アルバイトフリーター・非正規はクレジットカードを作れない?←作れますよ。

ドラッグストア

ごく普通のフリーターや派遣社員に限らず、フリーランスや個人事業主の方々の中にも、実はアルバイトを兼業して生計を立てている人も結構います。

そうした人たちは、もちろん自分の事業だけでは食べていけないためにアルバイトや契約社員として生計を支えているワケですが、日本では「私は個人事業主です」と言えば個人事業主になれてしまうので、表向きには「フリーランスで◯◯しています」と答えているでしょう。フリーターや派遣というワードはネガティブな印象をもたれがちですからね。

しかし、いくらその人たちが「私はフリーランス・個人事業主です」と”自称”しても、いざクレジットカードを作ろうとすると、カード会社の審査においてはきちんと「アルバイト」として見られます。(アルバイト収入が柱になっている場合)

そうした人たちもみんなひっくるめて、「アルバイト」「非正規」「フリーター」といった社会的身分の人たちは、クレジットカードを作ることができるのでしょうか?

今回はそんな話を書きたいと思いますが、まずは結論から言ってしまいましょう。

アルバイトフリーター、非正規であっても、作成可能なクレジットカードはあります。安心して読んで下さい。

スポンサーリンク

アルバイトや非正規は年収が低いから……という”間違い”

会社に勤める正社員に比べて、フリーターや派遣といった非正規雇用者がクレジットカードを作りにくいことは間違いありません。

ですが、「年収が低いから」という理由は正確ではありません。

クレジットカードを作るうえで最も重要視されるのは、「収入が高いか低いか」ではなく、「収入が安定しているかどうか」です。

アルバイトや非正規社員がクレジットカードを作りにくいのは、年収が低いからではなく、収入が安定していない(クビなりやすい)からというのが本質です。

月40万稼ぐバイトリーダーより、月給22万の新卒正社員の方がクレジットカードは作りやすいのが現実なのです。

もう1つ付け加えると、「学生」の身分を使える人は使った方が効果的です。

学生の場合はアルバイトの収入が低くても、「保護者」という強力な安定・安心の材料があるから、カード会社は信用してくれやすいからです。たとえ本人がカード料金を払えなくても、親のスネかじることができますからね。

 

クレジットカードは持ってなきゃダメなの?

クレジットカード

小規模ながらも自ら事業を行っているフリーランスや個人事業主はもちろん、それ以外の人であっても、クレジットカードは1枚は持っておいた方が絶対に良いです。

持ってないと死ぬ、というわけではありませんが、時代的にクレジットカードの恩恵は計り知れないレベルにまで向上しているからです。

事業主はもはや必須です。

事業主で言えば、まずは資金繰りにおいてクレジットカードに助けられる場面は度々訪れます。「後払いできる」という最大のメリットの他、使い方さえ間違えなければ「分割払い」や「リボ払い」も、資金繰りの幅を広げる強力な武器になります。

また、会計・経理の面でも、近年急激に普及しているクラウド会計は、クレジットカードと連携することで利用明細を自動で集計してくれるという必須ツールになりつつあります。

「フィンテック(ファイナンス+テクノロジー)」という言葉が流行しているように、クラウド会計を初めとするITサービスと、クレジットカードを初めとする電子決済はますます融合していきます。毎年確定申告をしている人は、遅かれ早かれ必ず導入することになるでしょう。

日常においてもクレジットカードの出番は必ず増えていく。

日常生活においても、クレジットカードを利用する機会は増えています。

Amazonを初めとする多くのECショップでも、クレジットカードを登録することで劇的なまでに簡単に買い物が出来るようになっています。そして、この【現金決済 ⇒ 電子決済】の流れはもはや不可逆で、今後も必ず加速していくでしょう。

今後はあらゆる場所から現金決済が消えていき、現金を利用する頻度は少しずつ、しかし確実に減っていくと思われます。そうした時に、クレジットカードを持っていないために不遇を強いられる場面は必ず出てくると思います。

電子マネーなどもどんどん普及していますが、クレジットカードには電子マネーが搭載されているものも多いため、やはりクレジットカードを持っているに越したことはありません。

 

クレジットカードには様々な特典がある

クレジットカードには、各カードごとに数えきれないほどの特典・サービスが付いています。

「ポイントを貯めることができる」というポイントプログラムは最も代表的なものですが、その他にも、電子マネーが搭載されていたり、ETCカードが作れたり、旅行保険やショッピング保険がついたり、レストランやホテルや色々なサービスなどを優待価格が利用することができたり……。

などなど、クレジットカードを利用することで様々な”恩恵”を受けることができます。そしてその恩恵のレベルは、クレジットカードのグレードに応じてレベルアップしていきます。

以上のように、クレジットカードはないと死ぬわけではありませんが、持っていた方が超お得な代物なんです。

スポンサーリンク

アルバイトでもクレジットカードは作れる

通勤

先に結論で述べた通り、アルバイトや非正規社員、主婦であってもクレジットカードは作ることができます。

とはいえ、正社員に比べると選択肢に限りはありますので、「作れるクレジットカードはある」という言い方の方がしっくりくるかもしれません。

特に昨今は非正規社員の人口が激増しているので、各クレジットカード会社も利用者を増やすために、そういった人たちの手が届く範囲までハードルを下げようとしている傾向もあります。

そのため、アルバイトや非正規であっても作れるクレジットカードはいくつかありますが、その中でもひとまず間違いのないクレジットカードを1枚おすすめしておきます。

それはずばり、「楽天カード」です。

楽天カードの審査はゆっるゆる……?


楽天カード

楽天カードは言わずもがな、IT業界の巨人である楽天が発行しているクレジットカードです。

知名度や利用者数も申し分なく、年会費が永年無料というメリットもあり人気の高いカードですね。年会費無料なのにポイント還元率1%という立派な数字を持っているので、メインカードとしても十分な実力を持っています。

新規入会時に2000ポイント(=2000円)をもらえる上に、貯まったポイントは楽天市場で利用できるので、日頃から楽天で買い物する人にはとくにお得な1枚です。

年会費無料、高い還元率、楽天Edy(電子マネー搭載)、旅行保険最大2000万円付きなど、クレジットカード初心者が持つには申し分ないスペックと人気を誇る楽天カードですが、

ネット上では、「無職でも作れるカード」なんて揶揄されていたりします……(笑)。

というのも、楽天カードのネット上の評判では、「審査がゆるすぎる」「審査のスピードが早すぎる」という声が続出しているのです。

  • フリーター、主婦でも問題なく審査に通った
  • 申し込んだら3分で審査結果のメールが来た
  • アルバイトどころか、無職でも通った

などなど、「ちゃんと審査してるのか?」と疑いたくなるほど、審査が緩く、カードの発行も速いというのが楽天カードの評判です。

公式サイトによると、スマホ・パソコンでの申し込みから1週間でカードが自宅に届くということなので、スピード発行を売りにしているのは間違いありません。

またこれは推測ですが、楽天側の方針として、収入の不安定な人に対しては「審査に落とす=カードを作らせない」ではなく、「限度額を少額にする = 作らせるけど使える額を制限する」という方針をとっているように思えます。

現に、楽天カードの審査を軽々突破したものの、限度額は10万程度だった……なんて話も聞きます。

(※楽天カードの限度額は10〜100万円です)

もし万が一、低い限度額になったとても、一度カードを作ってしまいさえすれば、利用実績を重ねることで限度額は上げていくことが可能なので、そこまで大きな問題にはなりません。

 

以上のように、良くも悪くも様々なネタのあるカードですが、ネット上の口コミはあくまで口コミです。

楽天カードの審査基準には正直「?」となる部分もありますが、審査基準を公表しているわけではありませんので、確実なところは分かりません。

アルバイトや非正規、主婦といった条件でも楽天カードが作れることは確実ですが、そのわりにきちんと収入がある人が落ちたりといった話も聞きます。

といっても、数あるクレジットカードの中でも、審査にゆっるゆるな優しいカードであることは間違いありません。社会的身分に不安のある人は、まずは楽天カードに申し込んでみてはいかがでしょうか。(スマホ・PCから簡単に申し込みできます)

▼無料お申し込みはこちらから▼

ワーホリ編集部のベティ

楽天カードについて詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にどうぞ。

ちなみに、楽天カードは日本版顧客満足度指数(JSCI)の調査において、6年連続満足度No1を記録した実績のある人気カードよ。

信じるか信じないかはあなた次第っ!

スポンサーリンク
ドラッグストア