちら⬇︎

購入価格と売却価格の差が約2.7万円も開いています。

 

コインチェックのビットコインキャッシュ(=約157800円時)の売買価格がこちら⬇︎

購入:166,450円

売却:149,710円

こちらも、購入価格と売却価格の差が約1.7万円も開いています。

 

この「買い」と「売り」の価格差は”スプレッド”と呼ばれ、いわゆる取引所の販売手数料です。

bitFlyerとコインチェックにおいて、BCHはビットコインのように市場ユーザー同士での売買取引(板取引)ができません。そのため、販売所(=つまりbitFlyerやコインチェックのような業者)から売り買いするしかなく、どうしても業者への手数料が発生します。

ただ、いくら手数料とはいえあまりに高い。

bitFlyerのように、16万ちょっとのBCHで購入と売却が2〜3万円弱も離れていると、短期〜中期の売買トレードではまともな利益が出せません。はっきり言ってボッタクリもいいところ。

結論を言うと、

BCHはZaifで取引した方がいい

です。

なぜならZaifだけは、ビットコインキャッシュを含め、全ての通貨で市場ユーザー同士の売買取引ができます

つまり、ZaifはbitFlyerやコインチェックのような手数料(スプレッド)がほぼかかりません。常にそのときの価格で買ったり売ったりできます。

なので、長期ホールドするつもりの人はともかく、短期〜中期でビットコインキャッシュ(BCH)を売買する人はZaifでトレードした方が”基本的には”お得です。

というわけで、まずこれからビットコインキャッシュ(BCH)を購入したい人は手数料がほぼないZaifでの売買をおすすめします。

Zaifは本人書類の確認(=取引開始の条件)に数日〜1週間かかるケースがあるので、ビットコインキャッシュを買いたい人は早めに登録・書類提出しておきましょう。

⇒Zaif(ザイフ)の会員登録ページ

 

さて、ここから本題ですが、

すでにbitFlyerやコインチェックでBCHを購入し、あまりに高いスプレッドで消耗している人は、そのBCHをZaifへ送金して移してしまいましょう。

送金手続きはいたって簡単で、すぐに完了します。

以下のステップに従って進めていきましょう。

 

【送金STEP1】Zaifにてビットコインキャッシュ(BCH)の入金用アドレスを用意

まず、bitFlyer/コインチェックなど他所の取引所からBCHを受け取る用のアドレスをZaif内で用意する必要があります。

Zaifのアカウントをまだ持っていない人は、まずはアカウント登録します。

⇒Zaif(ザイフ)アカウント登録

アカウント登録したらZaifにログインしましょう。

ログイン画面のヘッダー(上部)に並んでいるメニューから「アカウント」をクリック。

 

入出金と履歴」というゾーンに各種コインのアイコンが並んでいるので「BCH」をクリック。

BCHのページに移ったら、「入金」を選択。

下の方の「ビットコインキャッシュ入金用アドレスを取得」から入金アドレス(文字列)が表示されるので、それを右クリックなどでコピーしてください。

※「○confirmationsで入金は反映されます。」と表示されていますが、confirmationsとは「承認作業」のような意味です。要するに○の数が多いほど順番待ち状態ということです。

入金アドレスをコピーしたら、BCHを保有しているbitFlyer/コインチェックへ行きます。

 

【STEP2】bitFlyerからZaif(ザイフ)へビットコインキャッシュ(BCH)を送金する手順

bitFlyerへログイン。

左のメニューバーから「①入出金」をクリック。

各コインのメニュー一覧から「②BCH ご送付」を選択。

下に「ビットコインキャッシュご送付(外部アドレスへの送付)」というコーナーができるので、

③ビットコインキャッシュアドレス」のボックスに、Zaifでコピーしてきた入金アドレスを貼り付け入力。

④ラベル」というのはアドレスの登録名です。分かりやすく「ZaifのBCH入金アドレス」などとしておけばOK。

両方入力したら「⑤追加」をクリック。

アドレスが新規登録されました。

そしたら、送金するビットコインキャッシュの数量などを入力しましょう。

bitFlyerの場合、送金にあたって4桁の暗証番号の設定が必要になります。

まだ設定していない人は、「暗証番号の設定はこちら」のような案内リンクが出ているはずなので、そこで4桁の暗証番号を設定してください。

最後に、「ビットコインキャッシュを外部アドレスに送付する」をクリックすれば完了です。

 

【STEP2】コインチェックからZaif(ザイフ)へイーサリアムを送金する手順

コインチェックへログイン。

サイト上部のメニューから「ウォレット」のページを開きます。

左のメニューバーから「①コインを送る」を選択。

各コインのメニューから「②Bitcoin Cashを送る」をクリック。

下の「③送金先リストの編集」をクリック。

「新規ラベル」と「新規宛先」というボックスが表示されます。

④新規宛先」にZaifでコピーしてきた入金アドレスを入力しましょう。

⑤新規ラベル」というのはアドレスの登録名です。分かりやすく「ZaifのBCH入金アドレス」などとしておけばOK。

最後に「追加」をクリック。

追加されたアドレスを「保存」しましょう(二段階認証が必要)。

保存したら、下に「宛先」という欄ができ、保存したアドレスがあるので選択します。

そしたら、送金するビットコインキャッシュの数量などを入力しましょう。

最後に「送金する」をクリックすれば送金完了です。

あとはZaifに着金されるまで待ちましょう。

 

2018年初頭から盛り上がりそうなBCH(ビットコインキャッシュ)に期待!

11月に歴史的な大暴騰を見せたBCHですが、それ以降は地味な動きに終始していますね。周りのアルトコインが結構派手に上げてきているので、つい握力が耐えられずに売ったり減らしたりする人も多いかもしれません。

ただ、2018年はBCHの好材料が結構出そうです。

まず1月しょっぱなに登場する大手SBIの取引所「SBI バーチャルカレンシー」。SBIの社長である北尾さんはBCH推しであることを公言しているので、SBIの力はBCHを強力に後押しするでしょう。

さらにイギリスで誕生する新たな取引所「Coinex」ではBCHが基軸通貨になるとのこと。これに先駆けて、BTCではなくBCH基軸の取引所が増えていくかもしれません。

また、元マイクロソフト社のコンサルタントが開発したコンピュータによる未来予測プログラム「ウェブボット」は、BCHは2018年2月前より価格上昇し、”パーティのような騒ぎになる”と未来予測しています。

まぁAIの言うことは「期待」止まりですが、BCH推しのSBIバーチャルカレンシーの参戦は結構アツいんじゃないかと思っているので、私は今年のうちにある程度仕込んでおきました。

2018年初頭のBCHが今から楽しみです。

-ビットコインキャッシュ(BCH), 仮想通貨取引所

Copyright© WorkaHolic[ワーカホリック]|キャリア×転職×仮想通貨ブログ , 2018 All Rights Reserved.