【せどり】大手業者に価格競争で対抗するのは絶対にNG!

禁止

個人でせどりをしている人の中で、「最安値で出品が基本」なんて人はさすがにいないと思いますが、 早く売り切ろうとしてついつい低価格合戦に対抗していき、結果相場を破壊してしまう人は本当に沢山います。  

結論から言いますが、大手の業者を相手に価格競争で対抗しようとするのは自殺行為です。

個人レベルの出品者が評価数1万を越える業者に太刀打ちできるわけがありませんし、敗北したうえに本来取れるはずだった利益すら削られていきます。

というわけで、今回のテーマは『不毛な価格競争』です。

 

スポンサーリンク

 

業者の見分け方とは

運送

まず業者か個人出品かを見分ける指標としては、「評価数」と「出品数」で充分です。 むしろ大手の業者なら「評価数」だけで分かるでしょう(買取◯子とか、フル◯チオンラインとか)。

1万を越える評価は個人レベルではそうそう取得できませんので、数千〜数万の評価数を持っている出品者は大なり小なり業者と見て問題ありません。

ちなみに、あなたの評価数はいくつでしょうか? 購入者からもらえる評価数というのは、当たり前ですが取引数に比例します。つまり、あなたと大手の業者には、実績、在庫数ともにそれほどの戦力差があると考えて下さい。

 

なぜ業者に価格競争を挑んではいけないのか?

割引

答えは簡単で、あなたと業者では『体力差』が圧倒的に違うからです。

【体力差 = HP = 商品数】と置き換えてもOKです。  

ひとつ例を挙げてみましょう。

(分かりやすく手数料はナシで) あなたは1000円で仕入れた商品を2000円で出品していました。

すると、大手の業者が同じ商品(同じ1000円の仕入れ)を1800円で出品してきます。

あなたはそれに対抗して1700円に価格を下げます。

業者も対抗して1500円に下げました。

あなたはムキになって1400円に……。

業者はニッコリ1200円にしてきます。

あなたは1150円に。

業者は1100円。

あなたはここで「これ以上は無理」となって敗北します。  

 

さて、この場合、あなたは1000円で仕入れた商品で利益150円しか取れませんでした。

利益こそでているものの、実質的にも精神的にも完全に負けですよね。

では、業者はどうでしょうか。同じ1000円仕入れの商品で、利益は100円しか出ていません。

ということは業者の方がもっと負けになるのでは?  

いいえ、業者は100円の利益でもOKなのです。

なぜなら、業者は同じ商品を100個売っているからです。

あなたは1個しか商品を仕入れていないので、儲けは商品1 × 利益150円でトータル150円です。

しかし業者は、1個当たり100円の儲けしかなくても、同じ商品を100個仕入れて100個売っているので、【商品100 × 利益100】となりトータル10000万円の儲けを叩き出せるのです。 (業者の規模によっては左の数値は商品1000、商品10000にも成り得ます)

これが体力差、すなわち『量』における個人と業者の圧倒的な戦力差です。  

これはせどりに限らず、他のビジネスでも基本は同じですが、 (シェア率、または商品数における)強者に対して、弱者が価格競争を挑むのは自殺行為です。

なぜなら『より多く売れる』は『より安く売れる』とイコールであり、最も多く商品を売れる業者こそが、最も安く商品を提供できる(売っても耐えられる)ということだからです。

100円ショップは商品1つあたり数十円しか利益が出なくても、圧倒的な量を売れるから成り立つのです。これは人海戦術が成せる技であって、商品を10個しか持っていない弱小業者が取れる戦術ではありません。

仮にあなたがムキになって対抗して業者より低価格にしたところで、業者はニッコリ笑ってさらに低価格にしてくるだけの話です。

スポンサーリンク

業者より高く売るにはどうすればいい?

では、どうすれば業者よりも高く売れるのか?

結論から言うと、本来価格 + 付加価値で売るしかありません。

『本来価格』とは、商品の純粋な価格(ここでは業者の売値と捉えても良いです)。

『付加価値』とは、商品を売る際のあなたのサービスです。  

前述したように、業者は圧倒的な量を持っていることがメリットになりますが、それは逆に1つひとつには手間をかけられないというデメリットにも成り得るんです。

そして、個人が業者に勝てるポイントはまさにここにしかありません。

業者にはできない、あなたにしかできない付加価値を生み出すことができれば、業者より高値で出品しても売り抜くことが可能です。

なので、販売価格とは必ずしも商品価格とは一致せず、むしろ本来は、 【販売価格 = 商品価格 + サービス料(付加価値)】 であることを念頭に入れてせどりをしていく必要があります。  

というわけで、ここでは付加価値を生み出せる代表的な方法を2つご紹介します。

 

付加価値①:商品コメントを工夫する

業者の商品の出品コメントを見れば一目で分かると思いますが、完全にテンプレートのコピペ文です。

なぜなら、一個ずついちいち丁寧に書いている暇がないからです。

なので、個人のあなたはまずここの商品コメントで勝負しましょう。

業者のように完全テンプレート文にするのではなく、商品のキズや使用感などをコンディションを出来るだけ分かりやすく詳細に書き、付属品の有無を1つひとつ丁寧に記載しましょう。

特に業者のコピペ文は商品個々の付属品(の内訳)を書いていない場合が多いので、購入者からしたら付属品が完備しているかを判断できずに戸惑うケースが多くあります。(買ってみたら帯がないなんてしょっちゅうですからね)

そんなとき、あなたの商品コメントに付属品の有無が全てしっかり書かれていれば、少しくらい高かろうとあなたの商品を選んで「安心」を買います。

いちいち細かくコメントを書くのを面倒くさいと思ってはダメです。それこそがあなたにしかできないサービスであり、付加価値になるんです。

 

付加価値②:商品写真をコメントにのせる

プレゼント

コメントを丁寧に書くことよりもさらに親切なサービスが、「商品写真を一緒に載せる」ことです。

コメントに「表紙に薄スレあります」とか「ジャケットに目立たない程度のキズあり」なんて書かれても、購入者にはそれがどんなもんかなんて実際には分かりません。

しかし、実際の商品の状態を写真にとって(キズやスレ部分をアップで取ればなおグッド)、コメントに載せておけば、購入者はそれを見て適正な判断ができます。ネット通販でこれほど安心できる要素はないでしょう。

業者なんて「中古のため、多少のキズや使用感がある場合があります」の一言とかですからね。あなたのサービスとは天と地の差があります。

その差を持ってすれば、数百円、あるいは数千円の価格差なんて簡単に埋めることができるんです。  

 

いかがでしたか?

今回紹介した2つの方法の他にも、あなたが出来る付加価値(サービス)を追求してみて下さい。

そのサービスの価値の分だけ、商品本来の価格に上乗せして売ることができるはずです。

これからはもう、安易に価格競争にのってはダメです。

あなたも利益を削られることになりますし、適正相場を崩して他の出品者にも甚大な被害を与えかねません。 値下げ競争には付き合わず、付加価値をつけて高く売れるように策を練ることが大切です。

以上を一言でまとめると、価格を下げずに、価値をあげろということです。

ちなみにこの言葉や、今回の『大手に価格競争を挑んではいけない』というテーマは以下の記事↓↓

で詳しく書かれているので、興味のある方はぜひ合わせて読んでみて下さい^^

 

【PR】せどり初心者はまず導入しておきたいおすすめツールの紹介

せどり初心者の方々に、導入をオススメしているせどりツールを紹介しています。

せどりツール選びに迷っている方は、ぜひ参考にして下さい。

総合せどりツール『プライスター』

スクリーンショット 2016-01-26 18.51.25

プライスター

総合せどりツール『プライスター』は、商品の自動価格改定やカンタン出品登録、利益率や売上管理から税務サポートまで、仕入れ以外のせどり業務を全てサポートしてくれる、せどり業界では知らない人のいない大人気ツールです。

  • 商品の価格改定が面倒ではありませんか?
  • 商品の出品作業に時間をかけていませんか?
  • 自分の利益率や利益額を把握していますか?

以上のような問題点を抱えている人は、プライスターを導入すれば全てを解決できます。

  • ⇒価格改定は30分程度の間隔で全自動で行ってくれます
  • ⇒複数個の商品をまとめて一気に出品登録できます
  • ⇒商品ごと、月ごとの利益額や利益率を自動集計してくれます

プライスターの性能について詳しく知りたい方は、以下の記事をどうぞ。

参考:評判高すぎ!人気せどりツール『プライスター』の魅力を徹底解説します!

プライススターの価格改定機能については、以下の記事が役に立ちます。

参考:【せどり】徹底比較!プライスターVS価格雷神、人気価格改定ツールの軍配は!?

30日間の無料お試し体験を受付中

プライスターは初年度月額5800円(2年目以降は4800円)ですが、30日間の無料お試し体験を受け付けています。

1ヶ月間は無料で使うことができるので、使ってみて気に入らない場合は更新しなければお金はかかりません。

まずは試しに無料で1ヶ月使ってみて、その抜群のツール機能を堪能してみて下さい!

スポンサーリンク
禁止