フリーランスは名刺が命!斬新でセンス溢れる名刺や作成会社を紹介!

写真素材 足成

フリーランスや個人事業主として新たに活動を始めようとするとき、まず最初に必要となるものがありますよね。

そうです、『名刺』です。

会社員と違って、フリーランスは自分の名刺を自分で用意しなければなりません。会社と違って自分だけの名刺なので、何を書くか、どんなデザインにするかも自由です。あまりに自由なので、この点で悩んだ人は多いのではないでしょうか。

フリーランスたるもの個性が大事。名刺も自分を表す重要なツールの1つです。出来ることなら名刺1つでキラリと光るセンスを見せてやりたいところですよね。

今回はそんなフリーランスの名刺について。

世の中に溢れる斬新で面白い名刺の紹介から、誰でも簡単に作れる名刺作成サービスまで紹介します。

 

スポンサーリンク

 

名刺の持つ役割とは

名刺というツールの持つ役割は、言わずもがな「自分(の身分)を相手に知ってもらう」ことにあります。

氏名や連絡先と共に、サラリーマンならどこの会社のどんな役職の人物なのか、フリーランスならどんな職業(肩書き)なのかに加えて自分のHPなどをさりげなく載せてアピールしたりする人もいるでしょう。

このように名刺は言わば最も簡単な自己紹介であるわけですが、実はビジネスシーンにおける名刺交換で、名刺に求められる真の重要性は、相手に自分の情報をただ与えることではありません。

重要な役割は、相手に「忘れられないように」することです。

覚えはありませんか? 例えばあるセミナーや交流会で、会う人会う人ひっきりなしに名刺を交換したものの、家に帰って集まった名刺を見返してみると、名刺に書かれた情報と本人の顔が一致しないなんてことが……。

それは、その名刺があなたに何の印象も与えていないからです。名刺を交換するとき、はっきり言って人は相手の名刺情報にほとんど興味を持っていません。目の前に相手がいるわけですから、意識のほとんどは相手に直接向かっています。

今後の付き合いが確約されている状態ならまだしも、交流会などのたった一度きりの対面のチャンスでは、名刺で相手に印象を残せるかどうかがその後の関係の発展に大きく作用します。

名刺はあなた自身のプレゼンツールです。プレゼンにおいてまず大切なのは、相手の気を引くこと。インパクトです。後日その名刺を見ただけであなたの顔を思い出すほど強いインパクト。

会社名のブランドや役職の力も持たない、言わば裸一貫のフリーランスが相手に第一印象でインパクトを与えるには、「名刺そのもの」で勝負するのが最もシンプルで有効な方法です。

世の中には、そうやって名刺で”勝負”を仕掛けている人が沢山います。

続いては、そんな彼らの斬新で面白い『勝負名刺』をいくつか紹介します。

スポンサーリンク

斬新でセンス溢れる名刺まとめ

国内外で活躍する優秀なビジネスマンは、名刺もセンスに溢れています。

いくつか、とびきりセンス光る名刺を見てみましょう。

 

フィットネストレーナーの名刺

フィットネストレーナーの名刺は「ストレッチ」できることが基本です。

 

検索型名刺

検索窓をモチーフにした名刺は、Web系にウケそうな名刺ですね。

 

写真家の名刺

ビューファインダー風になっている名刺。さすが写真家のセンスが光っています。

 

Webデザイナー名刺

http://youpouch.com/2013/03/03/108296/

http://youpouch.com/2013/03/03/108296/

折り畳むとノートパソコンに変身します。

 

看護師の名刺

 

http://youpouch.com/2013/03/03/108296/

http://youpouch.com/2013/03/03/108296/

看護師の名刺はもちろんバンドエード。

 

建築士の名刺

建築士名刺

http://youpouch.com/2013/03/03/108296/

建築士の名刺はレゴです。遊び心溢れていますね〜。

 

 

誰でも簡単にビジネス名刺を作れるサービス

上で紹介したセンスみなぎる名刺の数々を見ていかがですか?

「私も(俺も)こんなカッコいい名刺が欲しい!!」って思いますよね。

しかし、Webデザインやグラフィックデザインのような専門スキルを持っている人ならまだしも、そうではない多数派の人達がセンス溢れる名刺を自作するのは非常にハードルが高いです。

ではどうすればいいかというと、素人は素直に専門の名刺制作会社に作ってもらうのが1番です。

 

デザイン名刺.net

デザイン名刺.netは、ビジネス名刺はもちろん、他にも「クリエイター名刺」「就活名刺」「スポーツ名刺」「ペット名刺」など、様々なバリエーションの名刺制作を請け負っています。

 

名刺通販ドットコム

名刺を作成してくれるサービスは多くありますが、名刺通販ドットコムはビジネス用名刺に特化して作成できます。

こちらは170タイプのテンプレートから自分好みの名刺を作ることができます。もちろん、カスタマイズも可能。

 

Printsta(プリスタ)

クォリティよりも安さと早さを重視するなら、業界最安値を謳うプリスタがオススメです。

 

などなど、大小含めて名刺制作会社は無数にあります。会社でなくとも、個人のデザイナーが自身のHPやブログなどを通して名刺制作を請け負っている場合もあります。

または、ランサーズやクラウドワークスといったクラウドソーシングサービスで名刺制作を発注する人も多いですね。

 

自分で名刺を作りたいならイラストレーター

デザインのスキルがある人は、adobe社の『Illustrator(通称・イラレ)』を使って自ら名刺のデザインをする人が多いようです。

イラレはすでにご存知の方も多いと思いますが、非常に優れたツールであり世界中で利用されています。30日間の無料体験期間もあるので、ちょっとデザインに挑戦してみたい人はイジってみるのもいいかもしれません。

 

名刺印刷はネット印刷のラクスル

デザインを作成したら、次は名刺として印刷する必要があります。現在はインターネットの普及によって、コストを安く抑えることができるネット印刷サービスが爆発的に成長しています。

その中でも、ネット印刷サービスとして急成長を遂げているのが『ラクスル』。テレビCMによるプロモーションもあり、会員数は10万人を超えるほどの人気になっています。

ラクスルは名刺はもちろん、チラシやポスター、フライヤー、冊子、ポストカードなどあらゆる印刷物の印刷サービス、さらにはデザインサービスから配布サービスまでカバーしています。

フリーランサーが簡単な営業道具を作るのに非常に助かるWebサービスなので、ぜひ利用してみてはいかがでしょうか。

 

まとめ

名刺の重要な役割は、交換したあと相手に”思い出してもらうこと”にあります。

たかが名刺と思うことなかれ、ちょっとした一工夫を施すことで、あなたのビジネスチャンスは大きく広がる可能性を秘めています。

特に自分で仕事をつかみ取らなければならないフリーランスならなおさら、名刺によるファーストコンタクトで、あなたのセンスが試されているのです。

スポンサーリンク
写真素材 足成