クレジットカードの審査で超重要なクレジットヒストリーを解説するよ

クレジット

『入会には所定の審査がございます』

どんなクレジットカードのサイトにも載っている一文ですよね。

当たり前ですが、クレジットカードを作るのには「審査」があり、審査に通らないとカードは作れません。

そして、審査において超重要になるのが『クレジットヒストリー(いわゆるクレヒス)』というもので、簡単に言うとクレジットカードの”利用履歴”です。

皆さんは自分のクレヒスについて意識していますか? そもそも知らない人もいる?

今後クレジットカードを活用していきたい! さらにはグレードの高いカードを所有したい!

そんな人のために、クレジットヒステリー/略してクレヒスについて、簡単に解説します。

スポンサーリンク

クレヒスは、個人信用情報機関に登録された履歴情報だ

クレジットヒストリーとは、その名の通り、あなたがカードを利用してきた履歴(歴史)です。

あなたが、いつ・何に・いくらカードを使い、しっかり返済したか、遅れたか、未納か、などなど……あなたのこれまで全てのカード利用情報は、各カード会社から「個人信用情報機関」というデータ機関へと登録されています。

この個人信用情報機関には、

  • 「株式会社CIC」
  • 「全国銀行個人信用情報センター」
  • 「日本信用情報機構」

などなど、いくつかの機関がありますが、要するに各カード会社や消費者金融などからあなたの情報を受け取って、あなたの”履歴書”を集計している機関です。

例えば、あなたが複数のクレジットカードを持っていたとしたら、各カード会社が加盟している個人信用情報機関にあなたの履歴データを登録しているわけです。

ここで1つ知っておきたいことは、個人信用情報機関に登録されているあなたのクレヒスは、加盟している全てのカード会社が見ることができる、ということです。

つまり、あなたのクレジットヒステリーは、ほぼ全てのカード会社で共有されていると思って下さい。なので「AMEXは多分クレヒスが悪いから、新しくJCBのカードを作ろう」とか通用しません。

このことから、クレジットヒストリーというものがどれほど重要か分かりますよね。

 

クレヒスが悪くなる原因は?

絶望

クレジットヒストリーがボロボロになると、新しいカードの審査に通らなくなったり、ゴールドカードやプラチナカードにグレードアップすることも難しくなるので、絶対避けねばなりません。

では、どんなことが原因で、クレヒスは傷つくのか?

1. 支払いの未納や遅延

最大にして最強の原因がコレ。支払いの未納や遅延です。

まず「未納」つまりカードの支払いをせず踏み倒す行為ですが、これを1度でもすると、クレヒスが傷つくどころか、一発でブラックリストに載ってしまう可能性があります。

ブラックリストも当然、個人信用情報機関で各カード会社に共有されるので、踏み倒してしまうと今後カードが作れなくなる恐れもありますので、絶対にやってはいけない行為第1位です。

続いて「遅延」ですが、これも未納ほどではないにしろ信用にキズがつきます。

中には故意ではなく、「口座にお金を入れておくのをつい忘れてしまって、振替日に引き落としがされなかった……」という”うっかり”パターンもあるでしょうが、そんな事情は関係なく、遅延・延滞としてクレヒスにはキズがつきます。

お金を貸した友人に「わりぃわりぃ、忘れてたわー」なんて言われたら、信用は減りますよね。それと同じです。

 

2. キャッシングなど消費者ローンの利用歴

キャッシングなど消費者ローンの利用歴があると、クレヒスにマイナスになると言われています。

なぜかと言うと、キャッシングなどを利用することは、「お金がないんです」と言っているのと同じだからです。

支払い遅延や未納ほどのダメージにはならないと思いますが、今後クレヒスを高めていくためには、出来る限りキャッシング・カードローンは利用しない方が良いです。

 

3. クレジットカードを使わなすぎ

クレジットカードをそもそも使わないというケースは、クレヒスにキズが付くわけではありませんが、カード利用の積み重ねがないためにクレヒスも「良く」はなりません。実績ゼロという評価になります。

例えば、カードをグレードアップしたい場合や、限度額を上げたい場合等に、実績ゼロだと審査に通りません。実績は積み上げていくものなので、カードを利用しなければクレヒスも築かれません。

スポンサーリンク

クレヒスは持ち直せるの?

上昇

クレヒスの評価を上げることを「クレヒスを鍛える」などと言いますが、これはもちろん可能です。

クレヒスを鍛える方法は至ってシンプル。

  1. クレジットカードを沢山使う
  2. しっかり返済する
  3. 以下、繰り返し

ひたすらひたすら、使っては返して使っては返して、と繰り返し、地道に”実績”を積み上げていくしかありません。

住宅ローンを毎月カードでしっかり払う。公共料金をカード引き落としにする。ショッピングや日々の買い物ではクレジットカードを利用するようにする。そしてきっちり返済をする。こうすることでクレヒスは少しずつ鍛え上げられていきます。

人によってはクレジットカードを10枚以上所有している人もいますが、複数持ちの人でも「最低でも毎月1回」は各カードを利用するようにしましょう。

その他に付け加えるならば、カード利用は「リボ払い」よりも「一括払い」を選んだ方が効果的です。なぜなら、リボ払いを選ぶ人というのは傾向としてお金がない人だからです。

いつもリボ払いをしていると、「あぁ……この人は一括で買えるお金がないから、リボにしてるんだな」と思われてしまいます。なのでこれもキャッシング等と同じく、可能ならばやめておいた方がいいでしょう。一括で支払える経済的余裕を示しておけば、それだけ信用を与えることができます。

 

まとめ

以上、クレジットヒストリーがいかに大切か、お分かり頂けたでしょうか?

要するに一言にまとめると、

支払いの未納・遅延、ダメ、絶対!

スポンサーリンク
クレジット