個人クレジットカードで事業経費や法人経費を支払うのは規約違反なの!?

アメリカンエキスプレス

フリーランスや個人事業主の方は、会計管理や支払いを効率化するために経費をクレジットカードで支払っている人も多いと思います。

近年はクラウド会計が目覚ましい成長を遂げており、クレジットカードによって支払情報を電子データ化すれば、クラウド会計が自動で読み取ってくれる時代になったので、事業者のビジネスにおけるクレジットカード使用が増加していくことは間違いありません。

しかし、1つ気をつけなければならないのは、事業を法人化したとき、あるいはそれに匹敵する規模に成長したときです。

というのも、知らない人も多いかと思いますが、個人利用のクレジットカードは会社経費の支払いに使用することができないのです。これは多くのカードの規約で定められています。

これを知らずに、個人向けのクレジットカードで多額の経費支払いをしていると、規約違反としてカード会社から注意を受けたり、最悪はカード停止にされてしまう可能性もあるのです。

 

スポンサーリンク

 

個人カードでの事業経費の支払いは原則NG

多くの場合、個人向けクレジットカードは、”事業目的”の支払いを原則として規約で禁じています。詳しくはそれぞれのクレジットカードの利用規約を読んで確認してみて下さい。

しかし、個人で事業を営んでいる人、例えば転売の仕入れをクレジットカードで支払っていたり、サイト運営の広告費をクレジットカードで払っていたりする人は大勢いますよね。

あくまで個人的な感覚だと、実際の事業規模(売上額)が”副業レベル”に留まっている人は、とくにクレジットカードで経費を支払ったかといって何か問題があったという話は聞いたことがありません。

「事業目的の支出はダメ」と規約には書いていますが、個人レベルではそこまで厳しく見ているわけではないようです。

 

しかし、法人化している人、あるいは個人レベルを超えた事業規模の人は例外です。

法人化しているのに、会社の経費を個人のクレジットカードで払っている人はもちろんのこと、個人事業主であっても事業規模が大きい人はカード会社から注意を受けるケースがあります。

「クレジットカードで経費を支払わないで下さい。これ以上使用するようなら強制解約させて頂きます」

といった、怖い連絡が来ることもあるそうです。

とはいえ、法人にもピンキリがあり、実際にはグレーゾーンともされているので、法人化したばかりの中小企業の社長が個人のクレジットカードで経費を支払っているケースは往々にしてあります。

しかし、やはり多少なりともリスクがあるので、事業でクレジットカードを使用したい人は個人向けのクレジットカードではなく、ビジネス用のクレジットカードを作っておくことをオススメします。

 

法人向けクレジットカードは個人事業主でも作れる

カード

クレジットカードには、個人向けはもちろんのこと、法人向けのクレジットカードも多数あります。

会社によって「法人カード」「ビジネスカード」「コーポレートカード」などと名称がついていたりもしますが、これらのカードは事業用カードのため、経費の支払いをするのに最適です(というより、本来はこちらのカードでなくてはいけません)。

法人クレジットカードは、その名の通り「法人」しか作れないのかというとそんなこともなく、最近は従業員0人の個人事業主でも作れるクレジットカードが増えてきました。

例えば、圧倒的ブランド力のわりに審査が甘いことで知られる「アメリカン・エキスプレス(通称アメックス)」は、ビジネス向けカードとして「アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド」を発行していますが、アメックスは個人事業主や経営者に優しいので、実は個人でも気兼ねなく申し込めるカードです。

アメックスビジネスゴールドの他にも、個人事業主が作成可能なカードをいくつか挙げてみると、

  • オリコ EX Gold for Biz
  • セゾンビジネスプラチナカード
  • 楽天ビジネスカード

などなどです。

ただし、作成可能とはいえ、カードによっては個人事業主に厳しい審査をする会社もありますので注意が必要です。

スポンサーリンク

ビジネス用カードを持つ最大の利点は、やはりクラウド会計との連携

簿記

ビジネス用のクレジットカードを持つことの最大の利点は、クラウド会計による「会計管理の効率化」です。

クレジットカード+クラウド会計のコンボ技は、これから時代、事業主には必須になっていくのは間違いありません。

近年はクラウド会計の戦国時代であり、シェアトップとして人気上昇中の『freee 』を筆頭に、従来の定番会計ソフトであった弥生会計も、『やよいの白色申告オンライン 』『やよいの青色申告オンライン 』と、それぞれオンライン版をプッシュしています。

クレジットカードで支払うことによって、決済のデータはレシートではなく電子データとなるので、クラウド上でクラウド会計ソフトが自動で読み込んでくれるようになります。

簡単に言うと、従来のようにレシートを保管し、数字を計算し、帳簿に書き出すーーなんて作業が全て必要なくなります。クレジットカードを利用した瞬間に決済データがクラウド会計に取り込まれ、コンピュータが自動で帳簿を作成してくれるのです。

繰り返しますが、クレジットカードとクラウド会計のコンビは、全てのフリーランス&個人事業主にとって必須アイテムとなるでしょう。

まとめ

個人向けクレジットカードしか持っていないと、明細を管理するときに私的利用の金額と経費の金額がごっちゃになって管理しにくいという欠点もあります。

なにより、事業規模が大きくなって扱う金額が高額につれ、カード会社から直に「警告」を受けてしまう危険性もあります。

カード会社の規約という面でも、管理の効率化という面でも、やはり私的利用の個人カードとビジネス用カードとは明確に分けて持っていた方が確実に良いと思います。

法人向けカードも個人事業主が比較的すんなり作れるようになっていますから、これを機にビジネス用のクレジットカードを持ってみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク
アメリカンエキスプレス