フリーランスは結婚できないって誰が決めた?データが示す現実と結婚相手の探し方

フリーター

自分はフリーランスだから、結婚は難しくなるんだろうなぁ……。

なんて悩みを漠然と抱いているうちはまだ平和です。
あなたがそんな悠長に悩んでいる間にも、婚期は秒速で去りつつあることに気づいていますか?

フリーランスがどうのと語る前に、まず知っておきたい残酷なデータがあります。

✅『35歳を過ぎると結婚はもう不可能に近い』

「みんな自分の相場が分かっていない」

2010年の国勢調査によると、2005年に35~39歳だった男性の未婚率は30.9%、5年後、40~44歳になったときの未婚率は27.9%で、未婚男性の9.7%しか結婚に至らなかった。5年間で「3%」でしかないということになる。

   女性も同様で、05年に35~39歳だった人の5年後の結婚率は、未婚女性の10.8%、2%しかゴールインできなかった計算だ。40歳を超えると、状況はますます悪化する。男性は全体の0.4%、女性は0.5%で、45歳以上では、男女とも全体の0.1%しか配偶者を見つけられなかった。晩婚化というより、35歳を過ぎてからの結婚は、男女ともに不可能に近いことが分かる。

Jcastニュース

2010年と少し古いデータですが、要するに、
35歳を過ぎてから結婚できる人は、男性で3%、女性で2%としかいないということ。

統計で見ると、結婚には確実にタイムリミットがあるようです。

  • 「まだ独立したばかりだから……」
  • 「もう少し収入が安定したら考えよう……」

なんて考えているうちの時間(若さ)が、時に「年収」よりも大事なのだということ、先ずは肝に銘じる必要があります。

その上で、結婚に際してフリーランスであることがどれだけ高いハードルであるか、自分が挑む山の高さをまずは知っておかなくてはなりません。

スポンサーリンク

女性が結婚相手に求める条件

妻

全国14ヵ所に結婚式場を展開するアニヴェルセルが、首都圏・関西に在住の20歳~37歳の男女1,400名に聞いたアンケートによると、男女がそれぞれ「結婚相手に求める条件」は次の5つとなりました。

  男女総合
第1位 性格が合う 性格が合う 性格が合う
第2位 思いやり 思いやり 思いやり
第3位 癒される 癒される 収入
第4位 食事の好みが合う 家事の能力 癒される
第5位 収入 自分の仕事への理解 食事の好みが合う

(引用:アニヴェルセル

いかがでしょうか?
正直、やや「綺麗ごと」臭がするのは僕だけでしょうか。対面アンケートでは無理もありませんが。

その証拠に、Yahoo!知恵袋をはじめとしたインターネットのQ&Aサイトでは「彼の収入が安定しない」と言って結婚に対する不安を吐露するものが圧倒的に多く、「性格が合わない」「思いやりを感じない」という質問は少ないものです。

そこで、Q&Aサイトで本音を垣間見た僕が、上記のアンケート結果に現実味を加えてアレンジするとしたら▼▼

 
第1位 顔。 金。
第2位
第3位
第4位 性格が合う 性格が合う
第5位 思いやり 思いやり

いきすぎですね。すみません。

とはいえ、女性は男性よりも結婚相手の収入事情を重視する傾向にあるという点はどうあがいても変わらない普遍の事実です。

そして当たり前ですが、「フリーランスは結婚できない」という謂れはまさにこの収入事情にあるわけです。
それも、収入の安定性というよりは、シンプルに低収入が問題のケースが多いです。

女性は、目の前に見せつけられる「結果」に弱いです。
同じ(個人)事業主であっても、会社経営者であったり、カリスマ○○といった人種が人気なのは、10年後の不確実性よりも、いま・目の前の「金持ちさ」が圧倒的に眩しいからです。

結婚できないフリーランスの特徴って、低収入かつフリーランス(不安定)のコンボなんですよね。。。

「でも、サラリーマンだって終身雇用が崩壊した今の社会じゃ安定なんて言えないじゃないか! いつリストラされたり倒産するかもしれないのに!」

という正論は、虚しいほど通用しません残念ながら。理屈じゃないんですよね。

女性の多くは、結婚相手の収入事情を気にします。
けれど、じつは往々にして本当に欲しいのものはお金ではなく「安心」だったりします。今のあなたの背中から得られる安心感。あなたはそれを提供できそうですか?

フリーランスの収入の低さはガチ

フリーター

「フリーランス」と聞くと、あたかも”優秀な人がより稼ぐためにフリーになった”といったイメージを抱く人もいるかもしれません。フリーの女子アナや芸能人なんかは確かにそうですね。

しかし、世間一般のフリーランスの実情はだいぶ違うように思えます。
端的に言って、「フリーランスの大半は(貧乏とまでは言わないが)裕福じゃない」でしょう。

2015年に中小企業庁やクラウドソーシングの大手「Lancers」がフリーランスの平均年収を調査した結果、平均年収は300万~400万円が多く、その平均年収を得るフリーランスは40~50代に多いというデータが出ています。

■フリーランスの平均年収:300〜400万
■平均年収の年齢層:50代(38.3%)、40代(36.3%)
■年収200万円未満の人口:4割以上
■年収300万円未満の人口:6割以上

▼フリーランスの職種別年収(専業の場合)▼

  • ライター: 300~500万円(中堅どころ)
    ⇨雑誌などの紙媒体中心の方が高い傾向あり
  • グラフィックデザイナー :700~800万円
    ⇨一方で会社勤めの場合は250~800万円
  • Webデザイナー :300~400万円
    ⇨競争激化により下がる傾向あり
  • エンジニア :700~1200万円
    ⇨複数の企業と契約を結べるため仕事が継続する。口コミで顧客が拡大されるケースも多い
  • 士業 :300~1500万円
    ⇨士業とは弁護士、税理士、司法書士、公認会計士、社労士など。国家資格を取得するまでに時間はかかり難易度も高いが、年をとっても続けられる

フリーランスの現状はこんなところ。
やはり専門性が高い職種ほど年収が高く、士業を除けばエンジニアがフリーランスとして高収入を取りやすいです。逆に、誰でもできやすいライター業やWebデザイン系はやはり最も年収が低くなります。

年齢別で見ると、20~30代フリーランスでは年収200万円を下回る割合が約4割。
なるほど確かに、これは結婚を考えられないのも仕方がない収入です。

とはいえ、この統計データはクラウドソーシングを利用したクラウドワーカー(兼業フリーランス・主婦フリーランス)も含まれています。
ちょっとしたお小遣いや生活費の足しにする目的の兼業・主婦フリーランス?が平均値を押し下げているはずなので、「それ一本で食っている」を条件すると平均年収はもっと上がるかと思います。

とはいえ、低いですよね。年収。

ちなみに、サラリーマンの平均年収はどうでしょうか。
平成25年分民間給与実態統計調査(国税庁)によると次の様になります。

サラリーマンの年代別平均給与

  • 20~24歳:男性265万円、女性226万円
  • 25~29歳:男性371万円、女性295万円
  • 30~34歳:男性438万円、女性294万円
  • 35~39歳:男性499万円、女性297万円

あくまでボリュームゾーンで見れば、フリーランスはサラリーマンより貧乏だということが言えそうです……。

フリーランスは社会的信用が無い

うつ病

経済的な問題と同等にフリーランスが苦しいのは、「社会的信用が低い」という壁です。

最大の問題はローンが組みにくいこと。「フリーランスである」というだけで車や不動産(住宅)ローン契約を結ぶときもフリーランスは不利になることが多くなります。

念願のマイホームで幸せな家族生活……なんて夢を思い描いている女性からすれば、住宅ローンが組みにくいフリーランスとの結婚は一考してしまうかもしれません。

フリーランスの結婚を妨げるハードルは至るところにあります。

【ちょっと雑学】

フリーランスの中には納税額を抑えるために経費や控除などで意図的に所得を減らしている人もいます。

しかし、この節税対策が裏目となりローンを組んだり出来ないことが多々あるので気を付けましょう。車を買う、家を買うことを考えて事前に準備、節税対策をある程度緩める必要があります。

フリーランスがローン契約を結ぶときは過去の確定申告の情報(納税の書類など)が必要になることが多いので、数年前から所得を増やして確定申告することをおすすめします(納税額は増えてしまいますが)。

 周囲の理解が得られない

うつ病

女性に限らず意外と多いんです、何事も自分で意思決定できない人が。周囲の人の意見に流されやすくて、占いとかで一喜一憂してしまうタイプ。

「親の理解」は時に本人同士よりも高い壁だったりします。
ソースは忘れてしまいましたが、女性側が「彼を紹介したいんだけど」と両親に話すと必ず聞かれる「彼の仕事は何を?」、このときに「フリーランス」と答えると、8割の女性は両親に嫌そうな顔をされるそうです。

「親は世代が違うから」なんて思ったら大間違い。友達に相談してみても「大丈夫なの?」と心配されるというケースが多いものだから、女性側は完全に「自分の方が間違っているのかも」という思考に流されていきます。

スポンサーリンク

どうすればフリーランスは結婚できる?

結婚

ここまで紹介したように、フリーランスは結婚に際してマイナス要素が多いことは間違いありません。

だから「フリーランスは結婚できないのか?」と言えば、んなわけない。

フリーランスでも結婚している人は大勢います。売れない芸人にだって奥さんがいます(しかも美人の!)。
彼らだってお金や社会的信用はなかったはず。では、彼らはそれらの代わりにどんなベネフィット(利益)を提供したのでしょう?

ちょっと理屈くさいですが、いくつか考えられる点を書いてみます。

①夢を与えた

夢追い人タイプに多いですね。
「いつか成功してくれるかもしれない」という期待。もしくは「夢を追っているその姿」に対する魅力。こういった面に価値を見出して、お金以上に大事にしてくれる女性は確かにいますよね。

が、限りなく少ない。私見です。

②お金に代わるサービス的な価値を与えた(子育て・家事など)

自宅で家事や子育てを手伝いやすいという点はフリーランスの明確なメリットです。共働きであれば、夫はフリーランスとして家で仕事をしながら、主夫のような役割を果たすこともできます。

例えば、最近多くでてきたプロブロガーと呼ばれる人たちは結婚している人も多いですが、家でブログを更新しながら家事や子育てを積極的に行っている人が多いですよね。これはお金に代わる立派なベネフィットです。

とくに仕事をバリバリしたいキャリアウーマンタイプの女性にとって、育児や家のことを任せられる夫の存在は好まれます。

が、このタイプはまだまだマイナー派。

時代は変わりつつありますが。

③信頼を与えた

思うに、このタイプが一番多いと思うんですよね。
お金とかそういう問題じゃなくて「信頼」。愛というより「信頼」。

良好な恋人期間のうちに築き上げられた、揺るぎない信頼関係。そこに打算はありません

  • フリーランスの人と結婚するのではなく、
  • 結婚する人がフリーランスであっただけ。

理想ですよね。これこそ理想のカップルであり、理想の夫婦の在り方・なり方だと思います。

こんな理想的な関係の上にいる2人なら、たとえ結婚後に夫がフリーランスになると言い出しても、支え合い応援してくれるような気がします。

結婚相手じゃなくて、まず恋人を探してみては?

http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2018256

http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2018256

フリーランスの場合、はなから結婚相手を探そうとするとここまで述べたような多くのハードルが立ちふさがります。実際に婚活の場でもフリーランスや自営業の人気は低いそうです。

まず出会うべきは、打算抜きに付き合える人です。あなたのスペックではなく、あなたという人間を見てくれる人です。
恋人として揺るぎない信頼関係が育まれたら、その先の結婚という扉は自ずと開かれるはずです。

そもそも出会い自体がない……だと?

通勤 フリーター フリーランス

「だって出会いがない」

結婚を逃す人は決まってそう言います。
そりゃそうです。出会いに行かなきゃ出会えるわけがありませんから。

確かに、人によって結婚は”無理ゲー”に感じるかもしれません。

それでも唯一の救いは、「椅子取りゲームではない」ということです。
結婚できないのは「相手がいないから」ではなく、「相手と”出会えて”いないから」。

あなたが誰かを探しているのと同じように、誰かがあなたを探しています

幸いにもネット全盛の時代です。
出会いやコミュニケーションのコストは限りなく削減・効率化され、出会いの場はもはや無限ですよ。

登録不要で利用者を見れるマッチングアプリもある

YYC

▷▷ミクシィグループ運営のYYC(ワイワイシー)

街コンのような「いきなり対面する系」の出会いに抵抗を感じる人は、スマホのマッチングアプリから気軽に初めてみるのがベターです。

しかし、マッチングサービスは下手なものに登録すると怪しい出会い系にお金を捨てることになるので、クリーンな大手企業が運営しているサービスのみにしておきましょう。

例えば、SNSで有名ミクシィグループが運営する「YYC(ワイワイシー)」というマッチングアプリでは、恋人探しはもちろんのこと、飲み友達や趣味の友達を探すこともできます。

18歳未満の方は利用できません
YYC

YYCの累計会員数は全国1000万人を超えます。前述の通り、出会いは無限です。

会員登録はもちろん無料でできますが、登録なしでもYYC利用者たちの日記などを覗くことができます

YYC

この辺りはミクシィで他の人たちの日記を見るのと近い感覚ですね(ただし、さすがに登録なしで覗ける部分は限られていますので、さらに詳しく見るには無料登録の必要があります)。

「出会い」というとグレーなイメージを抱きがちですが、運営が「モンスト」のミクシィグループですからね。信頼と安心感で言えば最強です。

前項でも書きましたが、最初から「結婚相手」を探そうとするとだいたい失敗します。
まずは恋人、いや、まずはカフェ友達や趣味友達のようなフランクな関係を目指して探してみるといいですよ。

▷▷ミクシィグループ運営のYYC(ワイワイシー)

スポンサーリンク
フリーター